ファンホームのはなまる日記

埼玉県越谷市にて『建売並みのローコスト+体に優しい自然素材+地震・火事に強いお家づくり』で
子育て世代のお家づくりを、応援しています!
皆様と同世代の株式会社 ファンホームのスタッフブログを、毎日更新中です。 どうぞ、よろしくお願い致します。

2012年09月


おはようございます いいお天気なんですけど

台風が近づいていますね 午後からは天気予報も

ベランダやお庭に置いてあるものや鉢など飛ばないように気を付けてくださいね

明日から10月 店頭の告知版もお約束通りハロウィンに衣装変えしました
2012092914170000kero76

かぼちゃやオバケがお出迎えします

季節の変わり目です、皆様体調に気をつけてお過ごしください

ホームページはこちらから≫
ロゴ 丸1


こんにちは 今日はいい洗濯日和です

今日は定休日
三輪は朝から洗濯三昧です
洗濯物が山のように溜まっていました

line_1line_1

ファンホームには建築模型が置いてあります

今迄ファンホームでお家を建てていただいた方の模型なんです

ミニチュア好きの三輪は 見るだけで もうもう  o(^O^*=*^O^)o嬉しくって

ここで何点かご紹介しますね

kenchiku1-2
とても精巧でしょ

kenchiku4
自分でも作りたくなっちゃいます

kenchiku3
☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆  

こちらの模型は 建築模型ねっとの林さんに作っていただいています

この林さん、見た目はとっても優しく 穏やかにしゃべられるんですけど
なんと うちの永田の空手の後輩だと言う事で 
Σ(・ω・ノ)ノ!w びっくり
なぜって ごめんなさい<m(__)m>空手やってらっしゃるようには見えないんです

以前月9で林さんの作った模型がTVドラマで使われていたんです
そうあの・・・・番組です。

林さんが作られているのを 知ったのはもう番組も後半に近付いた頃
TVを見ながら、欲しいなぁ~作りたいなぁ~見たいなぁ~
など思いめぐらしていた時でしたので お逢いできた時には
・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*: 尊敬のまなざしです

ファンホームにお越しの際には 是非こちらもご覧下さいね
data085

ホームページはこちらから≫
ロゴ 丸1









 

こんにちは 代表アドバイザーの笹口(ササグチ)です

今日はまた一段と寒くなってきましたね
体調不良にならないように気を付けてください

昨日の続きで“瓦”のお話です


「まごの手新聞」の記事を読んで頂きましたお客様より、約30年前に建築された自分の家の瓦が、
昨年の東日
本大震災で数枚が庭に剥がれ落ちてきたので、その瓦一枚の重さを計られたそうです。
すると約3.8キロ/枚もの重さがあり、家の屋根瓦の枚数を計算してみると約1,000枚が

使用されており、屋根の重さだけで約4トンにもなることが分かったそうです

近い将来、関東でも大きな地震が起こると言われている中、その事実を知ったお客様より、
早急に屋根材を変更・軽量化したいとのご相談を頂きました。

現在屋根材に多く使用されている、コロニアルやシングル材と言った軽量屋根材と以前の瓦との
重量差をメーカー数値を基に計算・検証してみると、瓦材に比べコロニアルが約1/2の重さに、
シングル材に至っては約1/4の重さになることが分かりました。


今の屋根材がかなり軽い事は私も理解しておりましたが、瓦の1/4程度までとは知りませんでした。

この結果をお客様にお知らせしたところ、シングル材の屋根への葺き替え工事の依頼を

頂き、来月より工事に取り掛かることになりました。

皆様のお家は大丈夫でしょうか?屋根の素材はいかがですか

不安に感じられた方は、お近くの工事店や私たちにご相談下さい。

みなさまのお力になれると思います。
ichoo009
ホームページはこちらから≫
ロゴ 丸1

こんにちは、代表アドバイザー笹口(ササグチ)です。
昨日までの天気と違い、朝から晴天です

私たちでは、月に1度手作りの新聞“まごの手新聞”を発行しています。
NEC_0474
その紙面で私が以前、屋根材に対する昔と今の常識の変化についてお話しました。
その内容が以下の文章です。
      ・
      ・
昔の住宅は瓦に代表される重くて丈夫な素材が、屋根には最適とされておりました。

しかし今では、屋根は軽く安全な素材が最適と言う、真逆の常識へと変化したのです。


この常識が大きく変化したのは、首都直下型地震により多くの家屋が倒壊し、
多数の
死・負傷者が出ました阪神淡路大震災以降と言われております。

瓦はデザイン性が良く、非常に丈夫で熱にも強い素材なのですが、かなりの重量があるため、
木構造の補強が必要となったり、お家の間取りへの制限が出る場合もございました。

震災以前は、屋根自体を重くする事でお家を押さえつけ、重心を安定させることが住宅には
良いとされてきました。

ところが震災時に倒壊したほとんどの戸建て住宅が瓦屋根で、柱が揺れと屋根の重みに耐えられずに
崩れ倒れてしまいました。

この震災での経験を踏まえ、現在では屋根は軽く丈夫な物が一番と建築基準も大きく変化していったのです。                                             明日へ続く


    瓦屋根・木造・日本家屋の危険性
    ホームページはこちらから≫
   ロゴ 丸1






    

おはようございます
今日も朝から憂鬱な雨で始まりました 
越谷は大雨・雷注意報が出ています
主婦には洗濯物が乾かない一日で困りますね

少しずつ秋に近づいています

ファンホームの店頭には 手描きの看板と告知板があります
手書き看板は、宇塚が書いています
イラストを入れて見やすくしていますので
店頭にてご覧くださいね
手書き看板
あと告知版・・・手作りです
こちらはファンホームが月1で発行している「まごの手新聞」を
ご自由にお持ちいただけるようにご用意しています。
お家のことだけでなく、お手入れ方法や健康に関しても載っていますので
是非お手にとってご覧ください。
NEC_0461
来月はハロウインバージョンに変わりますのでおたのしみに
illust925


ホームページはこちらから≫
ロゴ 丸1


このページのトップヘ