両国

2017年04月26日

炭火やきとん くう@両国5

17-03-11訪問
(写真)豚串五種盛り 1皿目
くう:①豚串五種盛リ5801皿目170311
この日は、東京大空襲の慰霊祭が催された日から直ぐの、土曜日。
連れが、慰霊塔に行きたい…と言うので、両国で昼ご飯を食べる事にした。

ちと、不謹慎だとは思うが、先にご飯を食べて…もとい、もつ焼で飲んで(苦笑)から、慰霊塔を訪れる事にした。

まだまだ寒かったし、インフルエンザも猛威を振るっている最中だったので、亀有駅南口からタクシーで両国に向かう。

訪れたのは、朝挽きの炭火焼とんが看板の、くう。
2度目の訪問である。

【前回の訪問記】
炭火やきとん くう@両国

詳しくは、前回の訪問記にHPも載せているので、ご覧頂ければと思う。

店に入ったのは、12時半を過ぎた頃。
ちと、出遅れた感はあったが、幸い先客は4人掛けテーブル席に1組の男女、カウンター席に男性1人で、まだ4人掛けテーブル席が1つ空いていた。

僕等はそこに腰を落ち着けると、早速、注文を始めた。続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2016年04月08日

炭火やきとん くう@両国5

16-02-27訪問
(写真)生レバカツ
くう:①生レバカツ480円160227
2月最後の土曜日。
連れと両国の江戸東京博物館に、ダヴィンチの特別展を観に行った。
ダヴィンチ作、糸巻きの聖母が目玉の展示会で、連れの息子さんが無料入場チケットを2枚、くれたのであった。

朝10時半過ぎに入場したところ、中は既に超満員で、糸巻きの聖母は1時間位並ばなければ観られない状態になっていた。
こんなのに並ぶのは無理だ…と、連れも同意見だったため、糸巻きの聖母は別に展示されていたレプリカを観て素通りする事にし、滞在時間30分程で出口から出てみると、何と入口は大行列になっており、入場制限が始まっていた。

特別展を目玉にした土産物をあれこれ観て、連れにペンダントトップを買ったりした後、昼ご飯を食べに行く事にした。
足を向けたのは、予め目星を付けていた、朝挽きの豚モツと契約農家の新鮮野菜を看板にした店、炭火やきとん くう。
両国と言えば、ちゃんこ鍋を看板とする店があちこちにある土地柄なのだが、先程の特別展の尋常ではない混み具合から考えて、折角、両国に来たなら…ちゃんこを、と、皆は考えるはず。
きっと、ちゃんこ屋屋はどこも混んでいるに違いない…と、僕は敢えて、ちゃんこ屋を避けたのであった。

ホームページがあるので、ご紹介しておこう。

●炭火やきとん くう HP ⇒http://www.kuu-corporation.co.jp/yakiton/

店に着くと開店時刻少し前であったが、既に暖簾が掛かっていたので、店に入ると…僕等が口開けの客であった。

店内1階は、カウンター席が数席、2人掛けテーブル席が1つ、4人掛けテーブル席が2つのみだが、5階まであるので席数は多いはずである。

因みに、この店はランチが無いのだが、僕等は昼飲みするつもりだったため、その点でも、ゆっくり出来るに違いない…と思ったのだ。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)