浅草東部

2019年01月28日

鉄鍋ハンバーグ 玄妙@浅草5

18-12-08訪問
(写真)和牛ミートソース 大盛
玄妙:①和牛ミートソース大盛930円181208
土曜日。
連れは朝からお義姉さんの仕事を手伝いに出掛けたので、1人浅草へ。
いつもの通り千束通り商店街裏のコインパーキングに車を停め、馬道通りまで歩く。
訪れたのは、鉄鍋ハンバーグの店、玄妙。

【前回の訪問記】
鉄鍋ハンバーグ 玄妙@浅草

冬に訪れるのは、初めてである。

口開けの客として入り、これまで同様、カウンター席に着く。
今回はハンバーグではなく、もう1つの売りである、スパゲティを食べるつもりでいた。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(2)

2017年05月29日

INDIAN RESTAURANT NEW PRASIDHA インド料 理 ニュープラシッダ 浅草店@浅草5

 
17-04-16訪問
(写真)チキンカレー
ニュープラシッダ:①チキンカレー800円170416
休日。
連れと2人で浅草は花川戸にあるインド料理店、ニュープラシッダ、に、昼ご飯を食べに行った。
インド料理店という呼び込みだが、メニューに並ぶ料理や酒を見ると正確にはインド・ネパール料理店で、おそらく料理人はネパール人である。

実際にメニューに並ぶ料理はもっと多岐に亘っており、タイ料理、中華料理、はたまたお新香まで載っている。(笑)

これには笑ってしまったが、中華料理屋やお新香まで載せ、客を呼び込もうという熱心さは、評価に値する。
ただ、往々にして、殆ど作った事も無い料理を載せてしまっている事も多く、なんちゃって〇〇料理なのかも知れぬ。(笑)
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(4)

2017年03月29日

鉄鍋ハンバーグ 玄妙@浅草5

17-02-12訪問
(写真)とまと&チーズハンバーグ 200グラム と ライス大盛 全景
玄妙:①トマト&チーズ200g飯大1480全170212
休日。
この日は連れが朝から所用で出掛けたため、1人浅草に車を飛ばした。
千束通り商店街にある馴染みの珈琲専門店、しゃん、に入り、何を食べようか…と、美味い珈琲を飲みながら暫しの間思案する。

寒い ⇒ 鍋がいい ⇒ しかし車で酒は飲めぬ ⇒ だが熱々の鍋が食べたい

…と、堂々巡りをした結果、思い付いたのは鉄鍋ハンバーグ、玄妙。
そう言えば、暫く行っていないなぁ…と、訪問を決定した。

【前回の訪問記】
鉄鍋ハンバーグ 玄妙@浅草

千束通り商店街から、玄妙、がある馬道交差点までは、ちと、距離があるが、美味い煮込みハンバーグにありつくためとなれば自ずと元気が出て来るもので、スタスタ歩いている内に、店に到着した。

僕が到着した時は、丁度、ご主人が店を開けているところで、口開けの客として店に入る事が出来た。

いつもの様にカウンター席に腰を落ち着けると、通常より大きなハンバーグを食べよう!!…と、ワクワクしながらメニューを手に取った。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年03月22日

浅草やきそば 福ちゃん@浅草5

17-02-05訪問
(写真)カレーソース焼そば
福ちゃん:①カレーソース焼そば450円170205
昨日の話の、続きである。
浅草地下街で最古参の店、亀寿司、で、美味い肴で酒食を愉しんだ僕と連れは、予定通りもう1軒、梯子する事にした。
…とこう書けば、もうお解りであろう。
そう、福ちゃん、に向かった次第。

【前回の訪問記】
浅草焼きそば 福ちゃん@浅草

僕等2人にとって、この2軒はセットになっていると言っても、過言ではない。(苦笑)
狭い、亀寿司、に、運良く席が空いていさえすれば、順序はどうあれ、2軒梯子をしたい…と思っているのだ。

一方、福ちゃん、の方は、店自体が壁の無い全席スツールのスタンド方式で、観光客の多くは目当ての焼きそばを食べたら席を立つため、回転が速い。
よって、多少混んでいたとしても、1人なら待つ事無しに座れるし、僕等の様に2人連れでも、まあ座れ無い事は無い。

