神田・神保町・御茶ノ水・秋葉原

2019年05月22日

ビストロ 石川亭 神田錦町店@神田4

19-04-02訪問
(写真)プリフィックスランチ ハンバーグ
石川亭:①プリフィクスランチ1100円190402
この日は、昼に課の歓迎会で、神田錦町にある、ビストロ 石川亭、を訪問した。
大手町界隈で食べる事なんぞ滅多に無いので、載せる事にした。(笑)
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2018年05月05日

うな正@神田4

18-04-02訪問
(写真)鰻重
うな正:①鰻重180402
ちと、話が前後するが、この日は4月2日。
4月の異動で、初めて大手町に出勤した、月曜日である。

今までの会社の様に部下がいる訳ではなく、研究員という不思議な肩書きになり、労働法務を扱う仕事をする事に。
…とはいえ、1年は勉強に明け暮れる事になりそうである。

その夜、歓迎会ではなく、労働法務を扱う僕の所属するチームと人事労務を扱うチームとで、結団式(つまり僕も有料…苦笑。)と銘打った懇親会が、神田西口商店街にある小さな鰻屋の2階を貸し切って行われた。

店の名は、うな正、という。
2階は、狭い座敷に卓が4つ置かれている。
そこに、ぎゅうぎゅう詰めで18人ばかりの人間が座った次第。
久しぶりに堀炬燵ではない座敷に胡座をかいて座ったものだから、足は痺れる、腰は痛くなる…で、ちと、参った。(笑)
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(4)

2017年06月11日

広島みはら八天堂 秋葉原メトロピア店@秋葉原5

17-04-28訪問
(写真)クリームパン 他 4種 包装姿
八天堂:①クリームパン等4種170428
土曜日。
連れの娘さんが土産に買って帰ってくれた、八天堂、の冷しクリームパン4種を食べた。

広島県三原市を本拠とする、八天堂、の東京店舗は、僕が通勤で使っている、メトロ永田町駅構内にもあるため、目にした事があった。
しかし会社帰りに買う気にはならず、これまで食べた事は無かったのだった。

家で、八天堂、の話しをした事は無いのだが、普段からメロンパンやクリームパンが好きで、買って帰る事が多い僕の事を知っている連れの娘さんが、土産に買って帰ってくれたのだった。

因みに、八天堂、は、ホームページを持っているため、ご紹介しておこう。

●くりーむパンの八天堂HPhttp://hattendo.jp/

買って帰ってくれたのは、プレミアムフローズンくりーむパン、かすたーどくりーむ&生くりーむパン、プレミアムフローズンくりーむパンあまおう苺、ひろしま檸檬パンの4種。

因みに、プレミアムフローズンくりーむパンあまおう苺は、期間限定商品であった。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2015年11月21日

炭火焙煎珈琲 壹眞珈琲店(かづまこうひいてん)@神保町5

15-09-30訪問
(写真)アイスコーヒー 全景
壹眞珈琲店:①アイスコーヒー620全景150930
共栄堂、を出た僕は、神保町交差点の方に戻った。
神保町交差点から靖国通り沿いほんの少し行った角ビルの、地下1階にある、壹眞珈琲店(かづまこうひいてん)神保町店、で、2軒連食して火照った身体をクールダウンするつもりであった。
この店は、神保町界隈の飲食店巡りをしていた頃、よく食後に入った店の1つである。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
炭火焙煎珈琲 壹眞珈琲店(かづまこうひいてん)@神保町

因みに神保町店以外の3店は、晴海通り店、中央通り店、並木通り店と、全て銀座にある。

地下の店に通じる階段を降り、落ち着いた雰囲気の店内に入ると、客は僕だけであった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年11月20日

スマトラカレー 共栄堂@神保町5

15-09-30訪問
(写真)ポークカレー 全景
共栄堂:①ポークカレー950全景150930
昨日の続きである。
豚大学、で、豚丼大を食べた後、もう1軒、立ち寄る事にした。
久しぶりに、共栄堂、のカレーが食べたい…と思ったのだ。

【前回の訪問記】
スマトラカレー 共栄堂@神保町

豚大学、から更に靖国通り沿いに歩くと、歩道上に、緑に輝く電光看板が出ている。
地下に下りる階段の手摺りを通して、地下にある硝子張りの店内が見える。
店内は、よく賑わっていたが、何席か空いていた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2015年11月19日

豚大学 神保町校舎@神保町5

15-09-30訪問
(写真)豚丼 大 と 豚丼セット 全景
豚大学:①豚丼大810豚丼セット140全150930
会社帰りにメトロ半蔵門線の神保町駅で途中下車し、晩ご飯を食べた。
訪れたのは、豚大学 神保町校舎。
この面白い名と美味そうな豚丼の写真をネットで見付け、早速、訪れる事にしたのだった。
開店は、2013年9月というから、出来て2年経っている。

