2012年06月

2012年06月30日

グリルさんばん@亀有5

12-05-24訪問
(写真)若鶏のカツチーズ焼き 全景
グリルさんばん:①若鶏のカツチーズ焼き800全120524
会社帰りに、亀有駅北口の、グリルさんばん、で、晩ご飯を食べた。

【前回の訪問記】
グリルさんばん@亀有

最近、外の黒板に変わったメニューが書かれる事が無く、ちと、寂しく思っている。
席に着き、店内のホワイトボードに書かれているメニューも確認するが、外と同じであった。

それじゃあ…と、卓上のグランドメニューを手に取り、水を出してくれた奥さんに注文する。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年06月29日

日本そば 久月@お花茶屋5

12-05-19訪問
(写真)冷しゆば天ぷらそば 全景
久月:①冷やしゆば天ぷらそば1450円全景120519
コットンフィールドを出た僕は、眼科の終わった連れと、昼ご飯を食べる事にした。

眼科は交差点の角にあるのだが、交差点を挟んだ斜向かいに蕎麦屋があるので、そこで昼ご飯を摂る事にする。

暖簾を潜ると、奥に向かって伸びる通路を挟んで左側に厨房があり、厨房を囲む様にL字型にカウンター席が7つ。
通路を挟んだ右側には、窓に沿って4人掛けテーブル席が4つ、並んでいる。

店を切り盛りするのは、3人。
どう見ても中年にも拘らずロン毛の男性が蕎麦やうどんを茹でる役、その母上と思われるお婆ちゃんがその他の料理や器の準備、雇われアルバイトと思われる若い女性が、接客である。

入口近くのテーブル席に着くと、卓上の品書きを手に取った。
写真入の季節物の品書きもあり、湯葉を使った美味そうな蕎麦が幾つか写っている。

僕も連れも、そちらから選ぶ事にして、接客の若い女性を呼んだ。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 堀切菖蒲園・お花茶屋・四ツ木・立石 

2012年06月28日

コットンフィールド@お花茶屋5

12-05-19訪問
(写真)ピザトースト と アイスコーヒー 全景
コットンフィールド:①ピザトスト650アイス450全景120519
この日は、三社祭の5月19日、土曜日である。
いつもの様に、車で連れをお花茶屋の眼科に送り、待つ間の時間潰しに入った。

【前回の訪問記】
コットンフィールド@お花茶屋

いつも座る厨房前の4人掛けテーブル席2つには、先客が居た。
そこで、初めて奥の部屋に入る。

これからランチタイムという時間だったので、4人掛けの席を1人で占領するのは悪いと、2人掛けのテーブル席に着いた。

ランチを食べても良いな…と思ったのだが、まだランチメニューが書かれるホワイトボードが、壁に掛かっていないではないか。

おいおい、もう直ぐ昼だぞ…と、厨房の方を見ると、カウンター上にホワイトボードが置かれており、ご主人ともう1人の若い女性(以前記している様に、この2人、お互いにマスターと呼び合うものだから、どちらが主人だか判らぬ。)が、ランチメニューの相談をしている最中であった。

待っていてもなかなかランチメニューが決まらぬ様なので、痺れを切らして注文する事にした。(苦笑) 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 堀切菖蒲園・お花茶屋・四ツ木・立石 

2012年06月27日

府中壱丁目1番1号@茨城県石岡市5

12-05-16訪問
(写真)メガ生ビール 飲み掛けである…笑
府中壱丁目1番:①メガ生ビール500円120516
会社帰りに、課長に誘われ、石岡駅前の居酒屋、府中壱丁目1番1号、で、僕と課長と部下の3人で、軽く飲んで帰る事に。
課長は、この店で初めて飲んで以来すっかり気に入った、デンキブランオールドのボトルキープをしている。(笑)

【前回の訪問記】
府中壱丁目1番1号@茨城県石岡市

そんな訳で、すっかりこの店が僕等の定席となっている。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 茨城県石岡市と周辺都市 

2012年06月26日

居酒屋 赤とんぼ@浅草 ●浅草ホッピー通り通信:その66●

12-05-13訪問
(写真)黒ホッピー
赤とんぼ:①黒ホッピー500円120513
ゴールデンウィークが明けて、初めての日曜日。
ゴールデンウィーク明けの1週間は、正月明けや夏休み明けと同様、やはり疲れる。(苦笑)
すると、何も考える事無く、心の底から寛いで、駄目駄目親爺になりたくなる。

そんな時、僕の足は、知らず知らずの内に、ホッピー通りに向かってしまう。(笑)
この日も連れと2人、心底(しんそこ)寛ごうと、赤とんぼ、に入ったのであった。

【前回の訪問記】
居酒屋 赤とんぼ@浅草

慣れた足取りで店に近付くと、店先で呼び込みをやっている奥さんに笑い掛け、
「奥、上がらせてね。」
と言い置き、ズンズン中に入る。(笑)

