furuutuの気ままな家庭菜園日誌

100坪程の貸し農園での家庭菜園の出来事など

ミョウガの収穫

 夜明け前から小雨が降り続いていて終日降り続きそう
    畑には行けないので昨日の写真から。


ダビデの星
DSCF7513
オクラ「ダビデの星」の花です、主枝を切り取り後、脇芽を伸ばした茎から収穫中。



コンニャク芋に芽が
DSCF7515
夏の強烈な日差しで葉が焼け枯れて一番最初に倒れてしまっていた、
一番大きかった(折りたたみ傘を広げた位の大きな葉だった)芋から芽が顔を出してきている。
これから葉を展開して光合成するだろうが
普通の年であれば黄葉した感じになり倒れてしまう時期なのに・・・
これからどうなるのだろうか 


ラッキョウの葉
DSCF7517
雨が続いたのでラッキョウも葉を伸ばしてきている



昨日載せ忘れたシシトウ、ピーマン、茄子
DSCF7518



ミョウガ初収穫
DSCF7523
これは今朝の写真
少し前から姿を見せ始めていたミョウガもやっと花を咲かせ始めてきている
クリーム色の花が咲くまで待てば少しでも大きいのが収穫出来るはず、
そう思って収穫を待っていたが、今朝見ると花が咲いてきている
晩生種なのでこんな時期からの収穫が始まる。


畑と玄関脇に有るのでこれからしばらくは沢山取れ続けるはず。


丸ごと又は半割にして直火で焼き、醤油で食べると最高~ 





冬野菜の種まき等

  彼岸花も咲き始めてすっかり秋の気配が強くなってきた

   続いた雨も止みやっと冬野菜の種蒔きが出来た。


DSCF7521
アップルゴーヤのアーチは台風21号であっけなく崩れたので整理後
耕運機で耕したくても雨が連続的に降り間を見て、
なんとか元肥を入れて耕す事も出来ていた、
残渣堆肥も沢山になってきたのでこの2畝とトマト畝の後2畝に合計4畝に入れ込み
土を被せてやっと畝を立て、種蒔きが出来るようになっていた。



残渣堆肥
DSCF7514
この残渣堆肥を集積しておく耐水ベニアの囲いも今年で10年目
耐水ベニアといえどもかなり耐水も効果がなくなり
4隅を固定する木ネジも効かなくなってきているので
急遽L型の金具で止めて凌いでいる。


畝溝に残渣堆肥投入
DSCF7516
種蒔きとか定植の為に埋め戻しておく



今日の種蒔き
DSCF7520
今年はな花(寒咲花菜)を追加する
かき菜は春になってからの摘み取りだが
な花(寒咲花菜)はその前に摘み取り出来るはず。



今日の収穫
DSCF7519

観葉植物の植え替えなど

 モンステラの植え替とか



モンステラ
DSCF7511
このモンステラも我が家に来て40年近い
観葉植物のモンステラを3年に1回伸びた茎を整理して植え替え
植え替えをしないとどこまでも伸びてしまう
観葉植物の中でも、凄く大きな葉になるが肥料は全然与えていないのでコンパクトで色が悪い
肥料を与えて伸び放題に育てると一枚の葉の大きさは1m程にもなる
以前ハワイへ旅行の時原生林のような場所で見つけたが桁外れに大きいのでビックリ

カミさんがパッチワークをしている頃モチーフとして良く使っていた

葉の付け根に茎を少し残して水苔に挿すと簡単に根が出るが。




雨水を溜めるドラム缶
DSCF7507
近くの菜友が使わないからと頂いてきたドラム缶先日整理した場所にスッポリ

雨水を溜める為に工夫してあるので工夫次第で使えそうだ
コンテナの間に測ったようにピッタリ収まった。

次はコンテナの屋根に当たる部分からの雨水を取り込む細工だけ。




スワンの発芽
DSCF7503
9月8日種蒔きの蕪類の発芽が揃ってきているので初めての間引きをする


シシトウ、オクラ、茄子の収穫
DSCF7506


ニンジンの収穫
DSCF7510
左は生食用スイートキャロット、


コンニャク芋の様子など





蒟蒻芋の葉が全部枯れた
DSCF7496
葉は全部枯れてしまった

栽培を始めて3年目だが蒟蒻芋の葉が枯れて倒れるのはずいぶん早い気がする
もう秋の気候になってきているのだろう。



蒟蒻の小さな葉
DSCF7497
8月に枯れてしまった4年物の芋に出来ている木子からもう葉が出てきていると考えられる
今年は真夏の雨無しと日照り、そして追い打ちの台風でずいぶん痛めつけられたコンニャク芋
果たして土の中にはどんな感じの芋が出来ているだろうか???。



白菜の種蒔き
DSCF7512
昨年も同じ日の種蒔き
春遅くに取れたのでそれに味を占めて今年も種蒔き




ジャガイモの芽
DSCF7495
デジマの芽がずいぶん大きくなって来ている
秋ジャガには発芽したのを見計らって黒マルチを被せようと思い
黒マルチを探してみたがどうやら使い切ってしまったようで見当たらない
秋ジャガに黒マルチを被せる事はは断念しよう。




金時草
DSCF7498
夏の間には隣から伸びてきた大きな葉のツルナシヤッコにパワハラで日陰にされ萎縮していた
そのツルナシヤッコを栽培者権利で全部取り除いた所、やっと息を吹き返してきている


金時草とツルムラサキ緑
DSCF7499


アスパラガス
DSCF7500
雨が続いたので柔らかなアスパラガスが取れた



玉葱とニンニクの植え付け

 玉葱の事とニンニクの植え付け


玉葱苗の様子
DSCF7490
初めての「愛知早生白玉葱」と貯蔵用玉葱「アトン」




超極早生
DSCF7494
直播きの超極早生玉葱「トップゴールド」の発芽は順調に進んでいる
複数粒蒔いたのでもう少し大きくなってから間引きする



ホーム玉葱
DSCF7493
ホーム玉葱もほぼ発芽してきている



ニンニクの植え付け
DSCF7491
超極早生とホーム玉葱の続きを開けてあったのでそこにニンニクを植え付け
もう少し余っているので明日は、葉ニンニクの植え付けをする。



カラスに悪戯されないように寒冷紗トンネルを移動
DSCF7492
ニンニクの植え付けが終わった所で折角埋めたニンニクを
カラスに掘り返されないように先にして有った寒冷紗のトンネルを移動しておく。

カラスは高い所で見張っていて人間が何かしている模様なので居なくなったのを見計らい
舞い降りてきて、ホジクリ出す事が良くあるので予防策をしておかいと後から悔やまれる。



ムカゴ
DSCF7502
レンズに泥が付いていたので見苦しい
次に元肥を入れて耕す所の雑草を取っているともうムカゴが落ちている
早速拾い、水洗いして持ち帰る。

ムカゴは付いているのを取るよりも落ちたのを拾う方が効率が良いと思っている
まだこれからも沢山拾う事ができそうだ。
落ちたムカゴは春になると沢山の芽が出てくるがそれは雑草並に抜く事にしている。



プロフィール

furuutu

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
携帯からはバーコードからアクセス出来ます
QRコード
📨 非公開メッセージはこちらへ

名前
本文
  • ライブドアブログ