furuutuの気ままな家庭菜園日誌

100坪程の貸し農園での家庭菜園の出来事など

空き畝が目立って来た

 ソラ豆などの整理も終わり空き畝が目立って来ている

カリフラワーの跡地
DSCF2261
手前にカリフラワーが有った残っているレタスももうすぐ全部収穫だ

カリフラワー15日の様子
DSCF2204
カリフラワーはこの時期には一気に成長するので
6株中1株は成長が早すぎてもう色が変わってしまい食べるには適さなかった
1週間足らずの間に残った5株を全部収穫
すぐには食べきれないのでサラダの他に味噌汁の具にもなっている
オヤッと思って食べて見たがそんなに違和感も無い。


ソラ豆とブロッコリーの跡
DSCF2259
(キャベツの奥に有ったのがブロッコリ)
ソラ豆の残渣はどうしようかと悩んだが残渣堆肥囲いの中を見ると
これまで詰め込んでいたのが少し容量が減っていたので其処に放り込んでおく。

空き畝はこの他にキヌサヤとスナックの畝も空いているので
全部まとめて元肥を入れた後耕運機で耕す予定。

里芋の様子
KIMG0205
中央と左側が空いているように見えるがこれから芽が出てくる
(全部芽の出て来たのはセレベス、これは埋める時5cm程の芽が出ていた)
中央列はタケノコ芋、左列は生姜の畝
里芋の種芋を植えた後その内黒マルチを掛けようと思いつつ今日まで来てしまった
そのお陰で地温が上がらないのでタケノコ芋と生姜はまだ芽が出てこない
タケノコ芋はポツンと目が見えだしていたのでセレベスよりは遅いだろう。

キュウリとレタス
DSCF2260
昨日孫達が来たので菜園に行きイチゴ狩りをする
その時キュウリを1本採り孫達2人は代わる代わる丸かじりしていた
ミニキュウリなので2人で食べれば丁度良い大きさかな。

332528b0

ミニトマトの初収穫ほか

 この所数日間は気分も爽快な天気が続いている。

ミニトマト「ピンキー」初収穫         大玉トマト
DSCF2255DSCF2257
自家採種のピンキーもう初収穫が一個出来た、もぎ取るやいなや口の中の入っていた
プチッと美味しさが口の中で広がり夏の気分に浸れる。
右は大玉トマトで3株だがその奥は全部サンマルツァーノだから
隣畝ピンキーなどとの区分けの為に初栽培のアロイトマトの筈

ピンキーの他の株は未だ色付いてこない
DSCF2256
トマトも高温時には高温障害が出て8月半ば以後は収穫出来ないので早めに終わる予定
トマトも高温障害とは
気温が高すぎると花粉が出来ないので結実しない。
(キュウリは花粉が無くても結実する単為結果)

大浦太牛蒡の様子
DSCF2249
右中央畝はスワン
気温が上がってくるに従い大浦太牛蒡の葉がドンドン大きく育ってきた
盛夏の夕立時には一枚の葉で傘が出来る程の大きさで1.2m程になる。

水菜とレタスの種蒔き
DSCF2262
焼き肉用レタスは真夏のBBQ用に種蒔きしておく

まだ有ったソラ豆!
DSCF2258
このソラ豆は早生ソラ豆なので豆は小さい
普通のソラ豆を2袋種蒔きしたが足りない事が解り
急遽買った来たソラ豆は早生種だった袋を開けると小さな豆だったが無いよりは良いだろうと
余分に蒔いておき、全部発芽してしまったので余分な苗を他の場所に植えて置いたので昨日の全部収穫の時取り忘れていた物。
収穫籠に半分有った

お裾分けのズッキーニ
DSCF2264
隣の菜園のIさんからのお裾分け。

332528b0

ソラ豆の収穫

  ソラ豆も最後の収穫となった
    ソラ豆の整理をしている所に偶々議弟がやって来た
     これ幸いとレジ袋1杯のソラ豆をお裾分けした。

これでソラ豆も終わり
DSCF2246
お裾分けしなかったら持ち帰るのが重過ぎて大変な所だったが
どうやら両腕で下げて帰る事が出来た。

ソラ豆の跡
DSCF2245
叉1畝の空きが出来た
後の事は今後の事も考えてから元肥を入れた上で
昨日空き畝になった場所と何を栽培するのか考えよう。

カボチャの妊活
DSCF2248
今日は四個の雌花が咲いてきていたので花粉を付けておく

左カボチャ2株、右カボチャ1株と十角ヘチマ(右手前)
DSCF2250
カボチャは勢いが付きだして我が物顔に伸び始めている
側枝整理と誘引もしているが今後一層暴れまくりそうだ

