銀座・有楽町・京橋・東京

2019年06月13日

過門香 KITTE丸の内店@KITTE JPタワー6階5

19-04-21訪問
(写真)豚肉と彩野菜のXO醤炒め
過門香:①豚肉ト彩野菜ノXO醤炒メ190421
日曜日。
連れの息子さんの奥さんが目出度く懐妊という事で、水天宮に安産祈祷に行った。
僕と連れ、息子さん夫婦、そして奥さんのご両親の6人が水天宮で待ち合わせ、一緒に昇殿して安産祈祷。

無事に終わって、近くにあるロイヤルパークホテルの1階ラウンジに入って珈琲やらアイスコーヒーなどを飲みながら時間を潰す。
昼ご飯は、東京駅丸の内側にある、KITTE JPタワー6階にある、過門香、に個室を取っていた。

そろそろ良い時刻になったので、ホテルからKITTEにタクシー2台で移動し、エスカレーターで6階に上る。
店に入って、訪い(おとない)を入れると、1番奥の6人がゆったり座れる唯一の6人個室、八宝に通してくれた。
窓からは、丸ビルがよく見える。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(2)

2018年09月05日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

18-07-15訪問
(写真)ロースカツカレー に 生卵
サニーズ:①ロースカツカレー950生卵50円180715
昨日の話の、続きである。
八重洲地下街の、酔心、を出た僕と連れは、ほんの10メートル程歩いた先にある、サニーズ、の暖簾を潜った。

【前回の訪問記】
お食事処・酒処 サニーズ@八重洲

既に何度もご紹介している、お気に入りの店である。
100席を超える大箱なので、昼時まっ最中でも、入れないという事は、まずあり得ぬ。

この日も、13時頃だったと思うのだが、すんなりと4人掛けテーブル席に通された。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(2)

2018年09月04日

季彩膳 東京駅 酔心@八重洲地下街5

18-07-15訪問
(写真)しまあじ刺身
酔心:①しまあじ刺身1404円180715
日曜日。
連れが、日本橋にあるコレド室町15階の三井ホールで開催されている、アートアクアリウムを観に行きたいというので、開館時刻の少し前を狙って家を出た。
何でも、浴衣を着て行くと、何某かの割引があるらしい。

…で、メトロ三越前で降りたところ、何やら大行列が…中には浴衣姿の女性の姿も。
不穏な空気に包まれつつ近付いてみると、アートアクアリウム目当ての大行列であった。
「ここが最後尾で~す!」
と係員が大声をあげている。

僕等が居たこっちの端からあっちの壁際まで行って折り返し、更にこっちの端まで…入るまでに何時間掛かるんじゃぁ~という事で、僕等はアッサリ諦めた。
考えてみれば、夏休みの日曜日は最悪の選択である。

途方に暮れる連れを伴い、魚河岸跡を抜けて、呉服橋交差点から八重洲に歩き、地下街に潜った。
ヤケ酒飲みに…ではないが、昼飲みしようという魂胆である。

…で、入ったのが、酔心。

浴衣姿の連れを見て、落ち着いた所が良いと判断してくれたのか、差配の男性が、奥の個室に通してくれた。
やれやれ…と、ようやく腰を落ち着ける事が出来た2人は、最初は生ビールだね!…と、差配の男性を呼んだのだった。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2018年03月26日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

18-02-24訪問
(写真)焼鳥5本盛
サニーズ:①焼き鳥5本盛880円180224
前日の金曜日が青森出張で、一泊して土曜の朝、新幹線で帰京した帰りの事。
JR東京駅の八重洲口から出た僕は、連れと待ち合わせしている八重洲地下街に歩いた。

待ち合わせしていたのは、お気に入りの大箱店、サニーズ、の前。

【前回の訪問記】
お食事処・酒処 サニーズ@八重洲

僕がJR東京駅に降り立ったのは13時頃。
土曜日という事もあって、思った通り、八重洲地下街も大賑わいであった。

だが、100席を超える大箱店の、サニーズ、なら、間違いなく入る事が出来るし、ゆったりとテーブル席に着く事が出来る。
更に言えば、酒の肴にも事欠かぬと来ており、僕等には嬉しい限りなのである。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(5)

2017年11月14日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

17-10-08訪問
(写真)特製ソーセージ盛り
サニーズ:①特選ソーセージ盛り1480円171008
昨日の話の、続きである。
10月の3連休2日目の、日曜日。

連れと2人で、丸の内ホテル8階の、ポポム・ダダン、で、ローストビーフ食べ放題をした後、2軒目として向かったのは、八重洲地下街にあるお気に入りの店。
既に何度もご紹介している、サニーズ、である。

【前回の訪問記】
お食事処・酒処 サニーズ@八重洲

日曜日の午後という事で、ランチを食べに入ったグループ客や夫婦連れ等でとても賑わっていたが、運良く厨房近くの4人掛けテーブル席が空いていたので、腰を下ろす事が出来た。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2017年11月13日

Pomme d´ Adam ポム・ダダン@丸の内ホテル8F5

17-10-08訪問
(写真)ローストビーフ
ポム・ダダン:①ローストビーフ2880円171008
10月の3連休2日目の、日曜日。
連れと2人で、JR東京駅丸の内北口前に建つ、丸の内オアゾに入るホテル、丸ノ内ホテルのメインダイニング、ポム・ダダン、に、昼ご飯を食べに行った。

