October 08, 2007

この前のNATAのNews(8月版)に、Celebrate the Athletic Trainer: Be the Best for the WorldというKenneth L. Knightさんの記事に目がとまりました。

特に印象深かったのは、Rod Kimball氏が生前述べた。

"What happended wasn't as important as what was going to happen."

このquot.は僕にとって、そうだよなぁって改めてATの役割について考えさせられました。


それはさておいて。自分にとってのATの理想像というか、心がけていきたいことは、選手に自己管理能力(体調管理等、自分の体についてもっと知る)をつけさせることではないかと思ってます。これは今まで実習に就いて思ったことですが(colleage, high schoolに限ってですが)、自分の体に関して、無知なathletesがあまりにも多い。

まぁすべての選手が、自分管理、怪我等の処置を選手自身が自覚してたら、ATの商売はあがったりなんですが・・・

ともかく選手自身(もしかしたらコーチもかもしれませんが)への教育は、まだまだ知識、経験不足の僕ですが、これから少しずつ心がけて行きたいと思います。



(00:24)