フサイチの事

March 29, 2006

『ダービーWeek』創設決定!!

ついに発表です♪

世界のダービー男、関口房朗が提唱、
ダービーWeek、創設決定!

今まではバラバラに実施されていた地方のダービーを、
佐賀、札幌、大井、姫路、名古屋、水沢の全国6競馬場にて、
1週間で集中実施し、イベント化しちゃおうという企画。
詳細は、こちらのニュースをご覧になってくださいまし。

いやぁ。これはスゴいっすよ。
正直、一競馬ファンとしても、かなりワクワクしてます。
どうっすか?どうっすか?
ぜひぜひご感想をお寄せくださいませ。


個人的には、こんなスゴい企画に、
この地図を使ったページを使えたことが満足です(笑)
はい。
今ハヤりのGoogle Maps
いつか、フサイチネットの企画に使いたいなぁ、と思ってただけに、
こんな大きな機会に使うことが出来たのが嬉しいですね。

もうね、
ぜひぜひたっぷり遊んでやってください。
『ダービーWeek』が始まるのは6月4日。
それまで、まだ時間はありますから、
この地図を使ってワクワク感を高めてください(笑)

地図のマーカーをクリックしてみたり、
マウスを使ってグリグリ移動してみたり、
拡大・縮小のスライダで競馬場にめちゃ接近してみたり、
衛星写真(サテライト)を見ながら感心したり。
好きなように遊べますから。

自分も地図ページを作りながら、
さんざん遊んじゃいました。

「札幌競馬場は北16条西16かぁ。
 たしか札幌駅は、北5条らへんよね。
 修学旅行を思い出すなぁ」

とか。

「そうそう、姫路競馬場って姫路城に近いんよなぁ。
 青春18きっぷ使って行ったなぁ」

とか。

「うわ〜、やっぱ東京はスゴいなぁ〜。
 大井競馬場のまわりとか、全然田んぼ無いやん(笑)」

とか。

「おぉ!自分の家、発見!
 うーん、やっぱ駅から遠いなぁ(笑)」

とか。

ダービーWeekの実施される競馬場を探検しながら、
ぜひ楽しんでみてください♪

ダービーWeek地図続きを読む

February 20, 2006

ミスターセキグチ初戦

観ましたか?観ましたか?
いや、トリノの話ではございません。
確かに女子カーリングは面白すぎます。
つい、マリリンに見入ってしまいます。
が、そんな話ではありません。

ミスターセキグチです。
初戦のレース映像を、ネットで見られるのです。
もうご覧になられましたか?

サンタアニタ競馬場のレース映像の見方ページを作ってありますので、
参考にしながら、ぜひご覧になってください。
(ただし、自己責任でお願いします)

なお。
結果は2着でした。

9億円馬、初戦は2着。
うーん、残念。
どんなレースをしたのかは映像を観てもらえれば良いのですが、
サンタアニタ競馬場・公式ホームページには、
レース結果について短評も載っていたので、
それを転載してみます。

MR. SEKIGUCHI went up four wide on the backstretch to stalk the pace, bid outside the leader and dueled on the turn, took a short advantage just past midway on the turn, kicked clear into the stretch, found the rail in the drive and could not hold off the winner.


ということです。
英語じゃん、分かんねーよ。
という方のために、エキサイト翻訳にて、
機械的に訳してみました。

MR. SEKIGUCHIは、ペースに忍び寄るバックストレッチを広い状態で4を上がって、リーダーの外で入札して、回転のときに決闘して、回転のときに短い利点を中途でちょうど過ぎて活用して、はっきりと伸びに蹴って、ドライブでレールを見つけて、勝者を食い止めることができませんでした。


はい。
機械翻訳、意味が分からぬの巻。

英語は、苦手意識を持ったら負けですね。
ミスターセキグチの詳しいレース回顧は、
明日のフサイチニュースをお待ちください。


ちなみに、私、事務員H。
先週末は金曜夜から京都に参っておりました。
帰省&淀遠征の巻。
チキチキもしようかと考えていたのですが、
告知する時間がないまま、バタバタしながら、
夜行バスることに。残念。