道路から見たカボチャ
DSCF2247
アップルゴーヤのアーチに絡みついてこれからドンドン伸びる体勢を作って居る。
あまり暴れないようにこれからの制御が大変だ。

インゲンの様子
DSCF2234
ツルが伸び始めてきたので網に絡みついて居るツルの先端をピンチして脇芽が出やすいようにする
これまで「ビックリジャンボ」など大きすぎるインゲンを作ったので今年は
すこし温和しい感じの「黒種衣笠」(ややホッソリとしたインゲン)にした。

キュウリとスワン
DSCF2244
ミニキュウリはラリーノの自家採種種からだが矢張りミニらしい大きさだ
先日の初収穫の物は冷やし中華の具として食べたが美味しいきゅうりだった。


DSCF2251
野生のエルザ(25cm程も有る・左が頭)
ブロ友gerogeroさんの野生のエルザ」が逃げ出してここまで来たのかな?
でも違うようだ首根っこの所の甲羅に穴が開いているし、
多分近くの溜め池に居る亀だろう。

332528b0

エンドウのツルの整理

 ここしばらくは安定した晴れ間の毎日が続きそう。

エンドウのツルを整理
DSCF2240
キヌサヤなど3種類のエンドウのツルも焼却しようと畝に干してあったが
ふと、考えるとトマトやキュウリなどの畝の雑草対策として敷いておけばどうかな?
そう考えて全部のツルを畝間に敷いてみた
最後に歩き回るとき枯れたツルが足に絡まると危ないので刈り込み✂で切って置く。
敷き込み終わり
DSCF2242
こうして敷き込んでおくと豆になったのは採っていないので芽が出てくる
これは夏にインゲンが採れなくなった時こうして敷いておくと
取り切れずに豆になったインゲンが発芽してきて秋にはそれが収穫出来るようになるが・・・
これはエンドウなので無理だろう。

キヌサヤとスナックの跡
DSCF2243
この2畝分は耕して置くが次には何を栽培するのかまだ計画も無い
栽培するとしても大根だがこれは9月になってから
右の畝はゴーヤのアーチ

コンニャク芋の場所
DSCF2232
コンニャク芋は昨年堀上げたと同時に植え付けてあるまだ芽は出てこないようだ
手前側金時草は一度収穫したが新しい葉で柔らかい為貧弱だったので根元まで切り戻してある
その奥がコンニャク芋を植えてある。

カリフラワー、ブロッコリー、ニラ
DSCF2236

油麦菜とニンニクの試し採り
DSCF2238
ニンニクはまだ尻が平らになっていないので収穫には早そうだ。
台所で足りないというので2本抜いて見た。

332528b0

イチゴ畝の草取りなど

 暑くも無く寒くも無く今が一番過ごしやすい時期。

イチゴ畝の除草
DSCF2227
両側の除草
DSCF2231
この時期になると遠慮無く雑草が蔓延ってくるのでまずはイチゴ畝の両側の雑草退治から始めた。
同時にまだ早すぎるランナーも株元を押さえて引くと難なく採れるので
主なランナーを千切ったりハサミで切って置く
奥のイチゴは手前と違い晩生種?なのでこれからだ。
(左畝はアスパラ、右畝は男爵)

エンドウのツルを穂しておく
DSCF2222
先日全部採り終わったキヌ莢とスナックそしてグリーンピースのツル
雨で濡れたりしてまだ乾燥不十分なので裏返して乾燥させておく。

枝豆の様子
DSCF2207
風で倒れたりしているので支柱を立てたりして整える
まだ花は咲いてこない。

芥子菜の様子
DSCF2216
浅漬けとかサラダにくわえると少し刺激があり美味しい

キャベツの様子
DSCF2214
2月15日種蒔きの「このみ姫」もうピチピチになってきて早く取らないと破裂しそう

キャベツ、カリフラワー、ホウレン草
DSCF2225

ソラ豆
DSCF2235
今日は本格的に痛打ので収穫籠のほぼ一杯になってしまい
持ち帰るのにかなり重たい
計ろうとしたがバッテリー切れで計れなかった
グリーンピースより質量があるので余計に重たい。

332528b0

プロフィール

furuutu

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
携帯からはバーコードからアクセス出来ます
QRコード
月別アーカイブ
📨 非公開メッセージはこちらへ

名前
本文
  • ライブドアブログ