ご無沙汰してます、めみです。
あっという間に出産後1年経ちました。
母子ともに元気で過ごしております。


ブログを見てくださってる皆様、
私のKLC治療日記、本当にこれがラストとなりました。


凍結胚が1つあり、保存をしていましたが、
破棄することにしました。


第二子の治療再開をもしすることがあれば、
またこのブログを再開するつもりでしたが、
たまごちゃんを戻す事、
やめてしまいました。
もしかしたら妊娠するかもしれないたまごちゃんだったけど、、、


理由は色々あります、
ここで書けないこと個人的なこともあるので
全部は言えませんが、
年齢のことや、仕事のこと、
経済的なこと、
保育園などの子供をみてもらえる環境などなど、
家族のこと、
たくさんの事が重なり
第二子は望めない状態、環境となりました。


絶対に無理だったわけではないけど。


もちろんこれは簡単に決断できたことではありません。
でも私達が出した答えです。



40歳の時にできた、大切な凍結胚盤胞でしたので、
KLCの先生にも
夫婦でよく考えて決断されてくださいと言われていました。

KLCに通うことになった時、
第二子のことまでは全く考えてませんでした。
最初のころ
1つは移植して、残りは胚盤胞になったら凍結保存しますと
言われた時、
移植したたまごちゃんが妊娠したら、凍結のたまごちゃんは第二子に!?と
思ったこともありました。
凍結胚盤胞への道のりが容易ではないことも知らず、でした。


もともとは高齢だし1人産めたら、と思っていたこともあり、
卒業後おそらく破棄することになるんだ、ともぼんやり思ってました。
考えが大きく変わるかもしれないし、
子供が1歳になるまでは、と思い
この1年本当に悩み、
保存の延期をしてきました。



凍結胚盤胞が2つできたと知ったときは、
年子でもいいからすぐにたまごちゃんを戻して、
妊娠すれば第二子!
もしダメでもそれで私の治療を終わりにできる、とも。



でも産後はやめに移植という決断もできず、
妊娠をもう望んでいなくても破棄する勇気もなく。
1年経ちました。



破棄するに当たって、
私なりに色々考えたんです。
どうしたら納得というか、
後悔なく破棄できるか、を。


私の胚盤胞を今後の医療の研究に使ってもらえないか、と考えました。
そしたら、私のたまごちゃんが
役に立つかもしれない!と。
例えば凍結胚盤胞の解凍した結果がどうなるかを見てデータに利用とか、
アシストハッチングの練習をしてから破棄とか。
(アシストハッチング中にたまごがダメになることもあると聞いたことがあったので、卵の質もあるだろうけど、培養士さんの腕もあると思うし)

本番はもちろん練習じゃないし、
大切なたまごちゃんを大事に扱っているとは思います。
でも医療の向上は場数が必要だと思う。
少しでも私のたまごちゃんで、
医療の技術が上がれば幸いです。

全体の妊娠率もあがるかもしれないし!!
そんなことを思って
KLCに破棄する連絡をしたら
聞いてみようと思ってました。


先日5月末までの凍結胚の保存のお支払いを済ませ、
これで保存終了、凍結胚は破棄して治療すべて終了することを
KLCに電話でお伝えすることに。


電話は相変わらず
なかなか繫がりませんでした。


受精確認のために電話していた
あの頃を少し思い出して、
ちょっとドキドキしました。


電話で破棄することをお伝えしたところ、
同意書を送るので、署名捺印して(主人も)返送してくださいとのこと。



研究に使ってもらえないか、最後に聞いたところ、
ありがとうございます、
その同意書も同封します、
との事でした。


私が言わなくても、
そういったことはおそらくやっていたようです。

そうですよね、
まだまだ研究や勉強で必要ですよね。


もちろんそういったことに使われたくないと思ったり
同意しない人もいると思います。
人それぞれ考え方は違うでしょうし。



私は今後の医療に役立つかもしれないと思ったら破棄することに
ためらうこともなくなりました。
これでよかったと思います。


もしかしたら
破棄すると言っておいて、
やっぱり破棄やめますって電話しちゃうのかな?と少し思ったのですが、
それもなかったです。
私のたまごちゃんは医療に役立つんだ、それが運命なんだ、と思えました。



破棄することで
悩んでいる人が他にもいるかもしれないと思い、
ここに残しておきます。
こういう考えもあります、ってこと。




KLCから送られてきた、
研究に使用することについての説明書
image


研究に使用することについての同意書
image


破棄申し込み書
image






凍結胚盤胞までの道のりは
長いと思いますし、
いま治療されてる方からすれば
贅沢な悩みだとも思うし、
KLCの凍結の基準は他よりも高いと聞いたこともあり、
この凍結胚盤胞は妊娠できるたまごちゃんの可能性も
もちろん高いですし、
同じときにできた凍結胚盤胞で、
私は妊娠できて無事出産できました。
元気に育ち1歳になりました。



弟か妹を作ってあげたい気持ちも
もちろんありました。
でも私達夫婦で出した答えです。
後悔しません。


1人っ子になるけど
たっぷり愛情注いでこれからも成長を見届けていきたいと思います。
大変だけど毎日に笑顔が増えたし、私は楽しいです。
私をお母さんにさせてくれて
ありがとう。


