フレイドフォートonBlog

普通とか自由って何ぞや

SailfishOS SDK Beta-1710-Qt5 が EA版で出た。
前回記事(その46)
2.1.3.7対応版で出たのは、11/08付。

SailfishOS SDK 1709版も少し前に出ているが、
この時は直前で別記事を書いた(記事リンク)。

これを書いている段階のバージョンは、
SDK 正式版 1709 (2.1.2.3)
SDK EA版 1710 (2.1.3.7)
端末向け 正式版 2.1.2.3
端末向け EA版、Sailfish X 2.1.3.7

最近は、SDKでも Emulatorくらいしか確認してないのだが、
更新されるコンポーネントで気になったのは、
Qt Creator が 4.0.1 から 4.2.1
Sailfish Silica SDK Examples が 2016.11.07-1 から 2017.10.24-1
1709 から 1710での更新で
大きな更新だったり期間が開いたのは、この2つくらい。
他は、毎度更新されるので割愛。
Examples の更新は前回が 1611版。
でも何入ってるか確認した事ないんだけどね・・・。

Emulatorは、先日に 2.1.3.7まで上げたが、
2.1.3.5 からは、数字的にも少しなので
そこまでの変化は無いと思われる。

更新に関しては、2.1.0 と 2.1.1 の間に関して、
度々書いていたが、数日前に changelog を見返してたところ、
やはりこの間にかなりの更新が入ってたようで、
前の 2.0.5 や後の 2.1.2 や 2.1.3 と比べると、その差が相当有り、
画面で読むには難だったので、印刷しようとしたらページで倍近くあった。
結局、解決までには至らなかったんだけど、
やはりどうにかして、問題の特定はしておきたいところ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

livedoor Blogでの記事が、
これで 1500記事目となる。

500から1000までに比べると、ペースは下がったけども、
あの時期は、かなりハイだったとも言える。
近年、数は少なくなったけど、書き続けてはいる。
数については、同じ事の繰り返しで記事にするような事でなかったり、
日の浅い同系内容だと、既存記事への追記で
済ませてしまう事も増えたのもあるかも。

1000から1500までで 5年半越えだが、
この間にここをベースにいろいろ変わった気はする。
勉強会のようなところで話すにしても、
一度ここに書き出した事をスライド化したりしてたので、
反復的な意味でも整理し直してたかなと。
更に自分の土俵があることで自信がついた感じはある。

それから、気付いた事というか気になった事も出てきた。
アクセスされる記事への偏りとか。
そもそも全体のアクセス数自体もそこまで多くないし、
偏った内容もあるのだけど、その中でもさらに目立つところもしばしば。
他に見かけない情報に流れてきたのなら仕方ないが、
旬を過ぎたり、既に別の対処法があるようなかなり前の記事にも、
ある程度の偏りがあるのが気になる。

この先もどうなるかわからないが、
マイペースにやった事を書き出していくつもり。
実際、過去にやった事を再度やり直そうと思った時に読み直す事はある。
何故それをやったのかの理由も書いておけば、その時の心境も分かる。
更にその時分からず放置になった物も後で分かった時に繋げられる。
そういう事を考えると、書き残しておいて良いのではと思う。
Blogに限った話ではないが、
やった事の結果は残しておかないと、無い事に近い気はする。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日、プリンタを新調した。

以前は、HP製を使っていたが、今回は、Brother製。
新調理由は、プリンタの不調。
1色だけ急に出が良くない状況になった。

新調するにあたり、まず下見。
ふと、家電量販店から HP製が少なくなっているのに気付いた。
店員に聞いてみると確かに少なくなったようだ。

買いに行ったタイミングは良かったようで、
新製品との入れ替え時期だった。
これは、どこのメーカーも共通ぽい。
前世代が値下がっていたので、それを選んだ。
機種は、DCP-J567N。

インクを前から入れるスタイルは、
他のメーカーでは見かけないな。

紙は、通常前に入れておくが、
状況に応じて後ろ挿しも出来る。
割とこれは大きい点かも。

ドライバに関して、公式サイトに行くと、
各種OS向けが分かりやすく提供されていた。
Windows や Mac以外に Linux向けも一覧にあった。
rpm や debパッケージでの提供なので、インストールも楽。

常用対象の Windows と Ubuntu環境へ設定。
細かい項目を確認したり、テスト印刷したり等。
プリンタ本体のコントロールパネルからの設定もあるので、
その辺も必要に応じて設定。

まだそこまで使っているわけではないが、勝手は良い印象。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