勝手知ったる店の中という事で、
「上がらせてね。」
と、家人に言うと、小上がり席の一番奥に上がり、早速、飲み物から注文した。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年06月25日

お好み焼き・もんじゃ あぽろ@浅草5

12-05-12訪問
(写真)たこもんじゃ
あぽろ:①たこもんじゃ800円120512
昼に、会津の美酒と美味い蕎麦に舌鼓を打った、夜の話である。

西浅草の合羽橋本通り沿いにある、お好み焼き・もんじゃ あぽろ、を、訪問した。
地元客を中心に賑わう店で、平日は夜のみの営業だが、土日・祝日は、昼から夜まで通しで営業している。

暖簾を潜ると、入口で靴を脱いで下駄箱に入れ、板張りの店内に上がる造りになっている。
店内には、4人掛けの卓が7卓置かれているのだが、たいした賑わいで、6卓は埋まっていた。

そんな訳で、僕と連れは、唯一空いていた一番奥の卓に腰を下ろしたのだった。

この、あぽろ、は、先代がやっていた、おもちゃ屋 アポロを、二代目が、もんじゃ焼屋に改装した店で、まだ小さなお子さんの居る、二代目夫婦が切り盛りしている。

店内は非常に清潔で、床はピカピカに磨き込まれている。
卓上も同様で、鉄板の周囲の卓上や調味料類の容器、その受け皿、全てがピカピカに磨き込まれており、油のベトツキが全く無い。
これには驚いた。

油のベトツキをこれ程までに綺麗に拭き取るのは、容易な事ではない。
それこそ毎夜毎夜、店を閉めた後、徹底的に拭き取り、磨き込みを行う必要がある。
夫婦2人で行う労力たるや、さぞ大変なものであろう…。

これには連れも大いに感心し、すっかりこの店が気に入った様であった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 浅草西部 

2012年06月24日

もぐや@亀有5

12-05-17訪問
(写真)とまととバジルの冷しつけ麺 全景
もぐや:①とまととバジルの冷しつけ麺850全120517
会社帰りに、亀有駅北口の、らーめん もぐや、で晩ご飯を食べた。

前の週に、もぐやのご主人から、この日から毎年恒例の夏メニュー、トマトとバジルの冷しつけ麺、を始めるとのメールを貰っていたので、訪問した次第。

【前回の訪問記】
もぐや@亀有

ところが店に入ってみると、カウンター上に掲げられている季節メニューの品書きに、書かれていない。

カウンター席に座ってキョロキョロしていると、ご主人が、
「トマトとバジル、今日から始めるつもりだったんですが、材料の準備が間に合わなくて、本格提供は明日からにしました。(苦笑)」
と言うではないか。
「そうなの?」
と、やや気落ちして言うと、
「でも、少しならあるんです。食べますか?」
と言ってくれた。

勿論、否も応も無い訳で、
「じゃ、お願い。」
と、頼む。
「あ、炒飯もね。」
「えっ、炒飯?!」
と、一瞬聞き返しざまに振り返ったご主人だったが、僕が頷くと、
「了解。」
と、準備を始めた。

確かに、炒飯と冷しつけ麺というのは、変な取り合わせである。
それは重々承知しているのだが、この店の炒飯、以前食べて美味かったのだ。
だから、どうしても食べたかった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年06月23日

CLOVER CAFE クローバーカフェ@浅草5

12-05-12訪問
(写真)アイスカフェラテ 全景
クローバーカフェ:①アイスカフェラテ330円全景120512
昨日ご紹介した、お食事処 やかた、を訪問するに当たり、やかた、の開店時間までの、時間潰しに入ったカフェが、ある。

場所は、都営浅草線の浅草駅から雷門側出口に出て、直ぐの所である。
店が開店したのは、2006年。
まだ若いご夫婦が、切り盛りしている。

店の間口はそれ程広くないが、奥に向かって鰻の寝床式に奥行きのある店で、突き当りはL字に曲がって部屋があったりする。
チェーン店ではないのだが、入口にあるレジで注文し、先に金を払って好きな席に着き、注文品が運ばれて来るのを待つ方式。
返却は、セルフになっている。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草南部・田原町・蔵前 

2012年06月22日

お食事処 やかた@浅草 ~2012冬春を味わう~5

12-05-12訪問
(写真)二色盛せいろ 全景
やかた:①二色盛せいろ850円全景120512
この日は、ずっと以前から訪問したいと思いながらも、つい忘れてしまって訪問せず仕舞いであった、蕎麦居酒屋、を訪問した。

