■■■三社祭■■■

2018年07月04日

■三社祭2018■ 5月20日(日)本社神輿氏子各町渡御5

18-05-20訪問

毎年恒例だが、昨日、一昨日の訪問記に記した通り、今年も、三社祭の本社神輿氏子各町渡御の様子を、観に行って来た。

【昨年の三社祭訪問記】
■三社祭2017■ 5月21日(日)本社神輿氏子各町渡御

毎年言っている様に、3基の本社神輿を効率良く捕まえるには、午前中の早い時間が良い。
…という訳で、今年も早起きして、朝7時半には亀有駅からタクシーに乗り、浅草に向かったのであった。
早い時間帯は道も空いており、町会神輿は殆ど動いていないため、通行止めに阻まれる事も無いため、7時45分過ぎには、松屋浅草、の前に着いてしまった。

前日寝る前に考えていた順番は、仲見世で三之宮を撮影した後、花川戸で一之宮を捕まえるつもりだったのだが、予想外に早く着いたため、丁度、花川戸一町会の町衆が担ぐ一之宮が、松屋浅草の前に通り掛かるところに出くわしたのだった。
この時間だと、まだ仲見世の三之宮は動き出す前…と、急きょ予定を変更し、一之宮から撮影を始める事にした。

それでは、次ページ以降で、3基の本社神輿を捉えたスナップ写真をご紹介しよう。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(3)

2017年07月06日

■三社祭2017■ 5月21日(日)本社神輿氏子各町渡御5

毎年恒例の事ながら、今年も三社祭を観に行った。

【これまでの三社祭訪問記】
カテゴリ ■■■三社祭■■■

生憎、土曜日の町内神輿連合渡御は観に行く事が出来なかったのだが、日曜日に行われた、本社神輿氏子各町渡御は観に行く事が出来た。

久しぶりに、仲見世町会が本社神輿を担いで仲見世を通る様子が観たくて、気合を入れて朝6時に起きた。

今年、仲見世町会が担いだのは、二之宮。
仲見世町会は、氏子各町渡御を行う二之宮を奉じる、トップバッターの町会であった。

二之宮の仲見世渡御が始まるのは、朝7時40分。
狭い仲見世では、良い撮影場所を確保するため、早目に到着する必要があった。

そんな訳で、7時前には家を出て、タクシーで一路、浅草へ。
7時30分過ぎ、浅草松屋付近で下車すると、弁天山公園の横を通って、浅草寺幼稚園から少し雷門寄りの辺りに、辿り着いた。

それでは、二之宮、三之宮、一之宮の順に、この日撮影したスナップ写真をご覧頂きたいと思う。
続きを読む

furutone at 00:01|PermalinkComments(0)

2016年05月16日

■三社祭2016■ 5月14日(土)町内神輿連合渡御〜5月15日(日)本社神輿氏子各街渡御

  
今年も三社祭が開催された。
伊勢志摩サミット警備の関係で、警察庁から一週間早めて貰いたいとの要請を受け、早めたという。

5月14日土曜日に行われた町内神輿連合渡御、5月15日日曜日に行われた本社神輿氏子各町渡御の2日間、例年通り歩き回ってスナップを撮影したので、ご紹介しよう。

先ずは、町内神輿連合渡御が行われた5月14日に町で撮ったスナップから。
どの写真もクリックで拡大出来るので、拡大して細部も愉しんで頂ければと思う。

160514_140237
160514_140249
160514_140440
160514_140624
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2014年05月19日

■三社祭2014■ 本社神輿氏子各町渡御 5月18日(日)

5月18日(日)は、予定通り8時に起き、8時半には家を出て連れと共に浅草に向かった。
今年も、本社神輿の氏子各町渡御が行われるさまを、スナップ写真に収めるためであった。

これに先立つ土曜の夜。
一之宮、二之宮、三之宮の3つの本社神輿が渡御する3枚の地図をテーブルに拡げ、3つの神輿を何処で捉えるかを、僕はずっと考えていた。

3つの本社神輿の宮出しは、早朝6時。
浅草神社の境内を出た3つの本社神輿は、東、西、南の、3つの方向に散って各町を渡御する。

よって、3つの本社神輿を効率良く撮影して回るなら、まだ3基がお互いに離れ過ぎない午前中か、夜20時の宮入りに向かって浅草神社に近付いて来る18時以降に行うのが望ましい。
僕の場合、日曜日という事を考えれば、午前中に撮影して回りたいので、朝早くから浅草に向かったのであった。

