ゑびす屋食堂@立石中華料理 藤龍@金町

2018年03月08日

越後屋@立石5

18-02-04訪問
(写真)みそうどん
越後屋:①みそうどん900円180204
昨日の話の、続きである。
立石の大衆食堂というか朝からやってる居酒屋というか…ゑびす屋食堂、を出た僕と連れは、11時半過ぎに2軒目を訪れた。
訪れたのは、越後屋、である。

【前回の訪問記】
越後屋@立石

蕎麦屋なのだが、厨房前の壁には、値段別に、結構な数の一品料理が貼られている。
これらの一品料理は、平日の夜と土日に、愉しむ事が出来る。
なかなか魅力的な品揃えで、時期によって内容も変わり、僕等2人はすっかりお気に入りなのである。

いつもの様に、一見、無愛想だが(失礼!)なかなか出来る接客の息子さんに迎えられ、口開けの客としてテーブルに着いたのだった。


(写真)ウーロン割り
越後屋:②ウーロン割り350円180204
●ウーロン割り 350円 × 4

僕は結構出来上がっていたため、1杯。
つまり、連れが3杯。

(写真)マグロ切り落し
越後屋:③まぐろ切り落し400円180204
●マグロ切り落し 400円

切り落しと言ってもご覧の通りで、刺身より少々薄い程度の、立派な切り身である。
出来れば日本酒を飲みたいところだったのだが、この日は無理であった。(苦笑)

(写真)納豆バクダン
越後屋:④納豆バクダン450円180204
●納豆バクダン 450円

納豆爆弾!(笑)…命名センスが、いい。

具材は、納豆、とろろ、黄身、豆腐、鰹節、細切り沢庵、刻み海苔。
納豆たっぷりで、海鮮物の入らぬ、珍しいバクダンである。

(写真)よく混ぜて完成
越後屋:⑤よく混ぜて完成180204
その一方で豆腐が入るため、よく掻き混ぜると、クリーミーな濃厚さとなり、これが結構美味いのだ。

(写真)ハムとチーズの変わり春巻
越後屋:⑥ハムトチーズノ変ワリ350円180204
●ハムとチーズの変わり春巻 350円

一言で言えば、ブリトーの様な物…と思えば良い。
皿に添えられるのが、たっぷりのケチャップである事からも、お解り頂けよう。

(写真)春巻 断面
越後屋:⑦春巻断面180204
ケチャップをたっぷり付けて齧ってみると、チーズたっぷりで、モチモチの食感。
美味い。

(写真)ほたてバター
越後屋:⑧ホタテバター400円180204
●ほたてバター 400円

連れのリクエスト。
もやし、小松菜、エノキと、削ぎ切りの葱がたっぷり。
普通の帆立バターを想像していただけに最初は驚いたのだが、食べ始めてみると、これがどうしてなかなか美味い。
卓上の醤油を垂らし、七味も振って、美味い美味いと喜んだ次第。

(写真)みそうどん
越後屋:⑨みそうどん900円180204
●みそうどん 900円

〆に頼んだのは、冬の温メニューとして掲げられていた数品の中から、味噌うどん。
八丁味噌の濃厚な味噌うどんだと嬉しいな…と、ちと、期待しながら待つ事暫し。

運ばれて来たのは、豚肉、小松菜、白菜、もやし、シメジ、人参、茄子、玉葱、たっぷりの削ぎ切り葱、若布が入る、野菜の甘味の出た、合せ味噌のスープを使った物であった。

予想外の具材の豪華さは嬉しかったのだが、合せ味噌のスープは味噌汁の様で、ちと、複雑。(苦笑)

いや、決して不味いと文句を言っている訳ではない。
馴染みのある味噌汁の味には何の不満も無く、むしろ、味噌仕立てのけんちんうどんというか、豚汁うどんというか、兎に角、味に何の不満もなく、美味かった。

因みに、他に冬のメニューとして掲げられていた物は、野菜うどん・蕎麦800円、野菜カレーうどん・蕎麦900円、カレー中華900円。
カレー中華というのは、カレーラーメンの事だと思われる。

連れは、野菜カレーうどんを麺少な目で注文したのだが、いったい何処が少ないのか解らぬボリュームに、途中から音を上げていた。(笑)

(写真)うどんを箸で摘んで
越後屋:⑩うどんを箸で摘まんで180204
〆て4900円。
僕も満腹を通り越して苦しい位で、2人共、フゥフゥ言いながら、大満足で店を辞した。

◆クリックで20位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:01│Comments(2) 堀切菖蒲園・お花茶屋・四ツ木・立石 

この記事へのコメント

2. Posted by 古利根   2018年03月08日 12:46
しぼ犬 様

この店、気に入ってます!
1. Posted by しぼ犬   2018年03月08日 12:45
5 梯子されるうらやましさもさることながら 居酒屋使いできる蕎麦屋さんは最高ですね!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゑびす屋食堂@立石中華料理 藤龍@金町