9月1日から10月末まで、オータムフェアーとして、ローストビーフ食べ放題をやっていたのだ。

ネットを見ていてたまたま見付けたのだが、ホテルのレストランでのローストビーフ食べ放題という事で、1も2もなく連れを誘った次第。(笑)

八重洲口にはよく行くのだが、丸の内側にはほとんど足を踏み入れぬ事にしているため、少し早く行って現場を確認。(笑)
ブラブラと歩き回った後、そろそろ予約時刻だ…と、8階にある店に向かったのだった。

エレベーターから降りると、店の入口。
扉は無い。
足を踏み入れると直ぐに、接客女性の1人が近付いて来た。

名を告げると、
「どうぞこちらへ。」
と、窓際の見晴らしの良いテーブルに、先導してくれた。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(4)

2017年02月08日

銀座イタリー亭@銀座一丁目5

16-12-23訪問
(写真)クリスマスコース ドルチェ
イタリー亭:①クリスマスコース6000ドルチェ161223
昨日の話の、続きである。
祝日だった、12月23日。
この日は、銀座イタリー亭、にクリスマスコースを予約していた。

【前回の訪問記】
銀座イタリー亭@銀座一丁目

開店時刻に予約を入れていたため、連れを伴い、開店と共に店に入る。
一番奥のテーブルに案内され、落ち着けると喜んでいたのだが、光量不足でどうも上手く写真が撮れなかった。(苦笑)
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年11月16日

割烹 嶋村@八重洲5

16-09-24訪問
(写真)幕末会席 鯛兜煮
嶋村:①幕末会席鯛兜煮160924
この日は土曜日。
連れの息子さんが彼女を伴い、僕と連れを、八重洲にある割烹、嶋村、に招待してくれた。

【前回の訪問記】
割烹 嶋村@八重洲

招待の趣旨は、一応けじめとして、彼等2人が連れに結婚の許しを得る儀式…という訳である。
1階奥の掘り炬燵式の個室を貸し切り、4人での会食であった。

この日の招待を、息子さんの目出度い話とは別の意味で、僕は喜んでいた。
…というのも、嶋村、では、土曜日の昼限定で、江戸末期の会席料理を再現する、幕末会席をいうのをやっているからであった。
土曜の昼は、この幕末会席30食限定で予約を受けて提供するのみで、他の客は店に入れない。

もう何年も前から、1度予約して行きたいものだと思っていたのだが、土曜の昼に八重洲に行く機会がなかなか得られず、この日に至っていたのだ。

そんな訳で、自分で払っていないのだが…目出度い記録の意味からも、掲載させて頂く事にした。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2016年10月26日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

16-09-04訪問
(写真)ナポリタン
サニーズ:①ナポリタン940円160904

日曜日。
連れと、松屋銀座に星野道夫没20周年記念写真展を観に行った帰り、八重洲地下街の、サニーズ、で昼ご飯を食べた。

【前回の訪問記】
お食事処・酒処 サニーズ@八重洲

既に昼時ではあったが、100席を超える大箱の店なので、すんなりと4人掛けテーブル席に着く事が出来た。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年08月29日

割烹 嶋村@八重洲5

16-07-12訪問
(写真)生うにと生ゆば
嶋村:①生うにと生ゆば1200円160712
会社帰り、連れと東京駅八重洲口で待ち合わせ、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、プライベートでは久しぶりとなる、老舗割烹、嶋村。
予め、1階奥の個室を予約しての訪問であった。

【前回の訪問記】
割烹 嶋村@八重洲

前回連れを伴った際は、送られて来た葉書通りの懐石コースを食べたのだが、今回は、店の名物料理を始めとする一品料理を、愉しむつもりであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2016年06月23日

歌舞伎茶屋@東銀座5

16-05-04訪問
(写真)隈取パン 3種 包装姿
歌舞伎茶屋:①隈取パン3種包装姿160504
昨日の話の続き…5月4日の話である。
義姉と東銀座へ飲みに行った連れが、歌舞伎座地下の歌舞伎茶屋で土産を買って帰ってくれた。

何でも、目立つディスプレイがされており、売り出しに力を入れている様だったとの事。
土産に買ってくれたのは、隈取(くまどり)パンという。
3種あり、3つ共買って帰ってくれたので、夜食に食べる事にした。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2016年04月27日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

16-03-19訪問
(写真)ぶ厚いホットケーキ と アイスコーヒー
サニーズ:①ホットケーキ550アイスコーヒー250全160319

三連休初日の土曜日。
連れと連れの息子さん、息子さんの彼女の4人で、八重洲地下街にある、サニーズ、で、午後4時前から飲む事になった。

【前回の訪問記】
お食事処・酒処 サニーズ@八重洲

息子さんの彼女に会うのは、久しぶりであった。

散々飲み食いして、そろそろ夜の8時半も過ぎようという頃、〆に僕と息子さんの彼女が頼んだのは、スイーツ。(笑)
今日は、2人が頼んだスイーツを、ご紹介しよう。
念の為に言っておくが、この店は、居酒屋若しくは大衆食堂に分類される店であって、スイーツ店ではない。

