2016年09月27日

翁庵@上野5

16-08-08訪問
(写真)天ざる 全景
翁庵:①天ざる1100円全景160808
この日は月曜日。
言い忘れていたが、京都に帰省した日から、僕は夏休みを取っている。

…という訳で、この日も僕は休みであった。
何処に昼ご飯を食べに行こうか…と、ごろ寝してテレビを観ながら連れと相談した結果、JR上野駅から浅草通り沿いに少し行った所…上野警察署の向かい辺りにある老舗蕎麦屋、翁庵、を訪れる事にした。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
翁庵@上野

僕がこの店を訪れたのは、2006年12月。
もう10年も前の話である。
「きれいごと」の芸風で愛された名人、三代目古今亭志ん朝が生前愛した店として、ご紹介したのであった。
三代目志ん朝がよく食べた、ねぎせいろに小ご飯の組み合わせの特別な食べ方を、僕もしている。

店内は、6人掛けテーブル席が2つ、4人掛けテーブル席が3つ、囲炉裏席が9席。
歳月を重ね、落ち着いた造作の店内は、昭和初期そのままの外観と同様、実に良い雰囲気を醸し出している。
思わず、腰を落ち着けて飲みたくなる様な…と言えば良かろうか。

月曜日の昼時という事で客足は絶えなかったものの、お盆休みに入った勤め人が多いせいであろうか、それなりに落ち着いていた。
僕等も、ゆったりとした4人掛けテーブル席に案内してくれ、特に相席を求められる事も無いままに、過ごさせて貰ったのだった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)上野・稲荷町・三筋 

2016年09月26日

中華四川料理 佳鼎 火鍋屋(かてい ひなべや)@浅草5

16-08-07訪問
(写真)羊肉火鍋 羊肉と野菜追加 全景
佳鼎火鍋屋:①羊肉火鍋900羊肉野菜全160807
休日。
連れは、時々辛い物が食べたくなる。
僕も嫌いではないので、ではそうしよう…という事になる。

この日は、浅草は国際通り沿いにある、九鼎 火鍋屋(きゅうてい ひなべや)、で、昼ご飯を食べる事にした。

【前回の九鼎 火鍋屋の訪問記】
中華四川料理 九鼎 火鍋屋(きゅうてい ひなべや)@浅草

ところが店前に着いてみると、いつの間にか、店名が、佳鼎 火鍋屋(かてい ひなべや)、に変わっているではないか。
「ありゃっ! 店が変わってるよ! 一文字だけど。」
「ホントだ~。どうする?」
「ま、入ってみよう。」
と、入ってみる。

以前も座った事のある4人掛けテーブル席に案内され、席に着く。
注文するため、卓に置かれているメニューを手に取ってみると、そこに書かれているのは以前の店名のまま。
開いてみても、載っている料理も変わっていない。
卓上に置かれている箸袋に書かれているのも、九鼎火鍋屋浅草店、のままである。

「店主が独立したのかもね。」
「でも、メニューや箸袋がそのままって、有り得なくない?」
「日本人なら、そうだね。だいたい、一文字変えるだけじゃ、トラブルになるよ。」
等と言葉を交わしながら、飲み物から注文を始めた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(3)浅草西部 

2016年09月25日

◆京都徒然案内2016 夏◆ 都すみそ@千鳥造酢株式会社5

16-08-18訪問
(写真)都すみそ 瓶 全景
村山造酢:①都すみそ瓶全景160818
ちと、間が空いたが、今夏最後の京都徒然案内をしようと思う。
京都駅に降り立った僕と連れが、四条河原町裏手にある、居酒屋たつみ、を訪れた事は、既にご報告した通り。
その続き…である。

たつみ、を出た僕等は、連れが頼まれていた酢味噌を買うため木屋町通りを北上、途中から先斗町通りに入って北上し、三条大橋に出た。
三条大橋を東に渡り、真っ直ぐ進んだ右手に、目指す醸酢元、千鳥造酢株式会社、の特徴的な建物があった。

