2012年12月

2012年12月31日

和菓子 楓@浅草5

12-12-09訪問
(写真)海苔だんご
楓:①海苔だんご100円121209
昨日の続きである。
仲見世を出た僕等は、再び伝法院通りへ。
漂って来る醤油の良い香りに惹かれ、和菓子 楓、の、店頭に向かう。

【前回の訪問記】
和菓子 楓@浅草

匂いの主は、醤油で漬け焼きした、軽食系の団子であった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月30日

炭火手焼せんべい 壱番屋@浅草5

12-12-09訪問
(写真)山椒せんべい 包装姿
壱番屋:①山椒60円包装姿121209
仲見世の、金龍山浅草餅本舗、で、切山椒を買い求めた後、更にブラブラと歩いていると、連れが、
「久しぶりに煎餅食べたいね。」
と、言う。
連れが仲見世で、煎餅、と言えば、炭火手焼き煎餅の、壱番屋、の事である。
「じゃ、行こう。」
と、連れ立って仲見世の裏の路地にある、壱番屋、を目指した。

【前回の訪問記】
炭火手焼せんべい 壱番屋@浅草

店内は相変わらず賑わっていた。
店内だけではなく、店頭で煎餅を焼いている様子を、中国人観光客のグループが写真を撮っているかと思えば、1枚焼いて貰って店先で食べている客も結構居て、店のある細い路地も、ごった返している。

そんな訳で、僕は外に置かれているベンチに座って待ち、連れが店に入って行った。

暫く待つと、
「お待たせ~!」
と、紙袋を抱えて、連れが出て来た。

「1つ食べよ。」
と、紙袋から1枚出す。
僕等の好物は決まっているので、何を食べよう…という相談は不要なのだ。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より東 

2012年12月29日

金龍山浅草餅本舗@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-12-09訪問
(写真)切山椒 包装姿
金龍山:①切山椒600円包装姿121209
居酒屋 たけ、を出た僕等は、伝法院通りから浅草寺に入り、宝蔵門から出て、仲見世をブラブラと見物して歩いた。

ふと目に留まったのが、仲見世で最も古い歴史を誇る老舗和菓子屋、金龍山浅草餅本舗、の店頭に並んでいた、切山椒(きりざんしょ)。

久しぶりに買うかな…と、買い求めた。

因みに、金龍山浅草餅本舗の創業は、延宝(えんぽう)年間。
丁度、江戸幕府の4代家綱、5代吉宗の頃である。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
金龍山浅草餅本舗@浅草

家に帰ると、晩ご飯代わりに、渋茶で食べた次第。
切山椒を知らないと言う、貴方、そして貴女、是非一度食べてみて欲しい。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より東 

2012年12月28日

居酒屋 たけ@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-12-09訪問
(写真)やわらかタンのトマトなもつ煮
たけ:①やわらかタンのトマトなもつ煮480円121209
日曜の浅草散策。
久しぶりに、居酒屋たけ、で、連れと11時前から昼酒。(笑)

【前回の訪問記】
居酒屋 たけ@浅草

このところ日本酒から始める店が多かったため、この日は、久しぶりにホッピーが飲みたい…という気分であった。

浅草でホッピーとなると、一番に思い浮かぶのはホッピー通り(公園本通り)だが、店の構造上、ストーブが炊かれていても、足元が寒い店が多いのが玉に瑕。
寒さを感じる中で氷入りのホッピーを飲むのは、ちょっとした修行になってしまう。(笑)

そんな訳で、僕等の様な年齢になると、寒い冬場には、どうしてもホッピー通りから足が遠退きがちになる。(苦笑)

…で、色々考えた結果、たけ、なら良かろう…と、2人の意見が合った次第。

厨房の横手にある一番奥のテーブルに初めて座ったのだが、奥まった感じが心地良く、エアコンの暖房もしっかりと効いて、ゆっくりまったり過す事が出来た。

また、少し間が空いた間に新しい料理も増えており、これも嬉しかった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月27日

やきとり うなぎ 鳥小(とりこ)@浅草5

12-12-08訪問
(写真)鳥砂肝3本 と 鳥かわ2本 と ねぎ間2本
鳥小:①鳥砂肝3本鳥かわ2本ねぎ間2本121208
連れの娘さんをタクシーに乗せて帰した後、連れと連れの息子さん、息子さんの彼女の4人で訪れたのは、先日ご紹介した、焼鳥が美味かった店、鳥小。

【前回の訪問記】
やきとり うなぎ 鳥小@浅草

息子さんに、是非この店の鳥団子…つくね…を、食べて貰いたかったのだった。

店に入ると、やはりあのお婆ちゃんが、入口から直ぐのテーブル席に座っており、
「いらっしゃいませ。」
と、立ち上がって迎えてくれる。
勿論、接客を担当している女性(厨房に居るご主人の奥さん)も、笑顔で迎え入れてくれた。

今回は小上がり席に上がらせて貰い、早速、注文を始めた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(5) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月26日

