御徒町・仲御徒町・新御徒町

2019年08月05日

とり鉄 御徒町店@御徒町5

19-06-09訪問
(写真)串焼き6種
とり鉄:①串焼き6種190609
日曜日。
連れが御徒町のユザワヤに買い物に行きたいとの事で、昼ご飯は上中通りにある、ホルモン番長、の向かいビル地下1階の、とり鉄、で食べた。
所謂、アスラポート株式会社という大資本のチェーン店であるが、なかなか良かった。
アスラポート株式会社は、牛角、どさん子、キムカツ、みそ膳等、多数を買収している飲食店ホールディングスである。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(2)

2019年05月30日

やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町5

19-04-07訪問
(写真)串焼き盛り合わせ
えんぱち:①串焼キ盛リ合ワセ630円190407
休日。
連れと御徒町に買物に出た。
連れの買物が終わったのが、正午少し前。
少しブラブラして時間を潰した後、正午開店の居酒屋、えんぱち、に、昼を食べに入った。

【前回の訪問記】
やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町

僕は久しぶりなのだが、連れは、前回の訪問後に1~2度、訪れているとの事。

口開けの客で入ったため、一番奥の落ち着けるテーブル席に着く事が出来た。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2018年12月20日

ルノアール 御徒町南口駅前店@御徒町5

18-10-26訪問
(写真)トラジャブレンド
ルノアール:①トラジャブレンド710円181026
昨日の話の、続きである。
連れが吉池にあるユザワヤに行くと言うので、時間を潰すために吉池ビルの裏のビル2階にある、ルノアール、に入った。
ブログには記していないが、この、ルノアール、には、これまでにも何度か入っている。

今回、掲載する気になったのは、アイスコーヒー、で、異変があったからであった。

ルノアール、のアイスコーヒーと言えば、ドリップか水出しの2種類と決まっていたのだが、この日、いつもの様にアイスコーヒーを注文すると、アイスコーヒーのメニューが変わったというのだ。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(2)

2018年12月19日

焼きスパゲティ ロメスパバルボア 御徒町アメ横店@御徒町5

18-10-26訪問
(写真)ミートソース 大盛
バルボア:③ミートソース大盛690円181026
昨日の話の、続きである。
御徒町駅南口近くの居酒屋、釧路、で午前中から飲んだ僕と連れは、すっかり日の高くなった外に出て、春日通りをアメ横側へ渡った。
アメ横と上中通りの間にある路地に入り、雑居ビルの地下1階にある焼きスパゲティの店、ロメスパバルボア、を訪れた。

【前回の訪問記】
焼きスパゲティ ロメスパバルボア 御徒町アメ横店@御徒町

〆をここにしようと提案した際、まさか連れが同意するとは思わなかったのだが、酔った勢いで連れが同意。(笑)
喜び勇んで、連れを引っ張って来たのだった。

階段を下り、店入口にある券売機で食券を購入、店に入った。
幸い店は空いており、店の奥側にある短いカウンター席が空いていたので、腰を下ろす。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(6)

2018年12月18日

居酒屋 釧路@御徒町5

18-10-26訪問
(写真)焼き鳥盛り合わせ
釧路:①焼き鳥盛り合わせ768円181026
この日は、御徒町にある24時間営業の居酒屋、釧路、を訪れた。
久しぶりの訪問である。

【前回の訪問記】
居酒屋 釧路@御徒町

暖簾を潜ると、昼時少し前という絶妙な時間で、店は空いていた。
というのも、朝早い内は、昨夜から飲み続けて酔っぱらっている若者グループ等が居て、結構五月蝿いのだ。(苦笑)
昼時になると、飲みに来る客や食事をしに来る客で店は大賑わいとなる訳で、僕等が訪れた昼時少し前点というのは、嵐と嵐の間の、正にナギの様な静かな時間だった次第。
ただ、この時間帯は、厨房に1人、接客女性が1人しか居らず、やや料理の出が遅いのは仕方のないところ。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2018年01月05日

やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町5

17-12-02訪問
(写真)焼鳥はつ 焼鳥もも肉
えんぱち:①はつ350焼鳥モモ肉500円171202
土曜日。
連れと2人で、上野松坂屋に買い物に出たついでに、昼ご飯を食べる事に。
訪れたのは、仲御徒町駅に近い焼鳥メインの居酒屋、えんぱち。

【前回の訪問記】
やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町

焼鳥メインの店という事になってはいるが、色々と面白い肴や料理が揃っており、〆の食事もボリューム満点と来る素敵な店で、僕等2人のお気に入りである。

この日は、口開けの客として暖簾を潜り、一番奥の落ち着けるテーブル席に陣取って、土曜日の昼時という事で勤め人も居り、酒を飲む客も居りで賑わう店内を眺めながら、過ごしたのであった。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2017年06月20日

竹隆庵岡埜 新御徒町店@新御徒町5

17-05-04訪問
(写真)東京カリーどら焼 袋姿
竹隆庵岡埜:①東京カリーどら焼袋姿170504
ゴールデンウィーク後半の、5月4日。
連れのお義姉さんが、僕に…とお土産をくれたとの事。
何でも、面白いから買ってみたと話していたらしい。

袋を開けてみて、なるほど、こりゃ面白い…と、ブログに載せさせて貰う事にした。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(2)

2017年04月22日

中華珍満@御徒町5

17-03-07訪問
(写真)チャーハン
珍満:①チャーハン650円170307
所用で休んだ火曜日の昼。
用事を済ませた帰り道、JR御徒町駅裏にある中華料理店、珍満、で、連れと昼ご飯を食べた。
前回の訪問は2006年2月9日なので、本当に久しぶりの訪問であった。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
中華珍満@御徒町