店は、隅田川に掛かる吾妻橋西詰に建つホテル、ニュー魚眠荘の1階にある。
所謂、ホテルの食事処なのだが、ただの蕎麦屋ではない。
東京では珍しい、会津蕎麦、を食べさせてくれる店である。
しかも、蕎麦を打つのはホテルの社長、というから面白い。
何でも、故郷会津の蕎麦の美味さを、東京の人々に広めたい…と、社長自らが蕎麦栽培から修行を行い、蕎麦を打つ様になったという。

ホテルのHPには、その辺りの顛末を記した、『2004年(平成16年)2月25日(水曜日)東京新聞』の記事を載せている。
一部、抜粋させて頂こう。

『 浅草のホテル社長
 「郷土の味を伝えたい」

作家川端康成や俳��%B E4��保田万太郎の定宿だった台東区雷門のホテルニュー魚眠荘で毎月開かれている「そば会」が、二十六日で百五十回の節目を迎える。
全国でも有数のそば粉の産地、福島県南会津出身の同ホテル、馬場健一社長(六九)が、「郷里の味を伝えたい」と自らそばを打ち、七年前にはじめた。
その味は「下町の隠れた逸品」として評価も高い。
(以下省略)』

この他にも、魚眠荘に蕎麦の実を収めている会津の農家の紹介も掲載されている。

記事から社長の年齢を考えると、今でも社長が蕎麦を打っているとはとても思えぬが、食事処 やかた、で、蕎麦を打つ事は、現在も変わらず行われている様である。

更に詳しくお読みになりたい方のために、ホームページをご紹介しておこう。

●ホテル魚眠荘HP⇒http://www.gyominso.jp/

そんな訳で、この日は晴れて念願叶って、連れを伴い、店を訪れたのであった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草東部 

2012年06月21日

韓流館 ソウル市場@新大久保5

12-05-01訪問
(写真)アッシ ジャジャン麺 袋姿
ソウル市場:①アッシジャジャン麺袋姿120501
少し時間を遡る(さかのぼる)が、この日は、ゴールデンウィークの谷間の5月1日である。
カレンダー通りに出勤した僕は、家に帰って晩ご飯を食べた。

食べたのは、少し前に掲載した、新大久保に新しく出来ていた韓国スーパー、韓流館 ソウル市場、で買って帰った麺である。

【前回の記事】
韓流館 ソウル市場@新大久保  続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) その他の街 

2012年06月20日

純喫茶 アラスカ@金町5

12-05-07訪問
(写真)アイスコーヒー と ナポリタン大盛 全景
アラスカ:①アイスコーヒー450ナポリタン大盛930全景120507
ゴールデンウイーク明けの月曜日、この日は会社から少し早目に帰る事が出来たため、予てより一度訪問したいと思っていた金町の純喫茶で、晩ご飯を食べる事にした。
この店、閉店時間が19時と非常に早いため、今まで、会社帰りに訪問する事は出来ずにいたのであった。
店の名は、純喫茶 アラスカ、という。

店はJR金町駅を北口に出てずっと右の方に位置しており、駅からは少し離れた、住宅街の中にある。

車通勤の帰りだったため、店近くのコインパーキングに車を停め、開いていたドアから店内に入った。
外観同様、店内も、昭和期そのままの純喫茶の造作で、椅子は全て緑色のベルベットで張られたソファになっている。
そんな、昭和の匂い漂う店からすると、明らかに若過ぎる30代後半から40代前半の夫婦が、切り盛りしている。
どうやら、無事に代替わりが行われたと思われる。
昭和期の純喫茶の灯を絶やす事無く、無事に代替わりが行われたとすれば、真に喜ばしい事である。

店内の様子をご紹介しよう。
店内はなかなか広く、4人掛けテーブル席が10もあり、加えて、6人掛けテーブル席も2つある。

そんな店に訪れていた客筋は、夕方の買い物の時間帯という事で、買い物袋を提げた常連客らしい中高年の女性達で、店の若い奥さんと長閑に会話を交わしながら、一休みしていた。
おそらく毎夕、このような光景が、繰り返されているのであろう。

昼はどうか…と考えてみると、店から直ぐの所に信用金庫(だったと思う)もあり、店から駅方向に向かえば事務所等の入った雑居ビルもある事から、ランチタイムはこれらの社員や職員達で、賑わうと思われた。

水を運んで来てくれた若い奥さんに注文を告げた後、周囲を見回しながら、そんな事を考えて料理を待った。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年06月19日

