伊豆栄本店@上野まぐろ 漁師料理 神田っ子@上野

2012年08月25日

カフェ・ラミル 上野広小路店@上野5

12-07-22訪問
(写真)ダッチコーヒー 全景
カフェラミル:①ダッチコーヒー850円全景120722
伊豆栄 本店、で、昼時の酒食を愉しんだ後、ABABで、連れの買い物に付き合う。
買い物が終わる頃には僕も待ちくたびれてしまい、少し座りたいな…と、周囲に喫茶店を探す。

すると、ABABと路地を挟んで隣のビルの2階に、何やら喫茶店らしき店を発見。
早速、階段を上ってみる。

飾り気の無い階段を上って2階に上がると、カフェラミル、という名の喫茶店であった。
家に帰って調べてみると、高級チェーン店である事が判った。

●カフェ・ラミルHP⇒http://www.cafe-la-mille.com/

ドアを開けて中に入ると、店は4つ程の部屋に分かれており、なかなか面白い造りとなっていた。
店舗紹介の写真では解り難いと思うが、中央に厨房とカウンター席があり、その厨房を中心に、3つの部屋が配された形となっている。

1つの部屋はそれなりに客が入っていたのだが、隣の部屋を覗いてみると、誰も客が居ない。
これ幸いと、その屋への窓際席に、腰を下ろす事にした。

窓からはABAB前の広い交差点を見下ろせ、行き交う車や人波を見ていると、飽きない。 

(写真)ダッチコーヒー 拡大
カフェラミル:②ダッチコーヒー850円乳入拡大120722
●ダッチコーヒー 850円

ウェイターに渡されたメニューを見ると、高目の価格設定がされている。
なるほど、外の喧騒が嘘の様に店が空いているのは、周囲の喫茶店に比べて価格が高いからなのか…と納得する。

僕は、常々記している様に、喫茶店で支払う料金には、単なる飲食費だけではなく、快適な空間を提供する事への対価も含まれていると考えているので、これだけ便利な立地で、この静かな空間に払う対価としては、別に高くはないと思う。

…そんな訳で頼んだのは、ダッチコーヒー。
暫くして運ばれて来たダッチコーヒーは、店内同様に、一捻り(ひとひねり)された面白いある店らしく面白い物であった。

(写真)ダッチコーヒー 全景
カフェラミル:③ダッチコーヒー850円乳入全景120722
カフェオレボウルの様に、持ち手の無い丸く大きなグラスに入れて、供されたのだ。
ブランデーグラスにも良いなあ…と思える、丁度、手にスッポリと納まる大きさなのである。
ダッチコーヒーらしい、濃く渋みの無い味わいで、美味い。

価格帯が高いためかそれ程混み合う事も無く、ゆっくりと過す事の出来る良い店である。

カフェラミル上野広小路店 ( 上野御徒町 / コーヒー専門店 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ


【店舗紹介】

(写真)ABAB横のビル2階にある店舗外観
カフェラミル:店①ビル2階の外観120722
(写真)店内の様子
カフェラミル:店②店内の様子120722
カフェラミル:店③店内の様子120722
(写真)窓から見えるABAB前の交差点
カフェラミル:店④窓から見えるABAB前交差点120722
◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:00│Comments(0) 上野広小路・湯島・末広町 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
伊豆栄本店@上野まぐろ 漁師料理 神田っ子@上野