2005年09月07日

蓮玉庵@上野4

古式せいろ蕎麦05-09-06訪問 
古式せいろ蕎麦 


昨日は用事があり、午後退社した。用事は夕方からであったので、昼ご飯を食べて帰ることにした。◆毎日カレー◆と★タイ料理★のエスニカン氏より、カシミールカレーだけではなく、コルマカレーも独特の甘味が捨て難いとの話を受けていたこともあり、例によって御徒町で途中下車してデリーへ、等と考えていたら、乗り過ごしてしまい、次の上野で降りた。電車で引き返しても良かったが、時間もあることだしと、歩いて向かうことにした。向かう途中、蓮玉庵の前を通りかかり、そう言えば久しく訪れていない事に気づき、急遽入ることにした。まあ、蕎麦を食べたくらいで、カレーが入らなくなる訳でもなし、である。
久しぶりに、昼限定の古式せいろ蕎麦、を頼む。古式せいろ蕎麦は、要するに、変わり蕎麦を一段混ぜた三段せいろである。昨日の変わり蕎麦は生姜切り、であった。
藪よりも少し甘味の勝った、しかしあくまで関東風に、醤油の強いつゆに生姜切りを浸けて啜り込むと、爽やかな生姜の香りが鼻に抜け、何とも言えず美味かった。
確か、モボでグルメであった小津安二郎監督の日記に、蓮玉庵の蕎麦は蓮玉庵のつゆでなくてはならない、と、皆で話し合った。と、いった文章があったと思う。皆、というのは、遊び仲間、食べ歩き仲間(実は監督が自腹で奢っている)の映画関係者達であったと思う。確かにそうだなあ、等と考えながら、蕎麦を手繰り終えた。
最後に飲む蓮玉庵の蕎麦湯は、更科系によくあるように、あまり湯と変わらぬ程薄い。これも、あの麺にしてこのつゆあり、このつゆにしてこの湯あり、という具合に納得してしまう。
久しぶりの蓮玉庵、満足した。

furutone at 11:00│Comments(0)TrackBack(0) 上野・御徒町・上野広小路・湯島界隈 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