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年04月04日

イヴァン・バレンティン YVAN VALENTIN@バーニーズニューヨーク銀座店5

16-02-13撮影
(写真)バレンタイン限定チョコ4個入り箱を袋から出して
イヴァン・ヴァレンティン:①4個入2571円箱姿160213
バレンタインの、連れからのプレゼントである。
事務所の同僚に、買って来て貰った物との事。
プライベートチョコレート、と銘打った、菓子職人イヴァン・ヴァレンティンが作る、チョコレートである。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2016年01月11日

割烹 嶋村@八重洲5

15-11-21訪問
(写真)初冬の宴 鴨鍋 2人前 具材
嶋村:①初冬の宴鴨鍋2人前具材151121
この日は土曜日。
連れを伴い、予約していたJR東京駅八重洲口から直ぐの所にある割烹、嶋村、を、訪問した。
この店は、僕が八重洲口にある会社に通勤していた頃に、社用でもプライベートでも何度か訪問している、お気に入りの割烹である。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
割烹 嶋村@八重洲

先日、現在通勤している会社の社用で使用して以来、一度、連れを伴って行きたいと考えていたのだった。

店の歴史は古く、1850年(嘉永三年)に仕出し屋として日本橋で創業し、料理屋に転向してからは、大江戸料理屋番付、の最高位に掲載され、江戸城西の丸御用も務めたという。
明治初期には、伊藤博文や井上馨が用いた料亭でもあった。

そんな江戸時代から続く老舗の技と味を今に伝える店として、現在も、土曜日には幕末会席と銘打って、限定30食の予約制で、幕末期の料理を出している。

店の気風は、老舗でありながら格式張らず、至って気楽に使えるところも僕の好むところで、接待にも使えるがプライベートでも使いたい店…なのである。

前置きが長くなったが、この日は、1階奥の掘り炬燵テーブルの個室座敷を予約し、訪問したのであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年01月10日

秋田ふるさと館@有楽町5

15-11-21訪問
(写真)土産のかりんとう2品 包装姿
秋田ふるさと館:①土産2品包装姿151121
昨日、交通会館地下1階にある純喫茶、ローヤル、の訪問記を記した。
その少し前、僕と連れは、同じ交通会館の1階にある、秋田県産品のアンテナショップ、秋田ふるさと館、で買物をしていた。
連れがしょっつるを買うなら…と、僕も土産を買ったのであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年01月09日

純喫茶 ローヤル ROYAL@有楽町5

15-11-21訪問
(写真)ポルチーニ茸クリームパスタ 拡大
ROYAL:⑤ボルチーニ茸クリームパスタ拡大151121

三連休初日の土曜日。
有楽町にある交通会館内の、各県のアンテナショップを観に行った。
連れが、秋田のしょっゆるを買いに行きたい…と言ったためであった。

何でも、しょっつるにも色々あるが、あのアンテナショップで売っている美味しい物が、スーパーには売っていないらしい。
そんな訳で、秋田県のアンテナショップに出掛けたのだった。
目当てのしょっつるを買い求め、他県のアンテナショップも見て回ったところで、一休みしようという事になった。

…とは言っても、土曜の午後である。
交通会館からJR有楽町駅周辺は、人、人、人の波。

あそこなら確実に座れる…そう考えて訪れたのは、交通会館地下にある老舗純喫茶、ROYAL。

【前回の訪問記】
純喫茶 ローヤル ROYAL@有楽町

地下の店ながら大箱で席数が多いため、どんなに人が出ている休日でも、1つ位は空いている。
また、老舗の純喫茶のため若者達があまり来ない点も、席が空いている確率を高めてくれる。(笑)

しかし僕等2人は、只、席が空いているからと言うだけではなく、この店が好きである。
その理由は、ウェイターが皆、ベテランの中高年男性達だからである。
ベテランウェイター達の客に対する目配り、気配りは、実にぬかりのないもので、呼ぼうかな…と顔を上げれば、直ぐに来てくれる。
食後のコーヒーも、わざわざ声を掛けなくとも、タイミングを見て出してくれる。
実に気持ちが良い。

そんな訳で、たとえ街に人が出ていなくとも、僕等2人は、この店で休みたいと思うのである。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年04月03日

関門うにまん 極(きわみ)@AKOMEYA TOKYO5

15-03-01訪問
(写真)関門うにまん 極 パッケージ姿
関門うにまん極:①パッケージ姿150301
八重洲地下街にある居酒屋、サニーズ、を、出た僕と連れは、地上をてくてく歩 いて銀座へ。

文具店の、伊東屋、に、年度替わりのスケジュール帳を買いに行ったのだが、その途中、連れが、
「雲丹饅(うにまん)売っている店があるから、寄ってこ!」
と言うので、銀座2丁目で進路変更した。

目指したの店は、AKOMEYA TOKYO。
住所:東京都中央区銀座2-2-6
電話:03-6758-0270

店内には様々な食材や雑貨を売っており、店の奥では食事も出来る様になっている。
なかなか面白い店で、僕も連れもキョロキョロしてしまった。

その中に、目指す関門うにまんが並ぶ、冷蔵庫を見付けた。
この関門うにまんは、築地でも販売店で売られており、度々、テレビで紹介され、人気だそうである。
連れもテレビでそれを知り、ネットで調べたところ、銀座でも売っている事が判ったのだった。