この日も、既に昼時であったが、すんなりと席に着く事が出来た。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年03月21日

亀寿司@浅草5

17-02-05訪問
(写真)にぎりすし
亀寿司:①にぎりすし750円170205
日曜日。
久しぶりに、浅草地下街で昼飲みをしよう!…と、連れを伴い、浅草へ。

以前は新参者を拒む雰囲気が漂う、魔窟といった感じの地下街であったが、ポップな土産物屋が出来たり、ケバケバしい中華料理店?…ラーメン屋だったか?が出来たりと、古い居酒屋やめし屋が閉店し、新陳代謝が進んでいる。

その中にあって頑張っているのが、浅草地下街が出来た当初からある最古参の店、亀寿司、である。

【前回の訪問記】
亀寿司@浅草

僕等が到着すると、既に暖簾が掛かっていたため、暖簾を捲って中を覘いてみた。
引戸を少し開け、
「もう大丈夫ですか?」
と、仕込みをしていた年輩のご主人に問うと、
「いらっしゃい!」
と、迎え入れてくれた。

…という訳で、口開けの客として、4人掛け(2人用と割り切った方が良い)テーブル席に着く事が出来た。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2016年10月04日

浅草やきそば 福ちゃん@浅草5

16-08-14訪問
(写真)カレーソース焼きそば
福ちゃん:①カレーソース焼きそば450円160814
休日。
この日は、連れと浅草地下街にある、福ちゃん、に、昼飲みに行った。

【前回の訪問記】
浅草やきそば 福ちゃん@浅草

店に着いたのは、既に昼時真っ只中。
カウンター席のあちこちに、思い思いに時を過ごす客達の姿が見られた。

強面のご面相をしたご主人に、
「こっち、どうぞ。」
と、カウンター席の中程に立つ柱近くの席に案内され、腰を下ろす。

このご主人、ご面相だけではなく、実際かなりの強者らしい。
以前、僕等2人が座っていたカウンター席近くに居た男性客2人が、ご主人の接客がぞんざいで気に入らぬ…と大声を上げた事があった。

「表へ出ろ!」
と言われると、
「おう、出てやるよ。」
と、カウンター席から出て来たと思ったら、通路で待ち構える男2人に近付き、小声で何か言った。

すると…。
先程まで大声を上げながら息巻いていた男2人は、スゴスゴという感じで、小さくなって店の前から立ち去って行ったのだった。
正に、尻尾を巻いて逃げて行くといった感じで、僕等2人は、逆に驚いてしまった。

おそらく…想像は付くのだが、記すのは止そう。
ご主人は、多少ぶっきら棒なところがあって取っ付き難いが、行儀の良い客として訪れている限り、何の問題も無いのだ。
それに、他の店員達は愛想も良い。(苦笑)
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(8)

2016年07月28日

中華ぼたん@浅草5

16-06-05訪問
(写真)Dセット 全景
ぼたん:①Dセット850円全景160605
日曜日。
連れと2人で、浅草に昼ご飯を食べに行った。
訪れたのは、浅草松屋から近い中華料理店、ぼたん。

【前回の訪問記】
中華ぼたん@浅草

所謂、街の中華屋なのだが、安くて美味い料理を食べさせる、実に良い店なのである。
近隣の人々や常連は、よく知っている。
この日も店はよく賑わっていた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2016年07月01日

亀寿司@浅草5

16-05-08訪問
(写真)にぎりずし 全景
亀寿司:①にぎりすし750円全景160508
昨日の話しの、続きである。
久しぶりに、浅草地下街に潜った僕と連れは、1軒目の、福ちゃん、で軽く飲んだ後、2軒目の店に向かったのだった。

訪れたのは、同じ浅草地下街にある寿司屋、亀寿司、である。
現在は、店先に『亀』の一文字の電光看板を出しているが、以前は、『味とネタは一級、値段は二級』の電光看板を出していたという。
看板は変われども、美味い物を安く…という心意気は今も変わらぬとの事。
もう10年以上前になるが、初めて浅草地下街を訪れた時から、ずっと気になっていた店であった。

