September 02, 2006

人生とは旅、みたいな。

〜1997年12月21日−2006年8月31日〜

俺が「競馬」という旅に出てから9年の月日が経った。
高校生の冬、友達に借りたダビスタにめっちゃハマり、
初めて競馬場に見にいったシルクジャスティスの有馬記念からその旅は始まった。

あの頃は馬名を覚えることに夢中になり
過去や現在の名馬を、くまなく覚えることを目指した。
そして、ひたすら競馬を楽しんだ。
競馬ブックやギャロップは常に傍らにあった。

この旅が、こんな風になるとは俺自身思いも寄らなかった。
競馬ファンだけに飽き足らず、競馬場でバイトしてみたり、
牧場に研修に行ってみたり、
そして、思いも寄らぬ所からフサイチ軍団の一員へ。

普通じゃ絶対に体験できないこともでき、
いろんな角度から競馬を観た。

競馬はどんなときも俺の心の中心にあった。
競馬は本当に多くのものを授けてくれた。
喜び、悲しみ、友、そして試練を与えてくれた。

もちろん平穏で楽しいことだけだったわけではない。
それ故に、与えられたことすべてが俺にとって素晴らしい“経験”となり、
“糧”となり、自分を成長させてくれた。



・・・とか、なんとか。

あ、はい、模倣です(笑)
いいや、単にパクっるわけじゃないのです!
学ぶとは「真似ぶ」ことから始まるのです!

みたいな。
うん、そんな話は要らないですね。

ちょっと前から、決めてたんです。
この8月いっぱいで、フサイチ軍団を辞め、
その後は、普通の競馬ファンになろう、と。


何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない。
今言えることは、フサイチ軍団という旅から卒業し
“新たな自分”探しの旅に出たい。
そう思ったからだった。



だから、もぅナカタの真似は、いいっちゅーねん(笑)
こういうカッコ良い文章は、
もっと大物になって引退するときに書くべきです。

それに、フサイチ軍団という旅からは卒業しますが、
競馬という旅は、まだまだ先が長そうですし。
もっと言うなら、人生という旅は、これからが見せ場なのです。
なんつって。

8月いっぱいでフサイチを辞めることは決まってたんですが、
たまたまその最後の日が、
ザサンデーフサイチの馬名発表と重なり。
自分的、フサイチ軍団での最後の仕事が、
皆さんに、ドキドキしてもらえるような、
ちょっとワクワクするような、
そして、楽しんでもらえるものが作れたかなぁ、と、
個人的には満足しています。

今後は、たぶん、もう、
事務員Hとしてフサイチネットに登場することはありません。
でも、これからも競馬場では、フサイチファンとして、
フサイチ・レプリカ勝負服を着て遊んでようと思ってます。

どうぞまた、どこかの競馬場で、フサイチ勝負服を着た
事務員Hらしき人間を見かけられたら、
気軽に声を掛けたげてください。
あ、それに、mixiでキーワード「事務員H」と検索すれば、
たぶん私はすぐに見つかりますので、
お暇なときにでもお探しくださいませ。


最後に、原監督風に挨拶すると、
「私の夢には続きがあります!」

それか、長嶋監督風の方がいいのかも。
「フサイチ軍団は永久に不滅です!」

いいや、ナカタで締めようか。
「最後まで信じ応援し続けてきてくれたみんなに、
 心の底から一言を。
 “ありがとう"」

うーん、やっぱりそんなこと言うのは、
自分はには100年早いですね、たぶん(笑)

ということで、今まで本当にありがとうございました!
ほんまおおきに! 大家謝謝!

そして、これからもどうぞ、
関口房朗会長&フサイチ軍団を応援くださいませ!

続きを読む
fusaichi at 05:25|この記事のURLComments(11)TrackBack(0)
カテゴリー書き溜まり 

June 30, 2006

生日快楽

何を隠そう、今日は誕生日でした、私。
いえいえ、どうもありがとうございます。いやホント、どういたしまして。
まだまだ4半世紀を迎えたばかりですが、今後とも何卒。

そんな本日は、大井競馬場に出向いてまいりました。
フサイチイチローが大井の沢厩舎転厩後、初戦。
メインレースの『さざなみ賞(B3)』に出走。

ケイシュー

そんな訳で、大井到着。
ゆかりっちこと、馬女中A氏から、
誕生日プレゼントとして競馬新聞を買ってもらう。
うわぁ、ありがとうございます〜♪馬女中A様♪

って、これ、どうなんだ。
誕生日プレゼントが競馬新聞で喜ぶオレって、どうなんだ(笑)

ダイヤモンドターン

やって来ました、ダイヤモンドターン
すげーって感じ。雰囲気も良く、キモチい。
いや正直、JRAの馬主席より豪華ですよ、ここ(笑)
東京シティ競馬。すんばらしいですね。

