常寿司@浅草中華料理 鳳来@金町

2017年01月01日

喜多方食堂@稲荷町5

16-11-06訪問
(写真)蔵出ししょうゆラーメン + 味玉
喜多方食堂:①蔵出シショウユ600味玉100161106
新年明けまして、おめでとうございます。
2005年8月から始めた★下町外飯徒然草★も、★続 下町外飯徒然草★に受け継がれ、開始から12年目に突入してしまいました。
まだ当面止める予定も無いので、もし宜しければ、お付き合い願えれば幸いです。

*************

さて…このブログは、まだ昨年の話が続いている。(苦笑)

日曜日。
連れは朝から所用で出掛けたため、1人で車を飛ばし、朝ラーメンを食べに行った。
向ったのは、浅草通りをメトロ稲荷町駅の方向に歩いた途中にある、喜多方食堂、という喜多方ラーメン専門店である。
正確な場所は、浅草通り沿いの、元浅草四丁目交差点と松が谷一丁目交差点の間。
裏手には、光明寺という寺がある。

さて、店に着いたのは朝9時半。
店先に、朝ラーメンの幟旗が立っている。

店内は、入口から見て突き当たりにある厨房前にカウンター席が4つ、左の壁沿いにカウンター席が6つ、右の壁沿いに2人掛けテーブル席が1つ、4人掛けテーブル席が1つ、6人掛けテーブル席が1つが並ぶ。

まだ朝早い時間であるにも拘らず、1人の若者やカップル達がそれなりに居り、僕の後からも次々と客が訪れ、入れ違いに、食べ終わった客は帰って行く。

切り盛りする店員は、厨房と接客に各1名。
共に男性で、テキパキとして気持ち良い。


(写真)蔵出ししょうゆラーメン + 味玉
喜多方食堂:②蔵出シショウユ600味玉100161106
●蔵出ししょうゆラーメン 600円 + 味玉 100円

この店のラーメンは、次の様な組合せがある。

スープは醤油と味噌がある。
麺は、ツルツルとした喉越しの超多加水麺と、しっかりとした歯応えの平打ち極太麺の2種がある。
因みに麺の硬さは、硬目、普通、軟らか目の3種から選ぶ事が出来る。

また、無料トッピングとして、背脂&葱、玉葱、背脂の3種を選ぶ事が出来るのだが、客の多くは、背脂&葱を頼んでいる様であった。

僕が頼んだのは、蔵出し醤油ラーメン。
スープは醤油、麺は平打ち極太麺、硬さは普通である。

麺に載るのは、豚バラ叉焼3枚、メンマ、刻み葱。
これに、トッピングとして追加した煮玉子が1つ。
因みに煮玉子は、半分に切る事無く、1個丸まま入っている。

(写真)麺を箸で摘んで
喜多方食堂:③麺を箸で摘んで161106
一見、クドそうに見えるスープだが、飲んでみるとコクはあるがサッパリしている。
朝ラーメンには丁度良いと感じると同時に、無料トッピングで、背脂&葱の人気がある理由も、解る様な気がする。
グリグリと捻じれる平打ちの太麺は、喜多方ラーメンらしい物で、歯応えがあり、美味い。

全体としての感想は、600円のラーメンにしては美味いラーメンで、また食べに来たい…と思わせる物であった。

(写真)朝ラーメンに付くアイスコーヒー
喜多方食堂:④朝ラーサービスアイスコーヒー161106
面白いのは、朝ラーメンには、モーニングサービスでアイスコーヒーが付く事。
ラーメンのモーニングサービスとは、面白いではないか。

(写真)卓上の品書き
喜多方食堂:⑤卓上の品書き100161106

【店舗紹介】

(写真)店舗外観
喜多方食堂:店①外観161106
喜多方食堂:店②外観161106
(写真)突き当りの厨房
喜多方食堂:店③突当りの厨房161106
(写真)テーブルに置かれた一味、胡椒、蓮華、箸
喜多方食堂:店④一味胡椒蓮華箸161106
◆クリックで20位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:00│Comments(0) 上野・稲荷町・三筋 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
常寿司@浅草中華料理 鳳来@金町