また機会があればやりたいなぁ、と。

January 30, 2006

リシャール@共同通信杯

今週は2歳王者、フサイチリシャールが、
共同通信杯(G3)に出走する。

そのことについて友達と話していると、
「なぜ共同通信杯に出てくるの?」という質問をよくされる。

なぜって、あなた、それは、
「マクツニさんと会長が話し合って決めたから」
というのが正解なのだけれど、
いやいや、そういう答えが欲しい訳じゃないコトくらい、
自分も競馬ファンなので分かってます(笑)

マクツニさんが会長に、どういう説明をしたのか、
正直なところ、自分も知らないし、
マクツニさんから直接聞いた訳でもないし、
本当の意図が何なのか、そんなことは分からない。

でも、自分としては、このローテーションは、
すごい納得している。
確かに、一瞬、そうなんだ?と思ったけれど、
よくよく考えてみると、すごい納得している。

なので、あくまで推測の域を出ないんだけれど、
リシャールの、今回のローテーションについて、
自分なりに、ちょっと解説してみたい。

まず、リシャールのここまでの戦跡。

  05/09/11阪神 新馬  芝2000 4着
  (中1週)
  05/09/25阪神 未勝利 芝2000 1着
  (中5週)
  05/10/29京都 萩S(OP)芝1800 1着
  (中2週)
  05/11/19東京 東スポ2歳(G3) 芝1800 1着
  (中2週)
  05/12/11中山 朝日杯FS(G1) 芝1600 1着

おぉ、こうやって見ると、リシャールって、
中央の本場、阪神・京都・東京・中山、
全コースで勝ってきてるんですね。すげぇや(笑)

まぁ、そんな話はおいておいて、リシャールのローテ。
未勝利戦は、番組の関係上(だったはずw)中1週での出走。
その後は、中5週あけてから、
萩→東スポ→朝日杯と、それぞれ中2週のローテで連勝。

この、中2週で3戦して、3連勝。
ポイントは、ここにあると思う訳です。

春の大目標、皐月→NHKマイル→ダービーは、
ご存知の通り、中2週で3連戦。
このローテをすでに経験しているということが、
マクツニさん的に、すごい自信になってると思うのです。

つまり、マクツニさんとしては、
リシャールはこのローテに耐えられる馬、
という判断があるのでは?

しかし、もちろん、怖いのは怪我。
中2週の3連戦に耐えられるリシャールと言えど、
その前に下手に消耗したくない。
だから、皐月賞トライアルには使いたくない。

かと言って、ただ休ませすぎたくもない。
いったん休養すれば、仕上げ直すのに時間がかかる。
だから、
「休ませすぎず、使いすぎず、春を迎える」
というのが、マクツニさんの理想である。
と、考えられる。
(しつこいですが、これはあくまで私の推論)

その理想に適うレースが、共同通信杯。

なぜなら、朝日杯から、中2か月。
そして、皐月賞まで、中2か月。
ちょうど、朝日杯と皐月賞の中間にあるレース。
それが、この2月の重賞。

きさらぎ賞か、共同通信杯か、という選択肢の中では、
東京コースの方が紛れも少なく、
リシャールが思い切って力を出せるから、
という理由があると思われる。

幸いにも、今年から3歳重賞の別定重量が見直され、
リシャールでも共同通信杯に57kgで出られるようになった。
(去年までなら58kg。この1kgは大きい)

ということで、あくまで自分の予想と推測ですが、
今後のリシャールのローテーションは、
以下のようになるんじゃなかろうか、と。

  05/12/11中山 朝日杯FS(G1) 芝1600 1着
  (中2か月)
  06/02/05東京 共同通信杯(G3)芝1800
  (中2か月)
  06/04/16中山 皐月賞(G1)芝2000
  (中2週)
  06/05/07東京 NHKマイル(G1)芝1600
  (中2週)
  06/05/28東京 日本ダービー(G1)芝2400

ここで、中2か月でも力を出せるようなら、
次の中2か月、皐月賞でも楽しみになる。
皐月賞をクリアすれば、
中2週での3連戦は、すでに経験済み。
これは、かなりかなり楽しみになる。