デンキヤホール@浅草5

12-05-06訪問
(写真)アイスコーヒー 全景
デンキヤホール:①アイスコーヒー460全景120506
久しぶりに、桃タロー、で、焼きかつを食べた僕は、江戸通り(水戸街道)、馬道通りを渡ると二天門から浅草寺境内に入り、そのまま境内を横切って花やしき通りを抜け、ひさご通りから千束通り商店街に入った。

食後に直ぐ歩いた事もあり、すっかり汗を掻いてしまった。

少し汗を乾かしてから帰ろうと、デンキヤホールで一休みする事にした。

【前回の訪問記】
デンキヤホール@浅草

いつもの様に厨房横の通路を抜け、奥の部屋のテーブル席に着くと、注文を取りに来てくれた大女将さんに、アイスコーヒーを頼んだ。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年06月18日

元祖やきかつ 桃タロー@浅草5

12-05-06訪問
(写真)特上焼きかつ定食 全景
桃タロー:①特上焼きかつ定食1480円全景120506
喫茶ニューライトを10時半に出た僕は、この日の昼ご飯を食べる予定にしていた、元祖やきかつ 桃タロー、が開店するまでの1時間、花川戸から猿若町界隈を歩き回って時間を潰し、開店時間の11時半に店に入った。

本当に久しぶりの訪問である。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
元祖やきかつ 桃タロー@浅草

実は、以前のとんかつの歴史資料が残る店があった建物は取り壊されており、現在、マンション建設の最中である。

【桃タローの歴史を物語る全とん連の金属額】
全とん連@★下町外飯徒然草★

この日訪れたのは移転した新店舗で、以前の店から直ぐのビル1階に入っている。
新店舗は以前と違ってとても狭く、2人掛けテーブル席が3つ、4人掛けテーブル席が2つ、6人掛けテーブル席が1つ、しかない。

ご主人夫婦に料理人の男性、若目の女性の4人で切り盛りしてされている様だ。
ひょっとすると、二世代で切り盛りしているのかも知れぬ。
何せ、前回の訪問はずっと昔の事なので、殆ど記憶に残っていないため、
店の方々の構成がどの様になっているのか、見当が付かない…と言った方が良かろう。

開店と同時に店に入ったのだが、既に一番奥の6人掛けテーブルに昼食を摂りに来たと思われる勤め人のグループが居り、料理が来るのを待っていた。
おそらく常連という事で、開店少し前に入れて貰っていたのだと思われる。

僕は、最も入口寄りに置かれた2人掛けテーブル席に腰を下ろした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草東部 

2012年06月17日

喫茶ニューライト@浅草5

12-05-06訪問
(写真)モーニングのたまごサンドとアイスコーヒーのセット 全景
喫茶ニューライト:①モーニング玉子サンドセット700全120506
朝からよく晴れて暑かった、ゴールデンウイーク最後の日曜、5月6日の事である。

この日は早く家を出て、朝9時半には千束通り商店街裏手にあるコインパーキングに着いていた。
そこからは徒歩で、浅草の中央部に入る。
10時頃であったろうか、久しぶりにメトロ通りの喫茶店、ニューライトに入った。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
喫茶ニューライト@浅草

昭和の香りを今に伝える店は、外も中も以前と全く変わっていない。
店内では、近隣にある商店主と思われる男性何人かが、新聞を広げてモーニングを食べていた。

僕もモーニングを食べるかな…と、空いているテーブルに腰を下ろした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より東 

2012年06月16日

もぐや@亀有5

12-05-05訪問
(写真)背脂煮干醤油らーめん 全景
もぐや:①背脂煮干醤油らーめん720円全景120505
昼ご飯を浅草の、酒富士、で食べた僕は、夜になって亀有駅に着いたところで、無性に、もぐや、のラーメンが食べたくなり、立ち寄る事にした。

【前回の訪問記】
もぐや@亀有

時刻は夜7時過ぎだったろうか、店のドアを開けると、カウンター席に3人客が居り、テーブル席の1つは家族連れで埋まっていた。

ご主人ともう1人の若者に迎えられ、カウンター席に座る。

注文したのは、前回初めて食べてすっかり気に入った、背脂煮干らーめん、である。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年06月15日

食事処・居酒屋 酒冨士(さかふじ)@浅草 ~2012冬春を食べる~5

12-05-05訪問
(写真)つぼ鯛焼 全景
酒富士:①つぼ鯛焼750円全景120505
ゴールデンウィーク後半中日の5月5日、土曜日。
この日はよく晴れて、真夏日になった。

天気も好いから歩こう…と、連れと2人で東武浅草線に乗り、曳舟駅で降りて浅草まで歩いて向かった。
言問通りを渡って浅草中央部に入ってみると、案の定、大賑わいになっている。