こじんまりとした店内には、カウンター席が5つ、4人掛けテーブル席が1つ、3人掛けテーブル席が1つ、しかない。
暖簾を潜った時には、お爺ちゃんの店主が1人で切り盛りしていたのだが、12時を過ぎて暫くすると、お婆ちゃんもやって来て手伝いを始めた。

店内のテレビには、何故かNHK-BSが掛かっていた。
そんな訳で、WINSがごったがえす日曜日というのに客に競馬親爺は居らず、酒を飲み、寿司を愉しむために集った常連達で、賑わっていた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(6)

2016年06月30日

浅草やきそば 福ちゃん@浅草5

16-05-08訪問
(写真)牛スジ焼そば
福ちゃん:①牛スジ焼そば500円160508
朝から晴天に恵まれ、陽射しの強かった日曜日。
連れと浅草地下街の、福ちゃん、に、昼ご飯に行った。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
浅草やきそば 福ちゃん@浅草

年々振りかの訪問である。
久しぶりに潜る浅草地下街は、何軒かの店が入れ替わり、新しくなっていた。

お目当ての、福ちゃん、に着いたのは、丁度、開店時刻。
…と言っても、扉の無いオープンスペースの店なのだが。

既に焼きそばの焼き場では、ご主人らしきガッシリとした男性が、焼そばを焼いていた。
カウンター席の端の方に近付き、
「もう大丈夫ですか?」
と、カウンターで準備をしていた若い女性に声を掛けると、
「はい、大丈夫ですよ! お好きな所へどうぞ!」
との事。

一番端の、荷物が置けて落ち着ける席に並んで腰掛けると、久しぶりの、福ちゃん、を、愉しむ事にした。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2016年04月10日

鉄鍋ハンバーグ 浅草 玄妙@浅草5

16-02-28訪問
(写真)とまとハンバーグ 全景
玄妙:①とまとハンバーグ200g1480全景160228
東京マラソンがあった、日曜日。
連れは朝から所用で出掛けていたため、1人車で、浅草に昼ご飯を食べに行った。
いつもの様に千束通り商店街裏のコインパーキングに車を停めると、観音裏を馬道通り方向に向かって歩く。

目指していたのは、言問通りと馬道通りが交差する馬道交差点から直ぐの、鉄鍋ハンバーグ 玄妙。
久しぶりの訪問である。

【前回の訪問記】
鉄鍋ハンバーグ 浅草 玄妙@浅草

10時半頃馬道交差点に着いた僕は、玄妙、の開店時刻である11時まで、交差点角の、コロラド、で待つ事にした。
時刻になり、コロラド、を出て店に向かうと、丁度、ご主人が開店準備をしているとことであった。

「もういいですか?」
と声を掛けると、
「あっ、どうぞ。」
との事だったので、中に入らせて貰う。

当然ながら口開けの客な訳で、カウンター席でもテーブル席でも座る事が出来たのだが、腰を下ろしたのは、いつもの様にカウンター席の端。(笑)
これまで2度訪れているが、いつもここに座っている。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年08月02日

中華ぼたん@浅草5

15-06-27訪問
(写真)ワンタンメン と チャーハン 全景
ぼたん:①ワンタンメン800チャーハン700全景150627
連れと2人で、休日の浅草。
久しぶりに、馬道通りから浅草二丁目交差点で東部線浅草駅の方に折れた所にあるラーメン屋、ぼたん、で、ラーメン屋飲みをした。

【前回の訪問記】
中華ぼたん@浅草

休日の昼時という事で、手狭な店は、近隣の家族連れやらWINSに向かう競馬親爺達で、大賑わい。
運良くテーブル席が1つ空いていたので、そこに腰を下ろし、ラーメン屋飲みを始めたのであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2015年02月26日

鉄鍋ハンバーグ 浅草 玄妙@浅草5

15-01-18訪問
(写真)カレーハンバーグ 全景
玄妙:①カレーハンバーグ1000全景150118
日曜日。
連れは所用で出掛けたため、1人で浅草へ車を飛ばす。
いつもの様に、千束通り商店街裏の駐車場に車を停めたのは、11時過ぎであった。

