親愛なる会員様

こんにちは。浅倉です。

僕が自身の脈で入店させていく「遊撃隊」企画ですが、

※遊撃隊企画の経緯はこちら

今回、3人目の入店が決まりました。

12月12日デビュー(神田店)になります。

「ウララカ」ちゃん 21才


僕の知り合いの地下アイドルの女の子からの紹介になります。

42







この子も超絶未経験です。どこまでイケるか未知数ですね。


んで、この子、

遊撃隊はハードル高いので、

またラインを調整させて下さい。



経緯としては


遊撃隊1人目のアスナちゃん→大ブレイク



により、遊撃隊のハードルが急上昇。



そこで、

2人めのイマリちゃんは遊撃隊ではハードルが高くなってしまうため、

遊撃隊「候補生」としてデビュー。



イマリちゃん結果→超絶リピート(昨日も本指名3件:12月9日)

(数字的に申し分ないので、間もなく遊撃隊「本陣」に組み込みます。)


遊撃隊「候補生」のハードルも急上昇。




どうしよう・・・・。



本当はそういう感じの趣旨でもなかったんだけどな・・・。


普通の子、いれずらいな・・・。


ということで、


今回は新しく 


「ひよこ倶楽部」



というカテゴリを作ろうと思います。


ブランドとしては

遊撃隊「本陣」

遊撃隊「候補生」

ひよこ倶楽部



の順番で把握して頂ければと思います。



それではご紹介します。


名前は「ウララカ」ちゃん。

年齢は21才。

未経験です。



少し苦労しました。


紹介者の女の子には「オナクラ」って聞いていたみたいで、

「オナクラっていう業種なんですよね?」


と言われた時は、若干考えました。


からの、


「うーん、ちょっと違うけど、オナクラっていうのは

結局ハードなオプション付けてかないと稼げないから結局エステよりキツイよ。」


という話から風俗の業種を

超絶丁寧に

1つ1つ説明していったところ、

アロマエステの良さをわかってくれたようです。


で、入店決定、という経緯でした。


結構、風俗業界を知らない子は

風俗は誰でもとまではいかないけど、

ほぼ採用される、


と思っている子が多いんだなぁと思う今日このごろですが、

キャラ的にしっかりやりそうではありましたが、

念のため、仕事に手を抜いてほしくはないので


「ウチは採用率7%だから。」


んで、


「ウチはお店の誰が来ても手を抜かない、ハズレがいない、

というコンセプトなので、一生懸命、お客様を癒やしてくださいね。」


と仕事の基本的な意識も伝えましたところ、


「一生懸命がんばります!」


とのことです。


この子は外見は超絶可愛いというよりは、

普通にロリ顔で可愛らしい、小動物っぽい、

という感じで

一定の基準は満たしている、

という感じですが、

ロリっぽい顔立ちとかが好きな人には

気に入ってもらえるのかなぁと思います。


なんというか・・・・


なんか言葉遣いの丁寧な

小動物系の女子高生を相手にしているような

ちょっとした罪悪感があります。笑


外見はそんな感じですが、

特筆すべきは、

とにかく


 


がめちゃめちゃ可愛いです。


外見もそうですが、笑った時の「声」とか

仕草に注目して貰えると

若々しくみずみずしい声や雰囲気を感じて頂けると思います。


また、若い子に多いキャピキャピ系ではないんですね。


若いのに、

言葉遣いが丁寧で、敬語がちゃんと使えるんですよ。


まあ普通なんですけど、

あの若くて可愛らしい外見で、

僕が何か言った時に、


「かしこまりました!」

「承知しました!」


とかそんな感じで、


雰囲気が凄くいいんですね。


そのへんは感じ取って頂けると思います。



ただ、やっぱり、後は未知数ですから、

どうなるかわかりません。


なので、


遊撃隊「本陣」

遊撃隊「候補生」


と較べてしまうと可哀想なので


「ひよこ倶楽部」としてデビューします。


この子もイマリちゃん同様、

初めの方は何やっていいかテンパってると思うので、

育ててあげるつもりで優しく接して頂けるとありがたいです。


※ウララカちゃん、お客様の声はこちら

ウララカ(神田秋葉原)
http://kanda-akihabara.okashinaeste.com/cast/769.html



浅倉


PS:

ツイッターでも少し触れましたが、

明日12月11日デビュー(五反田店)の新人「まほ」ちゃん、

相当ヤバイ位人気出ると思いますよ。

百聞は一見にしかず。


四の五の考える前に

まずは予約してしまうことをおすすめいたします。


新人:まほ(五反田)
http://gotanda.okashinaeste.com/cast/768.html