冷蔵庫と通路を挟んだ反対側では、蒸籠で蒸した関門うにまんを、試食させてくれる。
先ず、普通の関門うにまんを試食したところ、実に美味い。
僕も連れも、思わず、
「美味しい!」
「美味い!」
と声を上げてしまったのだが、それを見た試食係の店員が、
「こちらはもっと美味しいですよ。」
と、蒸し器の前に積み上げた、関門うにまん 極(きわみ)の箱を指し示した。

「極(きわみ)は、普通の関門うにまんとは、全くの別物です。」
と、自信たっぷりに言う。
「試食出来ますか?」
と尋ねると、
「こちらは試食出来ないのですが…。僕が食べた残りが1個あるので、これをどうぞ。」
と、気前良く蒸籠から出してくれた。

「この極は、雲丹クリームが入っているので、試食用に切ると垂れてしまうんです。」
と言いながら、何とか4つ切りにして、4分の1ずつ渡してくれた。
これを食べた僕等は、その美味さに驚き、もう断然、極を買う事に決めたのであった。

因みに、関門うにまん、関門うにまん 極(きわみ)、の製造元は、芳賀茂元本舗という。
芳賀茂盛本舗は、日本唯一のうにまん専門店、との事。
作っている商品を紹介すると、関門うにまん、関門うにまん 極(きわみ)、黒糖くるみまん、ごろっと角煮まん、の4種類のみである。
ん? うにまん以外にも作っとやんけ!…という声が聞こえて来そうだ。(笑)

ツッコミはあろうが、ごろっと角煮まんというのは美味そうだ。
中華まんの様な感じなのであろうか。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年04月02日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

15-02-28訪問
(写真)ウーロンハイ
サニーズ:①ウーロンハイ470円150228
リッチョマニア・キッチン、で、雲丹を堪能した僕と連れは、ちょっと一息入れ よう…と、JR東京駅南口近くの八重洲地下街にある居酒屋、サニーズ、に入った。

【前回の訪問記】
お食事処・酒処 サニーズ@八重洲

丁度お昼時真っ只中という事で、店は賑わっていたが、何せ200席もある大箱…席にはかなり余裕がある。
ここなら、他の店が満席となる時間帯でも、必ず入る事が出来るという訳である。

気に入った席に着くと、取り敢えずウーロンハイを頼んだ。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年04月01日

リッチョマニア・キッチン@JR東京駅構内 ~出店業者は同じまま「うに屋のあまごころ」に店名変更しました~5

 
15-02-28訪問
(写真)特製ウニ入り生パスタ
リッチョマニアキッチン:①特製ウニ入リ生パスタ150228
明日は雲丹を食べに行こう!
…と言うと、連れも喜んで、じゃあ明日は雲丹を食べに行こう、という事になった。

向かったのは、JR東京駅のキッチンストリートにある店、リッチョマニア・ キッチン。
日本語訳すると、雲丹マニアの台所、である。

この店を出しているのは、九州西方にある壱岐島の雲丹業者。
そう。
雲丹料理専門のレストランなのである。

正確な住所と電話番号を記しておこう。
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅八重洲北口1階キッチンストリート
電話:03-6212-6224

ホームページを見ると、美味そうなパスタやオムライス等、雲丹と合せれば美味いに違いない料理の数々が紹介されている。

そんな訳で、翌朝、開店時刻前に店の前に到着すると、今か今かと店先に立って開店を待っていた。
開店5分前位になると、僕等の後ろに10人程の行列が出来ていた。
店先の看板に掲示されているが、ランチタイムには通常メニューが安く食べられるという事もあって、開店から暫くする頃には、店は女性客を中心に満席となっていた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2015年01月09日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

14-11-29訪問
(写真)ハンバーグカレー 全景
サニーズ:①ハンバーグカレー680全景141129
この日は連れの所用に付き合って、朝からJR東京駅八重洲口まで行った。

連れの所用が終わったのは、丁度、昼時の真っ最中。
飲食店は、何処も満席に近くなっている頃である。

とは言え、折角なので、僕等も八重洲地下街で昼ご飯を食べて帰る事にしよう…と、大箱で席数も200席ある、サニーズ、に入る事にした。
この店、以前に一度、ご紹介している。

【前回の訪問記】
お食事処・酒処 サニーズ@八重洲

店に入ると、入り口付近のテーブル席は、ランチタイムの定食を食べる客で既に埋まっていたが、そこは200席ある大箱の強みで、店の奥の方の席は、まだ空席。
僕等も、難無くテーブルに着く事が出来た。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年10月21日

お食事処・酒処 サニーズ@八重洲5

14-09-07訪問
(写真)なんこつ、鳥レバー、ぼんじり
サニーズ:①ナンコツレバーボンジリ140907
遅い夏休みの日曜日、9月7日の続きである。

八重洲地下街にあるオイスターバー、ガンボ&オイスターバー、を退散した僕と連れは、予め目を付けていた居酒屋に入った。

店の名は、お食事処・酒処 サニーズ、という。

店内は、サニーズ、という昭和チックな店名を裏切らぬ昭和の居酒屋然とした雰囲気でありながら、100席はあろうかという大箱。
店舗紹介の写真をご覧頂ければ、なるほど…と思って貰えると思う。

こんな店は、僕が八重洲にある会社に通っていた頃には無かった。
あれば、きっと重宝した事であろう。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2014年10月20日

