2010年07月09日

FAR WEST / 中島教秀 & 大友孝彰5

FAR WEST / 中島教秀 & 大友孝彰


一度もお会いしたことが無いにも関わらず色々とお世話になっている方がいます。その方は以前は東京の蒲田でジャズが流れるラーメン屋を経営されながら日本のジャズシーンを盛り上げようと様々な活動を行われており、私も様々な資料等を送って頂きました。また、某雑誌への記事の投稿の依頼等も頂き、駄文ながら寄稿させて頂く事が出来ました。(今読み返すと完全に赤面ものです。苦、、、)

一度は挨拶がてらにラーメンを食べに行かなければならないと思っていたら昨年その方より突然にお手紙を頂き、新潟にて中古レコード店兼カフェ兼ライブを行なうイベントスペースという感じの新しいお店を開店されたとの事でした。


先日帰宅すると一通の郵便物が届いていました。そのお方からのもので開けてみると「第16回新潟ジャズストリート」のパンフレットでした。

「そうそう、新潟も結構もりあがっているんだよなぁ」と思いながらパンフレットを見ていると、スケジュールの中にある「Far West(大阪)」という文字が目に入って来たのです。

ん?と思いながらメンバー表を見ると「大友孝亜彰 (p) 中島教秀 (b)」とあるではないですか。ちょっと痛い(≧≦)誤表記はあるのですが、関西を中心に活動しているもうベテランと言えるベーシスト中島教秀さんと、若手注目度ナンバーワンのピアニスト大友孝彰さんのユニットであることが判明したのです。

もしや!と思いながら大友孝彰さんのホームページを確認すると7月の頭からビータ(ツアーの事ですね。今でも言うのでしょうか?笑。)の予定が入っており、私が住んでいる千葉県の一都市である柏市の Nardis にもやって来るではないですか。でも平日なんですよね。翌日の仕事の事を考えるとちょっと躊躇。まぁ、来週なのでそれまで検討をしたいと思うのですが...ちょっと考えてしまう今日この頃です。


この作品は中島教秀さんの楽曲を中心にどちらかと言えばしっとりとした雰囲気の曲を多く聞くことが出来るもので、録音当時は大友孝彰さんはまだ大学生であったという事が信じられないような落ち着いた雰囲気です。まぁ、どちらかと言えばデビュー作となる Nightmare で聞かせてくれたスピーディーなピアノの方が私の好みではあるのですが、この作品も大友孝彰さんの違った一面を垣間見る事が出来素晴らしい仕上がりになっている事に違いはありません。


ちなみにこのアルバムのレコーディングはピアニストの濱村昌子さんが運営されている「青谷音楽堂」というレンタルスペースで録音されている事を知って驚いています。この「青谷音楽堂」は私の実家から歩いてすぐの所にあるのです。関西のジャズメンのスケジュールをチェックしていると時々この「青谷音楽堂」でライブを行っているミュージシャンを見かけるのですが、私が帰省したときには何も行われていないというのが常になっています。むむ、残念。


おっと、新潟方面の方やこれから訪れる場所の方は是非 Far West の演奏を楽しんでください。そしてこれまでにライブへ足を運んだ方々は至福の時間を味わった事は間違いないのではないでしょうか。

あー、来週の Nardis は迷いますね...








FAR WEST / 中島教秀 & 大友孝彰

Blue Lab. Records BLR0902

Produced by Norihide Nakajima & Takaaki Ohtomo
Recorded by Naonori K. Nagashima
Recorded at Aotani-Ongakudou on Sep. 8 & 9, 2009.


中島教秀 (b)
大友孝彰 (pf)


01. 雪の丹波、月に蒼く光り (中島教秀)
02. Early Moon (中島教秀)
03. ねこのブルース (中島教秀)
04. Nights in Kobe (大友孝彰)
05. Nobody knows it (中島教秀)
06. カブト虫ジャンプ (中島教秀)
07. ピアノ (中島教秀)
08. Far West (中島教秀)


ブログランキング:
にほんブログ村 音楽ブログへ

banner_04.gif





funky_alligator at 23:53│Comments(2)TrackBack(0)JAZZ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とっつぁん   2010年07月18日 19:23
はじめまして。Jazzの方々のページからこちらにたどり着きました。以後お見知りおきいただければと存じます。
ご紹介されているジャケなんですが、Kenny Garrettの"Beyond the Wall"という作品のジャケと構成が似てますね〜。(すみません、たわいもない話題で。)
2. Posted by funky_alligator   2010年07月19日 00:37
とっつぁんさん、コメント有難うございます。

> ご紹介されているジャケなんですが、Kenny Garrettの"Beyond the Wall"という作品のジャケと構成が似てますね〜。

Kenny Garrett はちょっと苦手としているのですが、万里の長城のジャケットのアルバムですよね。ちなみに、この作品をリリースしているのはイラストレーターとして有名な藤岡宇央さんで、写真とデザインも手がけられています。藤岡宇央さんのイラストはジャズ批評誌の表紙でご覧になった事があるのではないでしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