中国料理 香菜館@亀有中華料理 鳳来@金町

2017年10月26日

お好み焼 大利根@西新井5

17-09-18訪問
(写真)激辛カレーもんじゃ 具材
大利根:①激辛カレーもんじゃ700円170918
休日。
前日のテレビで西新井大師界隈をやっていたのと、連れのスマホの機種変更も兼ねて、連れと2人で西新井大師に出掛けた。

以前、連れは西新井大師界隈にも仕事でよく行っていた事もあり、東武線の西新井駅で降り、連れの案内に従ってテクテク向かったのだった。

西新井大師は工事中で、何だか風情の無い状況だったが、取り敢えずお参りだけはして、その帰り道。
何処かで昼ご飯を食べよう…正確に言えば、何処か昼から飲めるところは無いか(笑)…と、ブラブラする。

大師参道にある立ち飲み出来る酒屋も魅力的ではあったが、やはりゆっくり腰を据えて飲みたいと、環七に出た。
…とそこに、お好み焼の看板を掲げる一軒家の店があった。
名を、大利根、という。

暖簾を潜ってみると、先客は誰も居らず、30前後の男性が客席で賄い飯を食べていた。
「(入って)構いませんか?」
と、一応、お伺いを立てると、
「どうぞ!」
と、左手から、店主らしき初老の女性が出て来た。

「何処でも(お好きな席に)どうぞ。」
と言われたので、小上がり席に上がらせて貰った。

どうやら、初老の女性が店主で、賄い飯を食べていた男性が息子さんで、店を手伝っている様である。
店主の女性は厨房担当、息子さんは接客と焼そばを焼く係であった。

結局、僕等の他には誰も訪れなかったため、のんびりと過ごす事が出来た。


(写真)生ビール
大利根:②生ビール400円170918
●生ビール 400円 × 2

先ずは生ビールで乾杯。
結構歩き回ったので、ビールが美味い。

(写真)ヤッコ
大利根:③ヤッコ300円170918
●ヤッコ 300円

もんじゃ焼、お好み焼の店でも、先ずは軽い一品料理から始めたい。
…という訳で、冷奴。
刻み葱とおろし生姜が載るシンプルな物だが、これで良いのだ。

(写真)ピリ辛なんこつ
大利根:④ピリ辛なんこつ300円170918
●ピリ辛なんこつ 300円

軟骨とピリ辛という、連れが好む2大ワードが組み合さった一品。
ちょいと捻りがあるのは、ピリ辛の正体が辛いカレー味だという事。
駄菓子的感覚の、辛いカレー味の軟骨なのである。
美味かった。

(写真)激辛チョリソーウインナー
大利根:⑤激辛チョリソーウインナー300円170918
●激辛チョリソーウインナー 300円

300円の一品料理が幾つかあって、有り難い。
お次は焼物で、激辛チョリソー。
玉葱も添えられている。

(写真)なす焼 具材
大利根:⑥なす焼300円170918
●なす焼き 300円

お次は、茄子のバター焼き。

(写真)なす焼 完成
大利根:⑦なす焼300完成170918

醤油をちょいと垂らせば、美味い美味い。

(写真)ウーロンハイ
大利根:⑧ウーロンハイ350円170918
●ウーロンハイ 350円 × 4

ビールの後は、2人共、ウーロンハイに切り替えた。
僕と連れ、2杯ずつ。

(写真)ゲソ焼
大利根:⑨ゲソ焼400円170918
●ゲソ焼き 400円

もう少し焼物を…と、下足焼き。
白葱が添えられる。

(写真)ゲソ焼 焼く
大利根:⑩ゲソ焼400を焼く170918
これも醤油を垂らして、七味を振り掛け、美味い。

(写真)豚キムチ 具材
大利根:⑪豚キムチ600円170918
●豚キムチ 600円

お次は、豚キムチ。
キャベツと玉葱の上に、豚バラ肉が3~4枚載り、横にはキムチが。

(写真)豚キムチ 完成
大利根:⑫豚キムチ600完成170918
先ずは豚バラ肉から焼き始め、最後は、一緒くたに混ぜながら焼く。
薄い肉のため、ほぼ野菜を食べている感じになるが、身体に良さ気なので気にならぬ。
酸味の効いたキムチに、食欲が増す。

(写真)やきそば
大利根:⑬やきそば550円170918
●やきそば 550円

食欲が増したところで、焼そば。
焼そばは、息子さんが厨房とは別にある焼場で焼いて、持って来てくれる。

具材は、キャベツ、人参、豚コマのみという、屋台の様にシンプルな焼そば。
添えられた紅生姜も、泣かせる。

ソースの効きも良く、なかなか美味い。
息子さん、やるじゃないか。
辛い物好きの僕等としては、胡椒も振って欲しかったが。(笑)

(写真)激辛カレーもんじゃ 具材
大利根:⑭激辛カレーもんじゃ700円170918
●激辛カレーもんじゃ 700円

この店は、激辛カレー押しらしい。
…というのも、卓上に置かれたメニューに、特製スリランカカレーなる品が書かれており、もんじゃにも、激辛カレーもんじゃがあったりするのだ。

流石にカレーライスを食べるにはお腹が膨れ過ぎていたので、もんじゃの方を頼む事にした。

店主の女性に注文すると、
「ホントに辛いですよ。 大丈夫ですか?」
と、一応、断りが入った。
勿論、僕等がそんな脅しに屈する訳も無く(笑)、
「辛いの大好きなんで。」
と、笑顔で応じる。

運ばれて来た具材入りのボウルからは、カレーが見えないが、汁にはたっぷりとカレーが混じっており、運ばれて来ただけで、カレーのスパイシーな香りが立ち込めた。

(写真)激辛カレーもんじゃ 完成
大利根:⑮激辛カレーもんじゃ700完成170918
土手を作って焼き始めると、辺り一面にスパイシーな匂いが充満。
その刺激的な匂いから、かなり辛い事が伺われる。

焼き上がって食べてみると、2人共、う~んと唸ってしまった。
チリパウダーの辛さのみが、やたらと目立つ。
直線的な辛さばかりが目立ち、深味や旨味が弱いのだ。

ちと、残念な物ではあったが、ま、食べられる辛さなので食べてしまった。
因みに、辛い物が苦手な方には、お勧め出来ない。


〆て5650円。
静かな店内で、居酒屋飲み出来るもんじゃ屋という事で、ゆっくりと寛ぐ事が出来た。
帰りも西新井駅まで歩いたのだが、途中、ノジマ電気に立ち寄って買ったスマホを受取り、帰路に就いたのだった。

【店舗紹介】

(写真)店舗外観
大利根:店①外観170918
(写真)入口付近
大利根:店②入口付近170918
(写真)店内の様子
大利根:店③店内の様子170918
(写真)壁の品書き
大利根:店④壁の品書き170918
(写真)卓上の品書き
大利根:店⑤卓上の品書き170918
大利根:店⑥卓上の品書き170918
◆クリックで20位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:01│Comments(0) 竹ノ塚・西新井・梅島・扇大橋・五反野・六町 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
中国料理 香菜館@亀有中華料理 鳳来@金町