ガンボ&オイスターバー 東京八重洲地下街店@八重洲5

14-09-07訪問
(写真)スーパーロックオイスタープラッター
ガンボ&オイスターバー:①岩牡蠣皿140907
遅い夏休み2日目の、日曜日。
9月7日である。

この日は生憎、朝から降ったり止んだりの雨模様であった。
兼ねてより連れが希望していたオイスターバーなる店に、出掛ける事になった。

何軒か調べてあったのだが、JR東京駅に隣接している八重洲地下街の店が、交通の便も良い…と、向かう事にした。

店に着いたのは、もう14時頃であったろうか。
狭い…と表現した方が良さそうな店内は、大賑わいであった。

客の年齢層は様々で、男女比もほぼ同じだったと思う。
東京駅に隣接した地下街、しかも日曜日という事で、観光客やショッピング客が殆どであった。
そう言えば、連れが芸能人を見付けて僕に教えてくれた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(3)

2014年07月02日

広島ブランドショップ TAU101@銀座一丁目5

14-05-06訪問
(写真)牡蠣フライせんべい 箱姿
TAU101:①牡蠣フライセンベイ583箱姿140506
JR東京駅で駅弁を買った後、昨日も観に入った銀座一丁目にある広島県産品のアンテナショップに、美味い物を買いに行った。

アンテナショップの名は、広島ブランドショップ TAU101、という。
場所は、中央区銀座1-6-10 銀座上一ビル1階。
電話番号は、03-5579-9952。

連れと2人、美味そうな酒の肴が買えたと、喜んで帰った次第。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2014年06月28日

銀座 遠音近音(おちこち)@銀座一丁目5

14-05-05訪問
(写真)土鍋鯛めし
遠音近音:①土鍋鯛飯140505
ゴールデンウィークの、5月5日(月)。
この日は、母が京都に戻る日であった。

前日から泊まっていた京橋のアパホテルを提示の11時にチェックアウトすると、昼ご飯を食べに、ブラブラと銀座方向に向かう。
前夜の晩ご飯と同様、昼ご飯も予約してあった。

予約していたのは、銀座一丁目にある瀬戸内ダイニングと銘打った創作和食の店、銀座 遠音近音(おちこち)。
カウンター席とテーブル席のみという事で、4人掛けテーブル席を予約していた。

店は、僕が好きなイタリアンの店、銀座イタリー亭の並びにあるビルの地下にあるのだが、細い階段を下りると、意外と広い店が眼前に広がった。

予約していた旨を告げると、店内を一望出来る、隅のテーブルに案内された。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2014年06月27日

美々卯 京橋店@京橋5

14-05-04訪問
(写真)うどんすき 1回目
美々卯:①うどんすき1回目140504
ゴールデンウィークの、5月4日(日)。
前日から、京都の実家から僕の母親が来ていた。

土曜日は僕の家に泊まったのだが、何かと気を使ってゆっくり寝られないのではないか…と、2日目の日曜日は、新しく京橋に出来たアパホテルに部屋 を取り、 ゆっくり過ごして貰う事にした。
僕と連れで1室、母親に1室、の、計2室を取ってあった。

12時過ぎに亀有駅北口にある蕎麦屋、奈可川、で、息子さんも含めた4人で昼ご飯を済ませると、息子さんはメトロで帰宅し、僕と連れ、そして母親の3人 は、タクシーで京橋に向かった。

15時にチェックインすると、晩ご飯まで、それぞれの部屋で寛ぐ事にした。
晩ご飯は、ホテルの直ぐ近くにある、うどんすきの老舗、美々卯 京橋店、に、個室テーブル席の予約を入れていた。

美々卯 京橋店、は、大阪に本店を構えるうどんすきの老舗、美々卯、が、関東に出した支店の草分けで、実に堂々とした、大きな、歴史ある建物である。

開店時刻の夜17時にホテルを出ると、歩いて30秒程の所にある、店の暖簾を潜った。
仲居に個室へ案内され、晩ご飯となった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(6)

2014年05月30日

銀座イタリー亭@銀座一丁目5

14-03-29訪問
(写真)アンティパスト盛合せ
イタリー亭:①アンティパスト盛合1575円140329
土曜日。
連れと銀座の文具の老舗、伊東屋に昨年度から仕事で愛用しているスケジュール帳を買いに行った帰り、銀座1丁目にあるイタリア料理店、イタリー 亭、で遅い昼ご飯を食べた。
既に何度もご紹介しているが、イタリー亭の創業は昭和28年。
既に60年に及ぶ歴史がある訳で、イタリアンでは老舗なのである。

【前回の訪問記】
銀座イタリー亭@銀座一丁目

土曜日の午後という事で何処も皆混み合っていたが、この店にも多くの客が訪れていた。
しかし混み合っていても、以前と変わらぬフレンドリーで丁寧な接客は、流石。
その気配りのある接客に、連れは喜んでいた。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年07月12日

レストラン ペリニヨン@銀座1丁目5

13-06-01訪問
(写真)ランチA メイン 全景
ペリニヨン:①ランチA4200円メイン全景130601
先日、連れと2人で下見に訪れた話を掲載した、銀座1丁目にあるフレンチレストラン、ペリニヨン、である。

