山西(shan1 xi1/シャンシ)省に、晋城(jin4 cheng2/ジンチョン)という市があります。

山西省の東南部に位置します。

南側には、河南(he2 nan2/ハナン)省の焦作(jiao1 zuo4/ジアオズオ)と済源(
济源)(ji3 yuan2/ジユエン)があります。

晋城の領域には、丹河(dan1 he2/ダンハ)と
沁河(qin4 he2/チンハ)が流れています。

昔は、建興(建兴)(jian4 xing1/ジエンシン)、建州(jian4 zhou1/ジエンジョウ)、澤州(泽州)(ze2 zhou1/ザジョウ)などと呼ばれました。

春秋時代の末期、というか、戦国時代のはじめに、晋(jin4/ジン)の国は、韓()(han2/ハン)、魏(wei4/ウェイ)、超()(zhao4/ジャオ)に分かれます。

これを「三家分晋」
(san1 jia1 fen1 jin4/サンジアフェンジン)と言います。

また、ここから山東省のことを「三晋」と言うようになりました。

このとき、これまで国王であった晋静公は、庶民にさせられ、今の晋城市水(qin4 shui3/チンシュイ)県である、端氏邑(duan1 shi4 yi4/ドゥアンシイ)に移されたと言います。

秦が36郡を置いた際は、晋城は、西側は、河東(河东)(he2 dong1/ハドン)郡、東側は、上党(shang4 dang3/シャンダン)郡に属しました。

河東というのは、黄河(huang2 he2/フアンハ)の東であり、この地は、黄河の北にありますが、黄河の東でもあります。

東晋の時代に、建興郡が置かれ、北魏のときに、建州となりました。

隋の時代に、澤州になっています。

近くに、管轄する地域に、()(huo4 ze2/フアザ)県があったことから、澤州となったのでしょう。

唐の時代、澤州の下に、晋城県が置かれました。

昔、晋の国王が住んでいたところ、ということで、晋城となったようです。