天麩羅・とんかつ 住よし@金町 ★牡蠣を味わう2010~11★翁そば@浅草

2011年01月31日

四川料理 福楽 国際通り店@浅草5

10-09-20訪問
(写真)ハチノスのマーラー和え 全景
福楽国際通り店:①ハチノスのマーラー和え750全景100920
(写真)本格マーボ豆腐 全景
福楽国際通り店:②本格マーボ豆腐1000全景100920
(写真)叉焼炒飯 全景
福楽国際通り店:③叉焼炒飯750全景100920
(写真)紹興酒
福楽国際通り店:④紹興酒680円100920
(写真)ハチノスのマーラー和え 拡大
福楽国際通り店:⑤ハチノスのマーラー和え750拡大100920
(写真)本格マーボ豆腐 拡大
福楽国際通り店:⑥本格マーボ豆腐1000拡大100920
(写真)叉焼炒飯 拡大
福楽国際通り店:⑦叉焼炒飯750拡大100920
この日は敬老の日である。
そんな訳で、いつもの様に休日の浅草散策。

このブログを読んで頂いている読者の方から、観音裏柳通りにある四川料理店、福楽、が、国際通りにも店を出したとの情報を頂いていたので、訪問する事にした。

【★下町外飯徒然草★掲載の本店訪問記】
四川料理 福楽@浅草

昨年、この国際通り沿いには、この福楽も含め、相次いで四川料理店が3店程開店した。
この数年で急激に増え、今や浅草ビューホテルの主たる宿泊客となっている、中国人観光客目当てなのかも知れぬ。

開店と同時に店に入る。

店内はかなり広く、客室フロアは入口寄りと奥の2つに分かれている。
入口寄りのフロアは、6人掛けテーブル席が4つ、4人掛けテーブル席が2つ、2人掛けテーブル席が1つ、配されており、奥のフロアも席数揃っている。

また、店内の照明は、各テーブルの上を照らすスポット的な照明となっており、本店に比べて高級感を前面に出した落ち着いた雰囲気作りがされている。

このテーブル上を照らすスポット照明の効果としては、テーブルの上に置かれた料理の光と影がクッキリと、非常に美しく照らし出される点が挙げられる。
解り易く言うと、実に美味そうに見えるのだ。(笑)

また、もう1つ本店と違う点を挙げると、接客はチャイナドレスを纏った若い中国女性数人が行う点である。
それも、皆スラリと背が高くて美人ときている。(笑)

…と、店の紹介が終わったところで、この日食した物をご紹介しよう。

●紹興酒 680円

●牛ハチノスのマーラー和え 750円

冷製料理である。
ハチノスの上には白髪葱、白胡麻、パクチーが載っており、そもそも彩りが美しいのだが、効果的なスポット照明のお陰で、美しさが更に強調されている。

諸兄もご存知の通り、麻辣醤(マーラージャン)は、大豆味噌に花椒(中国山椒)と唐辛子を効かせた四川風辛味調味料である。
花椒の痺れる辛さ(麻マー)と、唐辛子のホットな辛さ(辣ラー)を併せ持つこの辛味調味料は、それぞれの店で調合されるので、店により辛さの度合いや味わいが違う。

この店の麻辣醤は花椒を抑え気味にしている様で、ハチノスは程良い辛味の味付けが成されており、辛い物が苦手の方でも食べ易く作られている。
ではあまり美味くないのかと言うと、実に美味いのだ。
ハチノスは柔らかく、かつ、弾力があり、程良い辛味の味付けが、食欲を刺激する。
ここに、添えられたパクチーも一緒に食べると、良い香りが加わって更に美味くなる。

●本格マーボ豆腐 1000円

本店同様、深皿にたっぷりと盛られて供される。
観音裏の本店同様、舌に痺れる花山椒たっぷりの本格派、である。
味付けにはトーチーも使われ、多くを語る必要は無かろう。
美味いの一言である。

●叉焼炒飯 750円

角切り叉焼にレタス、玉子が入る。
やや油っぽい気もするが、パラリとした仕上げと味は上々で、美味かった。
因みに、スープは付かない。


初回としては、なかなか満足のいく食事であった。
因みに、11時~14時半のランチタイムは、650円~850円で10種の定食が揃っており、ご飯もお代わり自由である。
更に、食後には中国茶、コーヒーが無料で付く。

但し、ランチメニュー10種は、やはり万人受けする品々が主菜となっており、四川料理と言える物は麻婆豆腐定食くらいとなる。
本格派の四川料理の品々が食べたければ、単品で頼む事をお勧めする。

因みに、帰り掛けにチャイナドレス女性のチーフ格の方に聞いたところ、国際通りに店は出したが、観音裏の店も締めないとの事であった。
今後はどちらが本店になるのか?…と問うたところ、「お客さん多いこちら(国際通り店)が、ホンテになていく(本店になって行く)と、思う。」との事であった。

福楽 西浅草店 ( 浅草(つくばEXP) / 四川料理 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



【店舗紹介】

福楽国際通り店:店①外観100920(写真)店舗外観

店は、国際通り沿いのビューホテル側の並びにある。
何と、福楽の直ぐ横にも新しく四川料理店が出来ており、そちらの方が目立つ。(笑)
入り間違わないで頂きたい。

観音裏の本店?に比べると店内はかなり広く、光度を落とした照明を使い、高級感を出す演出がされている。
また、太腿横に深いスリットの入ったチャイナドレス姿の若い接客女性を何人か入れているところも、本店と違って高級感を出す演出と言える。

しかし浅草でこれをやると、客の中に、若い女性の太腿目当ての勘違い親爺が紛れ込んで来る危険性も、多分にあるのだが。(笑)

◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

(写真)窓際テーブル席、入口寄りテーブル席、入口付近
福楽国際通り店:店②窓際テーブル席100920福楽国際通り店:店③入口寄りテーブル席100920福楽国際通り店:店④入口付近100920

furutone at 00:00│Comments(2)TrackBack(0) 浅草西部 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 古利根   2011年02月28日 01:03
curriest様

不埒も捨てがたいものがあります。(笑)

そうですね、自分の事を振り返ってみても、そんな使い分け出来る店が集まってるところが浅草の魅力かも知れません。

1. Posted by curriest   2011年02月27日 17:01
furutone様

「若い女性の太腿目当ての勘違い親爺」です(笑)。
もちろんそのような不埒な気持ちではなく、美味しいものが食べたいだけなんです。

向かいの「九鼎火鍋屋」で四川本場担担面を食べたり、「好味園」に行ったり、その日の気分で使い分けしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
天麩羅・とんかつ 住よし@金町 ★牡蠣を味わう2010~11★翁そば@浅草