店は、神保町の交差点から靖国通り沿いに歩いた、雑居ビルの3階にある。
階段の段の部分に品書きが書かれており、どれにしようか思案しながら上って行くと、上り切った所に券売機がある。
入口から左手に向かって長いカウンター席が伸びており、奥にはテーブル席もあるらしい。

主たる客層は周辺の大学生らしき若者達で、中には女子学生も混じっている。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年09月16日

徳萬殿@神保町5

15-08-03訪問
(写真)チャーハン 大盛 横景
徳萬殿:①チャーハン700大盛100円横景150803
会社帰りに、社内の同僚1名を伴い、神保町で晩ご飯を食べた。
その同僚の事は、5月の連休明けに一緒に訪問した、神楽坂飯店、の訪問記に詳しいので、ご覧頂ければ…と思う。

【神楽坂飯店の訪問記】
神楽坂飯店@神保町

神楽坂飯店、の訪問後、この次は、徳萬殿、の大盛炒飯を食べに行こう…と約束していた。
その約束を果たすべく、この日の訪問となったのだ。

前回1人で訪問してから、もう随分時間が経ってしまった。

【前回の訪問記】
⇒徳萬殿@神保町

この店の事は、大盛ラブ、デカ盛ラブな方々(笑)なら、ご存知と思う。
どの料理も、元々ボリュームたっぷりなのだが、大盛にすると、かなり暴力的な量になる。
…とは言っても、奇を衒ったチャレンジメニューではないため、僕の様な一般人(笑)でも、十分に食べ切る事は出来る。

徳萬殿、は初めてという同僚を引き連れて店内に入ると、宴会かどうかを尋ねられた。
どうやら、長居する客は2階に上げるらしい。

僕等は、せいぜい30分から1時間だと応えたところ、1階のテーブル席で良い事になった。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年09月08日

さぼうる2@神保町5

15-07-28訪問
(写真)アイスコーヒー 全景
さぼうる2:①アイスコーヒー430全景150728
昨日の話の続きである。
キッチン南海 神保町店、を出た僕は、汗だくになった身体を乾かすため、直ぐ近くにある老舗喫茶店、さぼうる2、に入った。

【前回の訪問記】
さぼうる2@神保町

隣にある、さぼうる、は、夜はBarもやる店。
外からざっと見たところ、かなり混んでいた。
そんな訳で、食事メインの店ではあるが、さぼうる2、に入った次第。

ドアを開けて中に入ると、厨房では忙しく料理が作られており、テーブルも結構混んでいた。
「1人です。」
と言うと、接客担当の店員は部屋の片隅を指し、
「お一人なら…こちらでいいですか?」
椅子2つがテーブルの片側に並べて置かれている、1人用のテーブルに案内してくれた。

テーブル横の壁に設えた棚に、記念達磨が2つ、置かれていた。
達磨には、さぼうる、が、今年で開店60周年を迎えた事が書かれている。
記念パーティーでも、やったのかも知れぬ。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年09月07日

キッチン南海 神保町店@神保町5

15-07-28訪問
(写真)カツカレー 大盛 全景
キッチン南海:①カツカレー大盛850円全景150728
会社帰りにメトロ神保町駅で途中下車し、晩ご飯を食べた。
立ち寄ったのは、キッチン南海 神保町店、である。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
キッチン南海@神保町

以前はよく神保町で途中下車して、あちこちの店を食べ歩いたものである。
神保町は、学生街のためであろうか、特にカレーが目玉の店が多く、ここ、キッチン南海 神保町店、も、そんな店の1つとして、 訪れている。

この日は6時前の入店で、ほぼ満席。
9人座れるカウンター席に囲まれた厨房には、料理人3人、接客は若者1人と…よぼよぼのお爺ちゃんが1人。(笑)
このお爺ちゃんが、店主だと思われる。

テーブル席もあり、カウンター席の後ろ、店の奥の方に3つ。

この頃はまだ猛暑続きだったのだが、何と、入口ドアは開いており、エアコンの無い店内は、灼熱地獄。(笑)
すっかり忘れてしまっていたが、以前も、こうだったのであろう。

そんな灼熱地獄の店内で、客は皆、汗だくになりながら、カツカレーや揚げ物の定食を、美味そうにパクついている。
正に、学生街のノリである。

こんな店にも拘らず(失礼!)、チラホラ若い娘さんの姿…この辺りの学生なのであろうか…が見えるから、驚く。

そうそう。
この店にはお約束があり、店内に空席が見えても、店員に呼ばれない限り、入口ドアの所で待たなけれならない。
僕も、目の前のカウンター席が1つ空いていたのだが、呼び入れられるまで待っていたところ、接客の若者が、その席に案内してく れた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年06月24日