何を食べようかな…と、商店街の浅草四丁目交差点で折れ、馬道方向にブラブラ向かう。
馬道と交差する浅草五町目交差点で右に折れ、今度は松屋方向に歩く。
もう少しで馬道の交差点という所まで来たところで、通りの向かいに、鉄鍋ハンバーグ 玄妙、が、目に入った。
そう言えば、真夏の猛暑の中訪れて以来、久しく訪れていない。

【前回の訪問記】
鉄鍋ハンバーグ 浅草 玄妙@浅草

前回の初訪問時は、真夏の猛暑の中という事もあり、鉄鍋ハンバーグを食べに訪れる物好きは僕だけであった。(苦笑)

しかし今回は、寒い冬場という事で、11時半を過ぎる頃には、夫婦連れ1組、男性2人連れ1組、5~6人のグループ客が2組…と、店内は大賑わいであった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(7)

2014年02月26日

RESTORANTE MEDICINA BANCHINA リストランテ メディチーナ バンキーナ@浅草 ★欧風料理店に変わりました★5

 
 
13-12-24訪問
(写真)X’masディナーコース 肉料理
バンキーナ:①Xmasディナーコース肉料理131224
クリスマスイブの夜。
浅草松屋横の隅田川沿いのビル9階にある、リストランテ バンキーナ、に、クリスマスディナーを予約していたので、連れと2人で出掛けた次第。

初めて訪れる店なのだが、窓際席から見えるスカイツリーの夜景を売り物にしている店で、クリスマスカラーに燈るスカイツリーを見ながら、ゆっくりとディナーを愉しもう…という趣向であった。

凝ったホームページがあるので、ご紹介しよう。

●HP⇒http://ristorantebanchina.com/

(写真)テラス席から観たスカイツリー
バンキーナ:⑯テラスから観たスカイツリー131224
予約時刻に店に入ると、1組の客が、既に窓際席でコースをスタートしていた。
僕等も席に着くと、ウェルカムシャンパンで乾杯し、コースをスタートした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2013年10月23日

鉄鍋ハンバーグ 浅草 玄妙@浅草5

13-09-01訪問
(写真)デミグラ 全景
玄妙:①デミグラ150g1130全景130901
上野精養軒 台東店、を出た僕は、馬道通り沿いに北上し、馬道交差点を通過して直ぐのビル1階にある、黒毛和牛を使った鉄鍋ハンバーグと茹で上げスパゲティーの店、玄妙、を訪れた。

店内は、入口から右手に横に長く伸びており、厨房前のカウンター席が数席に窓際や奥にテーブル席が幾つか置かれ、狭くはないが、こじんまりとした感じである。
そんな店を、痩身のご主人1人が切り盛りしていた。

カウンターの端には、土日祝日のランチタイムに280円で食べ放題・飲み放題のサラダやスープ、ソフトドリンクが置かれている。

この日は猛暑日だったため、熱々の鉄鍋ハンバーグを食べようなんぞという酔狂な客は居ない様で、ランチタイムにも拘わらず、終始、客は僕1人であった。(苦笑) 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年10月22日

上野精養軒 台東店@浅草5

13-09-01訪問
(写真)オムレツハヤシライス 全景
精養軒台東店:①オムレツハヤシ1280全130901
猛暑日の日曜。

浅草は馬道通り沿いの、二天門交差点角に建つ、東京都立産業貿易センタービル台東館8階にある、上野精養軒 台東店、を初めて訪問した。
この店の存在は、もう何年も前から知っていたのだが、これまで訪問の機会に恵まれていなかった。

エレベーターで8階に上がると、店の入口がある。
入口には、老舗フランス料理店の流れを汲む洋食店らしく黒服の男性が立ち、案内してくれる。
ウェイトレスも、黒い丸首服というカジュアル感を出しながらも、エンジ色のエプロン姿という、正統派の筋は外していない。

店内は、広々とした空間に、白いテーブルクロスが掛けられた大テーブルにパイプ椅子が整然と並び、昭和期のデパートにあった大食堂といった懐かしい趣(おもむき)。
貿易センタービル内各階会議場を使った会議後に催される、宴会やパーティーの会場にもなる。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年06月17日