割烹 魚昇@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-12-08訪問
(写真)雪コース ふぐさし3人前
魚昇:①雪コース5250円ふぐさし3人前121208
京成立石の、レストラン チロル、で、昼ご飯を食べた、土曜の夜の話である。
連れの息子さんが、河豚を食べた事が無いというので、じゃあ、一緒に行こう…という話になったのだが、娘さんも河豚は食べた事ないという話になり、じゃあ、息子さんの彼女も誘って、連れと連れの息子さんと娘さん、息子さんの彼女と僕の5人で行こう…という事になった。
連れによると、息子さんの彼女も、まだ河豚を食べた事は無いとの事で、楽しみにしているという。

予約していたのは、前回も連れと食べた、雪コース5人前に白子焼を3人前、である。
残念ながら、白子焼まで5人前頼むのは、ちと、懐具合が厳し過ぎたのだ。(苦笑)

【前回の訪問記】
割烹 魚昇@浅草

僕と連れは、一足先に店に到着した。
予約時刻の6時半には少し早かったが、先に上がる事にして、暖簾を潜る。

店に入ると、前回、接客してくれた女将さんが、「あらまあ。」と、驚いた顔で、迎えてくれた。
「先日はどうも。今夜も宜しくお願いしますよ。」と、笑い掛けて2階に上がる。
この夜は何処かの会社の忘年会が入っており、2階には、綺麗な着物を来た小母ちゃん(失礼!)が、2階専用接客係として呼ばれていた。

通されたのは、前回通された座敷とは反対側にある、端の部屋であった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月25日

レストラン チロル@立石5

12-12-08訪問
(写真)ジャンボスパゲティー 全景
チロル:①ジャンボスパゲティー950円全景121208
最近、毎週土曜日に歯医者に通う連れ。
その歯医者は立石にあるのだが、そこに送ったついでに、昼ご飯を食べる事にした。

立石には、予てより一度訪問したいと思っていたレストランがあった。
名は、レストラン チロル、という。
京成立石駅の北側に、駅から真っ直ぐに伸びる商店街があるのだが、チロル、は、その商店街の端に建つビルの2階にある。

1階入口前には、この日の日替わりランチメニューが出ていたが、取り敢えず2階に上がり、店に入った。
先客は居らず、僕等が口開けの客であった。
店内には、4人掛けテーブル席が2つ、2人掛けテーブル席が5つ、6人掛けテーブル席が1つ、ある。窓際に並ぶ2人掛けテーブル席4つは、くっつければ、4人掛け~8人掛けになる。

僕等は、窓際の端にある、4人掛けテーブル席に着いた。
こじんまりとした店を切り盛りするのは、30代後半から40代前半と思われるご夫婦。
連れが、以前はお婆ちゃんが接客をしていたと言うところからすると、二代目のご夫婦らしい。
様々な洋食が並ぶメニューから、僕はジャンボスパゲティーを、連れは、なんちゃらグラタンを選んで注文した。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 堀切菖蒲園・お花茶屋・四ツ木・立石 

2012年12月24日

東京スカイツリー クリスマスライトアップ2012 ~その2~5

12-12-23撮影
(写真)押上駅近く北十間川橋から見たソラマチとスカイツリー
121223①十間川橋から見たスカイツリー
12月23日の夜、連れとスカイツリーの間近に車を走らせ、クリスマス電飾に飾られたソラマチと共に、撮影して来た。
今回は、ソラマチのテラスからもクリスマスライトアップされたスカイツリーを、足元から撮影する事が出来た。

12月25日まで残り2夜となったスカイツリーのクリスマスライトアップを、再び、ご紹介しようと思う。
この写真は相変わらずの手ブレのピンボケだが、次ページからは、ビシッと決まった写真を、ご覧にいれる。

きっと、気に入って頂けると思う…多分。(汗)  続きを読む

furutone at 12:00|PermalinkComments(0) 雑感など 

cafe&pasta BeBe カフェ&パスタ ベベ@お花茶屋5

12-12-08訪問
(写真)モーニングC と ホットコーヒー 全景
べべ:①モーニングC200ホット400全景121208
土曜の朝9時前に、連れの眼科の時間待ちに入る。

店は、お花茶屋の踏切から直ぐの路地に折れた所にある。

4人掛けテーブル席が3つ、2人掛けテーブル席が3つの、こじんまりとした店内には、ごちゃごちゃと人形や縫いぐるみ、雑貨が溢れ、天井に下がるシャンデリアには羽が回っているという、何とも不思議な店内。

ごちゃごちゃと雑貨や人形達が溢れる店内とは対照的に、綺麗に清掃されている水槽では、様々な熱帯魚がゆったりと泳いでいる。

そんな店を切り盛りしているのは、キッチリとしたリーゼントと綺麗に整えられた髭の似合う、40代後半~50代前半と思われる男性。
店内の様子は、この男性の趣味とは思えぬ…。
想像するに、母上がやっていた店を引き継いだのではなかろうか…。