千鳥造酢、は、江戸時代の享保年間に創業、創業280年を誇る老舗醸酢元。
京の老舗料理屋の味を支える千鳥酢で、知る人ぞ知る蔵…なのである。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(5)◆京都徒然案内◆ 

2016年09月24日

真ごころラーメン 竹@亀有5

16-08-06訪問
(写真)こがしネギみそラーメン
竹:①こがしネギみそラーメン720円160806
休日。
ちと、家でウダウダしていたため、浅草まで昼ご飯を食べに行くのが、億劫になった。(苦笑)
…という訳で、近所で済まそうという事になり、環七沿いにある馴染みのラーメン屋、竹、を訪れた。

【前回の訪問記】
真ごころラーメン 竹@亀有

暖簾を潜ると、いつもの様にご主人や母上と挨拶を交わしつつ、窓際テーブル席に着く。
この日は、先客は2~3人居たのだが、僕等が飲んでいる内に帰ってしまい、その後は誰も入って来なかった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2016年09月23日

中華 アジア 小皿料理 晴々飯店@上野5

16-07-31訪問
(写真)白身魚麻辣煮込み
晴々飯店:①白身魚麻辣煮込み1280円160731
休日。
辛い物が食べたいと言う連れを伴い、上野は岩倉高等学校裏手にある四川料理の店、晴々飯店、を訪れた。
2度目の訪問である。

【前回の訪問記】
中華 アジア 小皿料理 晴々飯店@上野

開店時刻の11時に、予約を入れて訪れた。
「11時半頃までなら、予約は要らないよ~。」
と、僕の電話を受けた店員は言っていたが、僕等の後からも続々と客が訪れ、11時15分には、1階は満席になってしまった。
何せ食べ終わった客が出ても、また直ぐ入れ替わりに入って来るといった感じで、12時を過ぎる頃には、2階も怪しくなって来る程の賑わいであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)上野・稲荷町・三筋 

2016年09月22日

神楽坂おいしんぼ@神楽坂 兵庫横丁5

16-07-30訪問
(写真)兵庫 鍋 全景
おいしんぼ:①兵庫3500鍋全景160730
土曜日。
前夜、神楽坂阿波踊りを観た神楽坂に、今度は昼ご飯を食べに、連れと繰り出した。
因みに神楽坂祭は土曜日もまだ期間中とあって、昼間から人手が出ていた。

午前中に神楽坂に着くと、浴衣姿の連れを伴って神楽坂周辺の雑貨屋等を見て廻ったり、連れの浴衣姿を撮影したりして時を過ごす。

やがた、そろそろ開店時刻になり、予約を入れていた、兵庫横丁の、神楽坂おいしんぼ、に足を向けた。
店前に着いてみると、祭の最中のためか土曜日にも拘らず、観光客や女性グループが、開店待ちの行列を作っていた。

ここで、神楽坂おいしんぼ、について、ご紹介しておこう。
神楽坂おいしんぼ、は、麻布、青山、神楽坂、三田に店舗展開する、株式会社 暗闇坂宮下、の系列店で、神楽坂界隈には、暗闇坂 宮下 神楽、神楽坂おいしんぼ、瓢箪坂おいしんぼ、神楽坂 久露葉亭、の4店舗を展開する。

一応、割烹を謳っているものの、グループ内の位置付けとしては、宮下、久露葉亭、の下位に位置すると考えて良かろう。
店の格は、店を囲う安っぽい黒板壁、建付けが悪く上り下りするとドンドンと五月蠅い階段といった、建物の造りを見ても解る。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)本郷・水道橋・後楽園・飯田橋・神楽坂 

2016年09月21日

常盤仙食堂@亀有5

16-08-01訪問
(写真)カレーライス 納豆掛けご飯 生卵 全景
常盤仙食堂:①カレー600納豆80生卵70全160801
会社帰り、連れと亀有駅で待ち合わせ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、北口にある馴染みの大衆食堂、常盤仙食堂。

