北からのひとりごとNEO

北海道でわんこと田舎暮らし中! 日々の暮らしがネタになる、 サバイバルな暮らしっぷりをどうぞ。

温泉大好き!

ひさびさの温泉旅館

23_01
22日、出産以来初めての温泉旅館への宿泊をしてきました〜。
子連れ旅行は初めてです。
あ、正月に青森まで片道15時間という大移動はしましたが。

本当は14日に予約してたのですが、
急性胃腸炎が響き、1週遅らせました。
行ったところは十勝川温泉第一ホテル
あはは、家から車で1時間半の近場です。近すぎ(笑)。

急性胃腸炎の投薬で断乳したら、
あっさりとおっぱい卒業したチビふな。
9ヶ月でって早い気もするけど、まぁ4月から保育園だし、
ちょうどよかったか、と思いつつ、ちと寂しい母なのでしたが。

ふふふ、ということはアルコール解禁だ!
ということで、夕食にジョッキ生!旦那の分も取り上げて飲んでた(笑)。
いやーうまかったわ、温泉入ってビール!
久しぶりすぎて、くらくらきましたが。
9ヶ月間の禁酒、えらかったなぁ私!お疲れ!!

チビふなも温泉デビューしましたよ。
家のお風呂は大好きだけど、
場所が変わると大絶叫で泣き叫ぶので、
(青森の実家では1週間絶叫し続けたよ…)
温泉はあきらめて部屋のユニットバスにしようと思いつつの宿泊でした。

が、スタッフの方が「是非どうぞ、周りのお客さんも慣れてますから」と
背中を押してくれたり、
脱衣所で既に大泣きしていたチビふなを、
何人もの他のお客さんがあやしてくださったり。
ま、人見知りで更に激しく泣くわけですが、その気持ちがうれしくて。

えいっ、チャレンジしてみよう!と
泣き叫ぶチビふなを抱っこして浴場に入りました。
案の定ひときわ激しく泣くチビふな。
周りの人すみません…。
で、でもね、実家のお風呂に入れたときはもっと大絶叫だったの。
それに比べたらマシなのよこれでも…。

シャワーで泣き、シャンプーで泣き、身体洗って泣き。
せっかくあるベビー用バスチェアに座らせるどころではなく。
ずーっとひっついて泣いておりました。

一番温度が低いお風呂に入り(やっぱり泣いていた)、
あったまったのでそのままお風呂から出ました。
チビふなの温泉デビューは泣いて終了〜。
お風呂の中でもたくさんの人に声をかけていただき、
申し訳ないやらうれしいやら。

女湯に入ってると、たまにこういう大泣きの赤ちゃんや子供に
遭遇するのですが、私は声をかけたことはなかったなぁ。
むしろ「うるさいなぁ」くらいに思っていたので、
こんなにも温かい言葉をかけられるとは思っていませんでした。
なんだか感謝というか反省というか、
今までにない感覚を味わいました。

「大丈夫よ〜いれちゃいなさいよ〜」
とたくさんの人が言ってくれなかったら、絶対部屋の風呂でした。
実際、旦那はチビふなの鳴き声を男湯で聞いていて、
私がすぐに出てくると思って廊下でしばらく待っていたそうです。
そしたら部屋に戻ろうと思ってたんですって。
私もそのつもりだったのですが、人の温かさを知りました。
感謝です!

夕食や朝食会場でも、
子供用のハイローチェア(?)が用意されていたり、
ベビー用の旅館名入り浴衣を貸し出してくれたり、
子連れに優しい宿でした。

チビふなを寝かしつけた後と早朝に私一人で温泉も堪能し、
部屋でワインも飲み(笑)、
デザート盛り合わせもサービスしていただき(入籍記念日だった。
本当は2/14で1週間遅れだけど)、
本当にお世話になりました〜!

そして、私も温泉を楽しみたいので、
チビふなにもう少し温泉に慣れさせようと思ったのでした。

なんだか、今までと全く違う視点で、
気づきもたくさんありました。
行ってよかったわ〜!