もちろん、相手関係、距離っていう要素があるだけに、
勝てるとは言い切りませんけどね(ぉぃ

そんな訳で、共同通信杯への出走理由、
事務員H的な推測と見解でした。
かなりしつこく言いますが、これはあくまで自分の推測です。
これだけのことを言っておいて、
共同通信杯の次、弥生賞に出てたらゴメンなさい(笑)
まぁ、それはご愛嬌、つーことで。


リシャール、本当に楽しみですな。
唯一の不安点とすれば、netkeibaさん。
netkeibaのジンクス、というのがあるらしく、
netkeibaのトップを飾った馬は、当該週レースで連対しないと言う。
今週のトップを飾っているのは、もちろんリシャール(笑)

なんつーか。
自分もホームページを作る側の人間として思うんだけれど、
この、トップをどの馬にするか、決めてる人、
かわいそうだなぁ、と。
だってさ、今週の注目馬!と思って選んだ馬が、
毎週、連対しない。
悪意なんてもちろん無く、ちゃんと注目していても、
毎週、連対さえしない。

あぁ、なんて悲しい。

こうとなれば、リシャールよ、
netkeibaのトップを決めている人のためにも、
何が何でもジンクスを打ち破ってくれ!
とか、無意味に思ったり(笑)

つーことで。
リシャールには頑張って欲しいです。
ここは負けてほしくない。

December 01, 2005

パンドラ

「じゃあ“ハコ”の話なんかどうかな」
「ハコ? 神話とかの話?」
「うん。あらゆる罪悪と不幸を閉じ込めておいたという、
 そういうハコの話」
「ああ。聞いたことある。少女に与えられたんだけど、
 好奇心から開けてしまって、結局台無しとかいうやつだろ」
「そう、それ。あれって、
 あわてて閉じたら最後に残っていたのが――」
「“希望”だったってんだろ」
「ヘンだと思わない?
 どうして不幸や罪悪が詰まってたハコに
 希望なんかが一緒に入っているの」
「ふむ、確かに」
「ここも、なんていうのかな――
 わかりやすい解釈の方が広まっちゃって、
 本質が誤解されてるってパターンなのよね」
「じゃあ、最後に残っていた不幸ってのは、いったい何だったんだ?」
「“未来”よ」
「――は?」
「もっと正確に言うと、予感とか前兆とか言った方がいいかもね・・・
 要するに、これから何が起こるのか全部わかってしまうという、
 そういう不幸」
「――不幸なのかな、それって」
「だって・・・全部分かっちゃうのよ。
 辛いことが待っていることも、悲しい別れのことも、
 何もかも全て見えてしまったら、
 きっと人ってもう生きていくことが出来ないと思うわ」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「でも、未来だけは閉じ込められて、かろうじて人々は
 “将来はきっといいことがある”という
 希望だけは失われずにいられている、っていう・・・
 まあ、そういう話」
「――なるほどね」
「そのハコを与えられた少女の名前はパンドラ
 ――これは“すべてを与えられたもの”という意味・・・」



ということで、以上、この本からの抜粋。

「フサイチPOGのボーナスGET問題を何にしよう?」
っていう話になって、
「そういや、パンドラってどういう意味?」
っていう話になって、
「最後に残ってたのは希望だよね?」
っていう話になって、
「それ出題しようか?」
っていう話になって、
「いや、名付け親だけ問題にしよう」
っていう話になった。

で、なんとなく、その本を読んでみたら、
そんなことが書いてあったので、へぇ〜とか思ってた。


フサイチパンドラ
阪神ジュベナイルFに出走確定しましたね。

3年前のアドマイヤグルーヴは、
パンドラと同じく牡馬を相手の新馬戦を快勝し、
1戦1勝で阪神JFに登録。しかし、除外。
牡馬相手のエリカ賞に出走し、再び快勝した。
そして、その翌年から、エリ女を連覇。

パンドラはこれから、どんな活躍を見せるんでしょうね。
阪神JFももちろんだけど、むしろこれからにワクワクな感じ。


November 24, 2005

フサイチリシャールに慮る。

今、非常に悩んでいる。
いや、まったく悩む必要は無いのは百も承知で、
それでいて、悩んでいる。

フサイチリシャールは、ダイワエルシエーロなのか、
それとも、ストーミーカフェなのか。

自分は今まで、前者・ダイワエルシエーロだと思っていた。
逃げて、最後の直線で差し脚が炸裂。
本来、逃げ馬が「差す」という表現は変なのだけど、
ダイワエルシエーロに限っては、変だとは感じない。
オークスの時なんて、最後の直線、
差し脚が決まった、という表現の方がしっくりくる。
そうだとしたら、次走はもちろんラジオたんぱ杯(G3)を選択すべきだ。
なぜなら、ダイワエルシエーロに中山マイルは少し忙しい。