嬉しかったのは、BGMに僕の好きな増田俊郎の、YOKOHAMA、が、何度もかかった事である。
有線ではなく、手造りのテープかCDと思われるのだが、選曲が僕の趣味によく合っており、如何にも僕と同時代を生きて来たご主人らしいポプコンからの選曲も多く、実に嬉しかった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 堀切菖蒲園・お花茶屋・四ツ木・立石 

2012年12月23日

東京スカイツリー クリスマスライトアップ2012 ~その1~5

12-12-22撮影
(写真)クリスマスライトアップのスカイツリー 浅草寺境内トイレ前から
クリスマス照明のスカイツリー:①浅草寺トイレ前から121222
昨夜、クリスマスライトアップされたスカイツリーを何枚か撮影したので、折角だから早目にご紹介しておこうと思う。

東京スカイツリーは、11月15日(木)~12月25日(火)まで5種類のクリスマス限定ライティングを実施している。

日によって、シャンパンツリー、ホワイトツリー、キャンドルツリー、冬粋、冬雅、の5通りにライトアップが変化している。

先ず1枚目は、浅草寺境内トイレ前から撮影したスカイツリー。
絞りを最も強くして撮影した物。

手ブレはご容赦願いたい。(汗) 続きを読む

furutone at 12:00|PermalinkComments(0) 雑感など 

もぐや@亀有 ~2012秋冬を味わう~5

12-12-01訪問
(写真)豆乳生姜麺 大盛
もぐや:①豆乳生姜麺850円121201
土曜日。
連れと、亀有駅北口のラーメン屋、もぐや、を訪問した。

【前回の訪問記】
もぐや@亀有

連れにとっては、昨年の夏以来という事で、久しぶりの訪問に、喜んでいた。

クリーミーきのこらーめん、が目当てだったのだが、秋限定メニューという事で、既に終了していた。

その代わり、新たに冬限定メニューが登場していた。
これがまた美味そうなので、これを頼む事にした。 
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年12月22日

ぷちブレッド 百乃苺 亀有店@亀有5

12-12-03訪問
(写真)パン4種 全景
百乃苺:①パン4種全景121203
浅草で、美味いハヤシライスを食べた帰り道、亀有駅北口にある小さなパン屋、ぷちぶれっど 百乃苺、で、パンを買って帰る事にした。

え?昼ご飯の続きである。(笑)

【前回の訪問記】
ぷちブレッド百乃苺 亀有店@亀有

前回も記した様に、巨大資本のポンパドールの目と鼻の先に店を開いた、百乃苺 亀有店、は、現在も健闘している。

この日も、遅いランチなのであろうか、制服を来た近隣のOLと見られる女性や、パチンコ店員らしい若い女性等、女性客が入れ替わり立ち代り、訪問していた。

そんな女性達に混じって、スーツに黒いコートをまとった小父さん…僕である…が、嬉しそうな顔をしてパンを買う姿は、冷静に考えると、ちと、気恥ずかしい気もするが、美味い物を買うのに、恥ずかしがってはいられない。(苦笑)

ま、そんな訳で、4つ程パンを買い求めて家に帰ると、早速、昼ご飯の続きを食べる事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年12月21日

欧風料理 ア・トレ・ヤン@浅草5

12-12-03訪問
(写真)特製ハヤシライス
ア・トレ・ヤン:①ランチ自家製ハヤシライス900円121203
この日は月曜。
午前中、都心の本部で会議があり、そのまま直帰という事で、昼ご飯でも食べよう…と、浅草に立ち寄った。
浅草に着いたのは13時半頃で、早い店では、そろそろランチタイムも終了という、時分であった。

国際通りを何処にしようかとブラブラ歩いた結果、欧風料理店、ア・トレ・ヤン、で、昼を食べる事にした。
訪れるのは、もう何年振りになるであろう。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
欧風料理 ア・トレ・ヤン@浅草

幸いな事に、店先には、まだランチメニューが書かれたボードが出ていた。

前回も確かこれを食べたな…と思いながらも、美味かったからもう一度…と、店に入った。

店内では、老齢のご夫婦が、愉しげにビーフシチューのランチを食べていた。
僕は、一番入口に近い、2人掛けテーブル席に着く事にした。

久しぶりという事で改めて店内の様子をご紹介すると、席は、カウンター席が6つ、2人掛けテーブル席が4つ、のみ。
そう。
とても小さな店なのだ。

ただそれだけに、アットホームな雰囲気と、細かい気配りが行き届いており、事前に料理内容等を相談すれば、色々と融通を利かせてくれるらしい。
こじんまりとしているだけに、貸切にし易いというのも、パーティー好きの方には嬉しいのではあるまいか。

そんな、こじんまりとした店を切り盛りしているのは、僕とあまり年齢の変わらぬご夫婦。
厨房に立つご主人の真っ白いコック姿、そして細やかな気配りで客をもてなす奥さんの姿、共に、今回の訪問でも、好感を持ったのだった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草西部 