喫茶室 プシケ@神保町5

15-05-14訪問
(写真)カレーライスセット 全景
喫茶室プシケ:①カレーライスセット900全景150514
この日は、神保町の日本教育会館8階で、朝10時から17時まで、1日研修会を受けた。
昼休みは、時間もある事だし、ブログネタに会館1階にある喫茶店で、軽食を摂る事にした。

昭和の香りが色濃く残る店で、広い店内には沢山のテーブルが配置されており、80席と席数も多く、寛ぐ事が出来た。

住所:東京都千代田区一ツ橋2-6-2
TEL:03-3264-7650
営業時間:8:00~19:00
定休日:年中無休

実際に訪れてみるまで、日本教育会館なんぞという建物に、どんな事務所が入っているのであろう…とまるで思い浮かばなかった。
7階~9階は殆どが会議室なのだが、地下1階~6階には、様々な教育関係団体の事務所が入っており、結構な人数が務めている。
このため、僕が訪れた、プシケ、の他にも、地下1階と地上階には、複数の飲食店が入っている。

僕が、プシケ、を、昼時に訪れた際にも、8割程度のテーブルが埋まり、殆どがこのビルの勤め人と思われた。
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2011年10月21日

神田藪蕎麦@神田須田町4

11-09-04訪問
(写真)冷しなすそば 全景
神田藪蕎麦:①冷やしなすそば1300円全景110904
美味いカレーを食べた後、江戸時代から続く老舗の集まる神田須田町界隈を連れに説明しながら散策していると、そんな老舗の一軒である、神田藪そば、が見えた。
いつもなら外にまで人が溢れているのだが、この日は、もう既に昼時であるにも拘らず、門付近に人影が見えない。
初めて神田藪そばの木造建築を見る連れは、「凄い建物だねぇ。」と、感心している。

それじゃあ入ってみようか…と、門を潜る。

門を潜って敷地内に入ると、玄関口まで少し距離があり、左手には庭が広がっている。
敷石の上を歩いて、玄関口の引き戸を開けて中を覗いてみると、賑わってはいるのだが空席も見えた。

「何人様ですか?」
「2人です。」
「では、あちらの小上がりにどうぞ。」
言われた通り店の奥に入って行き、小上がりに上がる。

注文を取りに来た接客女性に告げた後、あらためて周囲の客を観察する。
多くの客で賑わう店内だが、服装や手に持ったガイドブック等から、その多くが観光客である事が解る。
「古い店なんだねぇ。」
連れも辺りを見回しながら、あらためて感心しているので、藪蕎麦の系譜や、藪、砂場、更科、の3つの蕎麦の系譜について説明する。
「ふ~ん。」

そんなところに、僕等の注文した蕎麦がやって来た。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月20日

カリー専門店 トプカ 神田本店@神田須田町5

11-09-04訪問
(写真)名店会カリー ザ・ビーフ 全景
神田トプカ:①名店会カリーザ・ビーフ1300円全景110904
この日は連れとドライブがてら、神田から御茶ノ水界隈に車を飛ばした。
正確に言うと、向かったのは神田須田町である。

江戸時代から続く老舗の多いこの界隈には以前から何度か足を向けており、このブログでも鮟鱇料理の老舗や甘味の老舗をご紹介している。

そんな須田町にも、僕が興味を持っている幾つかの新しい店がある。
新しい店といっても、僕が興味を持つからには、勿論、昨日今日出来た店ではない。
ご存知の様に、このブログでは真新しい新店は採り上げない。
歴史を重ねている店であればある程良く、最低でも開店後1年は経っていなければ採り上げない事にしている。
え?何故かって?
長く続いている店には、それだけの魅力があるからである。
逆に、どんなにテレビや雑誌が採り上げようが、魅力が無ければ客足は遠のき、1年か2年で潰れてしまう。
バブルの頃、テレビや雑誌がもて囃した店々…お洒落な店という謳い文句が多かったが…の惨状を見れば明らかである。
そんな訳でこのブログでは、世間で言うところの、流行に乗ったお洒落な店、ピカピカの新しい店、が、殆ど出て来ない。
その中の1軒が、この日、目的としていた店であった。

トプカ、という名の由来は、「トップ・クオリティー・オブ・カリー」の略との事で、どこにも負けないカリーのNO.1を目指している、と、店のホームページに書かれている。

大した自信だ…と受け取る方もおられ様が、僕は、料理人たるもの、客に出すからにはかく在りたいものだと思う。
そんな訳で、この店の事は随分前から気になっていた。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月17日

自家焙煎珈琲専門店 茶房 神田伯剌西爾(かんだぶらじる) @神保町5

11-08-28訪問
(写真)メニュー
神田ブラジル:②メニュー110828
冷やし中華の元祖と言われる物を食べた後、「美味しかったね~。」等と連れと語り合いながら、神田すずらん通りを三省堂本店ビル方向に歩いて行った。