【前回の訪問記】
常盤仙食堂@亀有

いつものテーブルは先客が居たため、左奥の4人掛けテーブル席に着いた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2016年09月20日

神楽坂阿波踊り@神楽坂5

16-07-29訪問
(写真)ひょっとこ連
神楽坂阿波踊り64ひょっとこ連160729
昨日の話の、続きである。
神楽坂祭の最中の、金曜日の夜。
馴染みの季節料理屋、てんたけ、で、晩ご飯を済ませると、そろそろ賑やかになってきた神楽坂へと足を向けた。
この夜は、神楽坂祭のメインイベントである、神楽坂阿波踊りが行われるのであった。

僕と連れの2人は、てんたけ、のある路地から神楽坂に出た交差点付近で、阿波踊りを見物する事にした。
…というのも、てんたけ、の奥さんから、
「阿波踊りが始まると、通りを横切るのはちょっと難しくなるけど、サークルKの交差点なら、連の合間に渡れるから。」
とのアドバイスを受けていたからであった。

この日の各連の出発時刻と場所は、次の通りであった。

●神楽坂かぐら連 19:00 桐信エステート前
●東京神楽坂連 19:05 マツモトキヨシ前
●新宿区役所つつじ連 19:00 三菱東京UFJ銀行前
●天狗連(テングレン) 19:00 毘沙門天善国寺前
●だむだん連 19:00 au前
●なにがし連 19:00 サークルK前
●鳳連(オオトリレン) 19:00 りそな銀行前
●あずさ連(東京新のんき連) 19:15 マツモトキヨシ前
●寶船(タカラブネ) 19:00 サンクス前
●JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター連 19:00 マツモトキヨシ前
●空蝉連(ウツセミレン) 19:00 助六前
●第一勧信連(鳴物:吹鼓連スイコレン) 19:00 相馬屋(ソウマヤ)前
●新粋連(シンスイレン) 19:00 ちよだ鮨前
●飛鳥連(アスカレン) 19:20 マツモトキヨシ前
●いろは連 19:00 サンクス前
●菊水連(キクスイレン) 19:00 てんや前
●志留波連(シルバアレン) 19:00 桐信エステート前
●高円寺阿波踊り 粋輦(スイレン) 19:10 マツモトキヨシ前
●ひょっとこ連 19:00 文悠(ブンユウ)書店前
●後楽連(コウラクレン)鳴物+ボーイスカウト連 19:00 サンクス前

お解りの様に、殆どの連が19時を合図に神楽坂の各場所から出発し、5分後、10分後辺りで、各場所から第2陣の連が出発、神楽坂上に向かって踊り進んで行く…という進行になっている。
神楽坂上に達した連は、一旦解散して神楽坂下で体形を整えると、再び踊りながら坂を上る。
この繰り返しである。

僕等が見物を始めたのは19時を過ぎており、既に各連は動き出していた。
それでは、僕等が見物した連を、順にスナップ写真でご紹介しよう。
動きが激しいため、どの写真もブレているが、その方が、賑やかに踊り進む各連の様子が伝わる…と思い、掲載させて頂く事にした。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)雑感など 

2016年09月19日

季節料理 てんたけ@神楽坂5

16-07-29訪問
(写真)岩がき
てんたけ:①岩がき650円160729
神楽坂祭で、阿波踊りが開催された金曜日の夜。
いつもの様に神楽坂のサークルK前で連れと待ち合わせ、阿波踊りが始まる19時まで、連れと一緒に晩ご飯を食べて過ごす。
訪れたのは、サークルKの向かい側にある路地を入った所にある、てんたけ、である。

【前回の訪問記】
季節料理 てんたけ@神楽坂

予め電話を入れて訪れたのだが、ご主人も奥さんも名前を憶えてくれているのでスムーズに話が通じる。
そろそろ、馴染みと言っても良いのかも知れぬ。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)本郷・水道橋・後楽園・飯田橋・神楽坂 

2016年09月18日

中華料理 鳳来@金町5

16-07-25訪問
(写真)M定食 全景
鳳来:①M定食670円全景160725
会社帰り、JR金町駅で連れと待合せ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは馴染みの中華料理店、鳳来。

