店によって女の子を競争させて

モチベーションを上げようとするところと、

競争させないところがあると思います。


女の子を競争させるメリットとしては

みんな必死で「指名数を増やそう」と頑張るようになるところです。

(ワーイ)


良い意味でも悪い意味でも接客の水準は上がると思います。

これはかなり強力で、利益も大きく生みます。


これはこれで否定しませんが、おかしなエステでは

それでも女の子に競争はさせません。


第一に、女の子が風俗業界に入ってくる理由として

キャバクラなどの飲み屋で「営業活動が疲れたから」、

というのがかなり多いんですよね。


つまり、風俗業界で働く大半の女の子は

元々ウソをついたりするのが苦手な、

普通に考えて、結構性格の良い人たちなんですよね。



そんな子たちを競争させるのは気分的に嫌だな・・・と思います。


ですので第一の理由をまとめると、


「この業界の子は競争とかが向いてない性格の穏やかな子が多い。

そんな子たちに無理矢理競争させても精神的ストレスが大きくなる。

結果、あとあと呪われる


これが女の子に競争させない理由1です。


※例外的に、接客も頑張りたくないし営業活動も面倒くさい、
とりあえず風俗だったら楽して稼げるかな、と思って風俗に来た人も
いるでしょうが、そういう子は空気でわかるのでウチでは即不採用です。


PS:


「へー、じゃあ、競争させて接客水準が上がるのに、

競争させないってことは接客水準が落ちてもいいんだー?へー。」


みたいに言われそうですが、全然違います。


接客水準には方向性があります。


どの方向性で接客水準を上げたいのか・・・


つまりは、


お客様のどの部分を満足させたいのか?


上記についてお店がどのようなスタンスなのか?

で方向性が全く変わってくる、ということです。

競争させた場合、ウチで満足させたい部分を満足させられなくなります。


理由2につづく