スカイツリー開業間近という事もあって、今年のゴールデンウィークの浅草は、例年以上の賑わいを見せた。

浅草寺の境内を抜けると、いつもの様に仲見世の裏路地を抜けて雷門柳小路に入り、オレンジ通りに出る。
オレンジ通りから雷門通りに出て、国際通り方向に歩くと、食事処・居酒屋 酒冨士(さかふじ)、がある。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
酒冨士(さかふじ)@浅草

「喉も乾いたし、久しぶりにここに入ろう。」
と、連れと暖簾を潜った。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年06月14日

定食 湖洲@青砥5

12-05-04訪問
(写真)自家製厚揚げ
定食湖洲:①自家製厚揚げ350円120504
ゴールデンウィーク後半中日の、5月4日。
昼は、浅草で美味い鰆西京焼定食を食べただけで軽く済ませたのは、夜も食べるつもりだったからであった。(笑)
連れの用事が終わってから青砥で待ち合わせ、晩ご飯を食べる予定にしていた。

店は特に決めていなかったのだが、連れが、お姉さん夫婦がお気に入りの中華料理屋があると言う。
じゃ、そこに行こう…と、訪問する事にした。

地元の常連客が勧める店に、間違いは無いからである。

店の前まで行ってみると、良い雰囲気を醸し出しているではないか。
枯れた食堂の雰囲気が、実に良い。
…という事で、暖簾を潜ったのだった。

ところが、店舗写真の方をご覧頂ければお分かりの通り、店内では実に珍妙な光景が広がっていた。

先ず、テーブル類の配置だが、入って左側の壁沿いに、4人掛けテーブル席が一列に、奥に向かって並んでおり、右側の壁の丁度中央辺りに、大きな液晶テレビが置かれている。
4人掛けテーブル席に2つずつ向かい合って配置された椅子は、2つはテレビを向いて、残る2つはテレビを背にして、座る形に置かれている。

こんな配置がされているため、僕等を除くと1人客の常連ばかりという事もあり、皆、テレビの方を向いた席に座っているのだ。
つまり、皆、壁際の席に座って一列に並んでテレビの方を向き、ボリュームたっぷりの定食を食べていた。(笑)

僕等は、ただ1つ空いていた、一番入口寄りの空いていたテーブル…つまりテレビから遠いテーブルに、着いたのだった。

店は僕より年嵩(としかさ)と思われるご夫婦がオーナーなのだが、実際に厨房に立って切り盛りしているのは中年の女性。
連れによると、奥さんではなく料理人らしい。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(6) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年06月13日

割烹 魚昇@浅草 ~2012冬春を食べる~5

12-05-04訪問
(写真)鰆西京焼定食 全景
割烹魚昇:①鰆西京焼定食900円全景120504
この日はゴールデンウィーク後半の、5月4日(金)である。
連れは用事があり、1人で昼ご飯を食べに浅草に行く。

いつもの様に千束通り商店街に入り、コインパーキングに車を入れる。
食事して買い物を済ませたら帰るつもりだったため、なるべく歩かずに済む、近場の15分100円のパーキングに入れた。

丸重百貨店で猫の餌と砂を買い、一旦、車に戻ってトランクに納めると、以前に一度、魚の定食を食べて美味かった、浅草で最も老舗という河豚割烹の暖簾を潜った。

店の名は、割烹 魚昇、である。

【前回の訪問記】
割烹 魚昇@浅草

言問通りからかなり離れた、千束通り商店街の奥の方という立地のため、観光客が訪れる事は殆ど無く、近隣の常連客が、主な客筋となっている。

店に入ると、ゴールデンウィークの中日という事で近隣の方々も外出が多いのか、先客は居らず、僕が口開けの客の様であった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年06月12日

下町バームクーヘン 亀有店@亀有5

12-05-03訪問
(写真)アップルクーヘン 全景
乳糖製菓亀有店:①アップルクーヘン700円全景120503
5月3日の続きである。
亀有に戻った僕は、カルカード亀有に入っている、下町バームクーヘン 亀有店、で、下町バームクーヘンを晩ご飯に買って帰る事にした。

正式には、下町バームクーヘンは商品名で、会社の名称は、株式会社 乳糖製菓、という。
よって、正式な支店名は、株式会社 乳糖製菓 亀有店、なのだが、会社名が一般に認知されていないためか、下町バームクーヘン、という商品名を支店名に使っている。

この亀有店の他、浅草の店も、以前ご紹介している。

【★下町外飯徒然草★掲載の亀有店の訪問記】
下町バームクーヘン 亀有店@亀有

【★下町外飯徒然草★掲載の浅草店の訪問記】
下町バームクーヘン 亀有店@浅草

浅草店の方は店舗写真も掲載しているので、ご覧頂ければと思う。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年06月11日

