February 13, 2006

ハートのマシュマロ

4e911c76.jpg


ふわふわのマシュマロの
できあがりー☆







*マシュマロを100倍ふあふあにするおまじない*

・マシュマロは晴れた日の空にきれーいに浮かぶ雲の下で一口でいただく
・ピンクのマグに入れたミルクティの上にハートのマシュマロを載せる
・浮かんでいるマシュマロをポンポンッとさわってみる
funnychigry at 13:41|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

February 09, 2006

手づくりの日

fa6b2527.jpg


チクチク チクチク
sweets社の作品作りと気まぐれアイディアの
手作りの一日になった2月の9日

ベッドの上で愛犬のティラくんは
日向ぼっこしながら「ちぐーさっきから何をやってるの」
という目でこっちをみていました

でーきたっ

今日の一等賞は水玉のミニトートバック☆
これで冬ものりきっちゃう

*チクチクミシンのおまじない*
「あたしは今日から仕立て屋さん」気分で縫うとうまくいく
ミュージックはとびっきり甘いガーリーなものにのせて☆
犬に注意

February 07, 2006

秘密のカフェ

2acda35c.JPG街から少しだけはずれた
静かな通りに
あった あった
小さなカフェ☆

丁寧に作ったパンと手作りスープの
組み合わせに
カフェ好きのちひろと一緒に
おしゃべりする時間が
とっても幸せに感じました

ひとつひとつに心がこもった味が
とってもおしゃれで
そう思うと余計にここが
秘密のカフェテリアに思えてくるのでした

     ☆


*カフェでハッピーになるおまじない*

よーく耳を澄ませてコーヒーができあがる音を聞くこと
お砂糖を一粒入れたら溶けちゃう前に願いごとをすること

funnychigry at 01:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 06, 2006

チルドレン

a7ebff55.JPGびゅーーーっと新幹線に乗って
東京まで研修にいってきましたよ

日本語教師をロンドンでやってた方から
ティーチングレッスンを受けたのですが
とってもお勉強になったわ
彼女は子供教育に大きく携わった方で
日本の公立小学校でも英語を教えていたそうです

いまは、幼児英語教師養成や
英語教員のためのトレーニングなどをしているそう
子供のための出版物も創っているとおっしゃっていました


「子供」教育って本当におもしろい

子供って無邪気で純粋な分、吸収力も
想像力も大人とは違うからティーチングも
遊び心忘れちゃいけないよね

いまchigryはおりがみを教える練習に
励んでいます


*子供心を忘れないおまじない*
・周りを気にせず泥んこ遊びをやってみること
・絵本を枕元に置いてぐっすり眠ること
funnychigry at 01:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 01, 2006

BLTを召し上がれ♪

1be2a63a.jpg


(ちょっとブログのデザイン変えちゃいましたー)
しばらく更新してなかったけど
ぼーっと日々を過ごしていたわけじゃないの。

まず、
大学生っぽく卒業論文を仕上げたわ。
テーマを知りたいって??
とびきりおちゃめなイギリスの子供部屋、
まあ、なんてアカデミックなのかしら

新しい発見もあったわ。
お部屋のクリーニングしたらくまのプーさんの絵本が
出てきたの
「あ、てまみだ!」とプーさんが手紙を見つける
場面がなんとも愛らしくて笑っちゃう

それに、
もてなしのお料理だって
カフェの気分でベーグルを作ってお客さんを
お招きした日もあった

インフルエンザってゆう流行にも
のってみたし、それはあたしなりに
映画を5本くらいと楽しんだの☆
夢もたくさんみたわ
鼓動が激しかった39度の夜は忘れないはず

今日は
2月に入ったから、
Tommy februaryのアルバムを聴いて
過ごしたわ

これからバレンタイン秘密計画たてなくっちゃー
funnychigry at 20:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

November 19, 2005

Go to dream

40151ce0.jpg

彼はでかけていった。
夢を両手に抱えて 飛び立って行った。

成田空港があんなに辛かったのは初めてだった
あたしだって 知ってるもん
旅立ちの日は
希望と期待でいっぱいのこと

けれど
笑顔で送り出す事はできなかった

ちょっと遠いところに ちょっと長い間いってくるだけだよ

そう言い聞かせて涙があふれました。

いってらっしゃい

大丈夫、すぐ会いにいくからね

あたしも夢を大事に前に進みます☆


funnychigry at 22:45|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)

