尾張屋@亀有駅弁4種@東京駅構内 駅弁屋 祭

2020年02月15日

蕎麦處 奈可川@亀有5

19-12-25訪問
(写真)イカ天重 蓋付
奈可川:①イカ天重1000蓋付191225
暮れも押し迫った12月27日の、金曜日。
会社帰りに、亀有駅北口にある馴染みの蕎麦屋、奈可川、で、連れと晩ご飯を食べた。

【前回の訪問記】
蕎麦處 奈可川@亀有

先に僕が入って、後から連れが合流。
月替わりの郷土料理紹介は、12月は一旦休みで、年間ベスト料理…という事だったのだが、前回ご紹介している様に、ちと、拍子抜け気味であった。(苦笑)


(写真)生ビール
奈可川:②生ビールセット950円191225
●生ビールセット 950円

今更ではあるが、セットの肴3品は、板わさ、枝豆、出汁巻である。
連れは、生ビールを単品で頼み、2人でセットの肴3品を摘まむ。

(写真)生ビールセットの肴3品
奈可川:③生ビールセット肴3種191225
●スダチ白菜 380円

年間ベストの品で、確かに美味いのだが、要はお新香である。(苦笑)
郷土料理として選ぶのは、どうであろうか。

(写真)スダチ白菜
奈可川:④スダチ白菜380円191225
●スダチ白菜 380円

年間ベストの品で、確かに美味いのだが、要はお新香である。(苦笑)
郷土料理として選ぶのは、どうであろうか。

(写真)春菊のお浸し
奈可川:⑤春菊のお浸し480円191225
●春菊のお浸し 480円

これまた年間ベストの品なのだが、これも郷土料理として選ぶべきものか…。
ま、好きではあるが。

(写真)イカ天重
奈可川:⑥イカ天重1000円191225
●イカ天重 1000円

〆に頼んだのは、烏賊天重。
重の蓋が閉まり切らぬ程の天婦羅が、豪快。
天婦羅は、デカイ烏賊天2、ピーマン1、茄子1、南瓜1、である。
天婦羅には、この店の特徴である、甘目の丼つゆが掛けられている。

(写真)イカ天重 拡大
奈可川:⑦イカ天重1000拡大191225
最初は甘いな…と思ったのだが、慣れてしまえば、モチモチのご飯に丼つゆの甘さが、意外に合うと思えて来る。
噛み切り易い烏賊天が美味くて、満足。

(写真)たぬきうどん
奈可川:⑧たぬきうどん720円191225
連れは、たぬきうどん720円を揚げ玉少な目で。
揚げ玉少な目…が、このところの連れのキーワードになっている。


〆て4420円。
2人共、お腹一杯。
満足して、店を辞した。

◆クリックで20位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 00:01│Comments(0) 亀有・金町・柴又・高砂・青砥 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
尾張屋@亀有駅弁4種@東京駅構内 駅弁屋 祭