すずらん通りの端まで行った所で靖国通り方向に左折すると、通りの左手に小宮山書店という古書店がある。
この古本屋の地下1階に、以前から気になっていた珈琲専門店があった。
古書店の存在が霞んでしまう程に大きく古いテントには、茶房 神田伯剌西爾(かんだぶらじる)、と大書されており、一見すると、地上にある店が喫茶店ではないかと勘違いしてしまう。
「入ってみない?」
「いいよ。」
…という事で、古書店の脇にある階段を地下に下りて行った。

地下にある入口から店内に入ると、何処かの古民家を解体して移築したのであろうと思われる、木の質感を活かした落ち着いた店が広がっている。

「いらっしゃいませ。」
50代と思われる、落ち着いた物腰の婦人が迎えてくれた。
入口から直ぐの所にある厨房では、30代から40代と思われる男性が珈琲をカップに注いでいるところであった。
店は案外広く、しっとりしたジャズピアノ曲が流れている。

厨房の前を通り過ぎ、店内が一望出来る一番奥の角の4人掛けテーブル席に、着く事にした。

卓上には、立派な装丁のメニューが備えられている。
ページをめくって注文する品を決めたところに、離れて僕等の様子を見ていた先の接客女性が水を運んで来てくれたので、注文の品を告げた。

待つ間、厨房の男性と接客女性の様子を観察する。
会話の様子から想像すると、お二人は姉弟か、はたまた親子か、ひょっとするとご夫婦か…といった間柄の様で、オーナーは女性の方という感じである。
オーナーが接客を勤める店もあるので、そうなのかも知れぬ。

それにしても歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気の店で、少なくとも10年近く経っているはずである。
僕等は、すっかり気に入ってしまった。
遠くを見遣ると、どうやら囲炉裏席もある様だ。
接客女性の趣味なのであろうか、アンティーク調の調度類もとても趣味が良く、室礼も素敵である。

そんな事を話し合っていると、「お待たせしました。」と、僕等の品が運ばれて来た。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年10月16日

中国料理 揚子江菜館@神保町5

11-08-28訪問
(写真)五色涼拌麺 全景
揚子江菜館:①五色涼はん麺1470全景110828
明治39年創業の上海料理の老舗、揚子江菜館、を訪問した。
店は、靖国通りの神保町交差点から一筋中に入った、神田すずらん通り商店街に入って直ぐの所にある。

以前、八重洲にある会社に通っていた頃、会社帰りに神保町で途中下車してこの界隈は随分と歩き回ったものである。
当時の訪問記は、★下町外飯徒然草★に詳しい。

【★下町外飯徒然草★の神保町界隈訪問記】
カテゴリ「神田・神保町・小川町・御茶ノ水・秋葉原」

そんな訳で、この店の前は何度となく通って店の存在は知っているのだが、入った事は無かった。
いや、実は何度か入ろうとした事はあるのだが、外からドアの硝子越しに見える店内は、いつも満席状態だったのだ。

この店は、冷し中華の元祖としてテレビに出た事もあり、そんな話を連れにしたところ、その冷し中華を食べていたいという。
それじゃあ良い機会だから行ってみるか…と、この日、冷し中華を食べに出て来たのであった。

ドアを開けて中に入る。
1階はまだ席が2つ程空いていたが、2人居た接客女性の内の1人が2階に上がってくれというので、エレベーターで2階に上がる。


2階はまだ灯りが点いておらず、誰も居なかった。
僕らに付いて上がって来た年嵩(としかさ)の接客女性が部屋の灯りを点け、4つあるテーブル席の内の右奥のテーブルを勧めたので、そこに腰を下ろす。

冷たく冷えた烏龍茶と共に出してくれた品書きから、目当ての冷し中華を頼んだ。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年10月15日

Cafe Comfort カフェ・コンフォート@神保町5

11-08-28訪問
(写真)ほろ苦ブラックアイスコーヒーフロート 全景
カフェ・コンフォート:①ほろ苦BIコーヒーフロート600全景110828
この日は連れと、ドライブがてら神保町に冷し中華を食べに行った。
わざわざ冷し中華を食べに?…と、言う事無かれ。
食べに行く理由があったのだ。

神保町に着いてコインパーキングに車を停めたのだが、まだ随分と時間がある。
そんな訳で、雑貨屋等をブラブラ歩きして散策する。
この界隈は古書街として有名だが、それ以外にも学生街という事もあって、なかなか面白い品揃えの雑貨屋や画材屋が点在しており、これを見て回るだけでも充分に楽しむ事が出来る。