運良く、全面硝子張りの外壁沿いに並ぶ4人掛けテーブル席が空いていたので、そこに陣取る事が出来た。
店は大盛況で、食べ終えた客が出て行ったと思ったら、直ぐに客が入って来る。

1人客が座る長いカウンター席の入れ替わりは特に激しく、次々に客が入れ替わっていく。
厨房の料理人達の手際の良さ、接客の小母ちゃんのテキパキとした立居振舞い…見ていて気持ちが良い。

活気のある店内の雰囲気を肴に、連れとお腹一杯愉しんだ次第。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2017年01月28日

純喫茶 丘@仲御徒町5

16-12-11訪問
(写真)ホットコーヒー
丘:①ホットコーヒー430円161211
昨日の話の、続きである。
日曜日2軒目。

135酒場、を出た僕と連れは、JRの高架沿いに御徒町方向に歩いた。
連れが御徒町駅近くで買物をするというので、僕は、純喫茶 丘、に入って時間を潰す事にした。

【前回の訪問記】
純喫茶 丘@仲御徒町

地下の店への階段を下りて行く時には分らなかったのだが、店のドアを開けて驚いた。
時刻は13時ちょっと前だったのだが、ほぼ満席の賑わいなのである。

僕は、何とか2人掛けテーブル席…と言っても、椅子が2つあると言うだけで、小さな椅子がテーブルの前に横に並べて置かれており、1人で座るのが精一杯の、狭いテーブル…に潜り込む様にして座ったのだった。

大盛況の店を切り回すのは、ウェイターが1人、調理場が1人だけという状況で、2人共、てんてこ舞い。
昼ご飯を食べる客が多く、注目した品がなかなか出ない状況になっていた。

幸いな事に、コーヒーだけの僕は、優先的に注文が通り、待つ事無く出て来た。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2017年01月27日

135酒場 御徒町本店@御徒町5

16-12-11訪問
(写真)ホルモンの激辛煮込み
135酒場:①ホルモンの激辛煮込み500円161211
日曜日。
連れと2人で、JR御徒町駅駅前にある御徒町グランディアビルの2階に入っている、135酒場、に、昼飲みに行った。
初めての訪問である。

店に入ったのは、午前11時頃。
広い店内には、多数のテーブルや椅子が並んでおり、100席あるという事前情報通り、かなりの大箱。
ただ、平日に1人でランチを食べに入ったりすると、2人掛けテーブル席が3つ程しかないため、4人掛けテーブル席や大テーブル席で、相席になるかも知れぬ。
この日は日曜日であったが、ランチを食べに来た1人客が5人程居り、2人掛けテーブル席が埋まった後の客は大テーブル席で食べていた。

24時間営業という事で、昨夜から飲んでいると思われるグループ客が何組か居たが、僕等は4人掛けテーブル席を確保擂る事が出来、落ち着いて飲み食いする事が出来た。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年12月06日

七輪浜焼きと鮨 番屋余市 上野店@上野5

16-10-10訪問
(写真)握り寿司 粋 全景
番屋余市:①粋1500円全景161010
10月にあった3連休最終日の、月曜日。
昨日の話の、続きである。

御徒町で24時間営業の居酒屋、釧路、で朝飲みした僕と連れは、2軒目を求めて上の方向に足を向けた。
上中通りを歩いて、パチンコ屋の手前の路地で左折した所にある居酒屋、番屋余市、が開いていたので、入る事にした。
以前から気にはなっていたのだが、入るのはこれが初めてである。

既に開店時刻から30分程経っているにも拘らず、僕等2人が口開けの客であった。
奥にある4人掛けテーブル席に案内され、ゆったりと腰を落ち着ける。

居酒屋には珍しく、店員は皆さん年配の男性で、何だか妙に安心感がある。
鰊や鮭漁で漁夫の泊まる小屋を意味する番屋の名の通り、店内は漁師小屋の様に飾られ、料理も、七輪での浜焼きを中心に魚介料理が揃う。
また、僕が訪れた上野店は隣に寿司屋を併設しており、握り寿司も注文する事が出来る。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年12月05日

居酒屋 釧路@御徒町5

16-10-10訪問
(写真)手羽先2本
釧路:①手羽先2本298円161010
10月にあった3連休最後の、月曜日。
御徒町にある24時間営業の居酒屋、釧路、に、連れと朝飲みに行った。(笑)

店に着いたのは9時半頃であったろうか、店内に入ると、まだ朝だというのにそこそこ混んでいる。
殆どの客が、グループ客である。
年齢層は様々で、大騒ぎの若者グループも居れば、僕等より年嵩の男女4人組…なんて客も居た。

4人掛けテーブル席に案内されたので、早速、飲物から注文する。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年04月28日

葉゜す多家 御徒町店@御徒町5

16-03-20訪問
(写真)自慢のナポリタン 特盛 全景
葉゚すた家:①自慢のナポリタン特盛700全160320
三連休中日の日曜日。
連れは所用で朝から出掛けたため、1人で車を飛ばし、御徒町のパスタ屋に昼ご飯を食べに行く。

目指したのは、上中通りの御徒町出口近くにある、葉゜す多家 御徒町店。
開店は平成26年1月との事で、開店してから、もう2年経っている。

事前にネットで調べたところによると、店で使うトマトは、自社農園「グリーンファームらぱん」(埼玉県滑川町)で生産しており、お勧めメニューは、新鮮なフレッシュトマトと自家製トマトソースを使った、農園トマトのパスタ…との事。

店で出すパスタの種類は、次の5種類。

・元祖たらこパスタ
・農園トマトのパスタ
・自慢のナポリタン
・帆立と青菜のぺペロンチーノ
・カルボナーラ温泉玉子のせ

他にも、特製ミートドリアや焼きカレーのドリア等もあり、全て、並盛(350グラム)600円・特盛(500グラム)700円。
また、とり塩炒めデカ盛り(750g)700円というデカ盛パスタメニューもある。