2012年12月20日

来集軒@浅草5

12-12-02訪問
(写真)ラーメン と しゅうまい
来集軒:①ラーメン600円としゅうまい121202
多から家、で、美味い冬の天丼を食べた僕は、国際通りを横断して、西浅草に渡った。

少し国際通り沿いに歩き、何処とも決めず折れた通りに、懐かしい店があった。

来集軒、である。

前回の訪問は、もう何年前になるであろう。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
来集軒@浅草

ここにしよう。
暖簾を潜ると、店内は大賑わいであった。

1人で入れば相席前提の店…という事で、4人掛けテーブル席に座っていた男性の斜向かいの席に、会釈をして座らせて貰う。

「順番に伺いますから、待って下さいね。」
と、言いながら、接客の名物小母ちゃんが店内を忙しく歩き回っている。
この順番は守らぬと、小母ちゃんに怒られてしまうため、大人しく待つ。

僕の前に入った客がかなり居た様で、あちこちで注文を聞いては厨房に通し、厨房から出来上がった料理を、迷う事無く注文した客に持って行く。
結構歳は行っているのに(失礼)、全く大した記憶力である。

数分すると、僕の順番が来た。
久しぶりという事で、迷わず、看板商品2品を頼んだのだった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4) 浅草西部 

2012年12月19日

天麩羅 多から家@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-12-02訪問
(写真)冬の天丼
多から家:①冬の天丼1500円121202
日曜。
浅草に昼ご飯を食べに出掛ける。

目指した店は、天麩羅の、多から家。
毎年恒例になっている、冬の天丼を、食べに行こうと思ったのだった。

前回の訪問記も冬の天丼である。

【前回の訪問記】
天麩羅 多から家@浅草

さて、12時半に店に到着したのだが、店は大賑わいで、テーブル席は既に満席、カウンター席も半分ほど埋まっていた。
女将さんと息子さん夫婦が、てんてこ舞いで働いていた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月18日

やきとり うなぎ 鳥小(とりこ)@浅草5

12-12-01訪問
(写真)鳥だんご4本
鳥小:①鳥だんご420円121201
京料理 江森、を出た僕等は、折角の夜の浅草、まだ帰るのは惜しい…と、もう一軒行く事にした。

訪れたのは、千束通り商店街にある、焼鳥と鰻の店、鳥小。
昼時に覗くと、いつも賑わっている店で、予てより気になっていた店である。

この店、店先の立て看板には、鳥小(とりこ)、と、店の名のみが記されており、焼鳥屋なのか鰻屋なのか、はっきりしない。
しかし、名は体を現す…で、暦(れっき)とした焼鳥屋であった。
それは品書きを見ても明らかで、確かに鰻も載っているにはいるが、確か、蒲焼、肝焼き、鰻丼の3品位で、後はズラリと、焼鳥や鳥丼、鳥鍋等が並んでいる。

さて、引き戸を開けると、最も入口寄りのテーブル席に座るかなりご高齢のお婆ちゃんが、丁寧に迎えてくれた。

店は、このお婆ちゃんの他に、厨房に立つ男性2人…1人は息子さんであろう…と、気さくな接客に好感が持てる息子さんの奥さんらしき女性が、仲良く切り盛りしている。
もう夜9時を過ぎているのに、店に出て客を迎え続ける年老いたお婆ちゃんの姿に、僕等は2人共、最初から好感を持った。

店内は、外から見ても入口付近の2人掛けテーブル席2つ位しか見えぬのだが、鰻の寝床式に奥に向かって長いだけではなく、奥は広くなっており、4人掛けテーブル席3つの他に、4人掛け小上がり席まで2卓ある。
外からは解らぬが、意外と席数のある店であった。

僕等は4人掛けテーブル席に座ると、早速、厨房から美味そうな匂いを漂わせて来る、焼鳥を頼む事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月17日

京料理 江森@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-12-01訪問
(写真)酒の肴こーす 七 ふぐちり完成
江森:①酒の肴コース5250円ふぐちり121201
土曜日の夜、久しぶりに浅草は観音裏の京料理店、江森、を訪問した。

この、銀座から移って来た有名割烹に訪問してから、早いもので既に3年の年月が流れている。
前回、初めて訪問したのも、やはり12月の、クリスマス辺りであった。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
京料理 江森@浅草

銀座にある頃は雑居ビルの上の方にあったにも拘らず、雑誌等にも採り上げられる人気振りで、僕も一度訪問したいと思いながらも果たせずにいたのだが、ご主人の意向で銀座から浅草に移転して来た事を知り、随分と喜んだものである。