October 10, 2005

甘いケーキの中身

416258c1.jpg

9月20日
恋に落ちたchigryはケーキを焼きました。
あの人にあげるつもりはなかったの

恋に落ちていたのは結構まえのこと
でもこれは誰にも言えない なくしてしまおうと
思っていたの


これから旅立つ人を応援するしかなかった
恋愛はできないといっている彼に好かれるなんて不可能だと
思ってた

いっぱいの気持ちをケーキに隠して
「はい」って渡しちゃった

まるで中学生のバレンタイン
ドキドキを一生懸命 隠したつもりだった

けどね
ある日バイト先にきてくれた彼にあまりに
びっくりして 顔がまっかになっちゃったあたし!
心臓が止まるかと思って
パニックになってしまって お客さんにも
笑われちゃうくらい・・・


そのあと
彼は奇跡に近い言葉をあたしにくれた

まさかそんな事が起こるなんて・・

あの日 夢見た彼にしてあげたいことが
叶っちゃった

キャンドルを買ってお祝いしようかなー
この火がずっと消えませんように・・・・・

アメリの幸せ

box



アメリ缶はあたしの宝物のひとつです。
とってもかわいいこの映画はずっとあたしのお気に入り

アメリは小さないたずらハッピーをみんなに
ちりばめてくれます

あたしもアメリのようになりたいと何度も
思った事があります

小さな幸せを多くの人にプロデュースするように
毎日を過ごすとほんとに幸せ

きのうお客さんに感謝された言葉と
おばあちゃんに言われた「ありがとう」と
彼が見せたとびきりの笑顔と
家族とのあいさつ

あたしがハッピーでいられるのはこの
とっても大切な材料があるから

今日も小さな幸せをいっぱーーーーい見つけて
胸いっぱいになりましょう Ne -
funnychigry at 06:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

September 30, 2005

candy heart

だってまさかね 相思相愛だとは思わなくって
この気持ちはいつか消えてなくなっちゃうと思ってたの。

心の中はどきどきが止まらなくって
どうすればいいのか
わかんないけど

彼が公園のお散歩デートに連れてってくれることは
もう、夢の中じゃないんだよ

あったかい 心で
包んでくれる 彼の優しさは
マシュマロみたいです

毎日幸せをありがとう

September 28, 2005

fall in love*

ea772d98.jpg

なれないあたしとあなたの間に
こんなにわがままいいですか?

言葉でいわなきゃ
今すぐいわなきゃ
そんなのしらないわ

もうあたしをとめないで

By CHARA


chigryもようやく恋に落ちました。


September 21, 2005

小さな贈り物♪

ae4bdd06.jpg

とってもかわいいリキュールセット
もらっちゃった。

あの日、一緒にワインを買いに行ったのを
思い出すよ・・・

小さなハートがきゅんてしたよ

ありがとう
funnychigry at 11:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

September 19, 2005

恋する時間*

amerie




アメリはいつか理想の人に出会えると思っていた

空想好きな女の子。







アメリはとってもおしゃれな映画です。
セットのひとつひとつが絵本の世界みたいで女の子の心を
くすぐってしまう、そんな映画。

アメリを見ているとすごく かわいい恋がしたくなるー

ちぐのダーリン君にしてあげたいこと


たとえばね、ひとりで街を歩いているでしょ、
そしてケーキ屋さんを発見するの。
「あら、今日はショーウインドーがまぶしいわ
そうだ 今日は出会って○日記念日ね!!」


思いついて、小さなケーキをつくることにします。
そうね、今日はちょっと大人にガトーショコラかな
材料と一緒にろうそくを一本だけ買うの
ちょっといい香りがするきれいなのね、
でも一本だけ

それでね、お花屋さんに向かいます。
「小さなマーガレットとピンクのガーベラのプチ花束くださいな」

輸入ワインのお店に寄って乾杯用の小さなワインも買っちゃいます
グラス一杯で終わっちゃうくらいの小さいのでいいのね、
大きいワインはクリスマスまでのお楽しみ!