スタッフは、店長と思われる日本人男性1人の他は、中国女性、東南アジア男性の2人で切り盛りしていた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2016年04月14日

焼きスパゲティ ロメスパバルボア 御徒町アメ横店@御徒町5

16-03-04訪問
(写真)ナポリタン 大盛 全景
ロメスパバルボア:①ナポリタン大盛750全景160304
上野駅前のフードコート、ピアトリア、でパンダナポリタンを食べた僕は、この日2軒目のナポリタンを食べに、上中通りをJR御徒町駅前に向かった。

目指した店は、ロメスパバルボア 御徒町アメ横店。
御徒町駅前の春日通り沿いに建つジーンズメイト横の路地を入って、直ぐ左にあるビルの地下1階にある。

この店から至近距離、JRの高架を挟んで対角線上の反対側には、先行する同業態、スパゲティのパンチョ、があるにも拘らず、バルボア、が、戦いを挑んだ形である。

階段を下りて地下1階の店に入ると、カウンター席が8つと4人掛けテーブル席が3つの、こじんまりとした店であった。
圧倒的に1人客が主たる客層のこの手の店に、4人掛けテーブル席は相性が悪いと思うのだが、それが3つもあるのには、何か理由があるのであろうか。
おそらく、この店が入る前も、ここは飲食店だったのだろう。
水回りやカウンターの造りなど、あまり大掛かりな改装費を掛けたくなかった…というところであろうか。

店員は4人で、1人は日本人の様にも思えたが、他の3人は、明らかに東南アジア系と中国人であった。

入口にある券売機で食券を購入し、席に着いて食券を渡す。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2015年06月19日

やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町5

15-05-10訪問
(写真)カツオたたき
えんぱち:①カツオたたき480円150510
日曜日。
連れと2人で、上野に出た。
昼ご飯は、以前訪れて気に入っている居酒屋、えんぱち、で、摂る事にした。

【前回の訪問記】
やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町

ほぼ、開店と同時に暖簾を潜ったので、気に入ったテーブルに着く事が出来た。
さて、寛ごう…と、酒食を始める事にする。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2013年04月19日

上野御徒町 寿司幸@御徒町 ~2013冬春を味わう~5

13-03-24訪問
(写真)〆の寿司 1皿目
寿司幸:①〆の寿司一皿目130324
日曜日。

連れの娘さんが、3月26日から泊り込みの研修に向かうという事で、先日買ったスーツ1着では足りぬというか、奮発したスーツが傷んでしまう(苦笑)ため、ちと安い2着目のスーツを買いに、連れと娘さん、僕の3人で、JR御徒町駅前の青山に行く。

事前にフレッシャーズ・フェアをやっている専門店を色々調べたところ、いずれも割引クーポンを使えばレディースは20%引になるのだが、青山はTSUTAYAポイントも付くという事で、TSUTAYAポイントを貯め込んでいる僕は、青山を選んだのだった。

無事に買い物も済んだところで、横浜の友達に会いに行く娘さんとJR御徒町駅で別れ、連れと2人で、直ぐ近くにある、上野御徒町 寿司幸、に、昼ご飯を食べに入る。
2度目の訪問である。

【前回の訪問記】
上野御徒町 寿司幸@御徒町

(写真)〆の寿司 3皿目(2皿目ではない…念のため)
寿司幸:②〆の寿司三皿目130324
日曜日という事で、前回の訪問時には何かと世話を焼いてくれた連れの知り合いの小母ちゃんは非番という事で、この日は会えなかった。
連れによると、土曜日出勤らしい。

時刻はそろそろ12時半も過ぎようとしていたため、店に着くまでは席が空いているか不安だったのだが、幸いな事に、テーブル席は空いていた。

ゆっくり寛ぎたかった事もあって、むしろテーブル席の方がありがたかったため、座らせて貰う。
壁沿いに並ぶテーブル席は4人掛けなので、2人で座れば、荷物も置けるし、ゆったりなのである。

先ずはビールで娘さんの門出を祝うところから、始める事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年03月06日

純喫茶 丘@仲御徒町5

13-02-10訪問
(写真)アイスコーヒー と チーズケーキ 全景
丘:①アイスコーヒー430チーズケーキ300全景130210
えんぱち、で、連れと連れの娘さんと酒食を愉しんだ後、一休みで喫茶店に入る事にした。

丁度、以前から一度入りたいと思っていた、純喫茶があった。
店の名は、丘、という。

JRの高架下の昭和通り側の道を、上野から御徒町方向に歩いて行くと、通り沿いの雑居ビルに、縦に長い、大きな看板が出ている。
看板には、大きな文字で、純喫茶 丘、と書かれている。

店は、ビルの地下1階と2階にあり、店の入口は地下1階。
通りから地下1階への階段を下りると、店のドアがある。

店内は、天井にシャンデリアが下がり、壁面はステンドグラスで飾られ、各テーブルは、所々にほころびがある茶色のビニール張りのソファが置かれている。

店内を照らす照明も、蛍光灯の様な白っぽい色ではなく、温もりのある暖色で、昭和の時代にタイムスリップしたかの様である。

上野から御徒町に掛けては、何軒かの純喫茶が現存するが、この、丘、も、1964年創業の老舗喫茶店。
喫茶店華やかなりし創業当時の面影を、そのまま今に伝えている。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2013年03月05日

やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町5

13-02-10訪問
(写真)ホッピー
えんぱち:①ホッピー450円130210
この日は、連れの娘さんのお誕生祝いと就職祝いを兼ねて、昼からスーツを新調しに上野の丸井に行った。