あの時40歳で体外受精に踏み切ったこと、本当によかったと思います。
可愛いかわい天使ちゃんに会えました。
もしかしたら自然妊娠できたかもしれないけど、でも年齢が上がればそれだけ妊娠率は低くなります。
卵子の老化も不妊の原因です、と
初診で院長先生に言われ、
私は高齢!不妊なんだ!と受け入れることができました。
なかなか受け入れられないものなんだとも思いました。
受けいれて、そして絶対諦めたくなかった。
気持ちは前向きに頑張りました。
頑張って良かった。


これで私のKLC不妊治療日記はすべて終了です。
ありがとうございました。


このブログも本当にこれで終わりです。時々はのぞきにきますので、
何かご質問などあればコメントしてくだされば、遅くなるかもしれませんが
返信させて頂きます。


ブログ書いてなくてもアクセス数が多くて、ビックリもしたし、
情報はまだまだ求められているんだな、と
改めて不妊治療をされている方が多いんだと知らされました。


治療の経過などは、
これから治療される方や現在してる方に見ていただいて、
色々お役に立てれば幸いです。
(情報が古くなり、今のKLCと違うかもしれませんが、、)



このブログで元気になれた、勇気づけられた、参考になった、など色々と言ってもらえたりもして
嬉しかったです。


私もここに書くことで気持ちの整理や、
頑張ろうという気持ちにもなれました。
ありがとうございました。


文章力なくて読みにくくてごめんなさい!!



ベビ待ちのみなさんに
赤ちゃん授かれることを
私はお祈りしています。




2016,5,22
めみ

ラストのブログになります。


赤ちゃんが産まれてから
1ヶ月たちました。


妊娠期間の10ヶ月はとーっても長かったですが、
この1ヶ月は比較的あっという間でした。
そしてとっても濃い1ヶ月でした。


とにかく無事に産まれてきてくれることしか考えてなかったので
産まれてからの育児がこんなに大変だったとは!!


人それぞれかと思いますが、
私は産後10日間が1番大変だったと思います。
産後ブルーにもなりましたが
今は大丈夫です。


慣れない育児に戸惑いながら、
産後ブルーで涙を流した日もありましたが、
可愛い赤ちゃんを見ると寝不足でも
どうにか頑張れました。


そしてこの子を抱いていると不思議な気分になりました。
治療の日々を時々思い出し、
あのたまごちゃんがこの子になって産まれてきてくれたんだ!って。
信じられないような不思議な気持ち。


私が望んでいたことだから
弱音は吐いてはいけない、
大変なことや辛いことがあっても
前向きになろうって思いました。
大変な育児も喜んでやろうと思えました。

治療して、赤ちゃんを授かる事ができたからこその気持ちもあると思います。


しかし育児は体力勝負。
身体が悲鳴をあげることも多々。
高齢だからかな、時々大変。

妊活中のみなさん、
体力作りも項目に加えることをお勧めします。
かなりハードです。
でも大丈夫です、赤ちゃんの為なら
頑張れますから。
大変なこと以上に幸せなことが
いっぱいあります。


赤ちゃんの表情は毎日変わっていって、
可愛い天使みたいな寝顔も、
おっさんみたいなぶさいくな顔も、
白目むいてる顔も、
時々みせてくれた新生児微笑も、
自分の子供はホントどれも可愛い。


客観的に見たらそうでもないとも思うけど、、、


そして、
毎日私は笑ってます!
いや、赤ちゃんに笑わせてもらってます。

突然面白い顔をしたり、
大人みたいな大きなおならをしたり、
ミルクを飲んだあとの酔っ払いみたいな顔だったり、、、
ちょっとした事で私は笑ってます。
家にいてそんなふうに笑えることって、
今までそんなになかったと思うので。
赤ちゃんが笑顔にさせてくれました。
そしてイライラすることもあるけど、
赤ちゃんに伝わってしまうと思うので
なるべくイライラしないように
過ごしてます。


妊娠中は長くて仕方なかったけど、
赤ちゃんと一緒だと
タイムスケジュールが次々にあって1日があっと言う間。


3時間毎の授乳、オムツ替え、
沐浴、抱っこなどで1日は終わっていきます。
腰も背中も首も腕も痛いし、
食事の時間もゆっくりとれず
寝不足な日々。


赤ちゃんが寝ている間に私もなるべく仮眠して、この1ヶ月どうにか乗り切りました。
1ヶ月たって少しはいろんなコツがつかめてきて、まとまって寝てくれる事も増えたので私の身体もだいぶ楽になってきました。

これからの成長を楽しみながら
頑張ります!



