2010年08月13日

ベアトリスさん

GIFTの名誉会員、Beatriz Calvoさん。
彼女が大切に持っていて、GIFTの会議のときに見せてくれた、20年以上前にブエノスアイレスで開催された日本の「包む」展のパンフレットです。
DSC02767

DSC02768

DSC02764

ベアトリスさんが、AIMAの会報にふろしきワークショップを開催したこと、ふろしきの歴史などについて文章を書いてくださいました。
RIMG0040

そこから引用:
"La práctica japonesa medieval de embalar, se inició con el uso de materiales como la paja, el bambú y la corteza de madera" - 「日本では早くから、藁、竹、木の皮などを用いて『包む』ことを始めました。」
・・・ふろしきのことを書く前に、日本の「包む」文化について言及しています。
RIMG0042
「包む」というのはただの動作ではなく、「気持ちをこめる」意味も含まれていることを、ふろしきワークショップを通して伝えていけるようにGIFTは努めています。われわれがなぜ、「包むこと」にこだわっているか、分かっていただけたような気がします。

あくせく、せっかちな人が多いブエノスアイレスっ子に比べると
ベアトリスさんは、どっしり落ち着いていて、考えてから話す人だな、という印象を受けます。
簡単に口約束はしない。生返事やその場を取り繕うだけの調子のいいことは言わない。「参加する」「持っていく」・・・有言実行、ちゃんと守ります。GIFTの会議にも、遠方からちゃんと時間通りに来てくださいました。そういう人柄が、GIFTメンバーの信頼を勝ち取ったのだと思います。
DSC02770
彼女の話がもっとたくさん聞きたくなりました。

クリックお願いします!
br_decobanner_20100801024841
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/furoshikiargentina/3458028 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