しかし友達と話をしていて、別の意見を知った。
それが、後者・ストーミーカフェ案。
圧倒的なスピードを武器にハナに立つ能力がある。
そのまま、持続的にスピードを維持する能力がある。
最後までバテずに走り切る能力がある。
そうだとしたら、次走はもちろん朝日杯FS(G1)を選択すべきだ。
なぜなら、ストーミーカフェなら朝日杯2着以上は堅い。

そこで、悩んでいる。
フサイチリシャールは、ダイワエルシエーロなのか、
それとも、ストーミーカフェなのか。
つまり、フサイチリシャールの次走は、
朝日杯FS(G1)にすべきなのか、ラジオたんぱ杯(G3)にすべきなのか。

一つだけ言っておくと、
フサイチリシャールは、ダイワエルシエーロではない。
ストーミーカフェでもない。
フサイチリシャールは、フサイチリシャールである。

さらに、もう一つだけ言っておきますが、
ここで自分がいくら悩んだところで、次走を決定するのは、
オーナーである関口会長と、調教師の松国さんです。
私が意見を挟む余地なんて、もちろん当然ありません。

でも、でもなのです。悩んでいるのです。

なぜって?
そら、あなた、こんな贅沢な悩みだったら、
悩んでいること自体が楽しいじゃないっすか〜
楽しい悩みなら、悩まなきゃ損ってもんですよ(笑)

いやぁ〜、なんというか、嬉しいっすね〜
重賞馬が出て、G1を狙える位置にいて、
ここでG1を取るべきか、来年のG1を取るべきか、
なーんてことを思えちゃって!

これからますます楽しみは増えますね。
フサイチジャンクや、フサイチギガダイヤもデビューして、
フサイチパンドラは次走はG1を狙っちゃうみたいで、
年明けにはフサイチアウステルフサイチホクトセイも戦線復帰して。
もちろん、今週末のベタートークナウも楽しみだし♪

フサイチ軍団。
いやぁ〜、これから、ですね!

October 13, 2005

フサイチネットJBC

記者会見

ということで、今年はフサイチネットJBCです。
このバナー、個人的にけっこう満足な作品なので、
こっちにもバナーを貼ってみますw
詳しい内容は、こちらリンク先をご覧下さいまし。

自分的関心としては、このニュースに対して、
競馬ファンの方はどういう反応をしてくださってるだろう?
ということで。
ちょっと、ネットサーフィンがてら、
トラックバックと、いろいろリンク。

まず、馬券日記 オケラセラ@馬耳東風さん。

■地方競馬の祭典 "フサイチJBC"は驚愕のイベント
関口氏が並の人間と違うところは、思ったことはすぐに実行に移してしまうところです。まだまだお役所体質の残る地方競馬主催者を簡単に動かし、前例のないことをやってしまうのは、行政と付き合ったことがある人ならより凄さが分かるはず。また、そこに惜しみなく費用を投入できるのは、関口氏の懐の深さではないでしょうか。 JBCにお金を出したところで、関口氏にも経営する会社にも、経済的な見返りはありません。同じヒルズ族の堀江貴文や村上世彰は、こうしたことは決してしないでしょう。 『富は分かち合ってこそ活かせる』という関口氏の考えは、文字面では理解できても、実際に行動に映すのは容易なことではないのです。
 (中略)
今年のJBCは本当の意味で、初めて祭典と呼べるものになるのかもしれませんね。

なるほどです。
かなり好意的な意見。すっげー嬉しいです。
僕自身は、ホリエモン氏や村上さんも好きなのですが、
まぁ、やっぱりちょっと、何かが違いますね、会長は。

続きまして、『groove blog classic』さん。

■フサイチなJBC
GI競走を「聖域」にしてるのは日本くらいで、海外では結構大レースでもスポンサーがついてるんだよなあ。以前、NHKBSで放送されてる「世界の競馬」で英国のダービーを放送したときも、これでもかというくらいVodafoneだったからなあ。