「ピンぽーん」
ダーリン君がやってくる頃にはケーキも焼きたていいにおい。

突然のパーティにびっくりのダーリン君、でも顔が嬉しそう。
まるで時計に魔法がかかって「happy」という針を指しているようにー

このまま時間とまってしまえばいいのに

そういう時間ってイチゴのケーキを同じくらい甘い時間
(でも今は空想するだけ・・・・泣)

恋をするとケーキを焼きたくなります。
そして焼けるまでの時間は恋をしてるのと同じくらいどきどき。

明日は久しぶりにケーキを作ろっかな☆

September 15, 2005

お日様と一緒にティタイム

d789b66e.jpg


毎日の生活に欠かせないティタイム。
それは
心をリラックスさせる大事な大事な時間☆

はい、キャンドルを用意して
ビスケットをあっためて(ひとつだけにしてね)
Norah Jonesの声に匂いをのせて・・・・
準備できた??

ママが「ルイボスティ」という南アフリカのティを
プレゼントしてくれました。

「ルイボスティ」ってとっても特別なお茶なの。
南アフリカ共和国ケープ州にあるセダルバー グ山脈の
一帯にだけつくる事ができるんですって。
それでね
化学肥料、農薬などは一切使ってなくって
世界でたったの一ケ所、この場所でしか生み出す事のできない
なんとも幻なピュアなお茶!

南十字星の輝く澄みきった空気と
灼熱の太陽と自然の恵みをいっぱい受けた、
大自然 からの贈り物☆

においもとってもいいの。
バニラのような甘い 「う〜ん」って目を
つぶっちゃうくらいかわいい香りがする。
女の子の心に例えたらね、
恋がうまくいってるときの優しい穏やかな気持ち!
そう リラックスできるの 


さらに期待できる効果はこちらよ。

* 活性酸素を取り除く作用があり、老化を最小限に防ぐ。
(最小限に防ぐ、これはGIRLS目からうろこっ)

* ミネラルが豊富で、健康増進と美容に効果がある。
(ほら、恋と同じ。び・よ・う!)

* アレルギー反応を最小限に押さえる力がある。
(ちぐの勉強アレルギーも治してくれるのかしら?)

南アフリカから届いた贈り物を
十分に味わって 今日も一日おつかれさまー
笑顔で明日もがんばりましょうね☆    ☆


funnychigry at 23:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

「ありがとう」をもらう時

水曜日は日本語レッスンの日。
朝から大里中学校に向かいます。

「よしっ」って朝日の光を浴びていつも
気合い入れていくんだけどね 
今日は もう二日酔いもいいとこ 
昨日のお酒がちぐの胃を苦しめてくれたよ。
メリーゴーランドに10回乗るよりぐるぐるしてた昨夜を
思い出し中学校に向かったの

いま中学校は体育祭の準備中で
グラウンドから熱気が伝わってくる

あたしは体育祭が何より好きだったー
応援もリレーもクラス対抗の長縄も・・・
絆が深まるんだよね、すごい思い出したよあの頃を。
若かったね、ほんとに。

エりナちゃんはアメリカ カリフォルニア出身の14歳
ママは日本人。 パパはアメリカン
ちょっとドイツの血も流れてるみたい、そんな香りが漂う
かわいいかわいい中学生。

エりナちゃんから教えてもらう事は多い。
特に休み時間にする雑談トークの時間。
これは休憩だから本当は日本語の先生としては楽しみに
しちゃいけないのかもしれないけど・・
でもね エリナちゃんいろんなこと教えてくれる。

今日はね
日本とアメリカの運動会の違いとかから始まって
「日本の体育」や「校則」について
「ここが変だよニホンジン」並にお話しまひた。

アメリカの運動会ってファニーよ、
あくまでも個人、日本のような「一致団結」
みんなでひとつになりましょう的なことはしないんだって、
かけっこしても歩いてしまう女の子なんてたくさんいるわ。って言ってた。
先生もそこまで強制しないんだって。
だからエリナちゃんはなんて日本の体育って厳しいの!って思ってるんだって。