何軒か見て回ったところで中途半端に時間が余ったため、以前に一度入った事のある、靖国通り沿いにある三省堂ビル2階のカフェ、コンフォート、で休む事にした。

【前回の訪問記】
Cafe Comfort カフェ・コンフォート@神保町

混み合っている三省堂の店内は通らず、三省堂入口左横の階段を上がって店内に入る。

眼下に靖国通りを見下ろす事の出来るテーブル席に腰を下ろし、ホッと一息。
何を飲もうか…と、テーブル上を見ると、グランドメニューとは別に、お勧めの飲み物やケーキが単品で紹介されている。
その中に、美味そうな物があった。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月13日

Cafe Comfort カフェ・コンフォート@神保町5

10-09-12訪問
(写真)アイス黒糖カフェオーレ 全景
Cafe Comfort:①アイス黒糖カフェオーレ630円全景100912
(写真)アイス黒糖カフェオーレ 拡大
Cafe Comfort:②アイス黒糖カフェオーレ630円拡大100912
キッチンカロリーを出た僕は、駿河台交差点で靖国通りを渡り、角近くに建つ三省堂書店ビルの2階にあるカフェ、Cafe Comfort、に、立ち寄った。
食後の一休み、という訳である。

店は混み合っていたが、窓際席近くの角に座る事が出来たので、冷たい飲み物でも…と思いながら、メニューの中から、ちと、珍しい物を注文してみた。

●アイス黒糖カフェオーレ 630円

暫くして運ばれて来たグラス。
アイスカフェオレに、たっぷりと生クリームが載っている。
その様は、まるでソフトクリームがグラスに入っている様である。

そのウネウネととぐろを巻いた生クリームの頂には、珈琲の粉末が振り掛けられており、更に、珈琲豆が1粒、飾り付けられている。
初め、チョコレートかな?…と思い、ひょいと口に放り込んでガリッとやってみたところ、苦い苦い珈琲豆であった。(笑)

黒糖カフェオレ、という名の由来は、黒糖が予め甘味としてカフェオレに溶けている事による。
飲んでみると、ほんのりと自然な甘さが拡がり、なかなか美味い。

運んで来てくれた女性は、「よく掻き混ぜてからお飲み下さい。」と言って立ち去ったのだが、アイス系の飲み物で生クリームを溶かし込むのはあまり好みではない。
ホット系の飲み物ならば生クリームもサァッと溶けて良いのだが、アイス系では生クリームはなかなか溶けず、グチャグテャと分離しながら入り混じる…といった感じになってしまい、見た目も悪いし、美味くない。

そんな訳で、大まかにザックリと混ぜた後は、カフェオレはカフェオレで飲み、合間にほんのり甘い生クリームをスプーンで掬って食べる、という飲み方をした。

生クリームをあんなにたっぷり入れる事についての是非はさておき、このカフェオレ、なかなか美味い飲み物であった。

UCCカフェコンフォート 三省堂書店神田神保町本社ビル店 ( 神保町 / カフェ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月12日

キッチンカロリー@神保町5

10-09-12訪問
(写真)カロリー焼きダブル ご飯大盛 全景
キッチンカロリー:①カロリー焼ダブル850飯大盛全100912
(写真)ご飯大盛 横景
キッチンカロリー:②ライス大盛無料横景100912
(写真)カロリー焼きダブル 横景
キッチンカロリー:②カロリー焼ダブル850横景100912
休日のこの日、久しぶりに、神保町にある1950年創業の老舗洋食店、キッチンカロリー、を、訪問した。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
キッチンカロリー@神保町
この店の上にある古瀬戸珈琲店やザ・ハンバーグには既に再訪を果たし、このブログでもその様子をご紹介したが、この店が残っていたのだった。

店が入る雑居ビルの横手にあるコインパーキングに車を停め、古瀬戸珈琲店で開店時間までの時間を潰して、口開けの客として店に入った。

窓際の4人掛けテーブル席に腰を下ろし、テーブルに備えられたファミリーレストランの様な写真入りの品書きを手に取る。
前回訪問した時もこの様な品書きであったかどうか思い出せないが、解り易くてなかなか良い。
お腹も空いていたので、ちと、沢山食べる事にした。

●カロリー焼きダブル 850円 + ご飯大盛(無料)

カロリー焼きは、安い牛肉の臭みや生焼け玉葱の辛み・臭みを、卓上に置かれた大蒜醤油をたっぷりと掛ける事で覆い隠して食べるのだが、何故か不思議と美味い。(笑)

決して美味しい料理という紹介の仕方は出来ないが、食欲旺盛な学生時代にこれを口にした事のある方は、おそらく、懐かしく忘れ得ぬ味、特別な味、になっているに違いない。
勿論、神戸界隈で大学生時代を過ごした僕に、その様な郷愁は沸かぬのだが、僕は食いしん坊である。
この癖のある、決して美味しいとは言えぬ(度々失礼!)この料理を、学生の頃に戻って、美味い美味いと食べる事が出来てしまう。