【前回の訪問記】
中華料理 鳳来@金町

いつもの様に、窓際に並ぶ4人掛けテーブル席に着くと、早速、紹興酒を頼んだ。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2016年09月17日

正ちゃん@浅草5

16-07-24訪問
(写真)牛めし
正ちゃん:①牛めし500円160724
昨日の話の、続きである。
釜う、さかい、と、朝食に2軒回ったが、もう少々入りそうだ…と、3軒目を物色する。

…と言っても、まだ時刻は朝の10時前。
そうそう店は開いていない。
さかい、がある西参道をWINS側に出た僕は、参道入口に立ち、グルリと周囲を見回した。

すると、見付けた。
朝の10時でも、食わせてくれる店を。
牛すじ煮込みで有名な、正ちゃん、である。

【前回の訪問記】
正ちゃん@浅草

以前は、WINS裏手の駐車場横で店をやっていたが、浅草で進む再開発の関係で、現在は、西参道入口にあるラーメン屋、宝来、の隣に移っている。
移転後の店を訪れるのは、これが初めてであった。

店内にもカウンター席があるのだが、既に何人かが入っていたため、屋外に置かれた路上テーブル席の方に腰を下ろす事にした。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(6)浅草中央部:仲見世より西 

2016年09月16日

軽食喫茶 さかい@浅草5

16-07-24訪問
(写真)特製カレーライス
さかい:①特製カレーライス600円160724
昨日の話の、続きである。
日曜日の朝早くから浅草を訪れた僕は、朝ご飯の1軒目に、手打ち讃岐うどんの、釜う、で、冷たいぶっかけうどんを食べ、2軒目に思い付いた店がある西参道に入った。

訪れたのは、喫茶軽食 さかい。
土日限定の、特製カレーライスがあったのを、思い出したからである。

【前回の訪問記】
軽食喫茶 さかい@浅草

店に入ったのは、9時20分。
先客は、カウンター席の男性1人と、4人掛けテーブル席に座る男女1組のみであった。
僕は入口ドア直ぐの所に置かれた2人掛けテーブル席に腰を下ろすと、店主であるお婆ちゃんにカレーライスを注文した。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(6)浅草中央部:仲見世より西 

2016年09月15日

讃岐うどん 釜う@浅草5

16-07-24訪問
(写真)朝ぶっかけ
釜う:①朝ぶっかけ350円160724
日曜日。
連れは所用で朝早くから出掛けたため、僕も負けじと、1人浅草へ車を飛ばし、9時過ぎに浅草に着いた。
いつもの様に千束通り商店街裏手のコインパーキングに車を停めると、言問通りを渡り、ひさご通りに入る。

まだ朝早いため、喫茶店以外で開いている店といえば、ひさご通り出口にある、格安ラーメンの、らぁめん めんまる、浅草三ちゃん、か、ひさご通り裏手にある24時間営業のラーメン屋、大勝館、そして、花やしき前の讃岐うどん店、釜う…といったところしかない。

久しぶりに、朝うどんと行くか…と、釜う、に入る事にした。

【前回の訪問記】
讃岐うどん 釜う@浅草

入って直ぐの券売機で食券を買うと、待ち構えていた店員に食券を渡し、WINS前の通りがよく見える窓際カウンター席に腰を下ろした。
窓を通して、朝から強い陽射しを避け、日陰に屯してWINSの開場を待つ競馬親爺達がよく見える。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(6)浅草中央部:仲見世より西 

2016年09月14日

中華料理 日進@浅草5

16-07-23訪問
(写真)ラーメン
日進:①ラーメン550円160723
昨日の話の、続きである。
浅草三ちゃん、を出た僕と連れは、雨を避けてひさご通りに入り、麺が食べられる店…と、思案した。
日本蕎麦店が2軒、ラーメン屋が3店あるが、もう1杯程引っ掛けたい気持ちもあったため、券売機で食券を買うスタイルの2店は除き、考える。