運動会のあの団結力って日本特有なのかなあ。
きっと他の国にもあるだろうけど
でもああいうのって感動できるし、今後の人生にも
良い影響をくれるよね。

あと印象的だったのは「ストレス」のお話。

エリナちゃんのママは日本にいた時、背がすごく小さかったんだって
アメリカに行って暮らしが変わってからなぜかアメリカ人の女の人並みに
大きくなったのだそう。
エリナちゃんいわく、

ママはストレスで背を縮められてたの、
何か大きなプレッシャーで上からつぶされるように
生きてると、背も小さくなっちゃう。って

日本人を見ていて「させられる勉強」「マニュアル通りに動くこと」
「強制的なお仕事」をしている人にはそんな圧力がかかってるって
エリナちゃん言ってた。

のびのび育つ子は背が伸びるって言うけど
自由奔放に生きたら心に比例して体もおおおーきくなるってことが
あるのかな。
エリナちゃんの発想に救われた気がしました。

ちぐの二日酔いで くらくらーってしてた頭に
特別なものを入れてくれたみたいでした。

エリナちゃんありがとうね

September 11, 2005

1 year ago----

d95f5cc9.jpg

lululu---
time slip to 1year ago....

あ。一年前のこの時期にあたし日本に帰ってきたんだっけ。
今日なんとなく思い出したの。
引き出しの奥の日記帳を開いてみたよ、

なにしてたんだろ?
なに思ってたんだろ?

あー見つけた、見つけた。

「9月11日:私の心は、タイムスリップを果たした江戸時代の人並み。
それでもチクタク時は流れている。」

だって。

なんかねー日本帰ってきたときすっごく「しゅん」ってなってた
いま考えると信じられないけど
帰ってくる前は お父さんとお母さんと妹と彼氏とお友達・・・
たくさんの大切な人が待ってるもん 
早く帰らなくっちゃってすっごいすっごい楽しみにしてたの

なのにね 自分が知ってるみんなが成長してると
すごい嬉しいんだけどそれと同時に焦ったり 凹んだり
じゃあ私は??どうすればいいの?ってなりがち

そう、焦りあせり症候群だったの あたし
 
去年の今 ちぐの隣には大切な人がいた、
ちぐはその人との再会を何よりも心待ちにしていた、
本当に楽しみだったの。
あの時、彼は大学院に行くのが決まってた。
夢に向かって確実に進んで行くのがみえたときにあたしすっごく
混乱してしまった、自分と比べてしまってたの

そして知っていたはずの彼の生活リズムが完全に前と変わってしまったことに
さらに戸惑っていた、
あたしはどこにいけばいいの??
っていう状態に陥っていた。あんなに近くにいたのに。

自分のことがよくわからない時は、人と向き合うのはいつもより
難しく感じちゃう。
そんなぐるぐるの心模様のまま あたしたちは終わった。
あのとき言った言葉を時々思い出すの。
相手に言われた事はあんま覚えてないけど・・(おい!)


いまだからあの時の自分を振り返ることができる、
そのときはわからなかった、知りたいと思ってもね
調べられない、自分の心ってどんな難しい数学の問題より難しく
感じるときある

ちぐの未熟な心、そのせいで人を傷つけた、自分の心も傷つけた。

それを自覚するのに1年もかかったなんて!
あたしって大バカ。
ごめんなさい、ゴメンナサイ・・・・遅いよ・・

言葉ってすごいパワーがある、
だからできるだけ上手に使わないといけない
そして嫌な思いになる言葉はできるだけ使いたくないものね
funnychigry at 01:36|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

September 08, 2005

スーパーの楽しみ方☆

0b24f431.jpg

あたしが一番「あー☆外国にきたのねー」って
思うところは
スーパーマーケット。



今回のオーストラリアはお仕事が多くって
日本人はさらに多くって
あまり外国気分になれなかったの

それでもやっぱりスーパーマッケットに入ったときは
わくわく どきどきした

スーパーに入るとその国のくらしが見えるでしょ。

ではここからスーパマーケット楽しみ方講座!

