ファンホームのはなまる日記

埼玉県越谷市にて『建売並みのローコスト+体想いの素材選び+地震・火事に強くECOなお家づくり』で、子育て世代のお家づくりを応援しています!
皆様と同世代の株式会社 ファンホームのスタッフブログを、毎日更新中です。 どうぞ、よろしくお願い致します。

2017年05月

おはようございます 小出です     
   
梅雨の時期が近づき、ジメジメとした日が続くと、湿気が気になりますよね
私の自宅でも、除湿機や湿気取りなどを、あちこちに置いて対策しております
ですが、カビというものは油断した頃にやってくるもので・・・。

先日、発見してしまいました。
それは、アパートのトイレタンクの中
1
トイレの水を流すと、黒いカスの様なものが流れてくるので、なんだろう??と思っていたら、タンク内のカビが流れてきていたのです

便器は見えているので汚れにすぐ気付き、まめに掃除しますが、タンクの中まで掃除するなんて発想は、あまりないですよね
タンクの蓋を開けてみて、ビックリ
もともと黒いタンクなのか と思うくらい真っ黒に
慌ててネットで、掃除方法を調べて、何とか事なきを終えました
参考にした掃除法はこちらをクリック

もうこんな大惨事になるのは嫌なので、併せて予防法も調べると
寝る前にカップ一杯の重曹をいれ一晩置き、翌朝水を流すだけでも、臭いや汚れの予防になるそうです
まぁ究極なのは、タンクレスのトイレにすることなんですが・・・。
2
賃貸住まいの私には、まだ無理ですのでマイホームを購入する際の希望の一つに入れておきます(笑)                                 

ホームページはこちらから≫
          はなまる工房ロゴ 1  

    mixiチェック

おはようございます、笹口です
先週から急激に気温が上昇し、蒸し暑い日がありましたね
しかしこの季節は雨が降ると気温も下がり、温度変化が大きく、服装や体調管理が大変です
皆さんも体調を崩さないよう、ご注意くださいね

4月に土地のご契約いたしました、M様邸
先週この土地の境界確定のため、測量士の先生と一緒に、現地にて近隣の方々とお立会をさせて頂きました。
その際、現在空家になっている隣家の方にも、遠方より御足労を頂き、お話することが出来ました。

隣家は、所有者様のご実家のようで、ご両親が亡くなられてから約10年、このお家には誰も住んでいらっしゃらないとの事。
ご家族たくさんの思い出のつまったご実家のため、住むことは無くても、売却もせずに大事に保持されていたのでしょう

しかし、住まなくなってしまったお家のお庭は、非常に残念な状態に
草花や木々の緑は、お家にとっては大事なお庭のアイテムです
緑や花は、人間の心を和ませてもくれます
(下の画像は例としてネットから拝借しました)
yjimage1yjimage2






しかしそれは、居住していればのお話です
居住しなくなってしまったお庭は、手入れも行き届かず、ミニジャングル状態に。
もちろん故意に放置されていたわけでは無いようですが、日々成長する木々や草花のことで、市役所や近隣の方々とも、少々トラブルがあったようでした。
yjimageIQXZIQW9yjimage







今回M様の隣地ご購入、古屋解体工事に伴い、少しでも私たちがお力になれればと、一緒に木々の伐採について、ご提案をさせて頂きました
少量であれば、工事でご迷惑をお掛けする隣家の方への配慮として、今までもサービスで伐採を行った事が何度も御座いました。

ですが、今回は相当量の木々が生い茂っており、処分するだけでもトラック数台分に
費用もかなりのものになりそうなため、解体のついで工事として、お見積もりを提出させて頂くことに

現在多くの空家が、問題視されています
建物の駆逐・倒壊による危険だけでなく、このような植物でのトラブルも多く存在しています
ではここで近隣トラブルにおける、裁判の判例を少しご紹介したいと思います

yjimage4K5GGSBYyjimage2D5T24TU






植物の隣地越境(枝や花が隣の家や道路にはみ出ている様子)での、近隣トラブルにおいて、今までに数多くの裁判が行われており、判決が下されています。
この判決結果を判例と言い、その判例は下記の通りとなります。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、知っていて損な情報ではないので

1、隣地や道路に越境した枝や葉、花や実については、承諾無しに勝手に伐採してはならない。
2、その植物の根の部分が、隣地や道路に越境した場合は、所有者の承諾無しに、隣地や道路所有者が、勝手に伐採しても構わない。
3、近隣トラブルを避けるため、植物の所有者は必要に応じて自身で、枝や葉・花や実について所有者としての維持管理に努めなければならない。

これが裁判の判例となります。
上記にあるように、根っこは勝手に切っても良いけど、それ以外の部分は承諾無しに切ることはできないのです。
矛盾を感じる方もいらっしゃり、実際に迷惑となるのは、枝や葉や実の部分が大半ですからね。
枝や葉・花や実は判例上、所有者の財産と位置づけられているからだそうです
高価で美味しい果物や綺麗な花など価値のあるものが、木々になっている絵をご想像ください