…で、結局、三ちゃん、から直ぐのラーメン屋、中華料理 日進、にした。

【前回の訪問記】
中華料理 日進@浅草

先客は、直ぐ近くの建設工事現場から来た職人2人のみで、空いていた。
僕等も4人掛けテーブル席に着くと、奥から出て来たお婆ちゃんに声を掛けた。
何とこの日は、いつも厨房に居る料理人…ご主人か?…が居らず、お婆ちゃんが調理も接客も1人でこなしていた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)浅草中央部:仲見世より西 

2016年09月13日

大衆酒蔵 浅草 三ちゃん@浅草5

16-07-23訪問
(写真)ショッツル
三ちゃん:①ショッツル350円160723
土曜日。
いつもの様に連れと2人で、休日の浅草昼飲みに出掛けた。
まあ、午前中から飲む訳なので、昼飲みと言うより朝飲みなのだが。(笑)
雨模様だったので、アーケードから出ない様にしたい…と入ったのが、ひさご通り入口にある、浅草三ちゃん、である。

【前回の訪問記】
大衆酒蔵 浅草 三ちゃん@浅草

アーケード側の入口から店内を覗くと、雨のせいかカウンター席にチラホラ客が居るのみで、店のご家族は暇そうにしていた。

「大丈夫! (お気に入りのテーブル席が)空いてるよ!」
と、後ろに続く連れに言うと、暖簾を潜ったのだった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)浅草中央部:仲見世より西 

2016年09月12日

季京@神楽坂 芸者新道5

16-07-22訪問
(写真)おまかせ 食事
季京:①おまかせ食事160722
金曜日、同期1名と飲みに行く事に。
店は僕に任せるとの事だったので、お気に入りの、季京、に電話を入れる。

【前回の訪問記】
季京@神楽坂 芸者新道

17時半過ぎにロビーで待ち合わせ、一緒にタクシーで向かう。
店に着いて暖簾を潜ると、僕の後ろから顔を覗かせた同期を見て、
「奥さんと来られるもんだとばっかり思ってました。(笑)」
と女将さん。
「今日は、同期を連れて来たんだ。こんな店は初めてみたいだから。」
と、いつもの席に腰を下ろした。

この日は、いつもの様にコースの指定はせず、料理は全て女将さんに任せてしまい、選べと言われれば選び、これをと言われれば言われるままに箸を付け、同期との歓談に時を忘れて過ごしたのだった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)本郷・水道橋・後楽園・飯田橋・神楽坂 

2016年09月11日

グリル さんばん@亀有5

16-07-21訪問
(写真)ビトークロシア風
さんばん:①ビトークロシア風950円160721
会社帰り、亀有駅で連れと待ち合わせ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、馴染みの洋食店、さんばん、である。

【前回の訪問記】
グリル さんばん@亀有

ドアを開けると、ご主人と奥さんが、所在無げに客室でテレビを観ていた。(苦笑)
僕等を顔を見ると椅子から立ち上がり、
「いらっしゃい!」
と笑顔で迎えてくれる。

挨拶を返しながら、いつもの様に通路左側の4人掛けテーブル席に腰を落ち着けたのだった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(5)亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2016年09月10日

中華料理 藤龍@金町5

16-07-20訪問
(写真)鶏冷し中華
藤龍:①鶏冷し中華950円160720
会社帰り、JR金町駅で連れと待ち合わせ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、馴染みの中華料理屋、藤龍、である。

【前回の訪問記】
中華料理 藤龍@金町

いつもの様に、一番奥のテーブル席に腰を落ち着けると、早速、ウーロンハイを注文する。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2016年09月09日

季節料理 姿@神楽坂 小栗横丁5

16-07-19訪問
(写真)おまかせ 椀物
姿:①おまかせ5000椀物160719
会社帰り、連れと神楽坂下で待ち合わせ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、小栗横丁にある割烹、姿。

【前回の訪問記】
季節料理 姿@神楽坂 小栗横丁

1階カウンター後ろにある、テーブル席を予約しての、訪問であった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)本郷・水道橋・後楽園・飯田橋・神楽坂 