それでは、僕が3つの本社神輿を、どの順番に、何処で捉えていったか、ご紹介して行こうと思う。

【三之宮】

僕と連れがタクシーを降りたのは、言問橋西詰。
時刻は9時5分であった。
8時50分に、花川戸一丁目町会から三之宮を引き継いだ花川戸二丁目町会の町衆が、花川戸二丁目町内で神輿を担いでいる時間帯である。

(写真)9:13 花川戸二丁目町会事務所に近付いて来る町会のお囃子と、遠くに見える三之宮
140518_091357三之宮花川戸二丁目
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2014年05月18日

■三社祭2014■ 氏子各町神輿連合渡御 5月17日(土)

今年もご案内で予告した通り、各町会の神輿が連合渡御を行った5月17日(土)に、僕は連れと共に浅草に繰り出し、あちこちの街角でスナップ写真を撮って来た。(笑)

今年も昨年と同様、向島側で昼ご飯を食べてから、吾妻橋を渡って浅草に入った。
140517_130646
新仲見世に入ったのだが、好天に恵まれた事もあって凄い人混みであったため、途中で横道に折れ、メトロ通りから仲見世町会の町会事務所を前を通って仲見世を横切り、浅草公会堂の方へ進む。
140517_130830
140517_130914
140517_130953
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(2)

2014年05月17日

■三社祭2014■ ご案内

今年も三社祭が始まった。
正確には、5月15日(木)の夜に行われた、本社神輿霊入れの儀、から、始まっている。

そんな訳で、今日から月曜日までの3日間、食べ物の話は中断し、三社祭の様子を掲載しよう。

昨日16日(金)には、午後から行われた「大行列」に始まり、無形文化財であ る「神事びんざさら舞」が浅草神社の拝殿や神楽殿で奉納され、その後、「各 町の神輿への霊入れの儀」が行われた。
町会によっては、その後、宵宮と称して神輿を担いだところもあろう。

そしていよいよ本日17日(土)には、午前中、「浅草神社例大祭式典」が行われた後、12時から、西部町会15ケ町、南部町会16ケ町、東部町会12ケ 町の順に、全43基による「町内神輿連合渡御」が華々しく開催される。
43基の町会御輿が浅草寺境内に集結し、先に掲げた順にセイヤッ!セイヤッ!の掛け声も勇ましく境内各門を潜って外に出るや、浅草全域を使って、 我が町会こそは…と、粋と華を競い合って神輿を練るのである。

こうして明日18日(日)に行われる三社祭のクライマックス、「本社御輿氏子 各町渡御」に向け、浅草全体が燃え上がってゆく。

まだご覧になった事の無い方の参考のために、昨年の三社祭に掲載した記事をご 紹介しておこう。

【2013年の三社祭のご紹介】
⇒ ■三社祭2013■ プロローグ
⇒ ■三社祭2013■ ご案内
⇒ ■三社祭2013■ 氏子各町神輿連合渡御 5月18日(土) 
⇒ ■三社祭2013■ 本社神輿氏子各町渡御 5月19日(日)

それでは、今年の三社祭のクライマックス、日曜日に行われる「本社神輿氏子各 町渡御」の話をしよう。 
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2013年05月20日

■三社祭2013■ 本社神輿氏子各町渡御 5月19日(日)

本日、5月19日日曜日は、既にご案内している様に、浅草神社の3基の本社神輿、一之宮、二之宮、三之宮が、東、西、南の三方に分かれ、氏子である各町の町衆に担がれて渡御する、本社神輿氏子各町渡御の日であった。

僕も、毎年恒例の事として、3基の本社神輿を観に行った。
3基の本社神輿全てを捉えるには、朝6時頃の宮出しで浅草神社を出た3基の神輿が、まだ神社周辺の町を行っている午前中か、20時頃の宮入りのために再び浅草神社目指して集まって来る、夜、しかない。

僕の場合は、日曜日の夜という事もあり、午前中に駆けずり回る事にしている。(笑)