1。商品の並べ方に注目。
ぐちゃぐちゃだったり ちょっと遊び心取り入れたり。
それは国によって違うもの。日本以外の国ではあまり整理整頓
ということにはまったく気にしてないわよね

2。パッケージのデザイン鑑賞
これが一番好き☆パッケージに書いてある文字とか
おもしろいのあると「きゅん」とするでしょー
イギリスには「tyhoon」っていう紅茶があったよね 確か。
でもよく考えたら「すっぱムーチョ」とか「うまい棒」とか変だよね

3。お菓子のコーナー
お菓子とケーキのコーナーはとってもカラフル。
外国のお菓子って大きくてシンプルなのと
すごく派手なのに分かれてる気がする。
そこで必ず100円くらいのビスケットを買ってみましょう

4。店員さんにあいさつ
レジまでいったら店員さんがなんて声かけてくれる?
「いらっしゃいませ、お待たせいたしました。」
こんなていねいなのは日本くらいよね
だいたいが「hi !」とか「how are you?」そんなかんじ
暇をみて何でもいいから話かける、そしておすすめのお店とか
聞いちゃうの。

その他にはねー
ジャムやコーヒーの瓶とか
野菜の大きさとか、チーズのコーナーとか
よーく見ると本当に「初めて」みるものがたっくさん☆

あたしにとってスーパーマーケットは
驚きの連続・・・!!!
1時間いても飽きないミラクルな場所です**


September 05, 2005

静岡という街

今日、また静岡が好きになりました。

Benの弟が日本にやってきました。
というわけでちひろとBenとみんなで静岡の街をぷらりしてきたの


shizuoka castle



ちひろとcieloでお茶した後、
初めて駿府城の中に入ったの。
そう、生まれて初めて。彼らのおかげ。

静岡の名所をイメージして作ったお庭は
富士山の形をした小山や 三保の松原の松とか
趣があって気品があった

(ちひろ曰く)まめ知識の大好きなこのブリスベン出身の
ご兄弟のおかげでお茶のこともいろいろ知る事ができ
お抹茶がより素敵に感じました。

Benの弟は手もみ茶のことを「マッサージするお茶」と表現していた。

おもしろい兄弟だった。

ちぐはおばあちゃんになったらこの駿府城のお庭に
散歩にくるんだー未来のおじいちゃんと☆  


with chihiro


funnychigry at 01:30|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

September 01, 2005

オーストラリアでのお仕事☆

Long time no see----ごぶさたです。
ただいまぁぁぁぁ!

オーストラリアで引率&通訳のお仕事をしてきました。

今回のこの仕事は私の町の国際交流協会というところからきたお話で、
私はこれが決まったとき
「いぇーいオーストラリアに行けるわー」
なんてラッキーなのかしらーという安易な気持ちで浮かれていましたの

しかしながらこれはね
お仕事なのよ。はい、そうですね。
ちぐは初めて「学生」でも「お客さん」でもない立場で海外に
行ってきました。

8月21日☆
不安と緊張でいっぱいの中学生11人を連れて
セントレアを飛び立ちケアンズに到着。Booooon-----

これからこの娘たちは午前中は語学学校、午後は観光 夜はホームステイと
いうスケジュールで過ごして行く事になっていました。

そこからいろいろなハプニングは続きました。

フライトの疲れで体調を崩してしまった子。
ホストファミリーの食事が合わなくて耐えられない子。
白人家庭を想像していたのにフィリピンの家庭になって納得のいかない子。
反抗期の子供がいる家庭でずっと怖い思いをしていた子。
ベッドルームに虫がいて寝られない子。
過度のホームシックで泣き叫んでしまった子。
・・・・・・・・・・・・・
14歳と15歳の超センシティブなお年頃のみんなは日本という
ぜいたくな国で何もかも欲しい物を手に入れて生活していたんだという事を
私も目の当たりにして衝撃を受けてしまいました。oh dear...

みんなはたくさんの期待と(偏見)を持ち合わせていろんな想像を膨らませて
このホームステイに来ていたのです。it's really sad, actually.

