2008年01月01日

上流へ… 三宅(みやけ)川−前編

2008年11月28日 (金)                                          ふらり歩きのルート
 07:00前の気象予報は 『雨のち曇り、降水40%/20%、最高15℃』
  数の上では、ここから後半ということに…
   気候の所為(せい)だけじゃないこの気分の沈み込みは、なんだろう。
                        (ゴチャゴチャ言ってないで、さっさと乗っちまいな)


しょばたすかぐち09:23 名鉄「こうのみや」から須ヶ口ゆきに乗車。
09:37 「すかぐち」で津島線・佐屋(さや)ゆきに乗り換え。
    平日の9時台って2両編成なのですね。
09:54 「しょばた」、駅を出ると『またかぁ』。(雨模様)


水流の色河口10:03 日光川に合流する地点、手前が三宅川。
    津島線の橋梁、「つしま」方面の列車が。
    まとまった雨が降った訳でもないのに、こちらは泥流色。
    きっと、上流で何かが…。

し塩畑端10:08 塩畑(しおはた)橋
    ここは、第1回以来。「日光川」で再々の予定です(たぶん明日)。
    昔はこの辺りまで、海水が上って来たとか。塩分を含んだ畑?
         〜”しょばた” と ”しおはた”音が似てる〜

黒田排水機場増堤10:12 [右]r121津島稲沢線を歩き始めてすぐに市境、
    愛西(あいさい)から稲沢に。
    左(西)へ行けば日光川の堤、領内川と合流する直前。
10:13 「黒田排水機場」、工事中。寄せ棟が洒落てます。

東城橋那古良橋10:16 那古良(なこら)橋
    [左]はしばらくこんな道が。
10:21 東城(とうじょう)橋
    r126給父(きゅうぶ)西枇杷島線。

「前浪公園」停橋虹か?10:22 北西に虹が、でもアソコは降っているはずです。
10:23 [右]のr121。この道幅でセンターラインもなく、歩くには危…。
    。[左]で一息、
    『確かこの辺に…』と堤防から降りると、バス停が。

?名探橋10:32 名探(めいたん)橋
    『ここから北、井之上橋まで工事中』の看板。
    いやな予感、暗雲が…。
10:34 (工事のようには見えませんがぁ)

長福寺三宅川排水機場10:36 「三宅川排水機場」。
10:42 [右]長福寺辺りで、ようやく工事らしくなりました。



橋橋天王橋10:43 天王(てんのう)橋
10:48 、関係者でもないのに!
    咎(とが)められません。
     (暇人は相手にされない)

い井之上橋10:52 井之上(いのうえ)橋。[右]には「三宅小」。
   断っておきますが、
   「立入禁止」の表示がある場所には絶対に入っていきません。
   ここも東の農道へ迂回、堤防は歩かず…。

三宅橋中三宅橋10:59 中三宅(なかみやけ)橋
11:02 三宅(みやけ)橋



飛翔観音堂橋11:10 観音堂(かんのんどう)橋
11:15 シロサギ、このように飛び立ちます。



コーヒーブレイク白山橋11:17 白山(はくさん)橋。 
11:20 自販機! 甘目の缶が無性に…、¥120用意。
      〜おじさんに何か話し掛ければよかったかなぁ〜


中橋い井堀橋11:24 井堀(いぼり)橋
11:28 中(なか)橋



名古屋市上下水道局名水橋す筋野橋11:31 筋野(すじの)橋
11:38 名水(めいすい)橋
    名古屋市上下水道局の略なのか。
      (尾張サイクリングロード)

イチョウ儀長南橋儀長南橋11:36 儀長南(ぎちょうみなみ)橋
11:37 儀長南橋。(同名です)
11:39 [右]善宮社脇のイチョウ。


サギ吉野橋11:40 吉野(よしの)橋
11:41 サギ。



正楽橋貴船橋11:45 貴船(きふね)橋
11:47 正楽(しょうらく)橋



矢合矢合儀長排水機場11:48 「儀長排水機場」。
    これより、矢合(やわせ)地区の外周を。
    (内回りでは川面を除けない部分あり)


水門雁橋12:00 雁(かり)橋。半円の頂点(北)。
    チャイムが聞こえたけど、「国分(こくぶ)小」?
    4時間目の終了は正午ではないはず。
12:02 水門。

幹矢橋橋12:05
    [右]船橋・安楽寺方面から合流。
12:08 幹矢(かんや)橋
    渡って、ガードを潜(くぐ)る。

矢合国分橋12:11 国分(こくぶ)橋
12:16 円を描いて、北西側。
    も一度、あの新幹線のガードを潜る。


送水管こんな道第二幹矢橋12:18 第二幹矢(だいにかんや)橋
12:20 誰も歩かない道を…。
12:22 送水管2本を、右に迂回。


コンビニ渡って交差点まで矢寺橋12:23 矢寺(やでら)橋。右手から道路に上がる。
12:25 交差点まで。北向きに下る。
12:29 このコンビニで軽食購入、軒先で立ち食い。
     〜誰の目にも、変なヒトとして写っている〜


          こんな惨めな状態で中断したくないのですが以下は、「後編」でお目にかかります。


△△目次   後編 につづく


▼『写真集−明治.大正.昭和 稲沢−ふるさとの思い出』(西垣繁一/1983) より三宅川








 三宅川(1964頃)、船橋町・治水碑あたり          [左]矢合、[右]船橋と法花寺 (下流を望む)

▼『尾張国地名考』(津田正生/1815)中島郡・船橋村 より抜粋
 むかしは木曽川の水、平野の方より此邑まで逆のぼり又一條、櫻木の方よりも此處へ流れて
 觀音堂の前にて落あひ 夫より矢合の杉山を周りて南へ流れたり 今も其川條に細江有て水落古今相同じ

   〜後略〜
治水碑と治水社『桜木の方よりも此処へ流れて、観音堂の前にて落ちあい…』
 [右]、観音川が合流している。
  「観音堂」とは、
 十一面観音菩薩を本尊とする
 船橋・安楽寺のこと。
           2009/01/10撮影
     ▼三宅川改修碑文
    三宅川ハ織豊時代岐蘇河ノ整理ニ因リ支流鵜沼河ヲ廢シ本川ヲ開鑿セリ後チ慶長十四年伊奈
    備前守貞享元年天野半左エ門寛政二年澤園兵衛等本川治水ニ功績ヲ殘セシモ川幅狹隘随處屈
    曲爲ニ河水氾濫シ被害數フ可カラズ故ニ昭和五年改修ノ期成運動ヲ起シ八年愛知縣直營ニテ
    其工事ヲ施行セラルヽニ至レリ乃チ縣費金拾六萬圓国費補給同額及ヒ本川悪水組合ヨリ敷地
    寄付此金拾八萬圓総計金五拾萬圓ヲ以テ十二年工事完成全ク慘害ヲ除カレタリ嗚呼是レ天地
    神明ノ加護ニシテ流域人民ノ喜知ルヘキナリ依テ社ヲ建テ治水ノ神ヲ祠リ後世ニ傳フ
                         昭和十二年六月  裏面記載名及流域民一同




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