割烹旅館 いづみ荘@茨城県石岡市そば弁天@浅草 ★牡蠣を味わう2010~11★

2011年01月28日

手打ちそば 御野立庵(おのだてあん)@茨城県かすみがうら市5

10-09-19訪問
(写真)十割もりそば 全景
御野立庵:①十割そばもり900円全景100919
(写真)十割もりそば 拡大
御野立庵:②十割そばもり900円拡大100919
(写真)胡瓜とゴーヤのお新香 拡大
御野立庵:③胡瓜とゴーヤのお新香拡大100919
霞ヶ浦湖畔の割烹旅館、いづみ荘を発った足でドライブがてら向かったのは、同じくかすみがうら市にある、手打ちそば 御野立庵(おのだてあん)、である。

折角、常陸秋そばの本場に来ている訳なので、1軒くらいは蕎麦屋に寄って帰ろう、と考えた訳だ。
幸い天候にも恵まれ、爽快に雲一つ無く晴れ渡っていた。

店は、周囲に特に何も無く、ポツリポツリと店がある様な田舎にあるのだが、店に着いてみるとそれになりにある駐車場が車で埋まっている。
ナンバーを見ると、水戸や土浦は解るとしても、品川、足立、横浜といった大都市圏からも、はるばるやって来た車が結構あるのには驚いた。
「茨城のうまい蕎麦」という書物に載っているとはいえ、東京や横浜から遠路はるばるやって来る車が結構あるのは、常磐自動車道の千代田石岡インターからは意外と近いという立地も、幸いしていると思われる。

150年前の古民家をベースにして建てたという建物は、風流とモダンを上手く組合せた建物で、正面入口付近は、古民家の面影を強く残す風情ある景色なのだが、横に広がる客室は、正面部分の印象を崩さぬ様にしながらも大きな硝子窓の嵌ったモダンな造りとなっており、店主の拘りが感じられる、かなり凝った物である。

店に入ると、丁度昼時という事もあってか、とても賑わっていた。
何とか空いているテーブル席に座る事が出来たので、注文を取りに来た接客の女性に、目当てにしていた、繋ぎを使わず、常陸秋そばのみで打った十割蕎麦を頼む。
一日限定10食(当初は一日限定5食だった様だが、現在は店舗紹介写真に載せたとおり10食に増えている。)のため、まだあるかと不安だったが、すんなりと受けてくれた。

●十割そば もりそば 900円

同じく十割そばには、ざるそば1000円もあるのだが、変に海苔が掛かっていたりする必要は無いので、もり、にした。
面白かったのは、運ばれて来た盆の上に、お新香の小皿が付いて来た事。
〆の蕎麦湯を飲む際に摘みなさいという事なのだろう…と、よく見てみると、何と、ゴーヤのお新香が載っている。
これは珍しかった。
思わず蕎麦を食べる前に箸を伸ばしてみたところ、やはり苦い。(笑)

さて、お目当ての十割そば。
かなり細く手切りされた蕎麦は、目を凝らしてよく見ると手切りと判る若干のバラつきがあるが、実に丁寧に切り揃えられている。
手打ち手切りで丁寧に仕上げているので、1日限定10食という事なのであろう。

また、新蕎麦ではないのだが、啜り込むと蕎麦の良い香りが鼻腔に抜ける。
細身ではあるが腰も強く、噛み締めるとほんのりと甘味も感じる、美味い蕎麦である。
蕎麦つゆは鰹が効いた口当たりの良い物で、これも美味い。

時々、口直しに山葵を箸で摘んで口に含み、また蕎麦を啜る。
確かに美味い。

東京から常磐自動車道を飛ばせば1時間程でこの蕎麦が食べられるという事であれば、ドライブがてら食べに来る客がいてもおかしくは無い、そんな感想を持った。

手打ちそば 御野立庵 ( / そば )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



【店舗紹介】

御野立庵:店①外観100919(写真)店舗外観

店は、常磐自動車道の千代田石岡インターに近く、周辺には千代田CCやセゴビアGCインチヨダといったゴルフ場がある。
千代田石岡インターを降りて水戸方向に水戸街道(国道6号線)を進み、恋瀬川北交差点の信号で左折し、最初の信号でまた左折して道なりに進む。
ずっと走って行くと、やがて中志筑の交差点があるので、その信号で右折し、少し走った左側に、店がある。

ゆったりとした農村風景を観ながらドライブするのも、気持ちの良いものである。

◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

(写真)客席の様子、厨房付近の様子、壁の季節物の品書き
御野立庵:店②店内の様子100919御野立庵:店③厨房付近100919御野立庵:店④壁の季節物の品書き等100919

furutone at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 茨城県石岡市と周辺都市 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
割烹旅館 いづみ荘@茨城県石岡市そば弁天@浅草 ★牡蠣を味わう2010~11★