furuutuの気ままな家庭菜園日誌

100坪程の貸し農園での家庭菜園の出来事など

明け方漸く雨が上がった

 雨上がりで菜園は泥濘んでいる
  上手に歩かないと足のクルブシまで潜り込んでしまうので収穫と消毒だけで退散。
   消毒液はZボルドーと毒性無しのBT水和剤・・・BT水和剤とは こちら
昨日の写真から

トマトの様子
RIMG5396
一番手前に有るのが5日目柄に植え替えたピンキー根付いている感じで葉もシャンとしてきた。

トマトの畝
RIMG5401
これは昨日の写真、相変わらず脇芽を欠いて支柱に誘引をするのが日課となっている。

アップルゴーヤ
RIMG5397
随分と大きく育って来ている頂点をピンチしてあるので脇芽が旺盛に出てきている
このツルは真夏にはこのトンネルの天井を越えて反対側にまで延びてくる
その前に数個は出来るのでもし緑が混じっていることが解れば2株の内のその株を取り除いて正常なアップルゴーヤの株だけ残すことになる。

ナスの様子
RIMG5365
茄子も大きな葉に育って来て居る
手前2株はのじさんからのカルガ茄子、奥は千両2号
他に愛知長茄子と長崎長茄子も2株ずつ有る。

枝豆
RIMG5407
定植した後日差しが厳しかったので50%遮光の黒寒冷紗をトンネル掛けして置いた
雨が降る予報だったので調度良い機会とばかりに寒冷紗を取り去っておく。

枝豆の畝
RIMG5406
この茶枝豆の畝は元アスパラガスの畝だった所
全部掘り上げているのだがアスパラ独特の太い根の切れ端が沢山残って居る
その根も何ヶ月もすれば無くなるだろうから構わずそのまま苗を植え付けた。

ブロッコリー、白菜
RIMG5402

キュウリ
RIMG5431


332528b0

ジャガイモの様子ほか

 ジャガイモも大きく育って来てながさき黄金が花盛り

ながさき黄金の花
RIMG5390
先日載せた1輪だけの花と違い日を追うにつれて房咲きになって来ている
綺麗な花を見るのも良いがこれを残して置くと実が出来て栄養を持って行くので
全部摘み取ってしまう。

キタアカリの根元
RIMG5391
種芋を深植したので黒マルチを押しのけて新ジャガが地表に出て来て居ない
「マルチ掛けにより土寄せを省く」事を現時点で成功している
未だ堀上には早い感じなのでこのまま置いて新ジャガが露出しなければ良いが・・・
地表を手で探った所芋が露出する様な手応えは無かった。

大生姜も発芽
RIMG5378
10株ほど植えた筈なのだがやっと1本だけ発芽してきたことを確認
今日は雨が降り出してきて明日一日雨の様なのでまだ発芽するかな??
ショウガは水分によって発芽する物ではないはずなので矢張り時期を待つしか無いだろう。

柚子の花が散った後
RIMG5393
柚子の花も散り果ててた後の房は初めてマジマジと見た
花数の多い所はこんな感じになっているでは無いか
今後どんな感じで実震いしてこれの内何個柚子として残るのだろう

古くから使っている剪定ハサミ
RIMG5395
柚子の花も終わると新しい芽がドンドン伸びてきてかなり邪魔
そこで確か40年ほど前に買い長く使っているこの剪定✄で剪定良く切れる。

剪定ハサミはこの後3丁も買ったが研がずに使えるのはこれだけだ

普通の剪定✄は刃が切れなくなると滑ってしまうがこれはギロチンの感じなので滑らない
しかし刃もある程度切れなくなると枝を押し潰してしまうので日本式の剪定ハサミが一番だろう。

レタス、胡瓜
RIMG5385



332528b0

トマトの様子など

 この所3~4日間は真夏日になっていて暑い
  でも真夏と違い湿度が無いので案外過ごしやすい日々。

トマトの様子
毎日の様に脇芽欠きと誘引に忙しい

サンマルツァーノ・リゼルバ
RIMG5389
このトマトは毎年2畝の内半分をこのトマトで占めている
調理用トマトなので熱湯を掛けて皮を剥きジップロックに入れて冷凍して随時使っている。

アロイトマト
RIMG5387
生食用の大玉トマト
他にも何種類も有るのでその時々に紹介

インゲンに花が咲いて来た
RIMG5380
平莢の「ジャンピーノ」
やっと花が咲き出してきたのでこれからは続々と咲きだしてくるだろう。

坊っちゃんカボチャ
IMG_1008
画面一杯に広がってきたが未だ雌花は見当たらない
今咲いているのは雄花ばかりだ。

アップルゴーヤのアーチで栽培

ハヤトウリ
IMG_1006
初めての栽培だがどんな感じで育ちどんな感じで売りが出来てくるのか楽しみだ
とにかく沢山出来るのである程度の数の見極めが必用になりそう
そして漬け物で食べると美味しいらしいのでそれが魅力。
薩摩に入って来た時に名前を着ける時
薩摩芋はもうあるので薩摩隼人のハヤト・・・なのかな?