3基の神輿は、毎年、渡御する地域を入れ替えて渡御するが、今年の場合、一之宮は、浅草神社の南側、蔵前通り辺りまでの南部地域の各町を、二之宮は、浅草神社の東側から、言問通りを越えて土手通りまでの観音裏東半分の北部各町を、三ノ宮は、浅草神社の西側、合羽橋までの芝崎、西浅草の各町から、言問通りを越えて、千束通り商店街の西側の千束地域、土手通りを越えて清川地域までの北部西半分の各町を、渡御した。

僕は、浅草に朝9時20分に到着し、二之宮、一之宮、三ノ宮の順に捉えて回った。
それでは、時系列に沿ってご紹介して行こうと思う。  続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(4)

2013年05月19日

■三社祭2013■ 氏子各町神輿連合渡御 5月18日(土)

さて、ご案内で予告した通り、各町の神輿が連合渡御を実施した5月18日のい土曜日、浅草の街角でスナップ写真を撮りまくって来たので、生きた三社祭の様子をご覧頂こうと思う。

今日は、向島側から吾妻橋を渡って浅草に入るところから始まる。
130518_132812
130518_132902
130518_132951
吾妻橋からアサヒビール本社ビル群とスカイツリーを振り返る。
130518_133149
それでは、浅草に入ろう。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(7)

2013年05月17日

■三社祭2013■ ご案内

今年も、5月16日(木)から5月19日(日)の4日間、三社祭が執り行われている。
特に、明日18日(土)の町内神輿連合渡御、19日(日)の本社神輿各町渡御で、三社祭はクライマックスを迎える。

…てなご紹介を、毎年の様に行っている訳だが、今年も、明日と明後日のタイムスケジュールをご紹介しようと思う。
通常、ブログ記事は午前零時にアップしているのだが、それではちと遅いかな…という事で、3時間早くアップする次第。

その前に、三社祭が何処の祭かご存じない方が案外多いので、改めてご説明する。
三社祭と通称されている祭の正式呼称は、「浅草神社例大祭」と言う。
つまり、浅草神社の祭事なのである。

浅草神社が何処にあるかを知らない方も意外と多いので、触れておこう。
浅草神社は、浅草寺境内の本堂(観音堂)に向かって、右隣に位置している。

祭神(神社に祭られている神)は3人おられ、土師真中知(はじのまなかち)、檜前浜成(ひのくまはまなり)、檜前武成(ひのくまのたけなり)。

(写真)3人の祭神が乗る3つの本社神輿、一之宮、二之宮、三之宮は既に庫で公開され、霊入れを待っている
130512_134028
この3人が何者かと言うと…。

漁師であった檜前浜成(ひのくまはまなり)、檜前武成(ひのくまのたけなり)兄弟が隅田川で投網漁をしていたところ、網に小さな人型像がかかった。

兄弟からその話を聞いた土地の土豪、土師真中知(はじのまなかち)は、兄弟にその人型が聖観音像であると教えると共に、自らは僧となり、自宅を寺として観音像を祭ったという。

その寺が浅草寺の興りとなった事から、後世、浅草寺境内に、浅草寺の本尊を発見した3人を祭神とする、浅草神社が創建された。

日本史の好きな方であれば、3人の中心である土師真中知(はじのまなかち)が、古代日本の古墳時代に埴輪(はにわ)製造や古墳造りで活躍した、土師氏である事にお気付きであろう。
そうなのだ。
浅草寺の縁起は古代日本にまで遡る、実に古い寺なのである。

さて、勉強はこのへんにしておこう。

昨年までの三社祭の様子は、こちらをご覧頂きたい。

【過去の三社祭の様子】
★下町外飯徒然草★掲載分 2006年、2007年、2008年、2009年
★続 下町外飯徒然草★掲載分 2010年、2012年

それでは、明日18日(土)と、明後日19日(日)のタイムスケジュールをご紹介しよう。 続きを読む

furutone at 21:00|PermalinkComments(0)

2013年05月16日

■三社祭2013■ プロローグ

さて、今年も、今日16日木曜日から三社祭が始まった。
そして、21時からテレビ東京の『和風総本家』では、三社祭を支える職人達の活躍を紹介している。

その予告編をたまたま観かけたのだが、江戸時代から浅草で五代続く老舗鰻屋、色川の五代目親爺さんが、
「お囃子が聞こえて来たら、仕事なんてやってられねえんだよ!」
と、僕も何度も聞いた台詞を述べていた。

