ちょっと「カッコイイ」家作っています|古郡ホーム

設計士と建てるデザイナーズ住宅
ちょっと「カッコイイ」家作っています。
ほぼ毎日無料設計相談会開催中。

埼玉県北、群馬県南で「カッコイイ家」を建てたい方、是非ご参加ください。

こんにちは。

毎日暑い日が続きます。
先日、7月15日(土)16日(日)の二日間で
鴻巣市で現場見学会を行いました。

本日、お引渡し前に
設計課 コーディネーター課のみんなで現場を訪れ
トータル的な設計の検証を行ってきました。

完成した状態で
いろんな技法をお互いに共有したり、反省したり、
また、次の現場に学んだことを活かすために
必ずみんなで現場をチェックしています。

IMG_2205

こちらの現場は床に杉材を使用し
既成品の住宅建材との調和を取りながら
屋内を仕上げていきました。

IMG_2201

厳しいチェックが行われています。
暑い中、皆さん御苦労様でした。

もっと過酷な屋外では

IMG_2197

古郡建設による
歩道の切り下げ工事が行われています。
この現場は建設とホームの共同作業となっています。
当グループならではです。
暑い中、本当に御苦労様です。

今度は
現在工事中の
デイサービスセンターの増築現場に立ち寄ってきました。

IMG_2209

小さな工事ですが
鉄骨造で増築しています。
いろいろ駆使して
ようやくここまで来た感じです。
IMG_2213

小さいなりにとても勉強になっている現場のひとつです。
現場監督に頭が下がります。

最後に
私の作る家づくりには
ちょっとだけこだわりがあります。

IMG_2207

家の中から
緑を感じる場所を作っていくようにしています。

暑い日も緑を感じ
五感で涼しさを少しでも感じていきたいものです。








深谷店の小笠原です。



先日、設計士とインテリアコーディネーター計7人で完成現場まわりを行いました。



この日にまわったのは2物件。


先週7・8日に現場見学会を行った熊谷市の「和モダンの黒いすみか」と

CIMG1575




深谷市の平屋の家です。

CIMG1588





軒天の中に納まるシャッターや、

CIMG1579



空間を演出する間接照明など、

CIMG1581



CIMG1576




各担当者がこだわった部分や工夫したところをみんなで共有し今後の提案に活かしていきます。








クマルシェ バナー0615 1








こんにちは。

熊谷デザインオフィスの髙橋です。

7月7日(土)、8日(日)と行なった完成現場見学会の物件に自動散水設備を設置してきました。

芝は張ってからは1-2週間ほどは、’毎日水やりをしないといけないのです。

見学会に合わせて芝を張ったので、お引渡しまでの間の水やりが必須です。

自動で散水してくれます。



貼ってすぐなので、芝を傷めずにそーっと歩きながら設置し、

IMG_7040

19:30から1時間のタイマーをセットして…

散水開始!
IMG_7041


うーん。いい感じです。


では、またお会いしましょう


こんにちは

本庄店の福嶋です。


本日は7月7日(土)、8日(日)に熊谷市玉井にて行う完成見学会のご案内です!


今回の物件は『和モダンの黒いすみか』

T様-500x375


本日スタッフ総出で家具の搬入を行いました。

IMG_6550


今回の見どころポイントは

①玄関収納
棚の大きさや数細部にまでこだわった設計

②水廻りスペース
シンプルに一直線に並べ、なるべく短い家事導線

③仕事部屋
風と光を取り入れた奥様専用の仕事部屋


この他にも見所は沢山ございますが、後は実際にご見学頂いた際のお楽しみ。


ご見学は予約制となっておりますので、ご興味がございましたら下記までご連絡ください。

TEL : 048-574-6769

お問合せ担当窓口:深谷店 藤村まで


皆様のご来場をお待ちしております。

こんにちは
深谷店の河田です

猛暑が続いておりますが、お体はいかがでしょうか
私は暑さが苦手で苦戦しております。笑




この前地鎮祭を行いましたので書きたいと思います


IMG_3619




祭壇を設置し土地の神様にお祈りをしました
せっかくですので祭壇をアップさせて頂きます


IMG_3621


お施主様も真剣に取り組んでおりました。
私自身も儀式に参加させて頂き、今後の工事が安全に進むよう
祈ってきました





話は変わりますが、7/7(土)、7/8(日)に開催する見学会のご案内を致します



30.7.7-8



和モダンテイストに なっており、外観、内装ともにおしゃれに仕上がってます
完全予約制になっておりますのでお問合せ頂ければと思います
ご興味のある方はぜひいらして下さい



以上 河田でした

このページのトップヘ