ダイヤモンドターン

この馬券は買っとかないといけない。
myお誕生日馬券。
6月30日ということで、3連複の「6−3−10」。
ここで、3連単の6−3−10を買えないあたり、
自分の男気のなさを感じる。
えぇ、どうせ根性なしですさ、えぇ、えぇ。

フサイチイチロー

いよいよ出走、フサイチイチロー。
あぁ、ブレブレ写真でごめんなさい。
ナイター競馬、お許しくださいまし。

青一色の勝負服は、酒井忍騎手
ゴドルフィンブルーっぽくてカッコ良い♪
私、知らなかったんですが、JRA栗東の酒井学騎手の弟さんなんですね。
すみません、今日、初めて知りました。

フサイチイチロー。結果は12着惨敗。
でも、イチローはこれが、大井への転厩初戦。
まだまだ体調も整ってなかったんですよ、きっと。
あくまで強気な私です(笑)

ハッピーバースデイ。
ステキな一日になりました。
いつものように中国語で言うと、生日謝謝(お誕生日ありがとう)。

fusaichi at 22:10|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)
カテゴリー

June 13, 2006

もろもろと。

随分久しぶりに更新します、事務員Hブログ。
日本ダービー以降、初めてですね。
なぜそんなに更新していなかったって、
それは、日本ダービーの失意から立ち直れてなかったからです。
いえ、半分は本当ですが、半分は言い訳ですw

今さらですが、日本ダービー、残念でした。
チームフサイチ。10年ぶりの日本ダービー出走。
よくよく考えると、フサイチ軍団。
会長以外は、ほとんどが日本ダービー初体験でした。
私は当然ながら、馬女中A氏も、事務員Aさんも、Bさんも。
その他、いわゆるフサイチ軍団と呼ばれる人たちも。

いえ、だからどう、って話じゃないんですけどね。
改めて、ダービーってすごいあぁ、と思った次第で。
時間が経って、写真を見直したりして、
レース映像を見返したりして、思い返しています。


もう一つのダービー、ダービーWeek。
私は東京ダービー@大井競馬場と、
岩手ダービーダイヤモンドC@水沢競馬場に参戦いたしました。
東京ダービーは、18歳の町田直希騎手の優勝で、
むさんこ盛り上がりました。
岩手ダービーダイヤモンドCは、岩手のアイドル『ふじポン』で、
むっちゃくちゃ盛り上がりました。

『ふじポン』って誰? そう思うでしょ?
はい、私も正直、そう思っておりましたさ。
岩手県限定のアイドルだそうで、地元では大人気だそうで。
岩手競馬が大好きだそうで、かなり熱心にPRしてるそうで。
「ふ〜ん、あっそ」とか思うでしょ?
でもね、それが違うんですよ。
実際に見ると、もぅ、正真正銘、アイドルなんですよ。
文句をつけようがないくらい、アイドルなんですよ。
えぇ、私、完全に虜になりましたね。
にわかファンではありますが、かなりヤラれちゃいました。
今後、「好きな芸能人は?」と問われた際は、
問答無用で「ふじポン♪」と答えることに決めました。
東京にいても、関西にいても「ふじポン♪」と答えることに決めました。
そこで「誰?それ?」と言ってはいけないのです。
いわば、事務員H、ふじポンのファン化宣言です。


はい。
サッカー。
負けましたね。
オーストラリアに、3−1。
自分は自宅@安アパートにて、一人で観戦していました。
オーストラリアが逆転した瞬間、
隣の部屋から絶叫が聞こえてきました。
なんとなく、隣の部屋の人と一体になれた気分でした。
安アパートっていいなぁ、と初めて思った瞬間でした。

六本木ヒルズ会長宅でのパブリックビューイングは、
かなり盛り上がったようでした。
弊社、代表取締役会長。
こんな姿をしてもいいんでしょうか?(笑)
いや、会長なら何でもアリな気がしてしまうところがスゴイ。

fusaichi at 07:26|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)
カテゴリー書き溜まり 

May 21, 2006

いざ、ダービー。

5bb3bcac.jpgオークス、パンドラ2着!

ほらね〜、
だから言ってたでしょ〜、
デビューの頃からオークス向きだって。
やっぱり能力は高いんだよ〜

と、言いつつ、はい。
私、パンドラは単勝しか買っておらず。
馬券は散々な結果。
なんでやねん。

しかし良いのです!
会長の3連単も当たったし!
フサイチ軍団の調子も上向きだし!
今週はダービーだし!!