親爺さん、すっかり和風総本家の常連になっている。(苦笑)

そんな訳で、今日は、■三社祭2013■ プロローグ、として、過去に僕が撮影した、三社祭で活躍している色川の親爺さんの雄姿が掲載されている記事のみを抜粋し、ご紹介しよう。

僕が現在も通う浅草はたぬき通りの寿司屋、常寿司の三代目の雄姿も、登場する。

昔から僕のブログをご覧頂いている方も、懐かしくご覧頂ければ…と思う。

⇒三社祭で活躍する色川の親爺さんの雄姿@★下町外飯徒然草★

明日17日は、深夜零時にアップしている通常の飲食店訪問記の他に、18日土曜日からのクライマックスに先立って、■三社祭2013■ ご案内、として、土日の2日間に亘る三社祭のタイムスケジュール等をご紹介しようと思う。
本日と同様、21時のアップを予定している。

◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 21:00|PermalinkComments(2)

2012年05月21日

■三社祭2012■ 本社神輿渡御 5月20日(日)

先日、ご案内した様に、5月20日(日)は、三社祭のメインイベントである、本社神輿の各町渡御の日であった。

朝6時の宮出しに始まった、一之宮、二之宮、三之宮の各町渡御の様子を観に、僕も連れを伴って、浅草に向かったのであった。

広い浅草界隈を別々に動き回る3つの本社神輿を捕らえるのは、実はなかなか大変な作業で、3つ共捕らえる事が出来た方は、少ないのではあるまいか。

ここで、先日ご紹介した3つの本社神輿の動きを、改めておさらいしよう。

<一之宮>

宮出し   6:00

以降、各町会を次の時刻で渡御。

花川戸一 8:00 ⇒ 花川戸二 8:50 ⇒ 聖天 9:40 ⇒ 猿若 10:30 ⇒ 田聖睦 11:20 ⇒ 浅草馬三 12:10 ⇒ 浅五会 13:00 ⇒ 浅草象三 13:50 ⇒ 浅草象潟 14:40 ⇒ 浅草象一 15:30 ⇒ 浅草馬二 16:20 ⇒ 浅草馬一 17:10 ⇒ 神社北西角 19:00

宮入り 19:30

<二之宮>

宮出し   6:00

以降、各町会を次の時刻で渡御。
途中、トラックに積み込んで移動する箇所が2箇所ある。

浅草二 8:00 ⇒ 芝崎東 8:45 ⇒ 芝崎西 9:20 ⇒ 芝崎中 9:55 ⇒ 西浅三北 10:30 ⇒(トラック積み込み 11:05)⇒ 浅草町一 11:35 ⇒ 浅草清三 12:10 ⇒ 浅草町二 12:45 ⇒(トラック積み込み 13:20)⇒ 堤 13:35 ⇒ 千草 14:20 ⇒ 浅草中 15:05 ⇒ 浅草千和 15:50 ⇒ 千二西 16:35 ⇒ 千二光月 17:10 ⇒ 千一南 17:45 ⇒ 浅三東 18:30 ⇒ 神社北西角 19:25

宮入り  20:00

<三之宮>

宮出し   6:00

以降、各町会を次の時刻で渡御。

仲見世 8:00 ⇒ 浅草東 8:40 ⇒ 浅草中央 9:20 ⇒ 浅草西 10:00 ⇒ 浅草公園 10:40 ⇒  浅一三栄 11:20 ⇒ 西浅草一 12:00 ⇒ 寿二 12:40 ⇒ 寿一 13:20 ⇒ 寿三東 14:00 ⇒ 駒形 14:40 ⇒ 寿四 15:20 ⇒ 雷門田原 16:00 ⇒ 雷門西部 16:40 ⇒ 雷門中部 17:20 ⇒ 雷門東部 18:00 ⇒ 雷門 18:40

宮入り  20:30

…という訳である。

それでは、僕が捕らえた3つの本社神輿の様子を、ご紹介しようと思う。 
各写真は、クリックするとパソコンの画面一杯に拡がる大きな画像となるので、是非、クリックしてその場の臨場感を味わって頂ければと思う。 続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年05月20日