今回も、前回と同様、1週間程前に電話を入れたのだが、電話の向こうに聞こえる女将さんの声は、3年前と変わらぬ愛嬌のある声で、お元気そうな様子が伺えた。

そして当日。
店に暖簾が掛かるまで、向かいにあるロッジ赤石でミルクセーキを飲みながら、大きな硝子窓越しに様子を伺っていると(笑)、開店時刻ピッタリに、奥さんが暖簾を掛けに出て来た。

「それじゃ行こうか。」
と、僕等も立ち上がった。

暖簾を潜ると、厨房に立つご主人が、落ち着いた雰囲気で迎えてくれた。
小太りで愛嬌のある女将さんも奥から出て来て、2卓あるテーブル席を示しながら、
「どちらでも、お好きな方にどうぞ。」
と、迎えてくれた。

前回と同じ、奥のテーブル席に着くと、先ずはお酒から…と、楽しみにしていた酒食が始まった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月16日

グリルさんばん@亀有5

12-11-29訪問
(写真)ポーク薄切り生姜焼き
グリルさんばん:①豚薄切り生姜焼き850円121129
晩ご飯を食べに、亀有駅北口にある、グリルさんばん、を訪問した。

【前回の訪問記】
グリルさんばん@亀有

先客は居らず、僕がこの夜の口開けらしかった。
入口左手にある、いつものテーブル席に着くと、奥さんがメニューと水を運んで来てくれる。

黒板メニューにはカキフライがあったのだが、この日は生姜焼きが食べたかった。
で、黒板メニューの下の方に視線を移すと、何と、生姜焼きが黒板メニューになっている。

よく見ると、名称の下に、何やら添え書きがされている。
…ん?と思い、立ち上がって近付いて見ると、コールスローたっぷり添え…という様な事が書かれていた。
ひょっとして、コールスローが付くのだろうか…と、奥さんに訊ねてみると、キャベツが山盛りになっているとの事。

それは嬉しい…と、これを注文する事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年12月15日

柏屋珈琲店@浅草 ★残念ながら閉店しました★5

12-11-25訪問
(写真)トラジャアイスコーヒーM
柏屋珈琲店:①トラジャアイスコーヒーM450円121125
鮨 貴乃、を訪問する前に、時間調整のために入る。

【前回の訪問記】
柏屋珈琲店@浅草

鮨 貴乃、は、柏屋珈琲店、から直ぐの交差点を折れた通り沿いにある。
徒歩1分といったところか。

そんな訳で、寿司屋の開店時間まで、ここで時間を潰す事にしたのだった。

日曜の朝の、長閑な時間を過す近隣の常連客達に混じり、。僕等ものんびりと過した。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草西部 

2012年12月14日

鮨 浅草 貴乃@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-25訪問
(写真)ほうずき にぎり鮨
貴乃:①ほうずき4500円にぎり鮨121125
この日は昼ご飯を食べに、連れと西浅草にある寿司屋を訪問した。

店の名は、鮨 貴乃、という。
もう10年近く浅草を歩き回っているにも拘らず、恥ずかしながら、今までこの店の存在に全く気付いていなかった。

それが、1月程前であろうか、たまたま別の店を探しながら歩いていた際に、おや、こんな所になかなか風情のある寿司屋があるじゃないか…と、気が付いたのだった。

家にも戻って調べてみると、なかなか凝ったホームページまで、持っているではないか。
ホームページを見ると、ますます訪問してみたくなった。

●鮨 貴乃HP⇒http://www.asakusatakano.com/shopinfo.php

そんな訳で、予約を入れた上で、この日の訪問となったのだった。

時間になり暖簾を潜ると、厨房に立つご主人と思しき年嵩(としかさ)の寿司職人と、もう1人の寿司職人に迎えられた。
ご主人の声を聞き付けたのだろうか、奥から、女将さんと思しき女性も出て来てくれた。

予約していた旨を告げると、
「お待ちしておりました。こちらへどうぞ。」
と、女将さんは、入口左手にある個室座敷に案内してくれる。

個室座敷は横に並ぶ形で並んでいるが、それぞれは襖で仕切られている事から、必要に応じて襖を取り払い、利用するらしい。
全て繋げれば、ホームページにもある様に、50人位の宴会も、開けそうである。
また、厨房をL字型に囲むカウンター席も結構あり、15席程はあったかと思う。

そんな店内は、清掃が行き届いて清潔にされており、凛とした雰囲気が漂っていた。

「お飲み物はどうされます?」
と、お絞りを手渡してくれながら、女将さんが訊ねて来た。
「冷酒を貰えますか…浦霞を。二合お願いします。」
「承知しました。」

こうして、この日の酒食が始まった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 浅草西部 

2012年12月13日

おにぎり宿六@浅草5

12-11-24訪問
(写真)昆布おにぎり と おかかおにぎり そして 沢庵
宿六:①昆布とおかか各260円と沢庵121124
割烹 魚昇、で美味い河豚を愉しんで店を出た僕等は、久しぶりにあの店に行こう…と、言問通り沿いにある、おにぎり宿六、に足を向けた。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
おにぎり宿六@浅草