2016年09月08日

◆京都徒然案内2016 夏 ~大阪編~◆ なんばグランド花月@大阪市中央区難波千日前5


16-08-05訪問
(写真)たこやき座前から見える遠景
グランド花月:①遠景160805
(写真)外観
グランド花月:②外観160805
(写真)入口
グランド花月:③入口160805
(写真)入口左に掲げられる芸人名札
グランド花月:④入口左の芸人名札160805
(写真)入口右に掲げられる芸人名札
グランド花月:⑤入口右の芸人名札160805

昨日の話の、続きである。
たこやき座、で、鱈腹飲み食いした僕と連れは、まだ開場時間まで30分以上あったのだが、グランド花月に入る事にした。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)◆京都徒然案内◆ 

2016年09月07日

◆京都徒然案内2016 夏 ~大阪編~◆ たこやき座@なんばグランド花月前5

 
16-08-05訪問
(写真)たこやき三昧
たこやき座:①たこやき三昧780円160805
8月6日は連れの誕生日…という事で、1日早い誕生プレゼントとして、なんばグランド花月に吉本新喜劇を観に行った。(笑)

朝9時過ぎに家を出て、家の近所にある阪急洛西口から、各駅停車でのんびりと向かう。
南方で地下鉄御堂筋線に乗り替え、一路、なんば(難波)へ。

なんばで降りると、徒歩でグランド花月に向かう。
迷わず歩けば10分と掛からぬ場所なのだが、地下街を歩くと意外と道に迷い易く、昨年道頓堀に行った際にも、随分迷った。
今年は流石にそれ程迷わなかったが、それでも、確認しつつ進んだため、グランド花月に着いたのは、10時15分頃であった。

予め東京で取ったチケットの、開場は12時15分、開演は12時45分。
早く来たのは、見る前に飲み食いしよう!…という訳であった。
どうせ食べるならたこ焼を…と、グランド花月の斜め前にあるたこ焼店、たこやき座、に、10時半で予約を入れていた。
普段の日なら予約まで入れぬところだが、何せ夏休みの真っ最中。
念には念を入れておこう…と、朝から開いており、しかも予約の出来るたこ焼店を探した。
その結果、幸運にも、グランド花月の斜め前の店に予約出来たという訳である。

開け放たれた店頭で、たこ焼を焼いている店員に声を掛けると、
「お待ちしてました。 奥へどうぞ!」
と、奥の突き当りにある4人掛けテーブル席に、案内してくれた。
この日も朝から猛暑で、朝からエアコンがフル稼働…とは言っても、店の入口は開けは当たれている。
このためエアコンが効いて涼しいのは、店の奥の方なのであった。
予約した甲斐があった。

席に着いて周囲を見回すと、店内の壁一面に、吉本芸人達の色紙が貼られている。
東京のテレビでは観る事の出来ぬ芸人達の色紙が多く、吉本の本場に来たなあ…と、感慨もひとしおであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)◆京都徒然案内◆ 

2016年09月06日

◆京都徒然案内2016 夏◆ 割烹 はな邑@堺町通四条上ル5

 
16-08-04訪問
(写真)昼のおまかせ 先付
はな邑:①昼のおまかせ4320先付160804
京都帰省2日目の、8月4日。
午前中、母と連れを伴い、亡父の菩提寺である門跡寺院、青蓮院に父の墓を参る。
墓参りも終わり、青蓮院前のカフェで一休みした後、堺町通り四条少し北にある割烹、はな邑、で、昼ご飯を食べた。

帰省する度に、進んで外出をしない母を外に連れ出す目的で、あちこちの美味い店に連れ出しているのは、このブログの読者の方なら、ご存知の通りである。
今回は、2014年のミシュランで星を取った店…という事で、予め6月中に電話予約を入れての、訪問であった。

