水口食堂@浅草中華料理 生駒軒@東向島

2011年01月04日

カフェ こぐま@東向島5

10-09-05訪問
(写真)ひよこ豆のカレー 全景
カフェこぐま:②ひよこ豆のカレー800全100905
(写真)水出しアイスコーヒー 全景
カフェこぐま:①水出しアイスコーヒー500全100905
(写真)カレーに付くミニサラダ 拡大
カフェこぐま:⑤カレーに付くミニサラダ拡100905
(写真)ひよこ豆のカレー 拡大
カフェこぐま:④ひよこ豆のカレー800拡大100905
休日のこの日、久しぶりに東向島の鳩の街通り商店街を散策する。

鳩の街は、向島と東向島の境目に近く、水戸街道(国道6号線)と墨提通りを結んでいる路地である。
現在は、鳩の街商店街として様々な商店が軒を連ねているのだが、元は、東京大空襲によって焼けてしまった赤線地帯、玉の井で営業していた業者達が、水戸街道を挟んで直ぐ近くにあるこの地に移り住んで再び赤線営業を始めた場所である。

そんな訳で、現在でも、鳩の街通り商店街には当時の名残りを止める建物があちらこちらに残っており、そんな建物を探しながらそぞろ歩きをするのも、また楽しいものである。

僕も今までに何度も、東武線東向島駅から浅草に歩いて向かう途中、この鳩の街通り商店街を通り抜けているのだが、この日は、この街自体に用があった。

用事と言うのは、細い路地が続く鳩の街の中程にある、カフェ こぐま、で、昼ご飯を食べる事である。(お気楽な用事で申し訳ない…笑。)

カフェ こぐま、は、アーティストのまだ学生の様な若夫婦が切り盛りしているカフェなのだが、ご夫婦はここ鳩の街の活性化に力を入れており、街のHP作成と更新を行ってみたり、街の地図を図柄とした日本手拭いを作ってみたり、と、色々積極的に活動している。

そんなこぐまの建物は、古い木造一軒家。
元薬屋の建物の内側を改装して、カフェにしている。

店内には、2人掛けテーブル席が8つ、ゆったりと配されているのだが、そのテーブルや椅子は小学校の廃物利用をしている。
小学校の木造テーブルと椅子を目の当たりにすると、僕の様に昭和30年代から40年代に掛けて、小学校時代を木造校舎、木造テーブルと椅子で過ごした者にとっては、引き出しの奥でセピア色になった古い卒業アルバムの白黒写真を観るかの様に、せつない、やるせない、胸を締め付けられる様な苦しささえ、覚えてしまう。

●水出しアイスコーヒー 500円

20年間近く吉祥寺辺りに住んでいたというご主人は、珈琲がかなり好きな様である。
店の珈琲は深煎りのコロンビア豆を使っているとの事。
深い味わいの、あと口の良いダッチ珈琲であった。

●ひよこ豆のカレー 800円

茶碗一杯のご飯で、カフェ飯(めし)らしく軽い食事である。
カレーには、ひよこ豆、挽肉、パプリカ等が入っており、トマトソースベースらしい酸味が感じられる。
手造りらしい、ホッとする美味さが良い。

カレーには、人参とプチトマトを酢で和え、白胡麻を散らしたミニサラダが付くのだが、このサラダ、人参の甘味が活きており、実に美味い。

店の拘りは、食材を鳩の街通り商店街や東向島大通り商店街など地元の店から仕入れ、地域の繋がりを大切にしている事であろう。
この辺りにも、ご夫婦の地域活性化に取組む姿勢が伺えると同時に、出自の判った食材を使ってくれている。
調味料についても、「有機茜醤油」「100%なたね油」「バージンオリーブオイル」「海塩」「太白胡麻油」「有機梅酢」等、身体に優しい調味料を吟味してくれているとの事。
客としては、有り難い事である。


そうそう、是非トイレにも行って欲しい。
懐かしい木製ドアが泣かせる。

こぐま ( 曳舟 / カフェ )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



(写真)水出しアイスコーヒー 拡大
カフェこぐま:③水出しアイスコーヒー500拡100905


【店舗紹介】

カフェこぐま:店①外観100905(写真)店舗外観

店は、元薬局の古い木造建物の外観をそのまま活かして、内装のみに最小限の改装を加えてカフェにしているのだが、懐かしい木の匂いが、何とも言えぬ落ち着いた空間を造り出している。

廃校となった小学校から譲り受けたと思われる、テーブルや椅子を使っているのも、良いアイデア。

如何にもアーティストらしい店作りだが、奇を衒わなかったところが良いのであろう。

久しぶりに鳩の街に足を踏み入れてみると、このカフェ こぐま以外にも、アーティスト系の若者の住人がやる新しい店が増えていた。
以前は無かった新しい店が何軒か出来たお陰で、以前は殆ど見掛けた事の無かった、若い観光客の姿もちらほら見かける様になった。

新しい住人や店が増える事は、寂れつつあった街の活性化にとって、真に喜ばしい事である。

◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

(写真)入口付近、店内の様子、奥の厨房付近
カフェこぐま:店②入口付近100905カフェこぐま:店③店内の様子100905カフェこぐま:店④奥の厨房方向100905

furutone at 00:00│Comments(4)TrackBack(0) 鐘ケ淵・東向島・八広・曳舟 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by 古利根   2011年01月17日 23:59
curriest様

あの日本手拭いは、こぐまの夫婦のデザインみたいです。
買いたかったのですが、残念ながら売切れでした。
3. Posted by curriest   2011年01月17日 22:21
furutone様

先日土曜日に通りがかったら満員でした。結構人ミルクホールさんのお店のようなイイ雰囲気ですよね。
通りの街灯にかかっている、通りが描かれた手拭いがイイ感じでしたね。
2. Posted by 古利根   2011年01月05日 20:24
curriest様

流石に大晦日は休みでしょうね。
吾妻橋藪蕎麦も、蕎麦屋とは言っても、年越蕎麦を出す街の蕎麦屋ではなくなってしまいましたし。

ちょっと寂しいですが、あんなに美味い蕎麦を出してくれるんですから、我慢しましょう。

是非、散歩の途中にカフェ・こぐまにどうぞ。
店内が素敵です。
1. Posted by curriest   2011年01月04日 20:47
furutone様

あの商店街、大晦日にウォーキングで歩いていました(笑)。
途中、店先の「カレー」という表示が気になったのですが、通り過ぎてしまいました。

でも、当日はその先、目当ての「カド」も休み、吾妻橋藪蕎麦も休みで…(苦笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
水口食堂@浅草中華料理 生駒軒@東向島