3年ほど前に芽の出た種瓜を籠に入れたがレジに行くと無かったので
今回は忘れない様に籠に残して置いて買ってきた。

これもアップルゴーヤのアーチで栽培

キュウリ
RIMG5373

かつお菜
RIMG5386
かつお菜も毛頭立ちしたので今日で収穫は終わり株も全部抜き取って処分。

332528b0

ラッカセイの手入れなど

 朝から快晴の天気が良く続いている
オオマサリの手入れ
RIMG5368
オオマサリの芽も出揃ってきたので欠株の場所にも補充しておく
あらかじめ補充苗を別の場所に作って置いたのでそこからの補充
その補充場所に残って居るのは種として秋に採れる様にして置く。

畝の整理
RIMG5376
先ずは雑草を抜き化成肥料をパラパラッと撒いてから
畝の両端を綺麗に整えておく

ラッカセイの株が大きくなり葉が地面全体を覆う様になれば雑草も出て来ないので
雑草を抜くと同時に空いている地面を掻き混ぜて雑草がすぐ出て来ない様にしておく。

ラッカセイの葉が地面を覆ってくるまでにはもう一度除草が必用になりそう。

ちょい辛ミックスに追肥
RIMG5372
サラダ菜超からミックスの畝の中央に化成肥料を撒き
中耕しておく。

小玉スイカ
RIMG5371
孫に催促されて遅くに植え付けてやっとここまで育って来た。

マクワウリ
RIMG5370
マクワウリも成長してきていてもう直ぐ立体栽培の網に誘引出来る
アップルゴーヤのアーチには
坊っちゃんカボチャ、マクワウリ、小玉スイカがある

大浦太牛蒡の畝
RIMG5369
牛蒡の葉も大きくなって来ているが毎年の様に発芽してくる赤紫蘇が沢山出て来て居る
かなり間引いているのだがそれでもまだ沢山ほかにも残って居る。

キュウリ、ブロッコリー
RIMG5364
この時期のブロッコリーは茎が硬いので出来るだけ取り除いて食べている
そして味の方はこの時期に食べられるのだからし方ないが
本来のブロッコリーらしい味は余りしない。

矢張り温かい時期には美味しく食べようと思う方が無理だろう。

332528b0

キュウリが育って来て居るほか

 快晴の日が続いていて夏野菜も大きく育って来ている。

キュウリの畝
RIMG5363
毎日ないし一日置きに3~4本収穫出来ている
未だ雄花が少ないのでほとんどのキュウリの種の部分は透明
コンプラの葱は良い仕事をしているのでウリハムシは見当たらない。👌

かつお菜に蕾が出て来た
RIMG5366
急に蕾を持った茎がニューと伸びて来た、矢張り春だから仕方が無いかな?
こうなってくると葉も硬くなってしまうので近い内に終わりになるだろう。

かつお菜の畝
RIMG5374
3月8日穴明きマルチに直播き
発芽し本葉が出て来てからは暫く間引き菜を収穫していたが
本葉も20cm程の大きさになってからはその葉を✄で切り取り収穫していた。
初めての栽培だがお浸しにすると鰹の出汁で炊いた様な食味で美味しい。

ダビデの☆
RIMG5384
気温が上がってくるとそれまで伸びずにいたのが勢いを増して伸び出してきた。

ダビデの☆の畝
RIMG5360
もう少し背丈が伸びてくると風で斜めになってしまうので支柱立てが必用になる。

キュウリ、かつお菜
RIMG5375

オカワカメ
RIMG5381
オカワカメのツルは際限なく伸びて他の野菜の邪魔になるので
出来る限りコンパクトな感じで育てている。

332528b0
プロフィール

furuutu

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
携帯からはバーコードからアクセス出来ます
QRコード
月別アーカイブ
📨 非公開メッセージはこちらへ

名前
本文
  • ライブドアブログ