晴晴居酒屋(せいせいいざかや)@浅草5

12-05-03訪問
(写真)牡蠣と豆腐の煮込み
晴晴居酒屋:①牡蠣豆腐800円120503
この日は、ゴールデンウィーク後半初日の5月3日、水曜日。
朝から雨降りの一日であった。

亀有からタクシーに乗り、青戸(青砥は京成線の駅名で、地名は青戸。)で連れを拾うと、お花茶屋を抜けて掘切橋を渡り、通称、新しい橋と呼ばれている汐入大橋を渡って、白髭橋西詰を通って浅草方向に向かう。

これが車で浅草に向かう際の最短ルートで、汐入大橋が出来てからというもの、いつも記している様に、浅草は実に近くなった。

…で、千束通り商店街を抜けて、ひさご通りの入口付近でタクシーを降り、ひさご通りのアーケードに入る。

雨降りという事になると、アーケードから出たくなくなる。(苦笑)
時刻は11時頃で、最近お気に入りの、晴晴居酒屋、は既に店を開けていた。
「中華で良い?」
「いいよ。」
という事で、入る事にした。

【前回の訪問記】
晴晴居酒屋(せいせいいざかや)@浅草

引き戸を開けると、もうすっかり顔を覚えてくれた奥さんが、笑顔で迎えてくれる。
厨房からも、ご主人と料理人が笑顔を向けて来た。

店内には、珍しく大人数のグループが居た。
人数は10人程であろうか。
4人掛けテーブルを2つ寄せて、楽しそうに宴会…いや、会食か…をしている。
宴会に見えないのは、そのグループが、外国人留学生達と大学教授の一団だったからである。

年配の教授は日本人だが、学生達は、アジア、中東、欧州といったところで、皆、珍しそうに、そして楽しそうに、片言の日本語交じりでお国訛りの英語を使い、紹興酒のボトルを何本も入れて歓談している。
どうやら、教授が下町文化の勉強に浅草に連れて来たらしいのだが、実地体験が一番、と、下町ではこうやって昼から飲むものだ…と、実習中の様であった。(笑)

僕等2人は、そんな彼等の、横のテーブル席に座る事にした。
観ていると面白そうだったから、である。

席に着くと、接客の奥さんの方を振り返り、いつもの様に紹興酒のボトルを注文した。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年06月10日

ピザハット 北綾瀬店@北綾瀬5

12-04-25訪問
(写真)とろけるカマンベールチーズとバジルトマトのハーフ&ハーフ と パクチキ 箱姿
ピザハット:①カマンベルバジトマH&Hパクチキ箱120425
先日ご紹介したが、またまた、宅配ピザのピザハットである。

【前回の紹介】
ピザハット 北綾瀬店@北綾瀬

ご紹介するのが立て続けになる理由は、立て続けに食べたからである。(笑)
それ位、気に入ったのだ。

今回は、初めてハーフ&ハーフを頼んでみた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年06月09日

韓流館 ソウル市場@新大久保5

12-04-28訪問
(写真)チョウン マッ 激辛 袋姿
ソウル市場:①チョウンマッ激辛210円袋姿120428
JR新大久保駅前の老舗蕎麦屋、近江家、で、舌鼓を打った僕等は、折角だから…と、大久保通りのコリアンタウンを観て歩く事にした。

その中に、韓国食材を始め、惣菜、加工食品、コスメ等、日本人女性に人気の品々を扱う大きなスーパーマーケットがあったので、入ってみる事にした。
店の名は、韓流館 ソウル市場、という。

家に帰って調べてみると、ホームページも持っており、ネット通販もやっている事が判ったので、ご紹介しておこう。

●韓流館 ソウル市場HP⇒http://www.seoul-ichiba.com/

連れは色々と買い求めていたが、僕も2つ程、土産を買って帰った。
今回は、その内の1つをご紹介しよう。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) その他の街 

2012年06月08日

居酒屋 大勝@浅草 ●浅草ホッピー通り通信:その65●5

12-04-30訪問
(写真)ホッピー
大勝:①ホッピー500円120430
東武線浅草駅から直ぐの寿司屋、いさりび、を出た僕等は、もう少し寛ごう…と、ホッピー通りに向かった。
2軒目は軽く…というつもりだったので、大勝、を覘いてみる。

【前回の訪問記】
居酒屋 大勝@浅草

「いらっしゃい。」
と、女将さんや接客の女の子達に迎えられ、いつもの様に小上がりに上がる。

席に上がるや否や、連れが、
「豚足ありますか?」
と、女将さんに聞いたところ、
「ごめんなさいね~。昨日で売り切れちゃったの。」
と、申し訳無さそうに女将さんが答える。