店の前まで着くと、思わず立ち止まる。
夜の帳(とばり)に浮かぶ赤提灯と真っ白い暖簾が、風情ある独特の雰囲気を醸し出しているためである。

暫し見惚れて、暖簾を潜った。

店に入ると、厨房に居た女将さんが、迎えてくれた。
この店が賑わうのは、もっと夜が更けてからのため、先客は居ない。

久しぶりの訪問だったが、女将さん、お元気そうで何より。
出された熱い茶を飲みながら、何にしよう…と、カウンター前にズラリと並ぶ、お握りの具材を見渡す。
どれにしようかと迷う、楽しい時間である。

その間、女将さんは無言で待っている。

やがて2人の注文も決まったため、女将さんに告げると、
「わかりました。」
と、厨房左手に下がる長暖簾の向に、女将さんは一旦引っ込んだ。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月12日

割烹 魚昇@浅草 ~2012秋冬を味わう~

12-11-24訪問
(写真)雪コース ふぐちりの具材
魚昇:①雪コース5250円河豚ちりの具材121124
そろそろ秋も終わり、冬に入る…という事で、この夜、浅草は千束通り商店街から少し折れた所にある、割烹 魚昇、に、連れと河豚を食べに行った。

ここには、2度程、1人で昼ご飯を食べに来ている。

【前回の訪問記】
割烹 魚昇@浅草

幾つかあるコースの中から選ぶか、単品を組み合せて頼むか考えたのだが、河豚料理の場合、煮凝り、刺し、ちり、雑炊…と、だいたい決まっている訳で、コースの中から選ぶ事にした。

ところが今度は、どのコースにするかで迷ってしまった。
河豚料理はだいたい決まっている訳で、違いと言っても唐揚げの有無位で、どのコースも似ている。
特にこの店の場合、河豚は全て天然河豚で、どんな河豚が使われているか、HPでちゃんと紹介してくれているだけに、その違いが解らぬ物もある。

●割烹 魚昇HP⇒http://uoshou.net/index.html

そこで、予約の電話を掛けた際、電話に出てくれた女将さんに違いを尋ねたところ、丁寧に説明してくれたため、漸く決める事が出来た。

予約通り、開店時刻の17時半に店に入ると、1階客室に居た女将さんと、厨房に居た息子さんが迎えてくれた。

女将さんに2階座敷に案内され、腰を下ろす。
個室はサービス料10%が掛かるが、ゆっくりしようと、個室を予約したのであった。

広い座敷だったが、既にエアコンで室内は暖められており、寒さを感じる事は全く無かった。
この、心尽くしが嬉しい。

地味な店構えだが(失礼!)、流石に、浅草で一番古い老舗河豚料理店、だけの事はある。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月11日

釜揚げうどんの店 利右衛門@浅草5

12-11-23訪問
(写真)カレーうどん
利右衛門:①カレーうどん600円121123
奥山おまいりまち、にある、前田食堂、を出た僕と連れは、一路、六区(ロック)ブロードウェイにある、釜揚げうどんの店 利右衛門、に向かった。

2度目の訪問となる。

【前回の訪問記】
釜揚げうどんの店 利右衛門@浅草

僕等が店のある路地近くに来たところ、女将さんが、通りに立て看板を出しているところであった。

店に戻る女将さんの後を着いて路地に入り、暖簾を潜ると、女将さんが驚いた様に振り返り、
「いらっしゃいませ。」

未だ誰も居ない店内は、何処でも座れる。
そこで、前回と同じ、神輿の横に置かれた、壁際の大テーブルに腰を下ろした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月10日

前田食堂@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-23訪問
(写真)おでん
前田食堂:①おでん700円121123
三連休初日の金曜日。
生憎と朝から冷たい雨が降り、連休初日にも拘らず、浅草も人が出ていない。

連れと、以前訪れた釜揚げうどんの店でのんびりしようと浅草に出たのだが、ちと、早く着き過ぎてしまった。

店が開くまでの50分余り、軽く飲みながら雨宿りしよう…と、前田食堂、に、入る。

【前回の訪問記】
前田食堂@浅草

向かいにある大衆演劇の木馬亭では、3連休に興行が打たれるらしく、盛大に花輪が飾られているのだが、生憎の雨という事で客の出足が悪い様で、客の小母ちゃん達が開演前に腹拵え(はらごしらえ)をする前田食堂も、空いていた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月09日

グリルさんばん@亀有5

12-11-16訪問
(写真)和牛のたたき
グリルさんばん:①和牛のたたき500円121116
この日は、亀有駅北口にある、グリルさんばん、で晩ご飯を食べた。

そろそろ殻付き牡蠣が出ているかな…と、期待していたのだが、残念ながら、まだ牡蠣メニューはカキフライのみであった。

【前回の訪問記】
グリルさんばん@亀有

またカキフライを食べても良かったのだが、牛舌シチューがあったため、そちらを食べる事にした。

何せ、牛舌シチューの方は、季節限定よりも更に希少価値があるレア物…という事で、提供されている内に食べておきたかった。 
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年12月08日