北海道ホテルいかがですか

北海道ホテル

私の場合、飲みと宿泊はセットになっているのですが(車で帰って来れないから)、帯広で飲むと駅前のビジネスホテルに泊まることが多いです。
大体酔っ払って泊まるだけだし、繁華街から歩けるところがいいし。

そんな中、お付き合いもあって、年に1度くらい北海道ホテルに泊まります。
繁華街からは徒歩15分と遠いですが、モール温泉もついていて素敵なホテルです。

で、先日宿泊してきました。
このホテルはシングルの室数が少ないので、一人でも大抵ツインのシングル使いになります。
今回初めて、スタンダードツインではなく、スーペリアツインにアップグレードされてました。ラッキー♪

部屋入るとドア2つ並んでいます。部屋へのドアと、洗面所へのドア。
部屋も広くて(サイト見たら30平米でした)、壁一面が窓。
雪かぶった日高山脈が窓の幅いっぱいに連なります。
…酔っ払いにはもったいない部屋でした。
画像は私が泊まった部屋です。

ホテルに行って初めてわかったんですが、11月1日から来年5月末まで(年末年始やGWは除く)、「十勝プラン」という地元割引プランがあることがわかりました!
十勝管内在住者対象で(運転免許証の提示がいると思います)、室料50%オフ!なんですって。1日5ルーム限定ですが、全タイプ対象なんですよ。
スイートも温泉付の部屋も半額。

北海道ホテルは評判高いけど、値段もちょっと高いよな〜、という十勝管内の方!スタンダードツインで2名1室9,817円(正規料金19,635円)で泊まれます。
駅前ビジネスホテルよりお安いくらいです。
忘年会の後に北海道ホテル、なんていかがでしょう?(回し者ではございません)

登別温泉行ってきました

a6699c8d.jpg

週末を利用して、登別温泉へ行ってきました。
温泉につかる、という目的のみの旅〜。

旅館は、以前にも一度利用した「ゆもと登別」。
ここは、部屋食なのにお値段お手ごろ、お風呂広し、の宿。
値段が安いので、派手な料理は出ませんが、カニ命!ではない私は全く無問題。
お金かけずに手間と知恵を絞りました!みたいな料理が並ぶので、居酒屋気分で楽しめます〜。(単に酒の肴が欲しい)

続きを読む

幕別温泉リニューアル

ある仕事が一段落したので、一人お疲れさまでした会と称し(称さなくてもいいっつの)、11日にリニューアルオープンしたばかりの幕別温泉、旧ホテル緑館に湯治に行ってきました。続きを読む

札内ガーデン温泉

温泉街で育ったせいか、温泉が大好きです。
まー今の家、お風呂はついているのだけど「沸かす気がない」ので開かずの間になっている、というのが一番大きい要因かもしれないのですが、とにかくしょっちゅう行きます。
生まれ育った家にはお風呂がなかったし〜(旅館の風呂とか共同浴場に行っていた)、会社の寮でも大浴場、アパート暮らしのときはユニットバスでしたけど、北海道に来てからも、住み込み先は風呂がなく温泉へ、その次は温泉旅館だからそこに入る…という「家で風呂に入らない」歴が長い私です。
今時珍しいって。

車の中には常に風呂道具フルセットを積んでいます。
仕事の帰りにひとっ風呂浴びて帰ってくるというのも日常茶飯事。出掛けたついでだ。

そんな生活パターンなので、あちこちの温泉に行くというより、普段は近いところに行くことが多いです。十勝は安く温泉に入れていいなぁ!とずーっと言って来たのですが、最近はどこも料金がガンガン上がっているのが悲しいところ。

えーと、本題。
こないだの日曜日に行ったのは帯広市の隣、幕別町にある「札内ガーデン温泉」。
国道38号線から洋風のお城がでーんと見えています。
その様相に恐れをなし(笑)、今まで入ったことなかったんですよ。

続きを読む
Comment
Archives
Profile
  • ライブドアブログ