グリル さんばん@亀有寿々喜@亀有(ゆーろーど)

2018年03月14日

うどん会席 神楽坂 鳥茶屋 別亭@神楽坂 芸者小路(熱海湯階段)5

18-02-09訪問
(写真)月コース うどんすき 2人前
別亭鳥茶屋:①月コース5775うどんすき180209
会社帰り、神楽坂は早稲田通りと神楽坂仲通りの交差点にあるファミリーマート
前で連れと待合せ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、鳥茶屋 別亭。

予約電話を掛けたのは早稲田通り沿いにある本店の方だったのだが、本店も別亭も同じ電話番号との事で、別亭の半個室を予約する事が出来た。

連れと落ち合い、早稲田通りを少し上がった所にある見番横丁の入口で左折し、入って行く。
二股を左に行くと、芸者小路…またの名を熱海湯階段と呼ばれる細い下り石段がある。
道なりに下って行くと、石段の途中に、鳥茶屋 別亭、がある。

入口横には土佐鶴の樽が置かれており、この店の酒は土佐鶴である事が判る。
暖簾を潜り訪い(おとない)を入れると、和装の接客係の女性が、桔梗と名の付く半個室に通してくれた。

既に卓上には酒食の準備がなされており、僕等が席に着くや、再び和装の女性が現れ、
「お飲物は如何されます?」
と、問うて来た。


(写真)土佐鶴 新酒
別亭鳥茶屋:②土佐鶴新酒910円180209
●土佐鶴 新酒 910円 × 2

これは僕の分。
品書きに並ぶ土佐鶴の中から、接客係の助成の推薦する新酒を選んだ。
目の前で一升瓶から桝入りのグラスになみなみと注いでくれ、桝ギリギリまで注ぎ零してくれる。
美味かったので、2杯飲んだ。

連れは、スーパードライエクストラゴールドの生ビール650円を飲み干した後、僕に合わせて土佐鶴新酒を2杯。

●うどん会席 月コース 5775円 × 2

予め頼んでいたのは、月コース。
3月に入ると、もう少し安価な花見コースがあるのだが、通常は、月コースが最も安価なコースとなる。
それでは、出された順に、料理をご紹介しよう。

(写真)月コース 先付
別亭鳥茶屋:③月コース5775先付180209
◆先付

埃除けの紙が掛けられ、卓上にセットされていたのは、先付と箸であった。
僕等の着席を確認すると紙が取られ、さげてくれた。

先付は、出汁に浸された一口豆腐。
酒に合い、美味い。

豆腐には何やら入っていたのだが…忘れてしまった。(苦笑)

(写真)月コース 賄い前菜
別亭鳥茶屋:④月コース5775賄い前菜180209
◆賄い前菜

5点が盆に載る、前菜。
何故か、賄い前菜と名付けられている。
何れも、賄いで食べる様な品ではないのだが。

嬉しかったのは、たっぷりと鰹節粉が塗された、若竹煮。
小振りの若い筍が、もう日本の何処かで筍シーズンが始まりつつある事を、教えてくれた。

(写真)月コース お造り
別亭鳥茶屋:⑤月コース5775お造り180209
◆お造り

帆立、鯛、鮪赤身の3点。
そろそろ桜鯛の季節か。
…酒が進む。

(写真)月コース 焼物
別亭鳥茶屋:⑥月コース5775焼物180209
◆焼物

鰤の照焼き。
この時期は、冬の名残りと共に春の始まりでもあり、両方の料理が卓上を飾ってくれる。
鰤もそろそろ終わり。
美味かった。

そうそう、照焼きの色味に合せるためであろうか、添えられていたのが、赤肉の柑橘。
味からするとグレープフルーツと思うのだが、鰤の照焼きに添えられるのを見たのは、初めて。
味覚的な相性は、悪くなかった。

(写真)月コース 煮物
別亭鳥茶屋:⑦月コース5775煮物180209
◆煮物

菜の花とシメジが添えられた白身魚…何だったかなぁ。(苦笑)
白身魚には、フワフワの雪の様な蒸し物…蕪蒸しだった気がする…が載り、全体に緩い餡が掛かる。
これ、料理の流れでは煮物となっているが、蒸し物である。
蒸し上がりに添えられた、山葵の爽やかな香りが、いい。

(写真)月コース うどんすき
別亭鳥茶屋:⑧月コース5775うどんすき180209
◆うどんすき

コースのメインとなる、うどんすきが登場。

(写真)月コース うどんすき 完成
別亭鳥茶屋:⑨月コース5775うどんすき完成180209
鍋の中を見てビックリ。
美々卯、の様に太打ちのうどんを想像していたのだが、入っていたのは平打ちでやたらと幅広の麺。
閉店してしまった浅草観音裏のうどんすき店、杉、のうどんに、似ている。

これが、実に美味いのだった。
暑い時節になる前に、是非また食べたいと思う。

(写真)うどんすき 小鉢に取って 1杯目
別亭鳥茶屋:⑩月コース5775小鉢1杯目180209
(写真)うどんすき 小鉢に取って 2杯目
別亭鳥茶屋:⑪月コース5775小鉢2杯目180209
(写真)うどんすき 小鉢に取って 3杯目
別亭鳥茶屋:⑫月コース5775小鉢3杯目180209
(写真)うどんすき 小鉢に取って 4杯目
別亭鳥茶屋:⑬月コース5775小鉢4杯目180209
(写真)うどんすき 小鉢に取って 5杯目
別亭鳥茶屋:⑭月コース5775小鉢5杯目180209
(写真)うどんすき 小鉢に取って 6杯目
別亭鳥茶屋:⑮月コース5775小鉢6杯目180209
卓上には、薬味として、山椒が入った小さな瓢箪が2つと、七味の小さな樽が1つ、置かれている。
どちらも試してみたが、山椒の方が僕等の好みには合った。

(写真)月コース デザート
別亭鳥茶屋:⑯月コース5775デザート180209
◆デザート

爽やかで美しい、果汁のアイス。


〆て17250円。
最も安価なコースだが、これで十分以上に愉しめた。
また訪れてみたい。

【店舗紹介】

(写真)芸者小路の入口
別亭鳥茶屋:店①見番横丁入口180209
(写真)芸者小路(熱海湯階段上)に置かれた路上行灯
別亭鳥茶屋:店②階段の路上行灯180209
(写真)店舗外観
別亭鳥茶屋:店③外観180209
(写真)入口横に掲げられた品書き
別亭鳥茶屋:店④入口横の品書き180209
別亭鳥茶屋:店⑤入口横の品書き180209
(写真)半個室の様子
別亭鳥茶屋:店⑥半個室の様子180209
◆クリックで20位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:01│Comments(4) 本郷・水道橋・後楽園・飯田橋・神楽坂 

この記事へのコメント

4. Posted by 古利根   2018年03月14日 11:15
reina 様

この幅広のうどんが結構美味しくて、驚きました。
3. Posted by reina   2018年03月14日 10:44
こんにちは
うどんすきと言えば美々卯さんなんですが、神楽坂にはそうだ、鳥茶屋さんがありましたね
私も幅広の麺にびっくりしたのを覚えています^^
2. Posted by 古利根   2018年03月14日 05:00
しぼ犬 様

路地歩き、面白いですよね。
1. Posted by しぼ犬   2018年03月14日 00:08
5 夜 酔って神楽坂の路地を歩くとまるで昭和の時代に紛れ込んだ様な趣があります

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
グリル さんばん@亀有寿々喜@亀有(ゆーろーど)