もぐや@亀有 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-17訪問
(写真)クリーミーきのこらーめん 全景
もぐや:①クリーミーきのこらーめん850円全景121117
亀有駅北口にある、もぐや、のご主人から、開店当初に使っていた細麺に似た細麺と、最近使っている中太縮れ麺との選択が出来る様になった…とのメールを貰った話は、先日記した通りである。

秋の期間限定メニュー、クリーミーきのこらーめんを気に入った僕としては、是非一度、細麺で食べてみたいと思った…と、これも先日記している。

【前回の訪問記】
もぐや@亀有

クリーミーきのこらーめんは期間限定故に、そろそろ止めようと思う…とのご主人のメールに、こりゃ、早く行かぬと無くなってしまう…と、昼ご飯を食べに行く事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年12月07日

そば弁天@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-18訪問
(写真)かき南そば 全景
弁天:①かき南そば1200円全景121118
日曜日。
前日の酷い雨が嘘の様な、快晴。
抜ける様な蒼さの、冬晴れであった。

毎年秋が深まると、食べずには居られなくなる蕎麦が、浅草観音裏にある。
そば 弁天。

【前回の訪問記】
そば弁天@浅草

ずっと以前にご紹介している、夏の鳥そうめんも捨て難い美味さなのだが、やはり、秋深まる時期の牡蠣蕎麦…この店では、かき南そば、と言う…は、牡蠣好きには是非とも食べて頂きたい逸品である。

先日ご紹介した北千住の柏屋、日暮里の川むら、そして浅草の弁天、この3軒の牡蠣蕎麦。
年によっては食べ損なってしまう店もあるが、毎年、食べるのを楽しみにしている。

それは連れも同じで、開店と共に、2人で暖簾を潜った次第。
驚いたのだが、開店前から並んでいる人が居り、開店から2時間程は常に並んでいる人が居るため、満席状態が続いていた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月06日

おでん ヤマニ@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-17訪問
(写真)おでん 1皿目
ヤマニ:①おでん1皿目121117
土曜日の夕方。
連れと、予てから一度伺いたいと思っていた、浅草のおでん屋を訪問した。
秋も深まり、寒さが身に沁みる様になって来ると、おでんが食べたくなって来る訳である。

僕等がしょっちゅう通る、ひさご通りの言問通り側入口から、言問通り沿いに国際通り方向へ少し歩いた所にある、ヤマニ、と言う店である。

夜のみの営業で昼間は閉まっているため、韓国家庭料理の店かと思っていた。(笑)

4年程前であろうか…何かのついでに調べたところ、おでん屋、と判った。
しかも、居酒屋通の方々の間では、かなり有名な店らしいではないか。

それ以来、連れと、行こう行こうと言いながら、延び延びになっていたのだった。

…という訳で、この夜は、今日こそ訪問するぞ、と、意を固くして臨んだのであった。

朝から降っていた雨が午後から酷い降りに変わり、夜になっても強い降りのままで、こりゃ、今夜は閑古鳥かも知れないな…と、開店時間の17時半を1~2分少し過ぎた頃、暖簾を潜った。

僕等が口開けの客に違いない…と、ガラリと引き戸を開けてみて、驚いた。
一目で常連と知れる、中年女性の2人連れと中年男性が1人、既にカウンター席でおでんをつっつき、熱燗を愉しんでいるではないか。
常連とは、有り難いものである。

幸い、狙っていたテーブル席は空いていたので、そこに腰を下ろす。

店舗写真をご覧頂ければお解りの通り、カウンター席が9つ、2人掛けテーブル席が2つの、こじんまりした店で、実に落ち着く。

この店内の広さと言おうか…狭さと言おうか…は、実に何とも、丁度良いのだ。
空間の広さ加減が実に良いのであろう、何とも言えぬ居心地の良さ、なのである。

そんな、こじんまりとした心地良い店を切り盛りするのは、30代と思われる若いご夫婦。
店の佇まいと、切り盛りするご夫婦の若さに、ギャップを覚える。
おそらく2代目夫婦なのであろうが、お2人共に店の切り盛りは板についており、見事なものであった。

それでは、この夜の酒食をご紹介しよう。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月05日

とんかつ 有馬@亀有 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-16訪問
(写真)ヒレカツ・カキフライ定食 全景
有馬:①ヒレカツ・カキフライ定食1450円全景121116
金曜の会社帰り。
前回の訪問時にかつ丼を食べて気に入った、亀有駅北口の、とんかつ 有馬、を、訪問した。

【前回の訪問記】
とんかつ 有馬@亀有

前回の訪問時にも、既に、カキフライ始めました、の貼紙がされていた事もあり、今度は牡蠣フライを食べよう…と思っていた。

しかし、いざ店に入って席に着いてみると、やはりトンカツも食べたい。(笑)