それを聞いて、肩を落とす連れ。(苦笑) 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年06月07日

寿司 いさりび@浅草5

12-04-30訪問
(写真)刺身二人前 全景
いさりび:①刺身二人前3000円全景120430
この日は、ゴールデンウィーク前半最後の、4月30日(月)。
昭和の日の振替休日である。

天気も好いので歩こう…と、連れと2人で東武浅草線の曳舟駅で降り、浅草まで歩いた。
勿論、昼ご飯を食べに…である。(笑)

目指す店は予め決めてあり、11時半の開店時間に予約を入れていた。

その店は、寿司 いさりび。
まだ若い店主が開いた、店である。

以前に一度、牡蠣の昆布〆の握りに感動した話を、掲載している。

【前回の訪問記】
寿司 いさりび@浅草

因みに、半年程前に、店は以前訪問した場所…浅草寺鐘楼がある弁天山近くの路地…から、東武浅草駅の近くのビルの2階に移転しており、新しい店を訪問するのは初めてであった。

開店時間の11時半に店前に着き、階段を上がった。
店に入ると、店内はカウンター席のみの細長い造りで、以前の店の様に小上がり席が無い。

「こちらへどうぞ。」
と、ご主人に指された席に着いた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 浅草東部 

2012年06月06日

喫茶モンブラン@浅草5

12-04-29訪問
(写真)アイスコーヒー 全景
喫茶モンブラン:①アイスコーヒー600全景120429
ゴールデンウィーク2日目の4月29日の日曜日、僕は浅草で、昼ご飯に2軒連食したのだった。
2軒目を出ると、流石にお腹も膨れた。
一休みしようと、オレンジ通りにある喫茶店、モンブラン、を久しぶりに訪問した。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
喫茶モンブラン@浅草

過去の訪問記にも記しているが、オレンジ通りには、アンヂェラス、という、老舗名物喫茶店(洋菓子店)があるため、他の喫茶店はなかなか目立たない。

この、モンブラン、も、アンヂェラス、の直ぐ近くという立地であるが故に、観光客の眼に留まり難かったりする。
そんな訳で、店の客の殆どは常連客。
地元浅草の客が多い。

浅草に毎週の様に通い始めて10年以上になる僕も、オレンジ通り近辺で本当に休みたい時には、この店を訪れる。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年06月05日

家康うどん 浅草店@浅草4

12094029訪問
(写真)ざるうどん 全景
家康うどん浅草店:①ざる1050円全景120429
とんかつ フジ家、を出た僕は、オレンジ通りに出た。
オレンジ通りも、人波で溢れていた。

暑いので笊うどんでも食べようと、まだ訪問した事の無い、家康うどん 浅草店、を目指したのだった。
店の前まで行くと、通りから、男性職人がうどんを打つ姿が見える。

もうかなり前になるが、入谷商店街にある本店の方には行っている。
家康うどんの特徴は、パスタマシンでうどんを打つ事であった。
理由は、店主が女性という事で、男性の様に力が無いためであった。

当時は讃岐うどんブームの真っ最中で、女流うどん職人という事と、パスタマシンを使う珍しさから、店は繁盛していた。

【★下町外飯徒然草★掲載の本店の訪問記】
家康@入谷

しかし浅草店では男性職人のためか、パスタマシンは使わず、手打ちしている。

暖簾を潜り、中に入る。
12時少し前に入ったのだが、外は大賑わいにも拘わらず、先客が居ない。
どういう事か…。

店内は、鰻の寝床式に奥に長く、2人掛けテーブル席が2つ、4人掛けテーブル席が2つ、6人掛けテーブル席が1つ、配されている。
料理人は、先程外からうどんを打つ姿が見えた中年男性で、接客は女性が2人居る。

冷たい水を出してくれた接客女性に、笊うどんを注文した。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年06月04日

とんかつ フジ家@浅草5

12-04-29訪問
(写真)カツ丼 全景
フジ家:①カツ丼800円全景120429
ゴールデンウイーク2日目の、4月29日(日)。

車を停めた千束通り商店街裏から観音裏を抜けて猿若町まで歩き、言問通りを渡って江戸通り沿いに浅草松屋まで行って、馬道沿いに北上、二天門から浅草寺境内に入った。

好天に恵まれていた事もあり、浅草寺を中心とする浅草中央部は何処も人の波で、大賑わい。

そろそろ昼ご飯を食べに入らなくては、昼食難民になるぞ…と慌てて時計に目を遣ると、既に時刻は多くの飲食店が開店する11時半を回っていた。

失敗した…と、悔やんでみても後の祭り。(苦笑)
暫し茫然(ぼうぜん)として立ち尽くす。

今までに訪れた浅草寺から近い店々を思い出し、漸く、あそこなら入れるかも…という店を、思い出した。

浅草寺境内から、押すな押すなの人波でごった返す仲見世の、裏の空いた路地を早足で抜けると雷門柳小路に入る。
目指す店は、その小路にあった。
雷門から、ものの2~3分の距離である。

