DSC_6020
弘前さくらまつに出た地元アイドル「りんご娘」 最前列右が「王林」左が「とき」

DSC_0066
土渕川沿いのリンゴ園の「王林」

「王林」の意味は「林檎の王様」

 

 
「王林」と言えば、弘前市では、「ふじ」「つがる」に次いで栽培量の多いリンゴの品種です。「ゴールデン・デリシャス」と「印度」の掛け合わせで、生まれたのは福島県ですが、全国の生産量の75%は青森県で栽培されています。

 収穫が始まるのは11月初旬ですが、私の散歩コースの一つである土渕川遊歩道にあるリンゴ園の王林は、もうかなりの大きさです。赤く色づいでいますが、生長すると黄緑色になります。栽培の手間があまりかからないので、近年青森県では栽培する農家が増えています。

 「王林」は、「林檎の中の王様」という意味でつけられた名前でが、地元アイドル「りんご娘」のひとりも「王林」という名前をいただいています。地元では有名で、弘前さくらまつりなどでもライブを行っていますが、何と言っても津軽弁で話し続けるところが魅力です。

りんご娘
地元アイドル「りんご娘」の王林(左)

DSC_0068


今日の聖書 イザヤ書 40章6〜7節
 

 「呼ばわれ」と言う者の声がする。私は「何と呼ばわりましょう」と答えた。「すべての人は草、その栄光は、みな野の花のようだ。主のいぶきがその上に吹くと、草は枯れ、花はしぼむ。まことに、民は草だ。草は枯れ、花はしぼむ。だた、私たちの神のことばは永遠に立つ」

DSC_0067
土渕川沿いのリンゴ園の王林



Isaiah 40:6-7

6   A voice says, “Cry out.”

    And I said, “What shall I cry?”

“All people are like grass,
    and all their faithfulness is like the flowers of the field.
The grass withers and the flowers fall,
    because the breath of the Lord blows on them.
    Surely the people are grass.