連れと連れの娘さんを伴って出掛けたのだが、丸井の2階でなかなか良いスーツを見付け、インナーのシャツと共に買い求めた。
パンツの裾揚げがあるため、インナーも含めて後で取りに来る事にして、地下の靴売り場に行くと、靴も求めた。
一揃い揃える事が出来て一安心と、3人で乾杯しに行く。(笑)

時刻はそろそろ3時前になっており、通し営業でない飲食店は閉まっている。
お祝いという事でイタリアンかフレンチの店に行こう…と、前日探していたのだが、いざ買い物が済んでみるとすっかり草臥れて(くたびれて)しまい、ゆっくり寛げる居酒屋で、グダグダしたくなった。(苦笑)

何処にしよう…と迷っていると、連れが、以前一緒に訪問して気に入った、えんぱち、に行こうと言う。
なるほど、あそこなら席数もそれなりにあるし、安くて美味い物が沢山あるな…と、仲御徒町の方向に歩いて行った。

【前回の訪問記】
やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町

店に着き、ガラリ…と引き戸を開けると、流石に土曜の午後だけあって店は大賑わい。
こりゃ駄目か…と思ったら、幸い、入口近くの長テーブルの端の席が、6つ空いていた。
端から4席使わせて貰い、3席に座り、1席に荷物や外套を置く。

さて、準備万端整った…と、祝いの宴を始める事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年09月12日

やきとり居酒屋 えんぱち円八@仲御徒町5

12-08-05訪問
(写真)串焼き盛り合わせ
えんぱち:①串焼き盛り合わせ630円120805
日曜。
この日は連れと、アメ横のJR御徒町駅近辺に集まる機械式腕時計専門の店々を、見に行った。
連れの誕生プレゼントを買うためでもあり、丁度、皮バンドが切れて腕時計無しの生活を余儀なくされていた、僕のためでもあった。

色々と観て回った後、男女同じデザインの手頃な物が見付かったため、購入。
やれやれ、これで腕時計無しの不便な生活から開放されたし、連れの誕生日にも何とか間に合わせる事が出来た…と、肩の荷が下りたところで、祝杯を挙げる事にした。

時刻は12時を過ぎ、ガード下には、人が溢れていた。
この賑わい振りでは、どの店も混んでるだろうなあ…と思いながらも、どうせ入るなら、まだ訪れた事の無い店を…と、2人でキョロキョロ物色しながらアメ横とは反対側のガード下を歩いていると、ふと、目が留まった店があった。

店の名は、やきとり居酒屋 えんぱち、と言う。
えんぱち、は、円八、と書くのだが、店の看板は平仮名で書かれている。

「あの店、どう?」
「焼鳥?いいねえ。入ろっ!」
という事で、暖簾を潜る。

「はい、いらっしゃい!」
「いらっしゃい!」
店に入ると、威勢の良い男衆の声に迎えられた。
厨房も接客も、全員、20代後半から30代後半といった男性ばかりで、5人程で切り盛りしている。
勢い、店に活気がある。

一番奥の落ち着けそうなテーブルに腰を下ろし、ザッと店内を見回す。
それ程の大箱という訳ではないのだが、厨房前のカウンター席だけで14席、テーブル席も多数あり、50席近くありそうである。
次に壁に貼られた品書きや卓上の品書きに目を遣ると、焼鳥以外にも、オクラヤマイモやワカメ酢といった身体に良さ気な物から、自家製の牛タン蒸しといった珍しい品まで、酒に合いそうな肴が、実に豊富に…数え切れぬ位、揃っているではないか。
全く、嬉しいやら、目移りして困るやら。(苦笑)

「こりゃ、良い店だね。」
「ホント、食べたい物が一杯あるよ。」
等と言葉を交わしていると、
「お飲み物、何にします?」
と、横から威勢の良い声が飛んで来た。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年12月29日

寛八本店@新御徒町 ~2011秋冬を食べる~5

11-11-20訪問
(写真)冷酒 瑞兆 と 土佐酢サラダ
寛八本店:①二人前18500冷酒瑞兆111120
休日のこの日、久しぶりに新御徒町駅近くにある馴染みの寿司屋、寛八本店、を、連れと訪問した。

【前回の訪問記】
寛八本店@新御徒町

ここでちょいと振り返ると、前回の訪問記で、湯島店、を閉めた話を記したと思うが、湯島店は23年2月で閉店している。
元々、寛八は新御徒町の本店以外に2つの支店があったのだが、JR鶯谷駅駅前にあった鶯谷店はもうずっと以前に閉店しており、そしてまた湯島店も閉店したということで、結局本店だけが残った格好である。
本店しかなくなった現在、敢えて本店と呼ぶ必要は無くなったのだが、何となく今までの習慣で、本店、を付けてしまう。
そんな訳で本店のみとなった寛八だが、この店だけは残っていくと思われる。
いや、江戸前の仕事を後世に伝えるためにも、残って欲しいものである。

僕が通い始めた頃は、ご主人がつけ台の中心に立っていたのだが、もうご高齢になって体調を崩した事もあり、現在ではつけ台に立つ事は殆ど無くなった。
現在、つけ台に立って寿司を握ったり後進の指導に当っているのは、ご主人の右腕である近藤さん。
長年ご主人を支えて来たこの人に教える事は、流石のご主人でも、もう無さそうである。
最近、魚河岸に魚を仕入れに行くのが誰かを訊ねた事が無いが、もう近藤さんが行っているのではなかろうか。

