昨日大樹町で行われた、歴舟川清流まつりに行ってきました。
まつりは昼からやってますが、夕方から行われる
「ペルプネ火祭り」と花火大会だけの参加です。

まずはペルプネ火祭り。
手たいまつを持ってグルグル回る姿は、ちょっとアヤシイ感じがします(笑)。
01_01

200本の手たいまつを投げ入れると、真ん中の柱たいまつに
火が燃え移ります。
01_02

バターン!と倒れた方角が海側だったので
今年は豊漁ということです(山側だと豊作)。
01_03


ここから先は危険ですよ、という地帯を分けるのに、
普通はロープかなんかで区切ると思うのですが、今年は
木のろうそくでした(手前の丸太がそうです)。
木のろうそく、それ自体が燃えてるし!
この日は寒いくらいだったので、あったかかったんですが
これって都会のイベントだとありえないよな〜〜〜っていつも思う。
安全性とか問われそうで。

その後、会場内に展示され、
昼間は子供たちに好き放題触られまくっていた
消防車が出動し、鎮火してました。

01_04
最後は花火大会。
ま〜〜〜ものすごく「ささやかな」花火大会なんですけども、
ちびふなにとっては初めての打ち上げ花火。

01_05
混まないので、子連れにはありがたいです。
(しかも会場近くの知人宅に車を置かせてもらったので
駐車場から車を出す渋滞もなし)

予想通りというか、ちびふなは怖がって固まり、
花火に背を向けて私にしがみついてました。

決して泣くわけではないのですが、か細い声で
「こわい…」「帰りたい…」「もう終わった?」の繰り返し。
こんなんでは、勝毎花火大会に行ける日はいつなのか。
場数を踏んで、慣れておくれ〜。

ということで、夏の一日でした。