喫茶ペロケ@曳舟秋田郷土料理あらまさ@浅草

2011年07月28日

喫茶と洋食 50BAN@曳舟5

11-05-14訪問
(写真)ハンバーグオムライス 全景
50BAN:①ハンバーグオムライス1000全110514
焼きそばセットを食べた後、もう1軒目当てにしていた店に、足を向けた。
キラキラ橘商店街の途中から明治通りへと抜ける横道があるのだが、その途中にある洋食店、50BAN、である。

50BAN(番)という店名からも想像が付く通り、野球界の至宝、王貞治氏の実家である中華料理店、五十番に縁(ゆかり)のある店である。
ご実家の中華料理店、五十番、は、閉店しているが、その屋号と電話番号を引き継いだ中華料理店が、押上に近い十間川傍の商店街にあり、このブログでもご紹介した。

【中華料理 五十番の訪問記】
中華料理 五十番@押上
(※)訪問記にも記しているが、訪問した次の週末に業者が入って店内を壊していたので、あれが改装でなければ今はもう閉店しているかも知れぬ。

一方、中華料理 五十番に対するものとして、洋食50BAN、とも呼ばれるこの店は、ものの本によると、王貞治氏の母方の従兄弟の方が、今から30年以上前に開店した店、との事であった。

ま、そんな訳で、一度は訪問してみたい…と予て(かねて)より思っていた次第。

11時半開店という事であったので、店の前に行ってみたのだが、まだ準備中であった。
個人営業の店ではよくある事…と、あちこちふらついた後、12時前に再び覘いてみると、今度は開いていた。

店内には、カウンター席が9つ、店奥に4人掛けテーブル席が1つのみで、奥に向かって鰻の寝床式に延びるこじんまりとした店である。

中年のご夫婦が切り盛りされている。
このご主人が、王貞治氏の母方の従兄弟、なのであろうか。

水を持って来てくれた気さくな感じの奥さんに向かって、目当ての品を注文する。

(写真)ハンバーグオムライス表側 拡大
50BAN:②ハンバーグオムライス1000拡110514
●ハンバーグオムライス 1000円

薄皮の美しいオムライス。
中のチキンライスには、鶏肉、玉葱、ハム、ピーマンが入る。

ハンバーグには玉葱が入り、手作り感溢れる物で、美味い。
切れば肉汁がたっぷりと溢れ出て来る。
上に掛かったデミグラスソースも美味い。

プレート上に添えられたポテトサラダには人参、胡瓜が入り、アクセントになっている。
ポテトサラダの他にも、千切りキャベツ、和チシャのサラダが載り、彩を添える。
そうそう、パセリも添えられている。
実に彩りの美しいプレートで、味も良いが、目にも美味い一皿である。

(写真)ハンバーグオムライス裏側 拡大
50BAN:③ハンバーグオムライス裏側全110514
若布と刻み葱の味噌汁も付いており、食事としてのバランスも実に良い。
非常に満足感の高い食事であった。

帰り掛け、気さくな奥さんは勿論見送ってくれたのだが、僕の後から来た常連客達の調理で忙しく立ち働いていたご主人まで、丁寧に頭を下げて見送ってくれた。
改めて、このご夫婦に好感を持った。

喫茶と食事 50BAN ( 小村井 / 洋食 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


【店舗紹介】

(写真)店舗外観
50BAN:店①外観110514
店は、京橋交差点から明治通り沿いにキラキラ橘商店街入口方向に行き、商店街入口を過ぎて次の路地で折れて直ぐ左手。
緑色のテントが目印。

どちらかと言うと寡黙だが、温か味のある雰囲気を備えたご夫婦で、常連が多くついているのも頷ける(うなずける)。
王貞治氏縁(ゆかり)の洋食店ではあるが、それを振りかざしていないところにも、好感が持てる。

◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

(写真)カウンター席と入口
50BAN:店②カウンター席と入口110514
(写真)奥のテーブル席
50BAN:店③奥のテーブル席110514


furutone at 00:00│Comments(0) 鐘ケ淵・東向島・八広・曳舟 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
喫茶ペロケ@曳舟秋田郷土料理あらまさ@浅草