漢方薬とキノコの健康本

ハート出版の健康書籍ふるさと文庫の中から、漢方薬やきのこについての書籍をご紹介します。

更年期障害をやわらげる
 女性は40代半ばを過ぎると、頭痛、めまい、ほてり、イライラ、月経異常などさまざまな症状に悩まされるケースが多くみられます。更年期障害と呼ばれるものです。
 更年期障害は、閉経を境にエストロゲンという女性ホルモンの分泌が激減するために起こります。
 エストロゲンは、初潮を迎えてから閉経するまでのあいだ、女性の体を多方面から守る役割をしています。乳腺細胞の増殖促進や、卵巣の働きをコントロールするほか、動脈硬化の抑制、脂質代謝の調整、骨形成の促進などにも関わっています。
 そのため、閉経によってエストロゲンの分泌が急激に減ると、一時的に心身のバランスが崩れます。これによって更年期の諸症状(不定愁訴)が引き起こされてくるのです。

心身のバランスを整える
 高麗人参は、性腺刺激ホルモン(卵巣の機能を刺激するホルモン)によく似た作用があります。そのため、更年期の女性に生じやすい心身の不調を穏やかにする効果が期待できます。血圧の安定もその1つです。
 更年期の女性は、血圧が急に高くなったり低くなったりと、激しく変動しがちです。実はこれはとても危険な状態で、脳出血などを起こすリスクが高まります。高麗人参の双方向調整作用は、そうした不安定な血圧の調整に有効に働きます。
 また、更年期は、精神のバランスが崩れやすい時期でもあります。高麗人参は、前に述べたように精神の安定にも役立ちます。

生理不順、排卵障害などにも
 さらに、年齢に関わらず、女性はもともとホルモンのバランスが崩れやすい状態にあります。特に精神的なストレスが原因で、ホルモンバランスを崩す女性が多くみられます。その結果、生理不順や不正出血、排卵障害、不妊症につながる場合もあります。
 漢方では、女性の生理不順や不正出血などに対して、高麗人参を配合した「帰脾湯」がよく処方されます。高麗人参の働きで女性ホルモンのバランスを回復させようという考えからです。





若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

中枢神経の調整に働く
 夜はなかなか眠れなくて、昼間はうとうとして元気が出ない――そんな人にも高麗人参は有効です。
 右記のような症状は、中枢神経のバランスが乱れているために生じます。すなわち、夜になると本来鎮静化するはずの中枢神経が異常に興奮し、昼間は逆に抑制されてしまっているために、昼夜逆転現象が起こってしまうのです。
 漢方では、不眠症の人に対して、高麗人参を配合した薬がよく処方されます。「帰脾湯」はその代表です。高麗人参に含まれる人参サポニンは中枢神経のバランスを整える働きがあるからです。

日中飲んでも眠くならない
 人参サポニンの優れているところは、昼間に飲んでも眠くならない点です。
 西洋薬の睡眠剤は、昼夜を問わず、飲むとまもなく眠くなります。しかし、人参サポニンを含有した帰脾湯などは、昼間に飲んでも眠くなりません。昼は元気が出て、夜になると自然に眠くなるのが特徴です。高麗人参の作用は強引に眠りに誘導するものではなく、脳の中枢神経のバランスを本来の状態に調整してくれるためです。
 夜は興奮を鎮めて睡眠を促し、朝はすっきり目覚めて、日中にモチベーションがいちばん高まるように持っていってくれるのです。
 こうした効果は、漢方の古典である『神農本草経』にも記載されています。「安精神、安魂魄、止驚悸」とは、鎮静効果のことです。



若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

免疫力の向上に役立つ
 高麗人参は、がんの予防・改善にも大きな効果を発揮します。
 第一に、高麗人参には免疫力を高める働きがあります。高麗人参の摂取で体の免疫力をつねに高い状態に保つことができれば、がんの芽が生じた時点ですぐに排除できます。発がんを最大限予防できるわけです。
 また、すでにがんと診断されている方でも、免疫力を高めることはがんと闘う上で大変有利となります。

がんのアポトーシスも促す
 第二に、最近の研究で、高麗人参の抗がん作用の背景には、免疫力増強とは別の働きも影響していること
が明らかにされました。そのカギを握っているのが、高麗人参に含まれている人参サポニンの中の「Rh2」です。
 Rh2は、がん細胞のアポトーシスを促す働きが確認されています。アポトーシスとは、細胞が自ら消滅していく状態を指します。つまり、人参サポニンRh2は、がん細胞の自滅を促す作用があるのです。
 Rh2の抗がん作用は非常に強く、さまざまな種類のがんに効果を発揮することが複数の動物実験で明らかにされています。これまでに、乳がん、卵巣がん、肝臓がん、肺がん、膵臓がん、大腸がん、前立腺がん、白血病、骨の腫瘍の抑制に効果がみられています。

化学療法の副作用緩和にも
 Rh2は、抗がん剤のように強引にがん細胞を叩きつぶすのではなく、がん細胞が自然に消失していくのを促すため、体に負担がないのが特徴です。しかも、Rh2は化学療法や放射線療法の副作用をやわらげる効果も期待できます。
 実際に中国では、化学療法や放射線療法と合わせてRh2が盛んに使われ、がん治療で大きな成果をあげています。
 また、手術をする前に高麗人参を飲んでおくと、傷口が早く治るといった効果も期待できます。高麗人参には、体の修復力を高める効果があるからです(21ページ参照)。特に、がんの患者さんのように体が弱っている人が手術するときは、高麗人参がぜひおすすめです。




若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

↑このページのトップヘ