(写真)カロリー焼きダブル 拡大
キッチンカロリー:③カロリー焼ダブル850拡大100912
そんな僕には、ダブル(大盛)でさえ物足りなく思えてしまったりするから、困ったものである。
いや実際、ダブルにしても牛肉の量はそれほど多くはならない様だ。
カロリー焼きの下には嵩増しの為にスパゲティーが敷かれているのだが、このスパゲティーの量が、実に大盛。(笑)

(写真)カロリー焼きの下に隠れた山盛りスパゲティー
キッチンカロリー:④カロリー焼の下の山盛スパ100912
まあ、大盛で850円という安い価格設定なので、これは仕方ないかな…と思うが、後半は大蒜醤油を絡めたスパゲティーをおかずに、ご飯を頬張る事になった。
しかし、別に苦にはならない。
大蒜醤油味が付いたスパゲティーなら、焼きそばやナポリタン同様、立派なご飯のおかずだと思っている。

ご飯も大盛にしてみたのだが、写真で見ると山の様に見えるものの、ご飯食いの僕には丁度良い量といった感じであった。
ご飯大盛無料でもあるし、若い男性ならこれ位ご飯があった方が良いのでは…と思う。

ああ美味かった、と、一気呵成に食べ終えた。

ところで、このキッチンカロリーという店名には、ご主人の洒落たセンスが感じられ、秀逸だと思う。
この界隈にある多数の学校に通う、食欲旺盛な若者達の胃袋を満たすという、店のコンセプトも明快だ。
カロリー、という言葉は、現在ではカロリーが高い…という使われ方しか聞かず、まるで悪玉の様な扱われ方をしているが、カロリー消費効率の良い健康的な若者達にとっては、必要なカロリーを安く摂取出来させてくれる店は、実に有り難い事であろう。
そのコンセプトをそのまま商品名とした、カロリー焼き、も、実に良い名前だ。

キッチンカロリー ( 神保町 / 洋食 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月21日

カフェテラス古瀬戸@神保町5

10-05-22訪問
(写真)アイスコーヒー 全景
カフェテラス古瀬戸:?アイスコーヒー525全100522
(写真)アイスコーヒー 拡大
カフェテラス古瀬戸:?アイスコーヒー525拡100522
徳萬殿の炒飯大盛を久しぶりに堪能した僕は、その前に、さぼうる、で、モーニングを食べていた事もあって、ちと、一休みするか…と、更に路地を奥に向った。
熱い炒飯を物ともせずにワシワシと掻っ込んだために汗も噴き出ており、涼みたい…という気持ちもあった。

目指したのは、カフェテラス古瀬戸、である。

お気に入りの、古瀬戸珈琲店、は、靖国通りの向こう側にある事もあって、ちと、遠い。
何処か手近な所は無いか…と、思いを巡らしたところ、そう言えば未だ訪問していなかった…と、この店を思い出したのだった。

店に入ると、城戸真亜子作の青色の海に遊ぶ若い女性達の壁画の前に置かれたテーブル席で、3人の著述家や大学教授と思しき初老の男性達が、資本論やらマルクス主義、唯物論等を引きながら、鳩山首相(当時)のせいで火に油を注いでしまった普天間基地問題を声高に論じながら、シンポジウム開催の打ち合わせをしていた。

神保町界隈ならではのアカデミックな光景であった。

●アイスコーヒー 525円

3人の話を聞くとはなしに聞きながら、アイスコーヒーで一息付く。
しっかりと深煎りされ、濃く抽出されたコーヒーが、満腹の胃袋に染み渡って行く。
ほれ、しっかり消化しろ…と、胃袋に語りかけながら、冷たく美味いコーヒーで、暫し寛いだのだった。

カフェテラス古瀬戸 ( 神保町 / 喫茶店 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月20日

徳萬殿@神保町5

10-05-22訪問
(写真)チャーハン大盛 全景
徳萬殿:?チャーハン大盛800円全景100522
(写真)チャーハン大盛 横景
徳萬殿:?チャーハン大盛800円横景100522

徳萬殿:?チャーハン大盛800円拡大100522(写真)チャーハン大盛 拡大

実はこの土曜日は、久しぶりに徳萬殿の炒飯大盛が食べたくなり、神保町に向かったのであった。
さぽうるでは、徳萬殿が開くまでの時間を潰していた次第。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
徳萬殿@神保町

さぼうるで時間を計っていた僕は、徳萬殿の開店時間に合わせて、さぼうるを出た。
さぼうるから徳萬殿までは歩いて数十秒なのだが、店が開いた…と、僕が入るのに続く様に、後から後から人が入って来て、開店と同時に5つある1階テーブルは全て埋まってしまった。

そして席に着いた5人の客の内、僕を含めた3人が炒飯を注文したのであった。
やはり、炒飯の人気は不動らしい。
因みに、僕だけは大盛なのだが。(笑)