しかしながら、店の周囲の植木の世話や、店内に花を活けたり小物を置いたりする店の室礼は、現在でもご主人自身がされている。
僕が開店時間に顔を出すと、店の外で植木の世話をしたり、活ける為の花や枝を切ったりしているご主人の姿を、今でもよく見掛ける。
この様な事は、寿司を握ったり料理を作ったりするのとは別の、美意識、が必要なため、この店で働く寿司職人達に任せる事が出来ない様である。

その他にご主人がする事というと、僕等の様な常連客が訪れた際、カウンター後ろにあるテーブル席に座って客と語らう事くらいで、悠々自適な生活を送っておられる…と思う。


さて、この日もいつもの様に、開店と同時に暖簾を潜った。

「いらっしゃい!」
と、近藤さんが迎えてくれた。
「1月以来で、ご無沙汰してます。」
と、頭を掻きながら、近藤さんの前のカウンター席に並んで腰を下ろした。

僕らが席に着くと、もう1人、近藤さんより少し若い方が奥から出て来て、つけ台に立った。
胸に付けたネームプレートを見ると、渡辺、と書かれている。
この店の職人達は、最近、胸にネームプレートを付ける様になった。
付け始めたのは、ご主人自身がつけ台に立つ事が無くなった頃からであろうか。
おそらく寿司職人達に、客が親近感を持ってくれる様に…という、ご主人の考えなのだと思われる。

そんなお2人と、若い衆が出してくれた熱い手拭で手を拭きながら、ひとしきり時候の挨拶や世間話を交わす。
人心地(ひとごこち)ついたところで、
「お飲み物は?」
と尋ねる近藤さんに、
「じゃ、瑞兆を。いつもの様にお任せでお願いします。」
「わかりました。冷酒1本!」
と、近藤さんが奥に向かって声を掛ける。

「失礼します。」
若い衆が、後ろから冷酒とお猪口をカウンターに置いてくれた。
こうして、久しぶりの寛八での酒食が始まった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年12月27日

Cafe NIKI(カフェニキ)@御徒町5

11-11-19訪問
(写真)ポテトハムのホットサンド 全景
カフェ・ニキ:①ホットサンドハムポテト600円全景111119
上の御徒町 寿司幸、で、刺身と握り寿司を食べた連れと僕は、ちょっと休んで行こうと、直ぐ近くの摩利支天の下にあるカフェ、カフェ・ニキ、でコーヒーを飲む事にした。

【前回の訪問記】
Cafe NIKI(カフェニキ)@御徒町


階段を下り、地下にある店に入ると、以前と同様に、外の喧騒が嘘の様に静かな店内が広がっていた。
広々として静かな店内のこの店は、以前も記した様に、穴場と言える。

テーブルに着くと、ランチメニューが置かれていた。
手に取ると、なかなか美味そうではないか。
「え~、まだ食べるの~!」
という連れを尻目に、ランチメニューのホットサンドを頼む事にした。(笑) 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年12月26日

上野御徒町 寿司幸@御徒町 ~2011秋冬を食べる~5

11-11-19訪問
(写真)刺身二人前 全景
寿司幸:①刺身二人前全景111119
この日は土曜日。
生憎と朝から結構な降りで、傘無しには歩けぬ天候であった。

そんな空模様ではあったが、連れの知り合いが勤めている御徒町の寿司屋を、訪問する事にした。
連れはこの日仕事だったので、昼時に待ち合わせ、店に向かう。

連れの知り合いは2人おり、接客を勤める女性と、寿司職人として働いている30代の男性、との事。
接客を勤めている女性は気さくな小母ちゃんで、その小母ちゃんからのお誘いという事であった。
お誘いと言っても、勿論彼女の奢りではなく、以前から「1度食べにおいでよ。」と誘われている、という意味である。

目指す店は、JR御徒町駅から湯島方向に春日通りを歩き、黄色い色の目立つJEANS MATEの建物横の路地に入った所にある、寿司幸、という店であった。

寿司幸(すしこう)、という名を初めて耳にした時は、広く知られた本格の寿司屋、銀座七丁目にある昭和10年開業の老舗江戸前寿司店、ぎんざ 寿し幸(すしこう)、と何らかの関係があるのかと思ったが、文字にすると違う事から、無関係と思われる。

また、やはり銀座の六丁目、数寄屋橋の裏手に、これもやはり広く知られた創業明治16年という老舗寿司屋、銀座 寿司幸本店、という店もあったりする。
この店は、寿司幸本店、と、本店、まで含めた全部が店名となっており、老舗ながら4代目になってからはワインも出したりする様になり、丸の内の丸ビルに、銀座 寿司幸本店 丸ビル店、という、本店だか支店だか解らん様な支店を出すわ、ミシュランで星を貰うわ、メディアへの露出もグッと増えるわで、昔を知る人はどう思っているのだろう…と心配になる程、近年はすこぶる羽振りが良い。(笑)
ちと長くなったが、どうやらこの店とも関係は無いらしい。

調べてみると、寿司幸、という名の寿司屋は全国に拡がっていることから、老舗の飲食店によく見られる様に、親が子を生み、子が孫を産み…という様に、暖簾分けを繰り返して来たと思われる。

このため、古い店は、それぞれ店名の前に地名を冠している事が多い様である。
僕が今回、連れと訪問した店も、正式には、上野御徒町 寿司幸、という。

この路地には、入口側から順に、英鮨、寿司幸、かっぱ寿司がどういう訳か隣り合わせに並んでおり、おまけにかっぱ寿司は向かい側にも店を構えていたりして、都合4軒の寿司屋が集まる局所的寿司屋激戦区となっている。

