2012年02月08日

ふろしきワークショップ@中防

みなさんこんにちは

GIFT日本支部は22()、東京都の行うアジア大都市ネットワーク(ANMC)21共同事業の「資源リサイクルの促進」研修の中でふろしきワークショップを開催しました。

この日は午前中に中央防波堤埋立処分場、午後は東京スーパーエコタウンの視察というプログラム。

ふろしき研究会日本支部のメンバー2名も同行し、ランチタイムにふろしきを紹介しました。会場は処分場内の東京都環境局の中防合同庁舎の7階の食堂です。

海外からの研修生は3名。インド、タイ、インドネシアからの参加です。他にも10名ほどの日本人の研修メンバーが参加しました。


まずは、GIFT顧問の平井さんによる、ふろしきと3Rのお話。
その後GIFT日本支部メンバーのAyumiがふろしきバッグの作り方をいくつか紹介しました。

botellatsutsumiRIMG0010

お買いもの用に簡単に作れるバッグ、またふろしき帽子を作って頭にのせると、その場がわーっと沸きます。その後、ペアになってふろしきリュックも作りました。

RIMG0014doctsutsumi

いつの間にか近くのテーブルにいた人たちも「なんだ、なんだ?!」と近寄って見ています。

短時間での講座でしたが、研修生の方たちには楽しんでもらえたようです。お互いの作品を見せ合ったり、写真を撮ったりして盛り上がりました


インドのサリー、インドネシアのバティックやイカット、タイにも地方特有の刺繍や染め布など・・・それぞれ独自の布の歴 史、使い方がある国のみなさんに、日本のふろしきはどう感じられたでしょうか。これから、それぞれの国でふろしきを紹介してくださいね!また、外国でぜひ 「ふろしき」のような使い方をしている布を教えてください!世界のふろしき情報を集めています!

最後に、参加してくださった皆様、このワークショップを提案・調整してくださった東京都環境整備公社の磯辺さん、ありがとうございました



br_decobanner_20110409113458←クリックして、応援お願いします!

 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/furoshikiargentina/6688880 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