2010年02月08日

AVATAR

AVATAR01













そんな訳で観てきました。

ジェームズ・キャメロン監督、最新作!!!

『AVATAR』

久々の映画です。

CMで観ていて、これは行かねば!!
と思っていた作品でした。

風ノ環〜fu-ring〜の相方・羽音と二人、この間と、今日、行ってきました(笑)
しかも、今日は3Dです。
川崎にあるIMAXシアターにまで観に行ってしまいました。

そんな訳で行ってみよう

◆ストーリー◆
時は22世紀。
人類の手によって自然が破壊された地球から、はるか遠い惑星『パンドラ』
その星では莫大な利益をもたらす鉱物を発掘するプロジェクトが進められていました。
そのために作られたのが、パンドラの先住民ナヴィと、人間のDNAを組み合わせた肉体【アバター】
その【アバター】【操縦者:ドライバー】と呼ばれる人間の精神を繋げることで、パンドラの有毒な大気の問題をクリアし、ナヴィ同様、パンドラを自由に動くことが出来きるのです。
その【ドライバー】に選ばれた、1人の海兵隊ジェイク
パンドラの神秘的な生態系を調査するドクター・グレースたちとともに、深い森の中に足を踏み入れた彼は、1人のナヴィの女性ネイティリと出逢います。
その時、ジェイクと、ネイティリと、そして人類とナヴィにとって、命の環が廻り始めたのです。。。
すべては、母なる神・エイワの御心のもとに。。。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

◆キャスト◆

◆ジェイク・サリー:サム・ワーシントン
・・・りんぞう、初お目見えの彼です。
出演作は、意外とあるようで、最近のものだと『ターミネーター4』だとか。
まだ観てない
彼の、なんというか優しい表情には、何度うるっと来たか。。。
アバターの彼もカッコいいですが、生身ももちろんカッコいいです
今後の活躍に期待大

◆ネイティリ:ゾーイ・サルダナ
・・・トップ画像の彼女です。
美しいでしょう
(この青い肌が駄目〜〜という方もいるそうです。ゲームで見慣れてるでしょう?アニメで見慣れてるでしょう?なぜ、映画は駄目なのさぷんぷん
190px-Zoe_Saldana本来の彼女は、こんな方です。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出ていたそうです。
そのほか、『ドラムライン』や『スタートレック』などなど。

殆ど、御本人のこの顔は見られませんでしたが、でもネイティリは本当に魅力的な女性でした。
彼女が最初にあらわれたとき、ため息が出たのは私です。
うう、獣の美しさ
素晴らしい

◆グレース・オーガスティン:シガニー・ウィーバー
ぶっちゃけ、彼女が出ているのを知りませんでした(笑)
だって、CMに出てなかったんだもの
大好きな女性です
キャメロン監督の映画では、『エイリアン2』以来かしら??
あの時は、たくましい女性戦士でしたが、今回はたくましい生物博士(笑)
やっぱり素敵な大人の女性です。
彼女のナヴィ姿も素敵でした。髪飾りやアクセサリがおしゃれなのよね

◆トルーディ・チャコン:ミシェル・ロドリゲスAVATAR02
はい!
なんだか女性ばかり紹介してますが(笑)
今回の影の主役???
まさかのミシェル・ロドリゲス嬢が出演していました
シガニー・ウィーバーに続く、嬉しい誤算(?)です。
『ガール・ファイト』、『バイオ・ハザード』、『S.W.A.T』やら、私が観てきた映画にちょくちょく現れる彼女。
最近の戦う女性で一番好きな人かもしれません(笑)
また今回も良い役なんだ、これが
ああ、こんな強い女性になりたい
いや、この作品だったら、ダントツ、ネイティリなんだけどね(笑)

と、こうして紹介すると、なんだか、女性陣が強い映画ですね(笑)

いいことだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

そんなこんなで、どう書いたら良いものか。。。

風ノ環〜fu-ring〜にとっても、すごくその伝えてくるものが、ハマってるというか、ど真ん中というか。

それは当然、りんぞうにとってもそうなワケで。

語りすぎると、ネタバレになってしまうから、今はまだ語りませんが。。。

星はこんなにも美しくて、森も水も光も命も、こんなにも尊くていとしくて。。。

この作品を観て、現実があまりにつらくて、鬱になってしまう人もいるそうです。
分からなくはないけれど、この作品にそうやってハマるのではなくて、その『体験』を活かして、この現実で何が出来るのか、何が必要なのかを考えられる、そんな風になりたいな、と思いました。

だって、ナヴィの生活って、実際考えたら大変ですよ。

寝るのは、めっちゃ高い木の上のハンモック。。。
数十メートルの高さから、葉っぱをマットにダイビング。。。
んでもって、弓矢での狩り。。。

・・・サバイバル過ぎます

まあ、冗談はさておいて。

でも、これが『つくりもの』だと考える、つまらない人間にはなりたくないなと。
そんな子供時代を過ごさなくて良かったなと、改めて思いました。

夢を、観ようよ!

人としても役者としても、作家としても
あっちゃこっちゃに刺激を受ける作品でした。

あと何回かは観たいぞよ。

そんな訳で、りんぞう評価:
★★★★★×3D!!!!

IMAX、最高だ!!!!!!!!



funi_mie at 03:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字