四条通と堺町通の交差点でタクシーを降り、堺町通をほんのちょっと北上した右手に、店の入口というか、門がある。
実に簡素な門で、2本立つ細い柱の一方に、表札の様に、はな邑、と書かれた小さな板が打ち付けられているのみ。
見落としてしまわぬよう、注意が要る。

細い小道を敷石を踏んで進んだ奥に、ひっそりと暖簾の掛かる、店の入口がある。

予約時刻に暖簾を潜り、名を告げると、迎えてくれた和装の女性が…お待ちしておりました~、こちらへ、と、母の足の事を考えて頼んでおいた、奥にある4人掛けテーブル席に案内してくれた。

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)◆京都徒然案内◆ 

2016年09月05日

◆京都徒然案内2016 夏◆ 居酒屋たつみ@裏寺町通四条上ルしのぶ会館1階5

 
16-08-03訪問
(写真)ずりにんにく
たつみ:①ずりにんにく380円160803
今日から数日の間、実家に夏休みで帰省した際の話をしようと思う。
もう直ぐ紅葉シーズンでもあるし、京都訪問時のご参考にでもなれば、幸いである。

京都帰省初日の、8月3日。
四条河原町から直ぐの、裏寺町通りにある老舗居酒屋、たつみ、を訪問した。
有り難い事に、昼12時開店で夜9時まで通し営業の、居酒屋なのである。

京都駅に12時45分に着き、13時半頃、店に着いた。
暖簾を潜ると、真昼間から店は大賑わい。(笑)

入口付近に立ち飲み台、そして厨房を囲む様にコの字型カウンター席があり、通路を通って奥に、テーブル席と小上がり卓がある部屋。

奥の部屋にある4人掛けテーブル席の1つが15時から予約が入っているとの事で、それまでならオーケーと言われ、席に着く事が出来た。

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(7)◆京都徒然案内◆ 

2016年09月04日

たこ焼割烹 たこ昌 新大阪駅店@JR新大阪駅2階アルデ新大阪 内5

16-07-18訪問
(写真)たこ焼 14個詰箱 箱姿
たこ昌:①たこ焼14個箱1080箱姿160718
7月の3連休、最終日の月曜の夜。
7月中旬に大阪への日帰り出張をした際、JR新大阪駅で帰りの新幹線を待つ間に、駅構内2階にある商業施設アルデ新大阪に向かった。
家への土産を買うためである。

土産は2つ考えていた。
1つは、551蓬莱の冷蔵豚まんと焼売のセット、もう1つが、たこ昌、の冷凍たこ焼である。

たこ昌、については、以前、道頓堀にある本店の訪問記を掲載している。

【道頓堀本店の訪問記】
たこ焼割烹 たこ昌 道頓堀本店@大阪市中央区道頓堀

また、前のブログで1度、同じくJR新大阪駅構内の別店舗で食事している。
上のリンクから辿れるので、ご覧頂きたい。

さてそれでは…この夜食べた冷凍たこ焼について、ご紹介しよう。

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)その他の街 

2016年09月03日

常寿司@浅草5

16-07-18訪問
(写真)大瓶ビール
常寿司:①大瓶ビール160718
7月の3連休最終日の、月曜日の昼。
連れと2人で、浅草はたぬき通りにある馴染みの寿司屋、常寿司、を訪問した。
久しぶりの訪問である。

【前回の訪問記】
常寿司@浅草

暖簾を潜ると先客は居なかったため、三代目が立つ前の、カウンター席に着く。
三代目の顔を見るのも、三社祭以来であった。

暫しの間、お茶を運んでくれた二代目の女将さんも交えて二代目、三代目と談笑した後、
「飲み物、何にします?」
という女将さんの声を合図に、食事に移行した。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)浅草中央部:仲見世より西 

2016年09月02日

そば弁天@浅草5

16-07-17訪問
(写真)はまぐりせいろ 全景
弁天:①はまぐりせりろ1450全景160717
7月にあった3連休中日…日曜日の話の、続きである。
浅草観音裏にある鰻屋を出た僕と連れは、〆に蕎麦でも食べよう…と、同じく観音裏は柳通りにある蕎麦屋、弁天、の暖簾を潜った。