そろそろ本題へ。



先日病院での1ヶ月検診に行ってきました。
赤ちゃんは、
順調に無事に成長していました。
ちょっとおむつかぶれでお尻が赤くて、
塗り薬をもらいましたが、
あとは問題なかったです。
一安心。


そして本日KLCに
産後1ヶ月後に提出する
アンケートを記入し、ポストに投函しました。


KLC卒業のとき、
産後のアンケートをちゃんと送る事ができるかどうか不安でした。
その封筒は出産するまで開けないでいました。

そして1ヶ月検診が終わってはじめてアンケートの中身をみて記入しました。



水色の封筒のアンケート
image



アンケートの中身の裏面にある
書き方の見本
image




これでKLCで私がやるべきことは終了しました。
本当に終わり。


(でも凍結胚盤胞が
KLCに1つあります。

第二子としてお迎えに行くかどうか
ずっと考えていましたが、
まだ結論を出せてません。
もともと第二子は考えてなかったのと、
年齢のこともあるのと、
妊娠出産が大変だったので自信ないのと、、、
でもまだ破棄する勇気もない。

贅沢な悩みなのですが、、、
結論が出た時はブログに書きます。
お迎えしたか、破棄したか
どちらにしてもいつか記事を追加で書きます。だいぶ先の事になるとは思いますが。追加記事がない時はまだ考え中です。)




KLC不妊治療ブログは
この記事をもちまして終わりにさせて頂きます。


今までブログを見てくださった方、
応援してくれた方、
コメントくださった方、
本当にありがとうございました。
これから見てくださる方、
少しでも参考になれば幸いです。


このブログを通して
たくさんのアクセス数をみて
同じような方がたくさんいて皆頑張っているんだと気づいたり、
あたたかいコメントに励まされたり、
同じような方と交流させてもらったこと
嬉しく思い感謝します。


ブログ終了は私が目標としてきたことですが、
同じような悩みを抱えてきた読書さんとの交流が終わってしまうのは
ちょっと淋しいです。


でもこれで終わりです。
高齢でも治療をして、出産したという
記録を残したかったので
こうして最後までブログを続けました。
KLCの治療ブログなので
アンケート提出までと思ってやってきました。


私が治療をはじめるとき、
もちろん治療中も
他の方のブログなどをたくさん拝見させて頂きました。

勉強させて頂いたので、
私の記録が誰かの為になればと思い
ブログをはじめました。


私が読ませてもらったブログの中で
途中で終わっているブログがとても多かったです。
もしかしたら治療を諦めた方、
治療を続けていたけどブログが面倒になつて辞めた方、
流産などされてしまった方、
理由は想像でしかできないですが、
その後治療はどうなったのかが
とても気になりました。


なので私は治療の結果が悪くても、
もし流産などに
なってしまったとしても
このブログを途中でやめない、
と最初から決めていました。

高齢なので流産率も高いことは
承知でしたし、
どんな結果もすべて受け止めて
記録に残す、嘘は書かない、
そして絶対にブログを終了する(出産する!)と心に決めて
書いてきました。
そんな気持ちでやってきたブログでした。


ブログ終了しますが
しばらくはコメント欄もチェックしますので、何かご質問などがあれば
コメントください。



それと
このブログのとある読者さんが、
先日コメント(コメントは最初非公開になっていて、私が見てから公開できるような設定になっています)で
メールアドレスを教えてくださり、
直接連絡をとるようになり
お友達になった方がいます。


ブログが終了してしまうので、という事でお知らせしてくれました。
彼女が私を信用して自分のアドレスを教えてくれたので、
私も彼女を信用して直接メールを送りました。
今はお互いの近況などを時々メールしています。


このブログがきっかけで
直接アドレスを教えて連絡をとるようになるなんて、
思ってもいませんでしたが、
交流ができて良かったと思っています。


それで、もし
同じようにこれからも
交流を持ちたいと思ってくれた方がいらっしゃいましたら、
コメントに連絡先を残してください。
(コメントに個人情報のアドレスなど入っている時は非公開にして私だけが見ます)


このブログをずっと見てきてくれた、
今までコメントをくださった方限定で、
私の事を信用してくださる方、
そして私が信用しても裏切らず
個人情報を守ると
お約束してくださる方とでしたら
交流したいと思っています。




まとまりのない文章になってしまいましたが、
最後までお付き合いくださり、
ありがとうございました。


そして
ベビ待ちの皆さんに
赤ちゃんが授かりますように。


無事に出産まで辿りつけますよう、
そして赤ちゃんの成長を見続ける
ことができますよう
お祈りいたします。


ありがとうございました。

めみ

ご報告です。

39w0d
無事に出産することができました。
産声を聞いた時には自然に涙がでました。
この1年間の事を思い出しました。


あのたまごちゃんがお腹の中で
成長してくれて、
ちゃんと無事に産まれてきてくれました。

日本の最先端医療技術、KLCに感謝します。


私をママにさせてくれて
ありがとう。
これから愛情たっぷりに
大事に大事に育てていきます。


KLCでは産後1ヶ月後に
アンケートの提出が義務づけられています。


なのでこのブログは
そのアンケート提出報告の記事を
ラストにアップして
終了します。


もう少しだけお付き合いください。


このブログを見てくださった皆様、
ありがとうございます。


これから治療をされる方、
すでに治療をされている方、
ベビ待ちをされているみなさんに
赤ちゃんが授かれるよう
お祈りいたします。



↑このページのトップヘ