ほっかほか弁当 鬼っこ@堀切菖蒲園パン・和洋菓子 ほりぐち@堀切菖蒲園

2011年07月01日

二幸寿司(にこうずし)@堀切菖蒲園

11-04-15訪問
(写真)特上握り 全景
二幸寿司:②特上握り2420円全景110415
掘切菖蒲園入口の前に立つ寿司屋、二幸寿司(にこうずし)、は、連れが仕事上で女将さんと知り合いになったという事で、予てより、一度一緒に行こうと誘われていた。
そんな訳で、この日、店の前で待ち合わせて訪問する事にした。

暖簾を潜ると、入口から奥に伸びる通路を挟んで左手にカウンター席が、右手に襖で仕切られた座敷が2つある。
カウンター席は8つ、座敷2つは6人はゆったり座れる広さがある。
丁度昼時であったので客が居るかと思ったのだが、幸い、先客は居なかった。

「こんにちわ~。」と、連れが声を掛けると、座敷の襖が開き、
「いらっしゃい。」と、女将さんとご主人が姿を現した。
その後ろから、孫を連れた娘さんも顔を覗かせ、挨拶を交わす。

娘さんは近所に住んでいるらしく、毎日孫2人を連れて遊びに来るという。
この日も、客も居ない事だし…と、ご主人夫婦は座敷で孫と遊んでいた様である。

カウンター席に着くと、「飲み物は何にします?」と女将さんが尋ねてきたので、仕事中の連れはお茶を、休みの僕は日本酒を頼む事にした。

女将さんが手渡してくれた〆張鶴を頼む。
食事の方は、連れもそれ程時間がある訳ではないので、お決まりの特上握りにする。

(写真)〆張鶴とお通し
二幸寿司:①〆張鶴750円とお通し110415
(写真)お通しの蛍烏賊と小柱と若布の酢味噌和え 拡大
二幸寿司:④通し蛍烏賊小柱若布酢味噌和え110415
●〆張鶴 750円

久しぶりの〆張鶴を、常温で。
お通しは、蛍烏賊と小柱の酢味噌和えである。
お通しの量はたっぷりで、これだけで酒が飲めた。

(写真)特上握りに付く浅蜊の吸い物
二幸寿司:③特上握り2420円に付く浅蜊吸い物110415
(写真)特上握り 拡大
二幸寿司:⑤特上握り2420円拡大110415
●特上握り 2520円

話好きの女将さんとは対照的に、寡黙なご主人は黙々と2人前の寿司を握り、握り終えると出掛けて行った。
まだ昼ご飯時なのに大丈夫なのかなあ…と思っていたら、客が来たら女将さんが携帯電話で呼び戻すのだそうな。(笑)

お決まりのネタはやや薄目だが(笑)上々で、なかなか美味い。
中とろだけではなく大とろも入り、他に、鯖、数の子、甘海老、いくら、雲丹、赤貝、赤身と胡瓜を裏巻した巻物、玉子。
これに、浅蜊の吸い物とお新香が付く。

2520円という値段を考えると、数の子はどうかなあ…と思うのだが、数の子の1貫が無いとして考えてもそれ程高いという訳ではない事を考えれば、特に文句は無い。

食べながら、話し好きの女将さんと連れの会話に時々加わりつつ聞いていると…。
「不況に震災で、ランチタイムのお客さんはさっぱりよ。」
「まだ菖蒲園の菖蒲も咲いて無いから、観光客も来ないし。」とは女将さんの弁。
「ランチメニューを作れば良いのに。」と、連れが応じると、女将さんもそうしようと思っていると答えていた。

確かに1000円を切るランチメニューは無いのだが、お決まりの価格設定は、普通の寿司屋として考えれば決して高いものではない。
コース料理も、梓3150円、梢4200円、楓5250円、栞6300円、と、寿司屋のコースとしてはむしろ安い位で、下町らしい良心的な店なのだ。


後日、連れに聞いたところ、ランチメニューを始めたのだが、常連客には不評だったらしく暫くすると止めてしまったとの事であった。(苦笑)

二幸寿司 ( 堀切菖蒲園 / 寿司 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



【店舗紹介】

(写真)店舗外観
二幸寿司:店①外観110415
店は、堀切菖蒲園の入口に真っ直ぐ延びている道の、入口前にある。
立派な店構えの店で、店内もゆったりとしている。

気さくで明るい女将さんと、(客の前では)寡黙な職人肌のご主人が、迎えてくれる。

(写真)カウンター席前の硝子ケース
二幸寿司:店②カウンター席前の硝子ケース110415
◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 堀切菖蒲園・お花茶屋・四ツ木・立石 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ほっかほか弁当 鬼っこ@堀切菖蒲園パン・和洋菓子 ほりぐち@堀切菖蒲園