先日、1125日、上海(shang4 hai3/シャンハイ)で、3名の新型コロナ陽性が確認されました。

3人とも女性で、友人同士だったようです。

11月19日から21日の間、一緒に、蘇州()(su1 zhou1/スジョウ)へ遊びに行っていました。

そして、11月20日に、杭州(hang2 zhou1/ハンジョウ)の無症状感染者の男性2名と「呉門人家」の獅子林店で、食事をしたことがわかっています。

25日の午前に、上海の陽性が判明し、何じゃコリア?の大変だ!となりました。

すぐに、行動記録を調査し、11月20日に「呉門人家」を利用した人を調べ上げたのだと思います。

その後、江蘇(江)(jiang1 su1/ジアンス)省の徐州(xu2 zhou1/シュジョウ)で、新型コロナの陽性1名が確認されました。

もっとも、無症状感染者ということなので、検査しなければ、わからなかったのかもしれません。


徐州は、どうして徐州と言うのか?

1125日に、徐州市が発表を行いました。

何でも、上海市から、蘇州から徐州へやって来た李(li3/リ)さんが、上海で発見された感染者の濃厚接触者である!と連絡を受けたのだそうです。

よって、すぐに、この李さんを逮捕、じゃなくて、確保し、検査を行いました。

すると、案の定、陽性が出たようです。

李さんは、たまたま「呉門人家」で食事をしていただけなのですが、移されてしまいました。

いや、もしかすると、李さんが、上海と杭州に移した可能性もあるので、こればかりは、もっと調べないと何とも言えません。

いずれにしても、上海、杭州、徐州の接点は、この「呉門人家」でした。

当然ですが、この「呉門人家」は、既に閉鎖されています。
少なくとも1か月は、営業することはできないのだと思います。

そして、徐州市から、徐州で陽性が確認された李さんの行動履歴が発表されました。

もっとも、徐州市にとっては、李さんが、徐州に来る前のことについてはどうでもいいので、言及されません。

李さんは、11月21日に、G8300という高鉄に乗り、蘇州から徐州東までやって来ました。

徐州東には、20時37分に着き、その後、地下鉄で人民広場の駅まで行き、そこから歩いて、淮海新天地のマクドナルドへ行っています。

マクドナルドは、中国語で「麦当労(麦当)」(mai4 dang1 lao2/マイダンラオ)と言います。

そして、マクドナルドで食事をし、タクシーで、宿泊先の開元酒店へ行きました。

翌日、22日は、タクシーで、徐州楽園へ行きます。
どうも、徐州にある遊園地のようです。

11時から23時まで、徐州楽園の設備の調整をしていました。

李さんは、遊園地の設備を調整するエンジニアだったのでしょう。

23日には、同じくタクシーで、徐州楽園へ行き、11時20分から21時57分まで、設備の調整をしました。

それから、タクシーで、マクドナルドまで行き、夕食を取ります。
その後、ホテルへ戻りました。

24日も、10時40分から20時49分まで、徐州楽園で設備の調整です。

終了すると、タクシーで、またマクドナルドへ行き、夕食となりました。

25日は、徐州楽園へは行かなかったようですが、恐らく、その前に、連れ去られてしまったのでしょう。

ということで、李さんの行動履歴が曝されてしまいました。

コメント欄では、そんなにマクドナルドが好きなのか!という声が出ています。
確かに、李さん、毎晩の食事は、マクドナルドでした。

ただ、李さんの作業が終わる頃には、マクドナルドぐらいしかやっていなかったのかもしれません。

新型コロナが出たことは、それほど大変ではありませんが、皆、生活のために、大変なのだと思います。