とは言え、長年空家になって放置された隣家の植物が越境しても、勝手に伐採出来ないとなれば、近隣の方々とのトラブルは避けられません。
今回の土地においても、心優しい近隣の方々によって、道路に大きくはみ出した木々を伐採し、処分してくれていたそうです。
持ち主の方も、その近隣の方々のご配慮に、大変感謝していらっしゃいました。

しかし今回のように優しい近隣の方々ばかりでは御座いません
思い出のあるご実家を取り壊し、他人に売却することは、非常に辛く寂しい事と存じます
私も7歳から19歳までを過ごした、以前の実家を取り壊し売却するときは、家族の生活の歴史が消えてしまうようで、寂しさを感じました

今日のブログをお読み頂き、皆さんはどのように感じられましたか
もちろん所有者の方の管理責任は当然のことですが・・・・・
今回のように、空家におけるトラブルは、通常に住まわれているお家以上に多くなります。
近隣の方々とトラブルとならないように心がける事が、不動産所有者には必要であることを、私も改めて実感しました。
またトラブルが発生してしまった場合には、迅速かつ丁寧に対応することが大切で、その方への信頼にもつながると思います

"人のふり見て、我がふり直せ!"

ついつい足が遠のきがちな、笹口家が先祖代々所有している、茨城の田舎の土地。
普段は仕事が忙しく、ゴールデンウイークも遊び放けてしまいましたが、そろそろ草刈りに行かないと大変なことに
亡くなった祖父母にも怒られちゃいそうです

こんな事を感じさせられた一日でした。

ホームページはこちらから≫
はなまる工房ロゴ 1 248527c9-s


    





    mixiチェック

高橋です、おはようございます。
今週は温度差が大きかったですね。
この週末は暑くなるようですので、熱中症に気をつけましょう!

越谷市のE様邸は、お引渡し・お引越しも無事終わりました。
おめでとうございます!
これからが長いお付き合いとなります。今後共、宜しくお願い致します。

春日部市のY様邸では、建物の上棟後に各設備の内部配管工事が終わりました。
IMG_2774 IMG_2788







菊池大工さんの造作工事が始まる前に、Y様ご夫婦と現地で、電気及び棚などの取り付け位置の打ち合わせと確認を行ないました。
電気の配線、給排水管やガス管を壁内に配管し、棚用の下地施工を行い、石膏ボードを貼っていきます。
IMG_2780 IMG_2787 IMG_2790






今回のY様邸では、一番熱を伝え暑くなる屋根面、小屋裏に泡断熱材を吹き付けました。

壁は、高性能グラスウールで断熱施工をしました。
全て泡断熱を吹き付けるよりもコストを抑え、最適な断熱性能が得られる方法として施工しました。

軽視されがちな通気ですが、実は泡断熱工法を行う上で、大事なポイントです!    
左上の写真は、泡断熱材を吹き付ける前に壁内通気工法の風の流れを確保するため、通気スペンサー(通気を得られる用に取り付けるダンボール素材)を入れているところです。

越谷市のT様邸では、佐藤大工さんによる建て方(木工事)中です。
IMG_2778






二階の壁が出来上がり、小屋裏と屋根部分をつくっています。
壁や床を作るよりも、小屋裏と屋根は複雑なため、大工さんの経験が必要となり、工事に時間が掛かります。

草加市のI様邸では現在、古屋の解体工事中です。
古屋及び植栽、古いブロックの解体工事が、ほぼ終わりました。
来週には、道路後退のための新しい境界杭を入れ、工事用の仮設水道や電柱入れていきます。

全ての前準備が終わりましたら、いつもお世話になっています、鷲宮神社の神主様による、地鎮祭を行えるように、私が準備をしていきます。

ホームページはこちらから≫
はなまる工房ロゴ 1
高橋似顔絵



    mixiチェック

freebackground2


おはようございます、岡安です

ホームページではお知らせいたしましたが、ファンホームは先日インスタグラムを始めました

http://instagrac.com/user/funhome_8155
↑ファンホームインスタ

というのも、現在進行中のお客様よりご提案頂いたのがきっかけで、”田舎の工務店だって流行りに乗りたい!!”(笑)、そして、少しでもファンホーム独自の良い所を発信して、皆様に広めていきたいなんて思っているわけです。はい。

そこで、一任された岡安。
SNSにはうとく、当然インスタなんてやったことも見たこともありません・・・
お洒落な友達がやっているのを、横目に見ていたくらいです。
でも、とにかく写真を沢山アップするのが大事!!ということで、一気にアップしてみました
主に、OBさんの素敵な外観・内観をアップしました。
すると途端に、いいねフォロワーさんが
ひゃっほーと思っていた私、インスタって簡単で楽しいと思いました。

そして、GW明けどれだけフォロワーさんが増えているかなと思い、開いてみました。
・・・愕然としました

フォロワーが減ってるーーーーー

一体どういうことでしょう・・・
よくよく見てみると、個人のフォロワーさんは減らず、会社さんからのフォローが殆ど消えていました。
なるほど、つまりファンホームをフォローすればこちらもどんな会社か見るので、そこが狙いだったんですね・・・
なんだ・・・投稿した写真にいいねしてくれたわけじゃないのか
ただの営業・・・ぐすん
やっぱりSNSって難しいですね