この4軒の中では、寿司幸、が最も古く、先の小母ちゃん曰く、
「両隣の(安さが売りの)店と一緒にしないでね。」
との事。

確かに、英鮨、は、ここ御徒町の他にも、上野広小路近くと北千住駅北口にも店を構える安さが売りの寿司屋で、僕も入った事は無いが知っており、北千住店はいつも賑わっている。
もう1軒の、かっぱ寿司、は、一般には回転寿司の大型店舗として知られているが、この路地にある店舗は回らない寿司屋で、回転寿司チェーンとどういう関係にあるのかが不明である。
しかしながら、開店から夜8時まで半額、という看板が店先に出ていたりするところから判断すると、あまり上等な寿司屋とは言えぬ様だ。

そんな低価格路線の3軒に取り囲まれながらも、それらに負ける事無く営業を続けている、寿司幸、という寿司屋は、いったいどんな店なのだろう…と、僕も少なからず興味を持っていた事もあって、連れの知り合いからのお誘いを渡りに舟と、訪問する事にしたのだった。

店がある路地に入ると、一番奥に向かい合って建つ、かっぱ寿司、には、相変わらず行列が出来ている。
英鮨の前を通り過ぎると、真っ白い暖簾をヒラッと捲り、店に入った。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2011年10月31日

手打ちそば吉仙@仲御徒町5

11-09-18訪問
(写真)三色大盛 の 柚子とせいろ 全景
吉仙:①三色大盛1600の柚子とせいろ全景110918
この日は、連れと車を飛ばして湯島のパーキングに停め、歩いて仲御徒町に向かった。

目指した店は、ディスカウントストアの雄、多慶屋(たけや)の並びのビル地下1階にある蕎麦屋、吉仙、であった。

地上の入口は古びてはいるものの、それ程風格を感じさせる造りではない。
しかし階段を下りて地下の店舗入口の前に立つと、その落ち着いた風情ある佇まいに、この店の歴史を感じ取る事が出来る。

暖簾を潜り、店の中に入る。
店内は大きく2部屋に分かれており、それぞれ4人掛けテーブル席が6つ程、ゆったりと配置されている。
この2つの客室を、接客女性3人が受け持っている。
12卓前後に対して3人の接客係とは、なかなか充実した陣容と言えよう。

僕等は、奥の方の部屋…厨房前にある部屋…のテーブル席に腰を下ろした。
厨房内は見えないのだが、複数の男性の声が聞こえる。
厨房内も、充実した布陣が敷かれている様である。


その理由は、直ぐに解った。
僕等は開店とほぼ同時に入ったので先客は初老の男女1組だけであったのだが、僕等の後から次々と客が入り、あっという間にテーブルは埋まってしまった。
テーブルを埋めた客は、2~3人のグループ客ばかりである。
これらがほぼ一斉に注文を行っていく訳であるから、3人の接客陣は次々に声の掛かるテーブルに飛んで行き、厨房に伝えなければ追い付かない位の忙しさで、次々に入る注文に対応する厨房内の調理陣も、大車輪の奮闘をしなければ追い付かない。
一見したところ、随分余裕のある体制を取っているのだなあ…と思ったのだが、俄かに活気付いた店内の様子を目の当り(まのあたり)にすると、決して余裕ある布陣ではない事が解った。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年08月04日

全国銘酒 樽酒のたる松 本店@御徒町5

11-05-21訪問
(写真)刺身盛合せ 全景
たる松本店:①刺身盛合せ1500円全景110521
JR御徒町駅に近い高架下にある、全国銘酒 たる松 本店、は、2店からなっている。

角地にある、食事処 たる松、は、朝7時からやっているカウンター席のみの店で、朝ご飯を食べる客、朝から酒を飲みたい客、で、朝から案外賑わっている。

その隣の、高架沿いの道に面している、居酒屋 たる松、の方は、11時半開店で、ランチタイムからの営業である。

実はこの2店、厨房は共通で繋がっており、店員は2店を行き来する事が出来る。
そんな事もあって、2店で1軒の、全国銘酒 たる松 本店、と、ホームページには掲載されている。
以前からホームページを見て知っていたのだが、それを見ると、両店は区別無く朝7時からやっている様に掲載されているので、僕はすっかりそう思い込んでいた。

(写真)お勧めの肉豆腐 全景
たる松本店:②お勧めの肉豆腐650円全景110521
この日、居酒屋 たる松、に、昼酒を飲みに行こう…いや、もとい、昼ご飯を食べに行こう、という事になり、連れと連れ立って、11時に店の前に着いたのだった。
…というのも、全国銘酒 たる松 本店、の店長を務めているのは連れの義理の兄で、つい先日一緒に会食した事もあり、今度お店に伺いますよ…と言っていたためであった。

店の前に着いてみると、丁度、義理のお兄さんが店の外に出ていたので、先日はどうも…と挨拶すると、居酒屋の方は11時半からとの事。
食事処 たる松、は既に昼ご飯を食べる客で賑わっているし、混み合うカウンター席で飲む気にもならないし…で、喫茶店で時間を潰して改めて伺った次第。

暖簾を潜ると、お兄さんは待ち兼ねていた様で、僕等を通り沿いの窓際テーブル席に通してくれた。
開店と同時に店内はドンドン埋まっていき、なかなかの盛況である。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月03日

Cafe NIKI(カフェニキ)@御徒町5

11-05-21訪問

カフェ・ニキ:店①摩利支天下にある看板110521(写真)摩利支天下にある看板(お分かりかな?)