中華ぼたん@浅草5

13-05-11訪問
(写真)エビチリ 全景
ぼたん:①エビチリ1000円全景130511
連れと2人で、休日の浅草散策。

ゴールデンウイーク疲れ…身体も懐も…のためか、好天にも拘わらず、客の出足が悪い。(苦笑)
迫り来る三社祭までの、暫しの休息、といったところなのかも知れぬ。

何を食べようか…と、観音裏からウロウロ歩いて、気が付けば松屋付近まで来ていた。

「ぼたんに入らない? ほら、年末に〆のラーメン食べに入ったじゃない。」
と、連れを誘ったのだが、
「ごめんね。 あの時は酔っ払っちゃって、殆ど何も覚えてない。」
との事。

ま、たまにある事なのでそれ程気にせず、
「あのラーメン美味しかったし、店も活気があったから、次は一品料理食べようって、話したんだよ。」
「そう…だっけ??(汗)」

【前回の訪問記】
中華ぼたん@浅草

噛み合わぬ会話を交わしながら、開店時間とほぼ同時に、店の前に辿り着いた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年01月19日

中華ぼたん@浅草5

12-12-31訪問
(写真)ラーメン 全景
ぼたん:①ラーメン550円全景121229
会津蕎麦の名店、お食事処 やかた、で、蕎麦を食べぬままに店を出た後、〆にラーメンを食べに行く事にした。

向かったのは、東武浅草駅のガード下から直ぐにある中華料理店、中華ぼたん。
古くからある店で、僕もよく知っている店なのだが、未だ訪問する機会に恵まれていない、店であった。

有名な博多ラーメンの店、いのうえ、の向かい側、或いは、僕もこのブログで採り上げている寿司屋、いさりび、の向かい側、と言えば、お解りの方もおられよう。

古びた店構えの外観(失礼!)の暖簾を潜ると、店内は驚くほど綺麗であった。
そして、驚くほど賑わっていた。

店に入ったのは夜7時半頃だったのだが、6つある4人掛けテーブル席は満席になっており、8時前になる頃には、8つあるカウンター席まで、満席になってしまった。

そんな店を切り盛りするのは、ご主人、長男と思われる中年男性の夫婦、次男と思われる若者の4人。

僕と連れは、まだ少し空いていたカウンター席に座ると、ラーメンを注文した。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年01月18日

お食事処 やかた@浅草 ~2012秋冬を味わう~5

12-12-31訪問
(写真)冷酒 花泉 本醸造
やかた:①冷酒花泉本醸造500円121229
この日は連れと、久しぶりに吾妻橋西詰めにあるホテル魚眠荘1階のお食事処、やかた、を訪問した。

【前回の訪問記】
お食事処 やかた@浅草

この、やかた、は、ホテルのお食事処という事になっているが、東京では珍しい本格的な会津蕎麦を食べさせてくれる蕎麦屋として、蕎麦通の方々の間で知られる店、である。

この辺りの詳細は、前回の訪問記に詳しいので、ご覧頂ければと思う。

さて、訪問したのは、そろそろ夜の帳も降り始めた、夕方5時頃。
暖簾を潜ると、先客は居なかった。
趣のある落ち着いた店内は、以前と全く変わっていなかった。

一番奥のテーブル席に座ると、早速、この夜の酒食を始める事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2012年09月17日

叙々苑Kitchen 浅草店@浅草5

12-08-13訪問
(写真)キッチンカルビ焼肉重ランチ 全景
叙々苑キッチン:①キッチンカルビ焼肉重ランチ1000全景120813
前日の日曜出勤の、代休を取得した月曜の事である。
夏休み期間中の平日はどんな様子なのだろうか…と、浅草に昼ご飯を食べに行った。

お目当ての店が、1軒あった。
店の名は、叙々苑Kitchen 浅草店。

叙々苑Kitchen、は、大手焼肉チェーン店の叙々苑が展開する新業態。
叙々苑のホームページによると、
『お客様のニーズに合わせ、叙々苑の味をこれまでとは違う3つの店舗スタイルで提供する「叙々苑キッチン」が誕生いたしました。
叙々苑をもっと身近に感じていただけるメニュー・サービスをご用意しております。』
との事。
3つのスタイルとは、出前を行うデリバリー、レストランのグリルハウス、惣菜販売専門のデリカショップ。
この3つの内、デリバリーとグリルハウスは、兼営される事が多く、浅草店、も、デリバリーとグリルハウスを兼営している。