つーことで。
オークス終わり。
@イトーヨーカドー。

ダービー缶ビールと、
ディープ人形クンと、
フサイチ勝負服な一枚。

いや、来年の今ごろは、
この勝負服柄のダービー缶ビールが発売されるのですから!
みたいな(笑)

日本ダービー的な週間。
始まります。

May 07, 2006

リシャールNHKマイル6着

第4コーナー
本日、私の個人的ベストショット。
5月7日、東京11R。
第4コーナーをまわり、直線入り口にて。

写真のタイトルは、
『さぁ、来た来た!クロフネの再来だ!
 大外を一気にフサイチリシャールが伸びてくる!
 ・・・はず、だったんですけど、ねぇ〜、の図』


はい。
残念でした。
いや、残念なんて言葉より、ショックでした。

正直、リシャール、どうしたのでしょう?
2歳王者、ここでは確勝と思っていたのですが。。。

会長もかなり落ち込みモードでした。
馬チームも甚だしくショックでした。
私も例に漏れず残念でした。


しかしながら、前向きに、前向きに。
まだオークスもあるし、ダービーもありますから!

というコトで本日は、
競馬場のいらしてたフサイチネット会員の方などなど、
負けたウップン晴らしを兼ねて、
かなりの大所帯で、飲みへとGO。続きを読む
fusaichi at 23:25|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)
カテゴリー書き溜まり 

April 21, 2006

世界の競馬場旅行

『ダービーWeek』のウチの一つ、兵庫ダービーの実施される競馬場が、
姫路競馬場から、園田競馬場に変更されたそうです。

この変更で何が嬉しいって、
個人的には、ダービーWeek地図で、
すんごい詳しいところまで見られるようになったことですね(笑)

「なんじゃそら」と言われるかもしれませんが、
いやぁ、あなた、すごいっすよ、これは。
大井競馬場も、かなり詳しく見られましたが、
さっすが、大阪駅から15分という園田競馬場。
ばっちりコースまで見られます。

どれくらい詳しく見られるかと言うと、
姫路競馬場の場合、こんな感じでした

しかし!
園田競馬場の場合、なんと! ここまで見られるのです!

おもしろいっすねぇ、グーグルマップ
この地図、日本国内の航空写真はもちろん、
世界中の航空写真まで見られちゃうんですよ。

ということで、色々と調べてみました。
どうぞ一緒に旅しましょう。
事務員H的、プチ企画。
『グーグルマップを使った世界の競馬場の旅』

行ってみましょう〜


まずは、ケンタッキーダービーの行われる、
チャーチルズタウンズ競馬場!

2000年、フサイチペガサスがケンタッキーダービーを制し、
関口オーナーが世界初の日米ダービーオーナーになった地。
いったい、どんな競馬場なのか?

実際に見てみましょう。
チャーチルズタウンズ競馬場です

すげー。
チャーチルズタウンズって、街の真ん中にあるんですね。
ここで、今年も5月6日に、
ケンタッキーダービーが行われるんですね。

え?
ミスターセキグチ?
それは聞かないでください(笑)


はい。
続きまして。
世界を制したハーツクライさんが、
次走、出走予定の競馬場。
それが、英国・アスコット競馬場

ハーツクライさんは次走、
7月29日のキングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(G1)を予定。

では、どんなところか見てみましょう。
これが、アスコット競馬場です

なんてステキなおむすび型。
こんなにコーナーがきつくて、回れるの?
と思うのは素人発想なのかもしれませんが、
それだけ競馬場自体が大きいってことなんでしょうね〜
ヨーロッパですもんね〜


では最後に、同じくヨーロッパ。
凱旋門賞の行われる、ロンシャン競馬場を見てみましょう。

これが、フランス・ロンシャン競馬場です

ですね。
この形ですね、凱旋門。
ここでエルコンドルパサーは2着に敗れたんですね。
ここを最後にマンハッタンカフェは引退しちゃったんですね。
ここまでの輸送がタップダンスシチーは大変だったんですね。

いいなぁ〜、行きたいなぁ〜。


ということで、以上、
グーグルマップを使った、世界の競馬場旅行でした。
また、ほかの競馬場も調べたらアップします(笑)

fusaichi at 20:02|この記事のURLComments(6)TrackBack(1)
カテゴリー書き溜まり 

April 16, 2006

さつき終わり

65f30dd8.jpgジャンクは3着。
リシャールは5着。

かなり前向きに考えて、
この着順なら、
ダービーとマイルCは
勝ったも同然!

とか、言ってみたり。

いやぁ。
正直、ショックです。

しかしながら、
毎度恒例、競馬場内・事務員Hを探せ!企画。
声を掛けてくださった皆様、
どうもありがとうございました。
会長のサインを貰った皆さんの記念撮影を、
このブログにもアップ。

次回、マイルCでお会いしましょう♪


馬主マネジメント