この日は、連れの義理の兄が店長をやっている店に行こうという事になり、2人で上野に出た。

目指す店はJR御徒町駅に近い高架下なのだが、11時に店の前に行ってみると、丁度、ご当人が店の前に出ていたので挨拶すると、店は11時半からとの事。

「それじゃあ11時半に改めて来ます。」と、JRの高架を潜ってアメ横側に出た。

アメ横と上中(うえちゅん)を結ぶ道沿いに、カフェニキ、という喫茶店があるのを知っていたので、そこに入って時間を潰そうと思ったのだった。

カフェニキ、は、アメ横名物の1つ、二木の菓子、の地下1階にあるのだが、店舗写真でお解りの通り、地上には上の方に看板が出ているのみなので、案外、この店の存在は知られていない。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月24日

寛八本店@新御徒町5

11-01-30訪問
(写真)土佐酢サラダ
寛八本店:①土佐酢サラダ110130
(写真)蛸の桜煮、鮪赤身ヅケ、カラスミ
寛八本店:②蛸桜煮ヅケカラスミ110130
(写真)燻した大根の皮の醤油漬
寛八本店:③燻した大根の皮の醤油漬110130
(写真)醤油焼き帆立と板海苔
寛八本店:④醤油焼き帆立と板海苔110130
(写真)子持ち槍烏賊の丸煮
寛八本店:⑤子持ち槍烏賊の丸煮110130
(写真)若布の味噌椀
寛八本店:⑥若布の味噌椀110130

休日の昼時、久しぶりに新御徒町にある寛八本店を連れと訪問した。
前回の訪問は2010年1月30日なので、1年ぶりの訪問である。
ご高齢で一昨年には目の手術をされたご主人がお元気でおられるかどうか…ちと、心配しながらの訪問であった。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
寛八本店@新御徒町

暖簾を潜ると、僕等が口開けの客であった。
付け台に立っていたのは、すっかり顔馴染みとなったご主人の右腕、近藤さんであった。

僕等の声を聞き付けたのであろう、店の奥からご主人が「やあ、いらっしゃい。」と、未だ仕度前の私服で顔を出してくれ、お元気そうな姿にホッとする。

聞けば、湯島店は閉店してしまったとの事。
そう言えば、湯島店の業績不振にはご主人も頭を抱えていて、右腕の近藤さんを送り込んだり、ご自分でも出向いてみたりしていたのだが、遂に閉める事にしたとらしい。
確かに、この本店と湯島店では、格段の差があったからなあ…と、かなり以前、湯島店を訪問した際の記憶を辿ったのだった。

【★下町外飯徒然草★掲載の湯島店訪問記】
寛八湯島店@湯島
寛八湯島店@湯島:店

「それじゃあ、いつもの様にお願いします。」
「わかりました。」と、近藤さん。
後ろから若い衆が身をかがめて、「お飲み物は如何致しましょう?」
「熱燗を下さい。」

「ゆっくりしていってね。仕度して来るから。」と、ご主人は一旦、奥に姿を消した。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月06日

中国東北料理 小虎@御徒町5

10-11-27訪問
(写真)白菜と豚肉土鍋 全景
小虎:①白菜と豚肉土鍋1344円全景101127
(写真)豚肉の醤油煮 全景
小虎:②豚足の醤油煮819円全景101127
(写真)東北風酢豚 全景
小虎:③東北風酢豚1029円全景101127
(写真)干豆腐と青唐辛子炒め 全景
小虎:④干豆腐と青唐辛子炒め924全景101127
休日の昼時、久しぶりに御徒町にある、中国東北料理 小虎、を訪問した。
ご主人以下全て中国の方々で切り盛りしているこの店には、夜になると、本格的な東北地方料理を食べに来る日本人の他、中国東北地方の方々が故郷の味を求めて集って来る。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
中国東北料理 小虎@御徒町

そんなこの店に、本格的中国東北料理を振舞おうと、連れを伴って訪れたのであった。 
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年12月08日

スパゲティーのパンチョ 御徒町店@御徒町5

10-08-15訪問
(写真)ナポリタン大盛 全景
パンチョ御徒町店:?ナポリタン大盛650全景100815
休日、久しぶりに上野・御徒町界隈に出た。
昼ご飯の目当ては、スパゲティーのパンチョ、である。

小盛でも麺量300グラムという大盛りが売りのナポリタンとミートソースのみを扱う新しいフランチャイズ店で、なかなか勢いがあるらしい。
僕がパスタではなくスパゲティーを好む理由は、元々B級のはっきりした味が好きというより、大盛に出会えるから、である。
このブログをご覧頂いている方は既にお気付きの通り、僕がスパゲティーを頼む時は、常に大盛なのだ。
それも、若者でも人によっては残してしまう位の、真の大盛を出してくれる店だと嬉しい。(笑)

ま、確かに自分でも、50歳を超えた親爺がこれで良いのか?…と、ふと考える瞬間もあるのだが、いやいや、テレビに出て来る大食い達に比べれば可愛いもんだ…と、一人合点している。
兎に角、スパゲティーを食べるからには、お腹一杯にならないと気が済まない。(笑)

そんなパンチョに御徒町店が出来たと知り、訪れたのであった。

黄色と赤の派手な看板の出た階段降り口から、細い階段を下りる。
入口付近の路上に「改めてナポリタンは上手いと言わせたい」と、力の入った文句の立て看板が出ているのだが、ちょっと待て…「上手い」ではなく「美味い」だろうに。(笑)
上手い=上手(じょうず)であって、美味しい(おいしい)ではない。

階段を下りた突き当たりにある券売機で、食券を買ってから店に入るのだが、パンチョを有名にした、兄貴(麺量1200グラム)、番長(同1600グラム)、星人(同2100グラム)は、大盛(同600グラム)を食べてからでないと頼めないと券売機に掲示してある。
仕方なく、大盛の食券を買い、中に入る。
因みに大盛は、普通盛(400グラム)と同価格の設定になっている。