焼肉店に1人で入るのは、ちと、勇気が要るものだが、この新業態のグリルハウスは、テーブルで肉を焼くのではなく通常のレストランの様に厨房で調理を行ってテーブルに運ぶレストランスタイルのため、1人でも気兼ね無く入る事が出来る。
昨今流行の、そして今後も増えるであろう、お一人様、に、対応したのかも知れぬ。

そんな訳で、興味津々、訪れてみようと思った次第。
嬉しいのは、デリバリーに対応した店舗は注文受付のためランチタイムが11時からと、早い事。
因みにランチタイムは終了時間も遅く、16時までである。

…という訳で、喜び勇んで、11時の開店と共に店に入った。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年06月22日

お食事処 やかた@浅草 ~2012冬春を味わう~5

12-05-12訪問
(写真)二色盛せいろ 全景
やかた:①二色盛せいろ850円全景120512
この日は、ずっと以前から訪問したいと思いながらも、つい忘れてしまって訪問せず仕舞いであった、蕎麦居酒屋、を訪問した。

店は、隅田川に掛かる吾妻橋西詰に建つホテル、ニュー魚眠荘の1階にある。
所謂、ホテルの食事処なのだが、ただの蕎麦屋ではない。
東京では珍しい、会津蕎麦、を食べさせてくれる店である。
しかも、蕎麦を打つのはホテルの社長、というから面白い。
何でも、故郷会津の蕎麦の美味さを、東京の人々に広めたい…と、社長自らが蕎麦栽培から修行を行い、蕎麦を打つ様になったという。

ホテルのHPには、その辺りの顛末を記した、『2004年(平成16年)2月25日(水曜日)東京新聞』の記事を載せている。
一部、抜粋させて頂こう。

『 浅草のホテル社長
 「郷土の味を伝えたい」

作家川端康成や俳��%B E4��保田万太郎の定宿だった台東区雷門のホテルニュー魚眠荘で毎月開かれている「そば会」が、二十六日で百五十回の節目を迎える。
全国でも有数のそば粉の産地、福島県南会津出身の同ホテル、馬場健一社長(六九)が、「郷里の味を伝えたい」と自らそばを打ち、七年前にはじめた。
その味は「下町の隠れた逸品」として評価も高い。
(以下省略)』

この他にも、魚眠荘に蕎麦の実を収めている会津の農家の紹介も掲載されている。

記事から社長の年齢を考えると、今でも社長が蕎麦を打っているとはとても思えぬが、食事処 やかた、で、蕎麦を打つ事は、現在も変わらず行われている様である。

更に詳しくお読みになりたい方のために、ホームページをご紹介しておこう。

●ホテル魚眠荘HP⇒http://www.gyominso.jp/

そんな訳で、この日は晴れて念願叶って、連れを伴い、店を訪れたのであった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年06月18日

元祖やきかつ 桃タロー@浅草5

12-05-06訪問
(写真)特上焼きかつ定食 全景
桃タロー:①特上焼きかつ定食1480円全景120506
喫茶ニューライトを10時半に出た僕は、この日の昼ご飯を食べる予定にしていた、元祖やきかつ 桃タロー、が開店するまでの1時間、花川戸から猿若町界隈を歩き回って時間を潰し、開店時間の11時半に店に入った。

本当に久しぶりの訪問である。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
元祖やきかつ 桃タロー@浅草

実は、以前のとんかつの歴史資料が残る店があった建物は取り壊されており、現在、マンション建設の最中である。

【桃タローの歴史を物語る全とん連の金属額】
全とん連@★下町外飯徒然草★

この日訪れたのは移転した新店舗で、以前の店から直ぐのビル1階に入っている。
新店舗は以前と違ってとても狭く、2人掛けテーブル席が3つ、4人掛けテーブル席が2つ、6人掛けテーブル席が1つ、しかない。

ご主人夫婦に料理人の男性、若目の女性の4人で切り盛りしてされている様だ。
ひょっとすると、二世代で切り盛りしているのかも知れぬ。
何せ、前回の訪問はずっと昔の事なので、殆ど記憶に残っていないため、
店の方々の構成がどの様になっているのか、見当が付かない…と言った方が良かろう。