ここからどう広めていけばいいか悩んでいた所、お客様がアドバイスを下さいました
『ハッシュタグだけじゃなくて、写真一枚一枚に説明のコメントを入れた方が良いですよ
なるほどなるほど
早速、書いてみたいと思います
こういうアドバイスって本当にありがたく、とっても嬉しいです

アドバイスを頂きましたら、活かせるよう全力で頑張りますので、是非皆様もお待ちしております
他にも何か、こうして欲しい!や、これはどうなの?等ございましたら、お気軽にお話しください
いつでも大歓迎です



ファンホームは、他社さんに比べお客様との距離間が近いと思います。
自信あります!(笑)
私はこんなアットホームな雰囲気が大好きです

freebackground2



今日の双子話
先日、アクアパーク品川にいきました。
3怪獣、初めての水族館です。
私も久々の水族館で、わくわくしました。
お魚って綺麗で可愛くて、癒されますよね

3人がどんな反応をするのか楽しみでした。
IMG_1708IMG_1724IMG_1704
長男:お魚さんにうっとり
綺麗ね~とずっと感激していました。

次男:お魚さんに少しビビりながらも、とっても楽しそう

三男:水槽にへばりつき、吸盤でも付けたかのように離れません。
しまいに、何を思ったか水槽を舐めていました

何はともあれとっても楽しそうだったので、良しとしましょう。
水族館の方、舐めてすみませんでした・・・

最後に一番の見所、イルカショーを見に行きました。
ですが、大混雑で全然前に行けず大人の身長でないと見れませんでした。
肩車をしてみましたが、1分ももたず・・・(筋トレしないと、と誓った母です。)

結局あきてしまった3人には、セブンティーンアイスを預け、大人だけで楽しみました。
しかし、セブンティーンアイスは懐かしかったですね~。こぼれなくて最高です。
3男のを一口頂戴したところ、逆鱗に触れました。
いいじゃないか一口くらい
小さい男はモテないぞ
と喧嘩していると、『子供のを盗るんじゃないよ、大人げない!』とばーばから痛恨のツッコミが飛んできました。

何も言えねえ・・・(BY 北島康介選手) ←使い方が違う

帰りの電車は、品川発だったので全員座れとっても楽ちんでした
アクアパーク品川、子連れでもお勧めです

”3男は3枚目キャラで推していこう!の件”



ホームページはこちらから>>         
        
f986ff86-s[1]

















    mixiチェック

草4


こんにちは。 前澤です。

我が家の玄関先のバラが4月中旬からつぼみをつけはじめ、ゴールデンウィークには満開に咲き誇り、そろそろ散り始めています。

securedownload0525植樹してから3年目を迎えますが、年々成長し伸びる茎をどうしようかと迷うくらいに枝葉が増えてきました。
 今年は 枝の剪定をし、虫もついていないので室内でプチ花見を楽しみました。
1m前後の開花した枝を何本も切り、リビングに3か所飾っただけで、部屋が明るく和みました。
  .。゚+.(・∀・)゚+.゚



 最近【リア充】ならぬ【リビ充】という言葉を耳にします。
2017年のトレンドキーワードだそうです。

「リビ充家族」とは?

広いリビングで家族で、主に生活する家族のこと。リビングで家族が充実した時間を過ごす、を意味する略称。
リクルートによると、
2016年度の家族へのリビング調査の結果、自宅のリビングの広さを妥協したくないとの回答が 7割近く存在し、それ以外の個室の広さを求めるのが 2割と収まり、家族のニーズが、部屋数・個室の広さよりもリビングに求められていることが明らかになっているそうです。

yjimage1126XYU5 

子ども側もリビングにいる時間が長く、就寝時間を除き1日のうち、未就学児は87.9%、小学生は76.1%、中学生は57.2%、高校生・高専生は45.6%がリビングにいることも分かったそうです。年齢が上がるにつれて、自室にいる時間が長くなるものの、高校生でも半分近くの時間をリビングで過ごしているそうで・・・


高校生が、自室とリビングでやっていることを見ると、スマホや携帯をいじる、電話をかけるといったプライベート性の高い行動であっても、意外にリビングで行っていることがうかがえます。

 確かに我が家でも、試験勉強でさえリビングで行い、子ども部屋は寝るためだけの部屋になっています。
昔と違い、リビングで家族が同じTVを一緒に見て、という時代ではなくなってきました。スマホ普及で同じリビングにいながらにして、家族それぞれがLineする、Youtubeを見る、音楽を聴く、ゲームをする、というライフスタイルに変わってきているようです。

実際に下記の例のように、リビングの広さを重視したご家族が今後増えていくのでしょうね。(´∀`*)



trend2017-img-3

 

草4




  









     






          『素敵なリビング』
    
      
   素敵なリビング14        














草4     
    
  

    
ホームページはこちらから≫
前澤さん似顔絵

    mixiチェック

このページのトップヘ