2011年02月22日

浅草寺羽子板市 2010年12月19日

10-12-19

101219_111213
昨年末の話である。

羽子板市最終日の日曜、いつもの様に浅草に足を向けた。
例年、12月18日の納めの観音とその翌日19日に行われていたが、昨年は12月17日(金)〜19日(日)の3日間の開催であった。

浅草寺境内で行われる羽子板市は、天気に恵まれた事もあろうが、浅草では歳末の風物詩でもあり、例年通り大変な人出であった。

その、大変な人出で賑わう羽子板市の様子を、ご紹介しよう。

写真でご紹介するのはごく一部の露天であるが、仲見世を出た所から観音堂の両横まで羽子板商の露天が軒を連ねる様は、なかなか壮観である。

また、観音堂の後ろの広場は駐車場となり、全国から集まる露天商のワンボックスカーやトラックがひしめき合って停まる。

そこに一般観光客の車も入れるものだから、駐車場は一般観光客の順番待ちの車列が延々と続く。
車列に並んで浅草寺境内まで来てしまった車は、ユーターンして出る事も出来ず、下手をすると何時間でも待たされる事になる。(多分そうなっていた事だろう。)

どだい、一般の車なんぞ停まれる訳が無いのだから入れるなよ…と思う反面、停められると思って境内に入って来る方がど〜かしてるぜ…とも思う。
普段の日曜日でも、昼前には浅草中の駐車場がほぼ満杯になるというのに、羽子板市の日曜日にのこのこ昼頃やって来て、すんなり停められるとでも思っているのであろうか?

浅草を、舐めちゃ〜いけねえ。(笑)
101219_111340
101219_111313
101219_111358
101219_111428
101219_111520
101219_111610
101219_111625
101219_111707
101219_111822
◆クリックで50位ランクインにご協力を!⇒人気ブログランキングへ

furutone at 21:56│Comments(0)TrackBack(0) その他の街 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