2007年06月28日

昼飯どきにふと。

自分らしくいることって
よく美徳的に誉められることやけど
その誉められる人ってのは
もとの性格がいい場合に限るよね。

意地悪な人がそのひとらしくいたら
それこそ迷惑なはなしで
「ちょっとは気つかえや」的な目でみられるもん。


性格のよろしくないあたしは
やさしくなろうと努力をしたり
よく思われようと計算をしてる。
このワンクッションを知らずに
手放しであたしを「よいこ」だと感じてもらいたい。
って、ずっと思ってきたけど
そのクッションの存在を含めて
あたしらしさを認めてくれる人たちに出会った。

出会ったら、ステップの先の印象だけが一人歩きするのがつらくなってきた。。
ほんとのあたしはそうじゃないのにって
爆発しそうなフラストレーションがたまる。


ずるくて、みにくくて最低なあたしが
ここはもう息苦しいよといってる。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/funcho18/50843614