不妊症 原因ナビ~コウノトリnet

不妊症の原因や症状も様々です。「病院での不妊症の治療や検査、体外受精を受けているのに子宝が授からない」などと多くの方が悩んでおられます。不妊のための情報を掲載しています。不妊で諦めないで下さい!!

体外受精の保険

排卵誘発剤の投与や卵管・精管の手術など一般的な不妊治療には医療保険が適用されます。しかし、高度生殖補助医療(体外受精や顕微授精)には保険が適用されませんので全額自己負担となります。体外受精は1回約30~50万円、顕微授精は約40~60万円の費用がかかるといわれています。それでも1回あたりの妊娠成功率は2~3割程度とされ、何度も治療を繰り返す必要があり、妊娠を望む夫婦にとってかなりの負担になっているのが現状なのです。。

保険適用されていない体外受精などの不妊治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するため、厚生労働省は、夫婦所得が650万円以下の夫婦を対象として、年間上限10万円の助成しています。この助成対象は、体外受精と顕微授精です。実施主体は都道府県・政令指定都市・中核市で、国は半額を補助する形になっています。

《《自宅でできる不妊治療【安心の全額返金保証付】》》

体外受精の費用

IVF(体外受精)の平均費用は30万~50万です。大学の総合病院や産婦人科、不妊専門クリニックなどで費用が異なります。体外受精は高度生殖医療に含まれますが、高度生殖医療は「自由診療」であり、保険適用がありません。よって、全額自己負担となります。さらに、自由診療というのはいわゆる「時価」ですので全ての病院で一律なのではなく、クリニックの状況や考え方で費用を自由に決定できるのです。同じ体外受精でも100万円以上かかるクリニックもあれば、大学病院のように10万円台でできるところもあるのはこのためです。体外受精でも特に顕微授精だと費用が高くなります。妊娠成功の場合は成功報酬で費用がかかるクリニックもあります。

2回目以降、金額が少し安くなるところが多いですが、通常この金額以外に、採卵費用、注射代や廃棄処分費、凍結費用などが別にかかりますので最終的には50万以上するケースも多くあります。まずは病院やクリニックに確認することが重要です。

《《自宅でできる不妊治療【安心の全額返金保証付】》》

子宮卵管造影検査|不妊検査

不妊検査の一つに子宮卵管造影検査というものがありますが、この検査によって卵管の通過性と子宮内の異常を調べる事が出来ます。

不妊の検査では他にも、卵管の詰まりを検査する事の出来る、通水・通気検査がありますが、この二つの検査では卵管の癒着の状態をはっきりと知る事が出来ません。

この子宮卵管造影検査で詳しく検査をして、卵管の癒着部位や状態をより詳しく調べていきます。
不妊の検査である子宮卵管造影は、子宮口から小さい風船状のチューブ(バルーン)を挿入します。
造影剤を注入して時間間隔をあけながらレントゲンを撮影していきます。卵管の詰まりが原因の場合には、卵管が詰まっている部分より先には造影剤は注入されません。
従ってレントゲンには、移らないという事から癒着の有無がわかります。

この検査は、不妊の検査の中でも苦痛を感じる方の多い検査です。

しかしこの検査は子宮や卵管の状態を知る検査というだけではなく、不妊の治療という一面も持っています。実はこの不妊の検査によって、軽い卵管のつまりが解消され妊娠する事が可能となる場合も少なくありません。
実際のデータとして、子宮卵管造影検査を行なった後の3ヶ月位は妊娠の確立が上がるともいわれています。

また卵管の詰まりや癒着を調べる事は、不妊の検査には欠かせない重要なものとなっています。
痛みを伴うと聞けば、やはり不安も多いでしょうが、過度に怖がらずに検査を受けましょう。

《《自宅でできる不妊治療》》

フーナーテスト|不妊検査

不妊の原因を知る為にまず色々な方向から検査を行いますが、その中の一つにフーナーテストというのがあるのをご存知ですか。

この検査の目的は精子の子宮内での動きの状況を知る為の検査です。

一定期間、男性に禁欲をしてもらい、その後排卵日の近くに性交後、数時間から12時間後に来院してもらい頸管粘液中の精子の動きなどの状態を検査していきます。

この検査がどうして必要なのかというと、頸管粘液が十分に分泌されていないと精子がスムーズに子宮の中に入っていくことが出来ない為、不妊の原因の一つと考えられるからです。

不妊検査のフーナーテストによって、多数の精子が活発に動いている様子が伺えた場合には問題がないのですが、精子の進入があった場合でも頸管粘液の中で精子の運動率が悪い時には何らかの問題がある可能性があると考えられます。

不妊検査のフーナーテストでは、一回の検査で結果を判断しません。
2~3回検査を受けてみて、一回でも結果がよければ問題ないとされる様です。

フーナーテストによってあまり良い結果が得られなかった時の原因としては、女性が精子抗体を持っている可能性を考えることが出来ます。
この抗体を持っていると、精子の動きが封じられてしまい子宮内に入っていけなかったり、入っていけても受精できなかったりする可能性があるのだそうです。
この抗体を持っているかは血液検査ですぐにわかるそうです。

不妊症検査の考え方

不妊症で悩んでいるカップルは、近年とてもたくさんいらっしゃいます。

最近では不妊のための外来を専門に扱う病院もありますし、不妊治療の医学もとても進化しています。
一人で悩まずにぜひ一度検査を受けてみてはどうでしょうか。

病院では、まず不妊に対する様々な検査を行います。
本当に不妊症であるのかといったところから、不妊症であった場合の原因まで様々な検査によって調べていきます。

女性が検査を行う場合には、まず基礎体温の測定により排卵の有無、黄体機能不全の可能性の有無などを調べます。
月経の最初の方で採血を行いホルモンの基礎数値を測定していきます。

この検査によって不妊の原因をおおよそ判断する事が可能といわれています。
この検査で排卵を上手く行えていない場合には、排卵誘発の治療を、ホルモン異常の場合にはそれに対しての投薬治療を開始します。

月経終了後には卵管のつまりなどを調べる、疎通性検査(通水検査)を超音波を使用して行います。
その検査結果が良くなかった場合には、造影剤を使った卵管造影検査が行なわれます。
この卵管のつまりを調べる際の検査は痛みを生じる検査となっていますが、この検査を行うだけでも卵管の通りがよくなり妊娠というケースもあるようです。

排卵の時期が近づくとまた別の検査も行います。
この様に、排卵や月経のサイクルにあわせて様々な検査を行い、不妊に対しての原因を詳しく調べてから、それぞれの治療が開始されるのです。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