もんじゃ焼き・お好み焼き ざいご@青砥明石焼たこ八@上野広小路

2011年09月27日

蓮玉庵@上野4

11-08-06訪問
(写真)古式せいろ別打ち三段重ね 全景
蓮玉庵:①古式せいろ別打ち三段重ね1000全景110806
京都帰省の前日の土曜昼、連れと上野に買い物に出た。

買い物を済ませ、軽く昼ご飯を食べようと、上野2丁目仲町通り商店街にある老舗蕎麦屋、蓮玉庵(れんぎょくあん)を、久しぶりに訪問した。
現在の仲町通り商店街は風俗店が増えてしまい、戦後に出来たいかがわしい風俗街の様に思われがちなのだが、江戸期から戦前まで、老舗が軒を連ねた歴史ある通りなのだ。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
蓮玉庵@上野

初めはもう少し先の蕎麦屋にしようかとも思ったのだが、連れがもう少し買い物したいと言うので、中央通りからあまり離れては戻るのが面倒だ…と思ったのと、蓮玉庵には随分ご無沙汰しているからであった。

暖簾を潜ると、既に昼時の時間帯に入っていたので、店内は七分の入りというところであった。
この店は、江戸時代の安政6年創業の老舗なのだが、僕の経験では、不思議と満席になる程混み合う事が無い。

因みに、店名「蓮玉庵」の由来は、創業者の窪田八十八が不忍池一面に咲く蓮の花に感動し、蓮の葉の上に出た玉の様な蕾から名付けた、或いは、蓮の葉の上に溜まった玉の様な夜露から名付けた、と言われる。
文人墨客や風流人が愛した谷中、根津から不忍池にも近いことから、仲町通りには多くの文豪も訪れており、ここ蓮玉庵も、斎藤茂吉が「池之端の蓮玉庵に吾も入りつ上野公園に行く道すがら」と短歌に読んでみたり、森鴎外の「雁」、坪内逍遙、樋口一葉といった作品に、この店の名を見付ける事が出来る。

また、店の軒先に掲げられた蓮玉庵の看板は、明治から昭和初期に活躍した劇作家にして俳人の、久保田万太郎の手に成る。
もうちょっと脱線すると、氏は浅草は田原町に生まれ浅草を中心に活躍した事から、浅草界隈では彼の句碑や額等、氏が残した足跡を目にする事も多い。

まあそういう訳で、連玉庵は、藪、更級、砂場に並ぶ様な歴史も格式もある老舗と言って良いのだが、多くの人はそれを知らぬのか、土日でも店の前に行列が出来るといった事は無く、安心して入る事が出来る。

店内は全て4人掛けテーブル席になっており、テーブルの数はそれ程多くない。
歴史を感じさせる外観とは打って変わって、内装は実にモダンな造りになっているため、初めて訪問した時はそのギャップに驚いたものだ。

一番奥のテーブル席に腰を落ち着け、注文をする。 

(写真)古式せいろ右側 拡大
蓮玉庵:④古式せいろ右側拡大110806
●古式せいろそば別打ち入り三枚重ね 1000円

昼限定のメニュー2品の内の1品、である。
因みにもう1つは、かきあげ蕎麦、で、連れがそちらを食べた。

(写真)別打ちの紫蘇切り 拡大
蓮玉庵:③別打ちの紫蘇切り拡大110806
別打ちの蕎麦とは何だろう…と思ったのだが、変わり蕎麦の紫蘇切りであった。
口に入れれば紫蘇の香りがフワッと鼻腔に抜け、風味豊かな蕎麦であった。

(写真)古式せいろ左側 拡大
蓮玉庵:②古式せいろ左側拡大110806
紫蘇切り1段以外の2段は、古式せいろ、と銘打った蕎麦である。
薄く色の着いた蕎麦は、一見したところ二八蕎麦。
啜ってみても、やはり二八蕎麦…と思えるのだが、腰はしっかりとしており、歯応え、喉越しも良い。

この様に、蕎麦については更科の様な、砂場の様な…といった感じなのだが、連玉庵を最も特徴付けるのは、実は、蕎麦つゆである。

藪の様に、かえしが強く鰹節も強いといった強い物と強い物のぶつかり合う様な荒々しさは無い。
藪のつゆは、あの荒々しい蕎麦に負けぬために生み出された物だから。

しかし、連玉庵のつゆも、醤油の立った江戸の味はしっかりと護っている。
更科や砂場のつゆとは、はっきりと違う。
藪に比べて繊細な江戸前、とでも言おうか…。
おそらく、藪の蕎麦に組み合わせると弱いと感じてしまうであろう。
この蕎麦だからこのつゆ、の組み合わせなのだ。

つゆについては、以前もブログに記したのだが、モボでグルメであった小津安二郎監督は、日記に、『蓮玉庵の蕎麦は蓮玉庵のつゆで なくてはならない、と、皆で話し合った。』と記している。
因みに、皆、というのは、遊び仲間、食べ歩き仲間(実は監督が自腹で奢っているのだが)の映画関係者達である。
そんなつゆ、なのだ。

蕎麦を食べ終わって連れと蕎麦湯を飲みながら話していると、デザートとして焙じ茶アイスが出て来た。
蕎麦湯と焙じ茶アイスの組み合わせというのも、なかなかオツなものであった。

前回の訪問時も思ったのだが、今回も気になった点が1つだけある。
ちと、接客が素っ気なさ過ぎて、温かさが感じられないのだ。
木で鼻を括った様な…という程でもないのだが、接客に冷たさを感じてしまうところが、勿体無いと思う。

蓮玉庵 ( 京成上野 / そば )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 上野・稲荷町・三筋 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
もんじゃ焼き・お好み焼き ざいご@青砥明石焼たこ八@上野広小路