●炒飯 700円 + 大盛 100円

他の客よりいち早く注文を通していたのだが、他に2人も炒飯を頼んだため、3人の炒飯は同時に作られる事になり、ちと、待たされた。

山の頂を、細かく解された叉焼とグリーンピースで飾られた、炒飯の山。
ある種の美しささえ感じさせる色の取り合わせが、食欲をそそる。

隣に座った、おそらく学生と思われる今風の若者の目が、僕の前に運ばれた炒飯の山を見て、点になっている。
この親爺、昼からこんなに食べるのか???…といった顔で、チラチラと僕の方を見ているのが可笑しい。

実は彼も普通盛の炒飯を頼んでいたのだが、僕に続いて彼の前に置かれた炒飯の、何とみすぼらしい事よ。(笑)
(勿論、普通の炒飯も大盛も、具材に違いがある訳ではない。誤解の無い様、説明すると、大きく山が聳え立つ大盛に比べると、普通の炒飯は、何処かの砂山程度の、なだらかさなのだ。)

僕と隣の若者、そして少し離れたもう一人の若者は、ほぼ同時に炒飯を食べ始めた。
久しぶりに食べる徳萬殿の炒飯の美味い事といったら、食べ始めたら止まらない感じである。
一気呵成に、ワシワシと食べ進む。
解された叉焼には強めに味が付けられており、これがアクセントになって、量があっても食べ飽きる事が無い。

ああ、美味かった…と、僕が食べ終わっても、隣の若者はまだ上品に食べていた。
全く、もっと大口開けて食べた方がずっと美味いのに。(笑)

因みに、以前は600円だった炒飯は、700円に値上がりしていたのだが、大盛は相変わらず100円増しなので、800円でこの美味い大盛が食べられるとなれば、安い。

徳萬殿 ( 神保町 / 中華料理一般 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年08月19日

さぼうる@神保町5

10-05-22訪問
(写真)モーニング 全景
さぼうる:?モーニング500円全景100522
(写真)モーニングのサラダ 拡大
さぼうる:?モーニング500円のサラダ拡大100522
土曜の朝、久しぶりに、さぼうる、を訪問した。
さぼうるは、珈琲と洋酒の店、を標榜する、神保町界隈を語る際に外す事のできぬ老舗喫茶店の1つである。

店に着いたのは、モーニングの終わる11時前ギリギリであった。
客は五分の入り、といったところであったろうか。

外には眩しい朝日が降り注いでいるのだが、細い路地にあるこの店の窓からは、店の奥まで光が射し込む事も無く、店内は昼でも夜の雰囲気が漂う仄暗さが漂う。
その仄暗い店内のあちらこちらに、1人書物に向かったり勉強をしている学生の姿が見え、実に静かな時間が流れている。

●モーニング 500円

何とか間に合って注文する事が出来たモーニング。
飲み物には、ホットコーヒーを選んだ。

既に半熟玉子は無くなっており、固茹で玉子になった。
1つのプレートに、温められたバターロール2個、溶かしバターの小皿、ミニサラダ、茹で玉子、が載る。

ミニサラダは器は小さいが、レタス、胡瓜、角切りトマト、コーン、細切り人参、千切りの紫キャベツ等がギッシリと詰め込まれており、かなり食べ応えがある。

モーニングを食べたのは初めてであったが、仄暗い水の底の様な薄明かりの中、ゆったりと静かな時間の流れる店内での朝食は、なかなかに楽しいものであった。

さぼうる ( 神保町 / その他軽食 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年07月01日

共栄堂@神保町5

10-03-27訪問
(写真)ポークカレー 全景
共栄堂:?ポークカレー900全景100327
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月28日

ザ・ハンバーグ@神保町5

10-03-22訪問
(写真)ハンバーグ500グラム・ライス・スープ 全景
ザ・ハンバーグ:①ハンバーグ500グラム1920円全景100322
(写真)ハンバーグ500グラムの皿 全景
ザ・ハンバーグ:②ハンバーグ500グラム1920円全景100322
(写真)ハンバーグ500グラム 拡大
ザ・ハンバーグ:?ハンバーグ500グラム1920円拡大100322
祝日の月曜日、手造りハンバーグ専門店、ザ・ハンバーグを、久しぶりに訪問した。

【★下町外飯徒然草★掲載の以前の訪問記】
ザ・ハンバーグ@神保町

この店は、僕の持つ10年前の本に掲載されている事から、この地で10年以上営業している店である。

さて、細い階段を登って3階にある店に入ると、以前と同様、直ぐ券売機があった。
ハンバーグの種類別、肉の重さ別(確か50g単位で価格が上がる)のボタンが並ぶ、券売機である。

空いていたので、厨房内がよく見える厨房前のカウンター席に腰を下ろした。
席に着くとすぐに水、紙の手拭き、スープの三点セットが出される。

硝子張りの厨房内では、ご主人が、注文に応じて挽肉を掴み取り、年季の入った手つきでハンバーグの形に捏ね、整えながらパンパンと叩き、空気抜きをし始める。
やがてフライパンでザッと焼き目を付けてから、厨房奥のオーブンにフライパンごと入れる。