うん。うん。そうだ!そうだ!
「海外は素晴らしい!」なんて単純なこと言いたく無いですけど、
やっぱり、海外の方が進んでる部分も、いっぱいある。
スポンサーレースってのは、まさにそうだと思うんだけどなぁ。
トヨタが米ブルーグラスSをスポンサードしているのは初耳でした。

続いて、『JRA攻略百年構想』さん。

■盛り上がるのか、JBCクラシック
話題性という意味ではそれはそれでいいかも知れないけど、肝腎の中身でどこまでファンの関心を集められるのか。今回はカネヒキリもアジュディミツオーも武蔵野S→JCダートのローテらしいし、4連覇のかかっていたアドマイヤドンもJCダート直行の模様。サカラート、パーソナルラッシュ、ユートピア、スターキングマン、ナイキアディライトあたりの争いになっても馬券的な楽しみはあるだろうが、ちょっと頂上決戦と呼べる一戦にはなりそうも無さそうだ。

くぅ〜、痛い。
本当に痛いところを指摘されています。
僕も聞きたいです。

「盛り上がるのか?フサイチネットJBCクラシック?」

そうなのです。まさにそうなのです。
今年のJBCクラシック、メンバー揃わなさ過ぎ(笑)
スプリントの方は、メイショウボーラーやら、ブルーコンコルドやら、
まぁ、そこそこ楽しみが持てそうなメンツなんですけどねぇ〜
いっそのこと、クラシックを盛り上げるために、
フサイチ馬を出走させましょうか?
ダート中距離の有力馬と言えば、、、フサイチバルドル
えっ?何?誰だって?
はい、函館で強い勝ち方した馬です。
主戦・横典さんがかなり気に入ってくださってる馬です。
ただ今、クラスは1000万下です(ぉぃ

最後に、『言いたい放題.』さん。

■JBCに『フサイチネット』が協賛
(前略)

相変わらずお金余ってますな(爆笑)


ははは(爆笑)

何を隠そう、弊社、株式会社FDOが何の略かと言いますと、
「フサイチ・ドリーム・オペレーション」
と、表向きには言っておりますが、
いいや、そんなハズがない。
本当の意味は、
「ふさろー、どんなけ、お金持ってるねん!」
という、事務員一同からのツッコミなのですから(笑)

そんなこんなで。
フサイチネットJBC。
なかなか好意的に受け止められているようで、良かったです。
ちょっち、これからは、JBC関連ニュース、集めてみます。

October 05, 2005

フサイチネットの事とか、いろいろ。

なんだ、かんだ。もろもろと。

フサイチネットのリニューアル。
ようやく終わって、あとはゆっくり〜
の、はずが、まだ、最近せわしない日が続いています。
あっ、せわしない、って、もしかして方言?
と思って探してみたところ、あぁ、やっぱり
「忙しい」っていう意味です、一応。
ポイントとしては、「せわしい」でも忙しいという意味。
「せわしない」と否定形になっても、忙しいという意味。
忙しさの度合いとしては、せわしい<せわしない
類義語としては、「せつろしい」が挙げられます。
って、そんな解説はいらんのだ、僕よ。

リニューアルの主なテーマは、使いやすさ。
なんというか、前のトップページ分かりにくい感覚があって。
否、毎日のように見に来てくださってる方は、
何が、どこにあるのか、分かっておられるかもしれませんが、
初めて来た人がパッと見て、果たして分かるのか?という懸念があり。
つまり、アイチー系の専門用語を駆使して言うと、
ユーザーインターフェイスを向上させる共にアジリティも充実させたのです。
こんな表現するのか否か、知りませんけど(笑)

リニューアルの大きな変更点は、見ての通り、ページデザインです。
そこはもう、言わずもがな。
ご意見があられましたら、ぜひ、今月のお宝プレゼントでの
アンケートにお答えくださいまし。
今なら1名の方に、
フサイチリシャールの武豊騎手サイン入りゼッケンが当たります。
ただし倍率はもんのすごく高くなると思われますので、
何が何でもプレゼントに当たりたい!という方は、
ステキなステキなエアグル壁紙にご応募ください♪