店に入ると直ぐ左手が調理場になっており、厨房全体をグルリとカウンター席が取り囲んでいる。
厨房付近は熱そうなので、少し離れた席に着き、食券を渡した。

●ナポリタン大盛 650円

運ばれて来た皿を見て、ン…と、首を傾げた。
どうも一見して量が少ない。
本当にこれで600グラムあるのだろうか?
大盛無料のため仕方ないのかも知れぬが、量的には全くの期待外れである。
僕の愛する茨城県石岡市の、食べ処・呑み処 志摩、で頼む大盛に比べると、半分位ではなかろうか。
もっと身近な店で言えば、有楽町のジャポネのジャンボ(大盛)位の量である。

気を取り直して、食べ始める。
麺はよく見かける業務用のソフト麺を使っているのだが、メリハリの効いたケチャップの味付けで、なかなか美味い。
具も結構入っており、満足出来る。

味としては文句の無い物であっただけに、量の不足が、ちと、残念であった。
やはりちゃんとお金を払って兄貴(大盛の上)を選ばなくては満足出来ないのかも知れぬ。
しかし、1200グラムと数字を挙げられると…流石に、ちと、怯んでしまう。
多分、問題無く食べられると思うのだが。(笑)

スパゲティーのパンチョ 御徒町店 ( 御徒町 / その他軽食 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


(写真)ナポリタン大盛 拡大
パンチョ御徒町店:?ナポリタン大盛650拡大100815
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年07月30日

カレーの店 サカエヤ@新御徒町5

10-04-30訪問
(写真)チキンカレー 全景
カレーの店サカエヤ:?チキンカレー580全景100430
(写真)チキンカレー 拡大
カレーの店サカエヤ:?チキンカレー580拡大100430今年の夏は、各地で集中豪雨による悲惨な被害が出たかと思うと、今度は一転して全国を猛暑が襲うという酷い夏だが、これからはこれが普通になっていくのかも知れぬ。
昼日中は猛暑に襲われていても、朝夕は涼しい風が吹き、過ごし易かった。
まるで、熱帯アジアの気候ではないか。
バリ島を始めとするインドネシアやタイといった国を訪れた事がある方々は、思い当る事と思う。
この10年程を考えると、日本は明らかに熱帯化している。
猛暑に負けぬよう、熱帯の食生活を参考にしたい。

前振りはこの辺で十分かな…。(笑)
そう、カレーの話である。

ファミリースナック・ロッキーを出た僕は、未だ11時前で目星を付けていた店が何処も開かないので佐竹商店街に見切りを付け、春日通りを御徒町方向に歩く事にした。

少し歩くと、通りの向こう側に鮮やかなオレンジ色のテントが見えて来る。
もう改装されてから随分経つのだが、改装されて綺麗になってからは、以前にも増して目立つ外観の店になった。

そう言えば、サカエヤにはもう長い間行っていないなあ…と、入ってみる事にした。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
サカエヤ@新御徒町

店に入ると、相変わらず低い物腰のご主人が、笑顔で迎えてくれる。
スツールに腰を下ろし、チキンカレーを頼んだ。

●チキンカレー 580円

以前食べたのはポークカレーであったが、その味はすっかり忘れてしまっていた。

今回はチキンカレーなのだが、明るい色のカレーは、何処か和風の風味がする。
具材としては、鶏肉が数個にじゃが芋が2つ、3つ入っているのみなのだが、何とも言えぬ美味さで、瞬く間に胃袋に収まってしまった。

…と、ここまで書いところで、前回の訪問記もそっくりな表現をしている事に気が付き、苦笑してしまった。

ご馳走様、と、勘定を済ませて帰る際も、ご主人は丁寧な見送りの言葉を掛けてくれた。

サカエヤ ( 新御徒町 / カレー・カレーライス )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月29日

ファミリースナック・ロッキー@新御徒町5

10-04-30訪問
(写真)モーニング 全景
ファミリースナックロッキー:?モーニング390円全景100430
(写真)CAFE DE ROCKYの文字の入るソーサーと面白いミルク注し 拡大、モーニング 拡大
ファミリースナックロッキー:?面白いミルクさし拡大100430ファミリースナックロッキー:?モーニング390円拡大100430
ゴールデンウィーク2日目の金曜日、僕は休みを取得していた。
そんな訳で、朝から佐竹商店に行ってみることにしたのだった。

近くのパーキングに着いたのが10時前で、そのまま佐竹商店街に向った。
一応、奥の方までアーケードを歩いてみたのだが、10時過ぎの時点で店を開けている飲食店は、このロッキーだけであった。
中屋洋菓子店は、洋菓子店の方は開いているのだが、喫茶部の方は閉まっていた。
それでは、と、ローキーに入ってみる事にした。

店の間口は狭いのだが、鰻の寝床式に奥に向って延びているため、なかなか席数は多い。
開店間が無いため、未だ客は誰もおらず、一番奥にある厨房でご主人が一人、仕込みをしていた。

●モーニング 390円

出された珈琲皿には、CAFE DE ROCKY、と書かれており、SNACK、の文字は入っていない。
確かに店内はどう見ても、明るく清潔な感じの、普通の喫茶店なのだ。
この店が夜には酒を出すのだろうか?…と、不思議な印象であった。

さて、モーニングの内容は、厚焼きトースト1枚、波形に飾り包丁で2つに切った温かい茹で玉子、ポテトサラダ、水菜とキャベツのサラダ、である。
水菜とキャベツのサラダというのは初めてなのだが、シャキシャキとして良いものである。

面白かったのは、珈琲に付くミルク指しの持ち手が、真っ直ぐな棒状であった事である。
こんなミルク指しを、僕は初めて見た。

因みに、ブレンドのみを頼むと、340円。
ランチメニューも充実している様であったし、気楽に入る事の出来る、良い店である。

ファミリースナック ロッキー ( 新御徒町 / 喫茶店 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)