■三社祭2012■ 氏子各町神輿連合渡御5月19日(土)夜の風景

今年の三社祭は、久しぶりに、土日共に天気に恵まれる様である。
今日、土曜日は快晴の上に25℃を越える気温となり、夏日であった。
明日も気温が高そうである。

さて今日は、正午から氏子各町神輿連合渡御が行われたのだが、残念ながら僕は昼間用事があり、夕刻から連れと浅草を訪れた。

買い物をした後、晩ご飯を食べ、夜の8時頃から、夜の帳(とばり)がすっかりと降りた浅草の街を、歩き回ったのだった。

そこで撮り集めた各町会の高張提灯や、昼間の熱気冷めやらぬホッピー通りの賑わいを、ご紹介しようと思う。

先ずは、新仲見世に上がる三社祭の提灯から…。

(写真)新仲見世にて
120519_201012
120519_201042
120519_201250
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)

2012年05月18日

■三社祭2012■ ご案内

東日本大震災により、昨年は取り止めとなった三社祭も、今年は開催される。
いや、正確に言えば、既に始まっている。

そしていよいよ、明日、明後日の2日間、浅草神社の氏子である各町会の神輿が浅草一帯に溢れ、明後日は浅草神社の一之宮、二之宮、三之宮(三社)の3つの本社神輿が、浅草一帯の各町を渡御して回る。

言わば、三社祭のクライマックスの2日間である。

…という事で、恒例の、今年も三社祭のご案内をするとしよう。
勿論僕も、行くつもりである。

その前に…。
神輿の神威維持のため、神輿の上に何人たりとも乗る事を禁ず。
各町青年部・宮頭及び鳶頭等も同様である。 
続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(5)

2010年05月17日

■三社祭2010■ 本社神輿各町渡御

10-05-16

土曜日に続き、日曜日も三社祭を訪問した。
日曜日は、浅草神社の3基の本社神輿、一之宮、二之宮、三之宮が各町に渡る本社神輿各町渡御の日であった。

僕は吾妻橋から浅草に入り、本社神輿を追いつつ、各町の様子を撮影して廻る事にした。

因みに、昨年までの三社祭の様子は、次の通り。

【★下町外飯徒然草★掲載の昨年までの三社祭の様子】
■■■三社祭■■■

それでは、僕が撮影した各町のスナップをご紹介しよう。

【馬道通り周辺でのスナップ】
吾妻橋から馬道通りに入ると、馬道通りは歩行者天国になっていた。
そこで、馬道通りを南から北に向かい、浅草警察署付近で千束通り商店街方向に折れるルートを歩いた。
実は、三之宮を捉えたかったのだが…。
Image023Image024Image025






Image026Image027Image028






Image029Image030Image031






Image032Image033続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月16日

■三社祭2010■ 5月15日 町内神輿連合渡御

10-05-15

この土日、5月15日(土)と16日(日)は、三社祭(通称。正式名称は、浅草神社例大祭)のクライマックスとなる2日間である。
毎年ご紹介している様に、今年も、その様子をご紹介しようと思う。

土曜日は、町内神輿連合渡御が行われた。

好天に恵まれ、良く晴れた青空の下、約100基に上る各町の町内神輿が浅草寺観音堂裏に集合し、12時に浅草西部各町の町内神輿が発進、これに続いて浅草南部各町の町内神輿、更に浅草東部各町の町内神輿、と、順に観音堂裏に集合しては発進して行った。

さて、そんな様子も含めて、僕が自ら歩いて浅草界隈で集めたスナップ写真を、歩いた順に、ご紹介して行くとしよう。

どの写真も、クリックすれば巨大画像になる。
是非、クリックして大きな画像でご覧頂ければ、と思う。

お楽しみ頂ければ、足を棒にして歩き回った甲斐もある、というものである。(笑)

【浅草北部(言問通りより北側)でのスナップ】
Image001Image001~00Image003






Image004Image005Image006






Image007Image008Image009






Image011Image010三社祭では、警察の方々も大奮闘、である。
当然の事ながら、浅草警察署だけで手が足りる訳もなく、東京都中から交通機動隊が集結し、様々な場所で頑張ってくれている。
そんな光景を観るのも、三社祭の楽しみの一つ、である。
特に本社神輿の出る日曜日は、警察の方々も大変なのである。
ご苦労様です。続きを読む

furutone at 00:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)