furuutuの気ままな家庭菜園日誌

100坪程の貸し農園での家庭菜園の出来事など

21号台風が今夜半に来そう

 今夜遅くから明日朝に掛けて台風21号が来そうです。

  強風と大雨の予報これだけは免れそうに無い。

茎ブロッコリーとカリフラワー
DSCF4256
背の高い野菜と言えばこの二種類
強風が吹き荒れると思われるので被害が出そうだが・・・

レタス
DSCF4253
巻始めているし、背丈は低いので風の被害は殆ど無さそうに思われるが・・・。

この畑は東側に住宅があるだけ
台風の南から吹く強風は真面に受けてしまう。

雨水タンク
DSCF4272_102017_110623_AM
この小屋の骨組みは足場用単管パイプを使い組立たもの。

左の小屋の屋根からの雨水を溜める様にしてあるが
2ツの貯水タンクの上に、雨が少ない時はここにも溜める為、”タライ”を設置
この“タライ”(勿論栓付き)は10数年前、初めて水溜用に買った物を置いて居る。
20日現在迄に良く雨が降ったので、2ツの水槽は一杯に成っている。
普段はこのタライは伏せて置いてある。


タライの20日現在の水位
DSCF4270
雨の少ない時期にはこのタライに貯まる雨水も貴重な水。

この写真を撮った20日には半分程まで溜まっている、
水はもう十分なので全部水を抜こうと思ったが
台風の強風で空になったタライが吹き飛ばされると不味いので、そのままにしてある。

アスパラ菜の収穫
DSCF4269
アスパラ菜を長く採り続けるコツは、最初に出た花茎を少し早目に摘んでおく
そうすると側枝から次々と花茎が出来る、来年の2月頃まで収穫を続ける事が出来る。



訪問有難うございました、応援のポチッお願いします。
DSCF4212


大根の様子

 何時もなら今の時間は菜園に居るのだが・・・今日も雨

雨が続き、打木源助大根はじめ大根類が大きくなってきています

大根などの様子
DSCF4282
ニンジンと大根を近くで育てると
それぞれに卵を産み付けに近づく蝶を遠ざけるコンプラ効果が有ります。

今年もこのコンプラ効果を狙って栽培しています。
これは可成り有効で両方の虫の数は凄く少なく済んでいます。


ミニ大根の三太郎
DSCF4264
φ4cm程の太さに育って来ている
種蒔きは打木源助大根より半月程遅いがミニらしく成長は早い
打木源助大根が食べられる大きさになる前に収穫出来る筈。


打木源助大根
DSCF4266
φ5cmに育って来ている
この打木源助大根は長さも太さも少人数の家庭には打って付けの大きさ
そして、早煮えに加えて味も良く浸みて美味しい

冬の大根の食べ方は生食と言えば“オロシ”などで消費する量は少ない
なので、冬大根は我が家では昨年からこの打木源助大根一辺倒になっている。


男爵とスワン蕪
DSCF4275
男爵の方は春に植え付け、夏に掘り残しが有り、そこから芽が出てきた。

蕪のスワンは種蒔きの後から出て来た男爵の葉影に隠れてしまい
芽は出たが大きくなれずに消滅した所も有り
生き残っているのが大きく育ってきている。

秋ジャガの種芋に男爵は入って居ないが
芽が出てきてここまで大きく育っているので抜けないで居る
秋ジャガとしての男爵は、何処までの芋になるのか見守る事にしている。



訪問有難うございました、応援のポチッお願いします。
DSCF4212

セット球の様子

 雨間を見つけて菜園に行ってきた。

セット球の様子
DSCF4248-1
セット球が危ない
DSCF4248
長雨でセット球に病気が出始めた
どうやらベト病らしいが雨続きでは殺菌剤を散布したいが、もう手遅れかもしれない
このまま雨が止むのを待つしか無いのだろうか。


ホワイト6片
DSCF4250
セット球と畝が続きなので病気が遷らない事を祈っているが
この雨続きではどうしようも無い。


桑の木豆
DSCF4258
台風で痛め付けられたが何とか生き延びている
少しづつ収穫出来ている

歯抜けになった場所にはモロッコ豆を蒔いてあるが
この後、収穫出来るまで育ってくるのかは解らない。


左・桑の木豆  右・頂いたインゲン
DSCF4274
隣のQさんからインゲンをお裾分け

ホウレン草の収穫
DSCF4278



訪問有難うございました、応援のポチッお願いします。
DSCF4212

昨日の菜園の様子と収穫から

 昨夜から今日も一日雨の予報です。



???名無し、キャベツ系だね
DSCF4212
仲間が育って来て全部定植に行ってしまい、取り残されたのまだ小さな苗1POT
はてな これはネームも残っていない何処の所属だったのだろうか??。

昨日の菜園の様子と収穫から

黄金菜
DSCF4218
もものすけ
DSCF4219
9月28日播種の「四季まき黄金菜」と「もものすけ」
両方とも間引きが済み、これから大きく育ってくる・・・筈。
もものすけは1回目の種蒔きは虫喰いにあって全滅、
今度こそは大きく育ってくれ ヾ(´ω`=´ω`)ノ


大葉春菊
DSCF4241
これは9月24日種蒔きして少し大きく育ってきている
これから主役になる鍋の為にも、タップリと種蒔きして置いた。


ニラとミョウガ収穫
DSCF4244
ニラは沢山有りすぎて食べ切れない、ウッカリしていると大きくなり過ぎてしまう。
ミョウガはソロソロ終わりを迎えそうだ。


土佐生姜
DSCF4236
春植え付けただけ、その後ほぼ放置状態少し小さい
これは元肥が足りなかったのだろう等と、自分を納得させている。




訪問有難うございました、応援のポチッお願いします。
DSCF4212


久しぶりの晴れ間です。

 雨が続き朝からやっと青空が見えている。

玉葱植え付けの準備
DSCF4233
月末頃にはもう玉葱の植え付けが始まる、
その為に黒マルチを掛けておく事にする。

以前耕耘機に付いている培土機を試した時の畝を整理しながら
穴あきの黒マルチを張っておく事にした。

右側の畝は5穴で間に合うが、左の畝は5穴を掛けた後
まだ余裕が有ったので7穴にすれば良かったのに、
途中で気が付いたがもう面倒くさくなって5穴で我慢する事にした。


ちぢみこまつ菜
DSCF4240
小松菜はある程度大きくなると葉柄の繊維が気になるので
大きくなっても葉柄の繊維が余り気にならないこの
ちぢみこまつ菜を栽培する事にしている。
DSCF4084

スワン蕪
DSCF4243
最初はシュした株が虫害で全滅したので蒔き直してここまで育って来ている。


ニンジンの様子
DSCF4239
8月半ばの種蒔き、向陽二号
もうすぐ食べられそうな感じに太ってきている。

牛蒡のサラダ娘
DSCF4237
春3月初めの種蒔き、この細いのが収穫する頃には
大浦太牛蒡がまだ残っていたので、
そちらを優先して収穫していた。

先日大浦太牛蒡が終わったので
これからはこの「サラダ娘」の出番になってきた。

名前の様な娘らしい細身の牛蒡が残っていたが
可成り年増な感じの、極太な「サラダ年増」も出来ている。
こんな感じでこのサラダ娘は年明けまで収穫出来そう。

この太さの違う原因は種蒔き後の間引きはしていないで
放置栽培の結果の様だ。


訪問有難うございました、応援のポチッお願いします。
DSCF4049

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
タグクラウド
QRコード携帯からアクセス出来ます
QRコード
  • ライブドアブログ