開店と同時に店に入ったのだが、既に一番奥の6人掛けテーブルに昼食を摂りに来たと思われる勤め人のグループが居り、料理が来るのを待っていた。
おそらく常連という事で、開店少し前に入れて貰っていたのだと思われる。

僕は、最も入口寄りに置かれた2人掛けテーブル席に腰を下ろした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年06月07日

寿司 いさりび@浅草5

12-04-30訪問
(写真)刺身二人前 全景
いさりび:①刺身二人前3000円全景120430
この日は、ゴールデンウィーク前半最後の、4月30日(月)。
昭和の日の振替休日である。

天気も好いので歩こう…と、連れと2人で東武浅草線の曳舟駅で降り、浅草まで歩いた。
勿論、昼ご飯を食べに…である。(笑)

目指す店は予め決めてあり、11時半の開店時間に予約を入れていた。

その店は、寿司 いさりび。
まだ若い店主が開いた、店である。

以前に一度、牡蠣の昆布〆の握りに感動した話を、掲載している。

【前回の訪問記】
寿司 いさりび@浅草

因みに、半年程前に、店は以前訪問した場所…浅草寺鐘楼がある弁天山近くの路地…から、東武浅草駅の近くのビルの2階に移転しており、新しい店を訪問するのは初めてであった。

開店時間の11時半に店前に着き、階段を上がった。
店に入ると、店内はカウンター席のみの細長い造りで、以前の店の様に小上がり席が無い。

「こちらへどうぞ。」
と、ご主人に指された席に着いた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2011年12月19日

中國厨房 老上海 OLD SHANHAI@浅草 ~2011秋冬を食べる~5

11-11-06訪問
(写真)マーボ豆腐 山椒大盛 全景
老上海:①マーボー豆腐1260円山椒大盛全景111106
休日のこの日、浅草は言問橋の袂にある中華料理店、中國厨房 老上海(オールド シャンハイ)、を、連れと訪問した。

ドアを開けて中に入ると、店内は、入口寄りの窓側の部屋と奥の部屋に分かれており、2人掛けテーブル席が3つ、4人掛けテーブル席が3つ、6人掛けテーブル席が1つ、カウンター席が3つ、配されている。

僕等は、奥の厨房寄りの部屋の、最も手前側のテーブルに着く事にした。
丁度、店の中央辺りといったところか。
開店から間も無いので、僕等は口開けの客である。

(写真)特製酢辛味麺 全景
老上海:②特製酢辛味麺945円全景111106
奥の突き当たりにある厨房には、中年のご主人の他に2人の若い男性料理人が居り、接客も男女1人ずつ居る。
厨房に3人とは、また随分とスタッフの多い店だなあ…と思ったのだが、実際、昼12時を過ぎると店は俄かに混みだし、どんどんテーブルが埋まっていく。
なるほど、これなら料理人は3人居てもおかしくは無いと思われた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年08月12日

べトナム料理 ビストロ・オーセンティック@浅草5

11-06-19訪問
(写真)この日の食事会の食材に使われたハーブ類
オーセンティック:食材に使われたハーブ類110619
この日は、浅草地下街にあるベトナム料理のビストロ・オーセンティックにおいて、ライブドアグルメの一員で昨年晩秋の食事会でもご一緒した、よーぜふさんが主催する食事会が開催された。

場所が浅草という事もあって不肖僕にもお声が掛かり、予てよりベトナム料理なる物を食べてみたいと思っていた僕は、喜んで参加させて頂いたのであった。

(写真)屋台風の狭い厨房
オーセンティック:屋台風の狭い厨房110619
狭い店という事もあって、当初、よーぜふさんは4名か5名という予定をされていた様で、僕もあの店ならそれ位が良かろうと思っていた。
ところがどんどん参加者が増えてしまい、貸切にした店も一杯。
入り切らずに、外の通路にまでテーブル席を設ける羽目になってしまっていた。(苦笑)

それでは、その食事会の内容を、ザッとではあるがご紹介しよう。
因みに、食事会の会費は3500円という事であった。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)