【前回の訪問記】
レストラン ペリニヨン@銀座1丁目

下見の結果、その接客に感じ入った連れは、是非とも娘さんを連れて来たいと思った様であった。
そんな訳で、この日は娘さんを伴い、連れと3人で訪れた次第。

僕からすると、少し前に青砥の、ざいご、で、初任給を貰った娘さんに奢って貰ったりプレゼントを貰ったりした、お返しの意味も加わった。

前日に予め電話を入れ、コース内容を注文しての訪問である。
階段を上がると、スッと内側からドアが開かれ、
「お待ちしておりました。」
と、黒服を着た男性が出迎えてくれる。

「こちらへ。」
と、先導されて通されたのは、前回と違って奥にある小部屋。

4人掛けのテーブル席が2つ、ゆったりと配置されていのだが、この日は、僕等の貸し切りであった。

席に着き、先ずはシャンパンで乾杯するところから、始める事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年05月08日

レストラン ペリニヨン@銀座1丁目5

13-04-13訪問
(写真)メニューB メイン 和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
ペリニヨン:①和牛ほほ肉赤ワイン煮込み130413
休日。
連れと2人で、久しぶりに銀座に出た。

…というのも、ひょんな事から、八重洲の会社に通っていた頃に通った、京橋ドンピエール、が京橋地区再開発のため、2月末で休業閉店となった事を知ったためであった。

京橋ドンピエール、については以前のブログ、★下町外飯徒然草★に詳しいので、そちらをご覧頂きたいと思う。

【★下町外飯徒然草★掲載の京橋ドンピエール訪問記】
京橋ドンピエール@京橋
京橋ドンピエール@京橋

ご存知の方も多いと思うが、京橋ドンピエール、は、銀座1丁目に本拠となるフレンチレストラン、ぺリニヨン、を構える、ペリニヨングループの中の1店で、洋食とフレンチの融合を図った洋食店であった。

料理が美味いのは勿論の事、接客スタッフが立ち上げたペリニヨングループらしい、肌理の細かい接客がとても気に入り、何度も足を運んだものであった。

話は変わるが、この4月から晴れて社会人となった連れの娘さんは、現在、接客の何たるかをOJTを通して仕込まれている。
そんな娘さんにプロの接客を見せてあげようと、京橋ドンピエール、に予約を入れようとして、2月に閉店となった事を知ったのであった。

そんな訳で、京橋ドンピエール、に、娘さんを連れて行く事は叶わなくなってしまった。

こうなったら、本拠地である、レストラン ぺリニヨン、に、連れて行くしかなかろう…と思ったのだが、1階にある、ブラッスリー・ドンピエール、は訪れた事があるのだが、2階の、ペリニヨン、を訪れた事は、まだ無かった。

一度、下見をしよう…という事になり、連れと下見に訪れた次第。

店に着き、階段を上って行くと、中からサッとドアが開けられ、「いらっしゃいませ。」
と、黒服の中年男性が、笑顔で迎えてくれた。

予約を入れていた旨を告げると、
「お待ちしておりました。」
と、僕等の上着類を預かりながら、席まで案内してくれた。

「お飲み物は、如何致しましょう?」
上着を奥に掛けに行った先の男性に入れ替わり、若い男性がスッと側に寄り、訪ねて来た。
「シャンパンもございます。」
という事だったので、先ずはシャンパンを貰うところから、この日の下見が始まった。(笑) 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年02月23日

TEA ROOM 八重洲@東京駅地下1階八重洲南口キラピカ通り5

13-01-27訪問
(写真)モーニングD 全景
八重洲:①モーニングD680円全景130127
父亡き後の残務を行いに、再び京都に帰省する日曜の朝。

帰省する時はいつもそうなのだが、JR東京駅ビル地下1階の南口を出た所にある喫茶店、TEA ROOM 八重洲、で、新幹線の出発時間までの時間調整をした。

駅ビルと八重洲地下街の丁度境目に位置するこの店は、新幹線のホームにも近く、とても便利であった。

この朝は、急遽、連れが見送りに着いて来てくれたため、あれこれ話をしながら過した。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年08月28日

銀座かなわ@銀座6丁目5

12-07-28訪問
(写真)岩かき 全景
銀座かなわ:①岩かき全景120728
この日は、予め予約を入れ、連れと銀座に牡蠣を食べに行った。
訪れたのは、広島の牡蠣養殖業者が直営している牡蠣料理店、かなわ、の、銀座支店である。

以前は、銀座5丁目の数寄屋橋にあった東芝ビル地下2階にあったのだが、東芝ビル建替えに伴い、現在は銀座6丁目にある第三岩月ビル地下1階に、引越している。

【★下町外飯徒然草★掲載の以前の銀座5丁目店訪問記】
かなわ@銀座5丁目

因みに、僕は以前、広島市に出張した際、かなわ、の本店である、かき船かなわ、も、訪問している。
かなわ、は、創業140年を誇る広島の牡蠣の養殖業者の草分け。
特に本店である、かき船かなわ、は、平和公園の横を流れる元安川に浮かぶ、何室も座敷のある巨大な屋形船の料理屋で、風情ある一夜を過す事が出来た。