メニューを繰っていると、先日、コメントを頂いた通り、ヒレカツと牡蠣フライのセットを見付けた。
おお、これこれ…と、お茶とお絞りを運んで来てくれた奥さんに、注文した次第。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

2012年12月04日

デンキヤホール@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-11訪問
(写真)あずき・オレ 全景 (写真が光量不足で黄ばんでしまった…涙。)
デンキヤホール:①あずき・オレ550円全景121111
西参道にある、江戸下町料理 宮戸川、を訪問する前に、時間調整に入った。

【前回の訪問記】
デンキヤホール@浅草

折角入ったのなら、単に時間調整というのも何なので、寒い時期の物を頼む事に。

毎年、寒い時期になると思い出すのが…そう、ゆで小豆である。
オム巻きと並んで、この老舗喫茶店の看板商品である、ゆで小豆は、既に何度もご紹介している。

その、ゆで小豆の変化形としてあるのが、あずき・オレ。
これも、過去に1~2度、ご紹介していると思う。
これから酒を飲む事もあり、牛乳を飲んでおこう…という、セコイ考えであった。(笑) 
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草北部・橋場・清川・日本堤・竜泉 

2012年12月03日

江戸下町料理 宮戸川@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-11-11訪問
(写真)大名コース 煮物
宮戸川:①大名コース3500円煮物121111
日曜日。
寒くなった事だし、連れと鍋でも食べよう…と、以前から気になっていた浅草寺西参道のアーケード内にある店に、予約を入れて訪問した。

頼んだのは、コースのメインにかしわ鍋が設定されている、大名コース。

店の名は、江戸下町料理 宮戸川、と言う。
店の場所は、以前、昭和の時代から続く古い喫茶店があった場所で、喫茶店巡りも好きな僕は、何れ入ろうと思っていたのだった。
ところが、僕が訪問する前に、その店は閉店して取り壊されてしまい、その後に出来たのが、宮戸川、であった。

西参道は、浅草でも最もディープな場所の1つとしてテレビ等で紹介される事が多く、実際、西参道が何処にあるのか、知らぬ方も多かろう。
そう言えば、少し前のテレビで、俳優の哀川翔が西参道にある馴染みの刀剣屋を紹介していたが、そんな店がある一方で、飲食店は極端に少なく、入口にある店を除けば2軒程しかない。

そのうちの1軒を何年か前に掲載しているので、あらためてご紹介しておこう。
こんなうらぶれた店で飲み喰い出来る様になったら、そしてその良さを理解して溶け込める様になったら、あなたも浅草有段者…かも知れぬ。(笑)

【★下町外飯徒然草★掲載の西参道の飯屋】
牛めしふくちゃん@浅草

ちと、脱線した。
話を元に戻そう。

開店時間に暖簾を潜り、予約していた旨を告げると、作務衣を着たまだ若い料理人が、厨房から迎えてくれた。
この料理人が主人らしいのだが、歳の頃は30前後ではなかろうか。

もう1人、やはり作務衣を着た若者が現れ、2階へと案内してくれる。
2階は2部屋の個室座敷からなっており、1部屋は2人~4人、もう1部屋は6人位まで…といったところか。
間は障子で仕切られており、障子を開けて繋げれば、変則的な形ではあるが、それなりの人数が入る。

僕等は、予め個室を予約していたため、その小さい方の座敷に、通されたのだった。

席に着き、酒を頼むと、この酒食が始まった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月02日

ローヤル珈琲店@浅草5

12-11-10訪問
(写真)ロワイヤル珈琲アイス 全景
ローヤル珈琲店:①ロワイヤル珈琲アイス550円全景121110
浅草観光文化センターの8階展望テラスから、仲見世と浅草寺を上から見下ろす珍しい夜景を愉しんだ僕等は、再び浅草中央部に入って行った。

時刻は7時半頃であったが、少々歩いた位ではお腹は空かず、喫茶店にでも入って帰ろう…と、久しぶりに、ローヤル珈琲店、に、入る事にした。

【前回の訪問記】
ローヤル珈琲店@浅草

もう閉店に近い時間であったが、硝子越しに見える店内にはまだかなり客が居る。
「まだ入れますか?」
と、ドアを開けて首を突っ込んで定員に聞くと、
「どうぞ。」
と、迎え入れてくれた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 浅草中央部:仲見世より西 

2012年12月01日

仲見世と浅草寺の珍しい夜景、そしてスカイツリーとアサヒビール本社ビル群@浅草5

12-11-10訪問
(写真)夜のスカイツリーとアサヒビール本社ビル群
浅草文化観光センター:③夜のスカイツリーアサヒビール121110
夜の仲見世と浅草寺、スカイツリーとアサヒビール本社ビル群である。

スカイツリーとアサヒビール本社ビル群の写真は、それ程珍しいと思われぬであろうが、仲見世と浅草寺の写真は、珍しいアングルだ…と思われるのではなかろうか。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0) 雑感など