【前回の訪問記】
そば弁天@浅草

まだ昼時真っ只中という事で、店内はほぼ満席の賑わいであったが、店の中央に置かれた大テーブル…真ん中に仕切りがあり、仕切り板に向かってカウンターの様に座る席に2席空きがあり、僕等はそこに並んで座った。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2016年09月01日

うなぎ たての屋@浅草5

16-07-17訪問
(写真)竹重 きも吸 全景
たての屋:①竹重3500きも吸200全景160717
7月の3連休中日の、日曜日。
連れと2人で、浅草は言問通り沿いに建つ、5656会館を目した。
…と言っても、目指したのは会館ではなく、会館横手の道路沿いに出来た鰻屋、たての屋。

開業は極最近の事で、2015年3月29日。
言問い通りの北側には、千束通り商店街以外に目ぼしい鰻屋が無かった事から、1年経つのを待っていたのであった。

この日は、
「この前、水喜で鰻食べてるの見てたら、私も食べたくなった。」
と連れが言うので、それでは…と、様子見がてら訪れてみる事にしたのだった。

因みに、水喜、での鰻話は、先日ブログでご紹介済みである。

7月の鰻屋は、土用の丑の日の関係で混むかも知れぬ…と、一応電話予約を入れ、席だけ確保した上で、暖簾を潜ったのだった。

店内は、入って右手にカウンター席が8つ、奥に進むと、4人座れる小上がり卓が3卓、置かれている。
面白いのは、カウンター席の後ろの空間が、大きく空いている事。
テーブルでも置けば良いのに…と思ってしまう。

ランチタイムという事で、ランチの鰻丼目当ての客でカウンター席は埋まったのだが、結局、小上がりにまで上がり込んで飲む客は僕等の他には居らず、ゆったり寛ぐ事が出来た。
雰囲気としては寛げたのだが、ランチタイムは一品料理が殆ど出来ないという事が判り、あれこれと肴を選んで飲み食いする…という訳にはいかなかった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2016年08月31日

割烹 魚昇@浅草5

16-07-16訪問
(写真)あぶり穴子丼 ご飯大盛 全景
魚昇:①あぶり穴子丼1400飯大100全160716
7月にあった3連休、初日の土曜日。
連れは息子さんと息子さんの彼女との3人での会食に出掛けたので、1人で昼ご飯を食べに浅草へ。
いつもの様に千束通り商店街裏のコインパーキングに車を停めると、手近の所で済ませてしまおう…と、割烹 魚昇、の暖簾を潜った。

【前回の訪問記】
割烹 魚昇@浅草

既に13時過ぎになっていたためであろうか、いつも見掛ける近隣の方達はもう帰ってしまったらしく、客は僕1人であった。
どうやら僕が昼の最後の客らしい…と、静かな店内で、ゆっくりと腹拵えする事が出来た。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(1)浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2016年08月30日

とんかつ有馬@亀有5

16-07-14訪問
(写真)ロース生姜焼き定食 全景
有馬:①ロース生姜焼き定食1230全160714
会社帰り、亀有駅北口にある馴染みのとんかつ屋、有馬、で、待ち合わせ、晩ご飯を食べた。

【前回の訪問記】
とんかつ有馬@亀有

幸い先客が少なかったため、お気に入りのテーブル席に着く事が出来、ゆっくと飲みながら連れの到着を待った。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2016年08月29日

割烹 嶋村@八重洲5

16-07-12訪問
(写真)生うにと生ゆば
嶋村:①生うにと生ゆば1200円160712
会社帰り、連れと東京駅八重洲口で待ち合わせ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、プライベートでは久しぶりとなる、老舗割烹、嶋村。
予め、1階奥の個室を予約しての訪問であった。

【前回の訪問記】
割烹 嶋村@八重洲

前回連れを伴った際は、送られて来た葉書通りの懐石コースを食べたのだが、今回は、店の名物料理を始めとする一品料理を、愉しむつもりであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)銀座・有楽町・京橋・東京