【★下町外飯徒然草★掲載のかき船かなわ@広島訪問記】
▼広島出張スペシャル▼ かき船かなわ@広島

そんな馴染みのある店で、夏らしく岩牡蠣と鱧(はも)を愉しもう…という趣向であった。

(写真)鱧(はも)柳川 全景
銀座かなわ:②鱧柳川全景120728
ビルの地下1階にある店に階段を下りて行くと、以前とは全く違った造りであった。

以前の店は、開放的な造りで、カウンター席と厨房、そして小上がり席からなっていたのだが、新しい店は、全ての壁や引き戸が、吉原遊郭の大店(おおだな)の総籬(そうまがき)の様に素通しの壁や引き戸にされ、椅子に座った顔の高さに板が嵌められた、半個室のテーブル席が通路の両側にズラリと並ぶ造りになっており、商談や接待等でも使える様に…との工夫がされている。

予約を入れていた事もあり、一番奥の部屋に通された僕等は、先ず酒を注文した。 
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2012年06月03日

純喫茶 ローヤルROYAL@有楽町5

12-04-28訪問
(写真)サンドイッチ 全景
純喫茶ローヤル:①サンドイッチ680円全景120428
椿屋珈琲店を出た僕等は、一路、交通会館へ。

久しぶりに交通会館を観て回ると、1階のテナントが随分変わっているのに驚いた。
様々な県のアンテナショップが、入っているではないか。
以前は、まるごと北海道位しか入っていなかったと思うのだが、北海道から九州まで、何県あるか分らぬ位である。

そんなアンテナショップを、1時間程、観て回り、本来の目的である食事のために、地下に降りた。

時刻は3時頃で、丁度、昼休憩の時間であったため、目当ての店は準備中になっていた。
有名なちゃんぽんの店は開いており、賑わっていたのだが、暑い日にちゃんぽんを食べる気にはならぬ。

ゆったり座れる店が良いな…と、考えていると、連れが、
「あっちの方に、古そうな、広い喫茶店があったよ。」
と言う。

古い、という言葉に反応した僕は、
「じゃあ、そこに行こう。」
と、歩を進める。

店の前に着いてみると、ああここか、と、思い出した。
以前に一度入った事がある、純喫茶 ROYAL、であった。

「お好きな席にどうぞ。」
と、熟年のウェイターに促され、席に着く。
そして、また思い出した。
「前に来た時も、この席に座ったんだよ。(笑)」
「この席、落ち着く。」
連れも気に入った様であった。

この店の特徴は、ウェイトレスを置かず、ベテランウェイター達3人がフロアにぬかりなく目配りしている事である。
この3人の接客は実に手際良く、テキパキと客を捌く様は、見ていて気持ちが良い。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年06月02日

椿屋珈琲店@銀座七丁目5

12-04-28訪問
(写真)アイス抹茶バニラ ラテ 全景 
椿屋珈琲店:①アイス抹茶バニララテ1080全120428
イタリー亭を出た僕等は、銀座八丁目の博品館内を色々と見てた愉しんだ後、また歩いて一丁目方向に戻る。
その途中、久しぶりに銀座七丁目の花椿通りにある、椿屋珈琲店に入る事にした。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
椿屋珈琲店@銀座七丁目

暑い位の陽射しが降り注ぐ好天に恵まれた日だったため、日陰を求めて、或いは銀ブラの足を休めるために訪れた客で店内は賑わっており、初めて3階に案内された。

3階はまだ空いていたので、窓際の落ち着いた席を占める事にした。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年06月01日

銀座イタリー亭@銀座一丁目 ~2012冬春を食べる~5

12-04-28訪問
(写真)銚子産本鰆の瞬間スモーク春野菜添え 全景
イタリー亭:①本鰆瞬間スモーク春野菜添え1680全120428
11時過ぎに湯島の、舞い鶴、を出た僕と連れは、一路、銀座一地丁目を目指して歩いた。

11時半頃に東京駅に着き、汗を乾かすために喫茶店に入る。
ほんの少し休んで、そこからはタクシーに乗り、11時45分に銀座一丁目に到着した。

目指していた店は、銀座 イタリー亭。
何年か振りの訪問である。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
銀座イタリー亭@銀座一丁目

天気の好い日で銀座に繰り出す人も多く、後から行ってみると中央通りの歩行者天国は人で溢れていたのだが、一丁目、二丁目辺りは、想像していた通り、それ程人は居なかった。

そんな訳で、店に入ったのは開店時間の11時半を過ぎていたが、まだ席には十分余裕があった。
少し奥に入った、落ち着ける場所にあるテーブル席に案内され、腰を下ろす。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年06月01日

交通飯店@有楽町5

11-02-15訪問
(写真)炒飯と餃子 全景
交通飯店:①炒飯700円餃子450円全景110215
読売ホールでのパネルディスカッション動員に参加しての帰り、早目の晩ご飯を食べて帰る事にした。
JR有楽町駅から直ぐの、交通会館地下にある交通飯店に入る。
久しぶりの訪問である。

【前回の訪問記】
交通飯店@有楽町

まだ晩御飯の時間には少し早い事もあって客はおらず、ご主人を始め、皆、カウンター席に座って休息していた。
「いらっしゃい。」と、皆、一斉に立ち上がる。

カウンター席の奥に座り、炒飯と餃子を注文する。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月09日

交通飯店@有楽町5

10-05-14訪問
(写真)チャーハン 全景
交通飯店:?チャーハン700円全景100514
(写真)チャーハン 拡大
交通飯店:?チャーハン700円拡大100514はまの屋パーラーを出た足で、もう一軒、と、交通会館地下にある交通飯店を訪問した。