●ハンバーグ500グラム 1920円

ライス、スープ付。
荒挽きの肉は筋の部分も挽いているので、コリコリした歯応えがある。
切ればジュワーっと、肉汁が溢れる。
サラリとしているが、かなり脂分の多い肉汁なので、脂身混じりの挽肉を更に混ぜているのかも知れぬ。
その為であろうか、この店では、カップにたっぷり盛られた大根おろしを載せ、卓上のポン酢醤油を掛け回して食べる。
つまり、おろしハンバーグで食べるスタイルになっている。

デミグラスソースで食べても、ケチャップソースで食べても、僕は美味いと思うのだが、サッパリと万人受けする食べ方は、やはりおろしハンバーグと思われる。

石岡市の、食べ処・呑み処 志摩、以来の500グラムの大台に乗るハンバーグを食べ、満足して店を出たのであった。

まあ志摩のハンバーグ定食は、普通に頼んで500グラムを超えるハンバーグにライス、味噌汁、小鉢2つ、漬物が付いて980円という安さなのだが、なかなかあんな店には出会えないものである。

ザ・ハンバーグ ( 神保町 / ハンバーグ )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年06月26日

古瀬戸珈琲店@神保町5

10-03-22訪問
(写真)アイスコーヒー 全景
古瀬戸珈琲店:?アイスコーヒー525円100322
(写真)アイスコーヒー 拡大
古瀬戸珈琲店:?アイスコーヒー525円拡大100322この店は、ずっと以前、確かまだ八重洲に通っていた頃、会社帰りに訪問した事がある。

【★下町外飯徒然草★掲載の過去の訪問記】
古瀬戸珈琲店@神保町

同じ建物の3階にある、ザ・ハンバーグ、が開店するまでの時間を潰しに、2階にあるこの店に、何年振りかで入る事にした。

●アイスコーヒー 525円

強い陽射しの中ではあったが、オープンで風を切って走るからとドライバースーツに身を包んで走って来たのだが、これが案外暑かった。(苦笑)

そのため、アイスコーヒーを頼んだのだった。
じっくりと抽出した、深い味わいと苦味の、本格派。
ゆったりと寛いだ時間を過ごした。

そう言えば、あの時も、3階のザ・ハンバーグで食事をした後に、食後のコーヒーとケーキを食べに入ったのではなかったか。
何年経っても人間の行動は変らないものだ…と、一人苦笑した。

古瀬戸珈琲店 駿河台下店 ( 神保町 / 喫茶店 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月07日

焼鶏専門店 伊勢ろく 本店@神田5

10-03-12訪問
(写真)親子丼 全景
地鶏焼き伊勢ろく:②親子丼680円全景100312
(写真)親子丼 拡大、つくね団子入り鳥スープ 拡大、お新香 拡大
地鶏焼き伊勢ろく:?親子丼680円拡大100312地鶏焼き伊勢ろく:?つくね入鳥スープ拡大100312地鶏焼き伊勢ろく:?お新香拡大100312











この日は所用があり、神田西口界隈に出ていた。
無事に用事を済ませた帰り道、神田西口商店街に通り掛かったので、地鶏焼鳥の専門店、伊勢ろく本店でランチの親子丼を食べて帰る事にした。

伊勢ろく本店は、2階建ての一軒家なのだが、1階は正方形の厨房を取り囲むL字型カウンター席のみで、狭い。
席数も10席程であろうか。

もう昼時もそろそろ終わる頃の訪問であったため店内は満席で、僕が覗き込もうとした際、丁度1人出て行く客があり、運良くそこに座る事が出来た。

昼のランチメニューは、親子丼の普通盛か大盛のみなので、親子丼の普通盛を頼む。

●親子丼 680円

親子丼は、浅い塗りの丼に盛られて出される。
ご飯の上に載せられた玉子は、フワフワトロトロ。
半熟だが生ではないといった絶妙な火の入り加減で、これに、一口大の鳥肉数個が入っている。

ご飯と共に掬い上げ、口に運ぶ。
ふんわりと柔らかく鳥肉を綴じた玉子の美味い事、美味い事。
鳥肉も、しっかりとした歯応え。
放し飼いされた鶏ならではの噛み応えがある。
そして、噛めば、じわり、と旨味が滲む。
久しぶりの親子丼だが、実に美味かった。

また、親子丼には鳥スープが付いて来るのだが、スープには、鳥肉のつくね団子が一つ入っている。
美味いスープで煮込まれ、もっちりとしたつくね団子を食べる事が出来るのも、嬉しい。

伊勢ろく 本店 ( 神田(東京) / 焼き鳥 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)