そば処 白樺@金町亀寿司@浅草 ~残念ながら12月20日で60年を超える歴史に幕を閉じました~

2020年02月03日

常寿司@浅草5

19-12-14訪問
(写真)車海老と烏賊
常寿司:①車海老と烏賊191214
土曜日。
連れと2人で、浅草はたぬき通りにある馴染みの寿司屋、常寿司、に、新春浅草歌舞伎のチケットを頼みに訪れた。

【前回の訪問記】
常寿司@浅草

案内状が届いたのは10月末か11月に入って直ぐだったと思うのだが、何のかんのやっている内に遅くなってしまい、果たして席がまだあるかどうか…と、不安に思いながらの訪問であった。

三代目曰く、今からいつもの様に良い席が取れるかどうかは判らぬという。
つまり、協賛店に割り当てられた良い席の販売は既に終了しており、その他の空き席を探す…という事である。
良い席が取れなければ話は無しにして貰って良い…と、三代目の判断にお任せする事にした。
土日は胴元の松竹に電話が通じないという事で、結果は、月曜日か火曜日に連絡をくれるという事になった。


(写真)冷酒
常寿司:②冷酒191214
●冷酒

これは僕の分。
連れはお茶ハイ。

(写真)刺身
常寿司:③刺身191214
(写真)刺身
常寿司:④刺身191214
●お任せで刺身

こちらの様子を見て少しずつ出してくれるので、写真は2枚。

(写真)蒲鉾
常寿司:⑤蒲鉾191214
●蒲鉾

刺身と蒲鉾は、二代目が切ってくれた。

(写真)玉子焼
常寿司:⑥玉子焼191214
●玉子焼

奥で焼いていた焼き立ての玉子焼を出してくれたのは、三代目。
ここから、僕等の前に三代目が立った。
三代目の話によると、「さらざんまい」というアニメに、常寿司の建物が主人公3人の1人…河童の王子とか言っていた…の実家として何度か出て来たらしく、そのアニメのファンの聖地になっているらしい。

お蔭様で、今まで絶対に来なかったであろう若い男女や、アジアの国々のアニメファンが沢山来てくれる…との事。
僕等と三代目がそんな話をしていると、明らかにそれ風の若い娘の2人連れと、中国人か台湾人の若いカップルがやって来た。

(写真)小肌ガリ巻
常寿司:⑦小肌ガリ巻191214
●小肌ガリ巻

ちょっと小腹を満たすのに、巻物を頼んだ。

(写真)鱈子炙り
常寿司:⑧鱈子炙り191214
●鱈子炙り

三代目とアニメの話が盛り上がって来たので、箸休めに注文。

●お任せ握り

車海老と烏賊、鯖と小肌、雲丹と中トロ、穴子と蛸、鉄火巻。

(写真)車海老と烏賊
常寿司:⑨車海老と烏賊191214
(写真)鯖と小肌
常寿司:⑩鯖と小肌191214
(写真)雲丹と中トロ
常寿司:⑪雲丹と中トロ191214
(写真)穴子と煮烏賊
常寿司:⑫穴子と蛸191214
(写真)鉄火巻
常寿司:⑬鉄火巻191214
〆て13000円。
結局、かなり良い席が取れたのだが、その話は、また後日。

(写真)二代目
常寿司:⑭二代目191214
◆クリックで20位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:01│Comments(2) 浅草中央部:仲見世より西 

この記事へのコメント

2. Posted by 古利根   2020年02月04日 07:45
さ 様

失礼しました。
直します。(汗)
1. Posted by さ   2020年02月04日 00:22
5 穴子の隣は煮イカでは?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
そば処 白樺@金町亀寿司@浅草 ~残念ながら12月20日で60年を超える歴史に幕を閉じました~