店の名は、とんかつ フジ家。
ご夫婦2人で切り盛りしている、カウンター席が僅か5席しかない、小さな小さな店である。

美味いとんかつを食わせてくれるにも拘らず、間口が狭くて見るからに狭そうに見える店構えと、マスメディアに登場する事が滅多に無いため、この店を目指して訪れる観光客が居ない事から、満席で入れなかったという経験は、今まで無い。
所謂、穴場、なのである。

店内風景等が掲載されているので、過去の訪問記をご紹介しておこう。

前回の訪問記】
とんかつ フジ家@浅草

暖簾を潜り、引き戸を開けると、カウンター席は3席埋まっていたが、予想通り座る事が出来た。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年06月03日

純喫茶 ローヤルROYAL@有楽町5

12-04-28訪問
(写真)サンドイッチ 全景
純喫茶ローヤル:①サンドイッチ680円全景120428
椿屋珈琲店を出た僕等は、一路、交通会館へ。

久しぶりに交通会館を観て回ると、1階のテナントが随分変わっているのに驚いた。
様々な県のアンテナショップが、入っているではないか。
以前は、まるごと北海道位しか入っていなかったと思うのだが、北海道から九州まで、何県あるか分らぬ位である。

そんなアンテナショップを、1時間程、観て回り、本来の目的である食事のために、地下に降りた。

時刻は3時頃で、丁度、昼休憩の時間であったため、目当ての店は準備中になっていた。
有名なちゃんぽんの店は開いており、賑わっていたのだが、暑い日にちゃんぽんを食べる気にはならぬ。

ゆったり座れる店が良いな…と、考えていると、連れが、
「あっちの方に、古そうな、広い喫茶店があったよ。」
と言う。

古い、という言葉に反応した僕は、
「じゃあ、そこに行こう。」
と、歩を進める。

店の前に着いてみると、ああここか、と、思い出した。
以前に一度入った事がある、純喫茶 ROYAL、であった。

「お好きな席にどうぞ。」
と、熟年のウェイターに促され、席に着く。
そして、また思い出した。
「前に来た時も、この席に座ったんだよ。(笑)」
「この席、落ち着く。」
連れも気に入った様であった。

この店の特徴は、ウェイトレスを置かず、ベテランウェイター達3人がフロアにぬかりなく目配りしている事である。
この3人の接客は実に手際良く、テキパキと客を捌く様は、見ていて気持ちが良い。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 銀座・有楽町・京橋・東京 

2012年06月02日

椿屋珈琲店@銀座七丁目5

12-04-28訪問
(写真)アイス抹茶バニラ ラテ 全景 
椿屋珈琲店:①アイス抹茶バニララテ1080全120428
イタリー亭を出た僕等は、銀座八丁目の博品館内を色々と見てた愉しんだ後、また歩いて一丁目方向に戻る。
その途中、久しぶりに銀座七丁目の花椿通りにある、椿屋珈琲店に入る事にした。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
椿屋珈琲店@銀座七丁目

暑い位の陽射しが降り注ぐ好天に恵まれた日だったため、日陰を求めて、或いは銀ブラの足を休めるために訪れた客で店内は賑わっており、初めて3階に案内された。

3階はまだ空いていたので、窓際の落ち着いた席を占める事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 銀座・有楽町・京橋・東京 

2012年06月01日

銀座イタリー亭@銀座一丁目 ~2012冬春を食べる~5

12-04-28訪問
(写真)銚子産本鰆の瞬間スモーク春野菜添え 全景
イタリー亭:①本鰆瞬間スモーク春野菜添え1680全120428
11時過ぎに湯島の、舞い鶴、を出た僕と連れは、一路、銀座一地丁目を目指して歩いた。

11時半頃に東京駅に着き、汗を乾かすために喫茶店に入る。
ほんの少し休んで、そこからはタクシーに乗り、11時45分に銀座一丁目に到着した。

目指していた店は、銀座 イタリー亭。
何年か振りの訪問である。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
銀座イタリー亭@銀座一丁目

天気の好い日で銀座に繰り出す人も多く、後から行ってみると中央通りの歩行者天国は人で溢れていたのだが、一丁目、二丁目辺りは、想像していた通り、それ程人は居なかった。

そんな訳で、店に入ったのは開店時間の11時半を過ぎていたが、まだ席には十分余裕があった。
少し奥に入った、落ち着ける場所にあるテーブル席に案内され、腰を下ろす。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 銀座・有楽町・京橋・東京