学校のアコモデーションオフィサーとお話をしたり
ホストファミーリーに電話をしてその不安を取り除くことが私の役目でした。
中学生のみんなに「それはただのわがままだよ」「文化の違いを受け入れなきゃだめよ」
なんて説き伏せることも難しいのはよく分かっていました。
この子たちのお母さんとお父さんが心配で日本で待っている事を考えると
そうやって問題を解決するわけにはいきませんでした。it was too hard...

ホームステイをアレンジしてくれたアコモデーションオフィサーのおばさん(bit fat)
このスケジュールをコーディネートした旅行会社の人(always worry)
仕事を持ってきてくれた交流協会の会長さん(he is nice)
生徒の親たち・・(they are the hardest....)

ステイ中、この人達に状況を報告しなければいけませんでした
たくさんのプレッシャーがあったけどなんとか任務を果たすことができました

本当にたくさんの問題が起こりました
でも、この11人が文化の違いを受け止めて、受け入れるようになってって
自分なりの楽しみ方を見つけるステップをちゃんと作り上げれるように
なっていました。 fantastic !

だんだんみんなの表情が豊かになっていったこと
声の小さかった子が自分の気持ちをしっかり言えるようになったこと
バラバラだった11人に結束パワーが生まれたこと
「松浦さん」と呼ばれていた私の事を「ちーちゃん」と呼んでくれるようになったこと
英語が苦手だった子が留学したいと言ってきたこと I nearly cried....

大変だった分みんなの中で何かが変わり始めて
いろんな自分改革をしてかえって来れたのです!!!

帰りの飛行機では将来の夢の話をみんながしてくれました。
そして昨日みんなが「ちーちゃんが引率で本当によかったよ、ありがとう」
とお手紙をくれました。なんてloveryな子たち・・・!
私は本当にこの子たちにたくさんの事を教えてもらいました。
予想もつかない感動を私にくれました。yes, a lot !

これからもこのメンバーで集まろうね、と約束してみんなでお別れをしました。

こんな未熟でどんくさい私をお姉さんのように頼ってくれたみんなが
本当にかわいくてたまりませんでした。
みんな 本当に本当にありがとう・・・・・thank you thank you....

無事に帰ってきたみんなと再会した両親たち
お母さんお父さんのほっとした顔をみた瞬間、私のこのお仕事が終わりました。
ho------

ひとつだけ
未解決の問題がありました! Oops !!!!
日本に到着したとき、ちぐのスーツケースだけ行方不明に!
なんていうことかしらー初めてのロストバゲッジ。
今朝航空会社からお電話が・・lululululu---
「松浦さんのスーツケースが香港で見つかりました。」
what????
・・・・・・・・・!!!!!!!!
 oh my goodness !!!   ホンッコーーン!

チグハ ワライガトマラナカッタ ダヨ。
スーツケースマデガ ホウコウオンチ ナンテ。笑

.....the end

funnychigry at 12:20|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

July 19, 2005

わっしょい♪

funnychigry at 00:51|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

July 10, 2005

London

london

大好きな街 LONDONからとても
残念なニュースが届いてしまいました。





この街には
たくさんの出会いと思い出があります。
今もいろんなシーンが思い出されるLONDON。





あの人の思いに気づいたあの日のこと。

自分の夢を応援してくれた友達や
街のアートとの出会いも
夢への思いを語ったあの地下鉄も
それはすべてロンドンでのことでした。

ロンドンは私に夢と希望を与えてくれたGood luckな
街です。



オリンピック開催の決定でLondonerの歓声が今にも
聞こえてきそうなくらい熱くなっていた次の日に

同時多発テロが起きるなんて・・
信じられない。
ちぐはこのニュースを知ったとき心臓が止まるかと
思いました。

イギリスはもちろん、世界中が
平和への思いをさらに強く願っていると思います。

ほんとうに、世界中が平和で幸せになれる日がくるといいです。
ただそれを願うのみです。

funnychigry at 21:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
Nice to meet you!
chigry
*hello*hello*

chigryはもうすぐ23歳☆
夢は世界を旅すること☆
カフェと雑貨屋さんをopenすること☆

クリエーション・絵本・スィーツ
カフェ・外国文化・ダンス・チョコ・
バニラの香りが好き。

ピンクな日々をお届けします**

甘いブログ↓こちらもよろしくね☆