リニューアルでの大きな新企画としては、
会長ブログの新設が挙げられます。
いやぁ〜、これ、すんごいわ。
コメントとか、トラックバックの数がハンパ無い。さすが会長です。
そんな訳で、自分も調子に乗って、トラックバックしてみました(ぉぃ
しかしですねぇ〜、会長。
その、馬頭観音に使ってる写真のケータイ
僕の新ケータイなんすけど・・・
いや、使って頂けるのはもちろん光栄なのですが、
そういう使われ方しちゃうと、あたかも会長のケータイかのようなイメージ。。。
いや、良いんですよ、全然いいんですよ。。。

リニューアルでの小さな新企画としては、
フサイチ事務局予想「3連複で万を獲る!」
土曜メインを盛り上げようという企画。
個人的に、ライバルだと思っているのは、
KBS京都さわたけさんの「データにおまかせ!」です。
全然小さくない企画なのですが、
自分が担当してしまうと、どうしても謙遜気味になってしまうもので。
なので、小さな声で言わして頂きますが、
第1回目から、いきなり、

万馬券GETです!

いや、小さな声ですけど、大きな文字で表現したんですぅ〜
とかなんとか、中学生みたいなネタを言いながら(笑)

あと、最後になりますが、実はこれが最も大きな新企画。
ついに、フサイチネットがRSSに対応するようになりました!
RSSって何?と言われてしまえば、説明にはナカナカ時間が必要なのですが、
いや、これ、すんごい便利なんですってば。
どう便利なのかは、改めてご説明させて頂きます。
というか、このRSSのページ、もうちょっと充実させます。
RSSとは何なのか、誤解を恐れず、ごくごく簡単に言うならば、
「今までお店でしか売ってなかったモノが通販で買えるようになった」
ということなのです。
ね?便利でしょ?
なぬ?そんな説明じゃ分からない?
まぁ、そらそうでしょうけど(笑)
また、改めてご説明させていただきますので、
もうしばらくお待ちくださいませw

September 28, 2005

リニューアル作業中

えーっと。
もうすぐ深夜の2時半です。
まだ、会社に残っております。
かなり変なテンションになりつつあります。
例えて言うなら、
小学生のころ初めて友達の家にお泊まりに行って
無駄に盛り上がり過ぎたときのようなノリです。
いっそ朝までやっちゃうか!?ってノリです。
ギャラントアローは横山ノリです。

昨日の火曜版メルマガでも告知していましたが、
ただ今、フサイチネットのリニューアル作業中です。
いつになったら完成するんだろう?とか感じながら、
まぁ、ぼちぼちやっていきましょうよ、とか思いながら。

あ、せっかくなんで、
その火曜版メルマガで使った画像。
こちらでアップしちゃいます。
そんなことやってる暇があったら作業しろよ! と突っ込まれながら。
大丈夫です! 3秒で作ります!! とかオトナ語を発しながら。

以下、どうぞ。

続きを読む

September 17, 2005

セントライト記念@アウステル

10:40現在。
セントライト記念@フサイチアウステル。

断トツの1番人気、単勝1.2倍。

一応ご報告しますと、
関口房朗ー会長は、ただ今@海外出張中。
つまり、「会長が、単勝を金持ち買いした」
という訳では無いと思われリ。

なのに。
人気しすぎちゃってる感。

September 12, 2005

リシャール負けちゃうし。

フサイチリシャール
新馬戦、結果は4着。

うーん、個人的に、負け方が嫌だなぁ〜、
とか思いながら。
でも、2000mって距離も大丈夫そうだし、
武豊騎手が競馬を教えてくれただろうし、
松国さんにも何が考えがあるんだろうし、
とか、なんとか。
素人ながらに思っています。
早く、火曜に更新されるレース回顧が読みたい。

そんなこんなで、ブログのデザインを変えてみました。
個人的にお気に入りの、3カラム。
(つまり、3列になっている形)

ブログの便利さって、こういうところにあるんですよねぇ〜
デザインを変えたいときに、けっこう簡単に変えられる。
と言っても、まだ既存テンプレートを使ってるだけなので、
細かい部分をちょくちょく変えていこうと思います。



吹奏楽楽譜
馬主マネジメント