中年のご主人と奥さん、息子さんらしき若い男性が3人で切り盛りしている。

●チャーハン 700円

具材は、細かく刻まれたハム、刻み葱、玉子とシンプルなのだが、炒め技の妙で、これらの具材が満遍なくご飯に散っており、赤、緑、黄色の彩りが実に美しい。

味付けは、しっかりと塩味を効かせ、近隣の勤め人が集う食堂らしいメリハリの効いた物で、美味い。
これに付く中華スープは、対照的にあっさりとした味付けがされており、濃い目の味付けのチャーハンと、実によく合う。

交通飯店 ( 有楽町 / 中華料理一般 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月08日

はまの屋パーラー@有楽町5

10-05-14訪問
(写真)サンドイッチセット 全景
はまの屋パーラー:?サンドイッチセット830全100514
(写真)野菜と玉子サンド 拡大
はまの屋パーラー:?野菜と玉子サンド拡大100514
東京国際フォーラムに講演を聴きに行く前に立ち寄る。
厨房が男性2人、接客が気さくな中年女性2人と、4人で切り盛り。

●サンドイッチセット 830円 + トースト代 20円

サンドイッチセットは、玉子、チーズ、フルーツ、ツナ、ハム、野菜の各サンドイッチから2種類を選んで飲み物を付ける事が出来る物で、20円追加すると、パンを焼いてトーストサンドにする事も出来る。

今回は、玉子と野菜を選んで焼いて貰い、飲み物はホットコーヒーを選ぶ。

野菜サンドは、レタス、胡瓜、トマトが挟まれた物。
これに塩を振り掛けて齧り付く。
冷たくシャッキリとした野菜が、温かいトーストによく合い、美味い。

玉子サンドは、ふんわりとした玉子焼きを挟んだ物。
薄くマヨネーズが塗られていたと思うのだが、これも軽く塩を振って齧り付いた。
ふんわりと、スクランブルエッグの様に焼かれた玉子が美味い。

単品のサンドイッチは580円、スペシャルサンドイッチは700円。
フルーツパーラーらしく、フルーツサンドがあったり生ジュースの種類が豊富に揃っていたりする。

逆に食事メニューは、サンドイッチの他には、トースト類、ピザのみに絞り込んでいる。

はまの屋パーラー ( 有楽町 / 喫茶店 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2010年08月03日

キッチン大正軒@有楽町5

10-05-08訪問
(写真)サービスランチA 全景
キッチン大正軒:?サービスランチA950全景100508
(写真)サービスランチA 拡大、具沢山の味噌汁 拡大
キッチン大正軒:?サービスランチA950拡大100508キッチン大正軒:?具沢山の味噌汁拡大100508この日は、ドライブがてら有楽町に向った。
車を交通会館の駐車場に停め、交通会館の地下で昼食を摂る事にした。

ぐるりと地下街を歩いたところで、肉屋直営のキッチン大正軒という小さな洋食屋が気になり、入る事にする。

カウンター席のみ10席程の店内は、こじんまりとしている。
厨房には、野球帽型の帽子を被ったお爺ちゃんが立ち働いている。

接客に出て来てくれたのは、中年より若い女性。
お爺ちゃんとの話し振りからすると、2人は父娘の様である。

カウンター席の一番奥に座ると、入口横に掲示された品書きを見て予め決めていた、サービスランチAを注文した。

●サービスランチA 950円

サービスランチAは、鮭フライとビーフカツのセット。
肉屋直営という事で、ビーフカツを食べてみたかったので、これを選んだ次第。

注文を受けると、早速おじいちゃんは準備に取り掛かった。

待つ事暫し、娘さんが注文の皿を盆に載せて運んで来てくれた。

先ず目を惹いたのは、肉厚な鮭フライの大きい事である。
ザックリとした香ばしい衣に包まれた鮭フライは、大まかに3つに切られ、横にタルタルが添えられている。
厚い鮭フライの身はホクホクとしており、タルタルを載せて食べても、ソースを掛けて食べても美味い。

もう一方のビーフカツもザックリとした香ばしい衣に包まれているのだが、鮭フライの衣が明るい色をしているのに対して、こちらは濃い色をしている。
どうやら、揚げの温度が違う様である。

サービスランチという事もあって、牛肉は細身で、細長い。
肉の厚さは、1センチ程であろうか。
予め、自家製と思われるソースが掛けられている。
口にしてみると、ザクザクとした衣の香ばしい食感と、細い身ながらジューシーな牛肉の旨味が相まって、なかなか美味い。

どちらの揚げ物も、ご飯が進む事、進む事。
添えられたキャベツの千切り、人参の千切りも、刻みたてで鮮度が良いし、若布とキャベツの味噌汁も、美味くてご飯が進む。

パクパク、ムシャムシャ、一心不乱に食べ進み、あっという間に食べ終えてしまった。(笑)

実は、食べる前にカウンター席に置かれたグランドメニューをしげしげと見ていたのだが、実に魅力的なセットメニューが、多数並んでいた。
店舗紹介の方に掲載している。

是非、また食べに行きたいと思う。

キッチン大正軒 ( 有楽町 / とんかつ )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)