アジアン本舗餃子@金町魚菜 UOSAI@浅草 ★牡蠣を味わう2010~11★

2011年01月15日

グリルさんばん@亀有 ★牡蠣を味わう2010~11★

10-11-05訪問
(写真)合鴨のスモーク・オレンジ添え 全景
グリルさんばん:①合鴨スモークオレンジ添え500全景101105
(写真)クラムチャウダー 全景
グリルさんばん:②クラムチャウダー全景101105
(写真)カキフライとライス 全景
グリルさんばん:③カキフライライス全景101105


(写真)合鴨のスモーク・オレンジ添え 拡大
グリルさんばん:④合鴨スモークオレンジ添え500拡大101105
(写真)クラムチャウダー 拡大
グリルさんばん:⑤クラムチャウダー拡大101105
(写真)カキフライ 拡大
グリルさんばん:⑥カキフライ拡大101105
そろそろ生牡蠣が入ったかな?…と、会社帰りに晩ご飯に立ち寄る。
しかし残念な事に、まだ生牡蠣や貝殻焼きが出来る大きさの牡蠣が入らないとの事であった。
「貝殻焼きは12月になれば出来そうだが、生牡蠣は1月以降で出せるかどうか。」と、奥さん。

やはりこの冬は、昨年夏の猛暑の影響で牡蠣が不漁らしい。
10月頃に大粒の牡蠣が出回り、牡蠣の当たり年かと思ったのだったが、グリル佐久良の奥さんの話を掲載した様に、肝心の冬場の牡蠣需要を満たすだけの牡蠣が冬場の産地から届かず、値も高騰しているらしい。

【★下町外飯徒然草★掲載の例年の牡蠣料理】
グリルさんばん@亀有(毎年の11月~3月を参照)

…そんな訳で、この日は生牡蠣も貝殻焼きもなかったのだが、小粒の牡蠣で出来る2種の料理はあった。

●白ワイン 350円
●合鴨のスモークオレンジ添え 500円
●カキクラムチャウダー
●カキフライ
●ライス

〆て2570円

元々クラムチャウダーに使う牡蠣は小粒なのだが、この日の牡蠣はとても小さかった。
しかしその分、数はそれなりに入っていたため、牡蠣エキスはたっぷりと出て美味いスープになっていた。
クラムチャウダーは、冬を感じる味覚としては外せない一品、である。

カキフライの牡蠣は、クラムチャウダーに使われる牡蠣よりずっと大きいのだが、それでも例年の物に比べるとかなり小さい。
そのため、6個も載っている。
1つ1つのフライが小さいため皿の上がやや寂しい感じだが、1口サイズのカキフライと言えども6個も載ると、なかなか嬉しい。
小粒ながらしっかりと作ったカキフライで、味の方も十分に満足な出来映えで、満足する事が出来た。

従来から2個、3個を1つの塊として揚げている都心の洋食店や、このブログでもご紹介している浅草等の店では、そもそも提供価格がさんばんの様な亀有価格のグリルとは違っているといった事情がある。
700円~800円といった価格で大粒のカキフライを5個程度提供出来る仕入価格になれば良いのだが…この冬は厳しいかも知れぬ。

グリルさんばん ( 亀有 / 洋食 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:00│Comments(2)TrackBack(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 古利根   2011年01月15日 19:36
curriest様

そうですね、昨年の秋頃、猛暑で青森や三陸の養殖場では稚貝がほとんど死んだというニュースをやっていました。
1. Posted by curriest   2011年01月15日 18:43
furutone様

牡蠣に限らず、今季はホタテ貝なども高騰しているそうですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アジアン本舗餃子@金町魚菜 UOSAI@浅草 ★牡蠣を味わう2010~11★